かまってちゃん

テーマ:
友人たち六人と車で旅行をしている。



お腹が空いたので、何か食べようと、国道沿いの店に入った。
大きなかき揚げの乗ったそばを食す。



オレと彼女は離れた席に座っているので、なかなか会話ができない。
そこへヤツが話しかけ、彼女も楽しそうに笑っている。
気に入らん。




オレの中のかまってちゃんが顔を出す。
その子はオレの彼女だー!と言わんばかりに、彼女ご気づくようにして店を出た。




実際には、まだ彼女ではない。
しかし、彼女がオレ以外の男と楽しそうにしているのは気に食わんのた。



ヤツの「ガキだな」という声が余計に心のリミッターが振り切りそうになる。
「だって好きなんだもん!!」と心の中で反論する。




彼女が心配そうに出てきた。



Android携帯からの投稿
AD

コカ・コーラ♪

テーマ:
どちらかというと、炭酸飲料は苦手だった。
飲むものが他にないときくらいしか、手を出すことはしなかった。



ところが最近やたらとコカ・コーラを飲むように。
なして???




炭酸ののどを通る、あの感じが苦手というよりイヤだったはず。




今は平気なんだよなぁー。





ビールは別としてな(笑)





そういや、気まぐれに買った金麦にまだ手をつけてない。
ひとりだと、進んでアルコールを体内に入れようという気にはなれない。




ま、アクエリアスとかの方が飲む頻度は高いんだけど。



Android携帯からの投稿
AD

休み休み行こう

テーマ:
前回の通院から、もう二週間経った。
何もしていないせいか、時間だけが過ぎ去っていく。




今日は、いつもより早めに出かけ、順番を早く取れるようにしてみた。
ところが、それでも28番目。
1番目の人は、一体何時に来ているのだろう?
それでも担当医の順番からすれば、二番目だったので、ヨシとしよう。


特に変わったこともなく、診察は終わり、後は薬をもらって帰るだけ。
しかし、こっからが例によって例のごとく長い。


DVDの返却があるので、バスで帰るわけにもいかず、エッチラオッチラ歩いていく。
やはり歩くのも苦痛に感じる。
筋力が落ちるとは、こういうことなのか? と思いながら足を前に進める。


トイレ休憩も兼ねて、図書館に寄る。
すでに息があがっている。
予定にはなかったが、松任谷由実のCDを三枚借りることにした。


疲れを感じたので(?)セブンイレブン前の喫煙スペースで一服(-.-)y-゚゚゚


渡邉哲也の本はないか? と本屋に寄ってみたが、ありそうもないので、超人ロックを買った。


自販機でアクエリアスを買い、団地前のベンチに腰掛けて、またしてもタバコタイム。


そこでふと浮かんできたのが「休み休み行こう」
どうせいつかは目的地に着くのだし、焦ってもしゃあない。


花屋を覗いたり、意味もなく空を見上げてみたり、いつもなら40分ほどで帰れる距離を一時間以上かけて帰ってきた。



Android携帯からの投稿
AD

逆プロポーズ

テーマ:
好きな彼女が結婚する。
オレはショックのあまり、部屋に引きこもっている。
白い壁と白いテーブルクロスに夕陽が当たっている。


部屋を出ると、湖が見渡せて、この風景を彼女もオレも気に入っていた。
いかん、涙が出そうだ。


そこへ、白いウェディングドレス姿の彼女と仲間たちがやってきた。
ウェディングドレスの中に黄色い布で何かが包まれている。


彼女は、その布をテーブルに載せた。
テーブルいっぱいに広げられたのは、四季折々の花々だった。


彼女は、その花々をひとつずつオレに手渡してきた。
???わけのわからないオレは、ただ受け取るだけだったが、途中で花の意味に気がついた。


その花々は、すべて2人の思い出が詰まったものだった。
だんだん受け取りながら、思い出を声に出していく。
彼女の微笑みも大きくなっていく。


これは、彼女からの逆プロポーズだったのだ。
イヤちょっと待てよ、彼女はウェディングドレスを着ているよな?
もうすでに式は終えているんじゃないのか?


そんな疑問に答えるように、今日彼女と結婚するはずだった男が、「直前でフラレちゃったよ」と照れくさそうに言った。


オレは、彼女を抱き上げて部屋の外にでると、改めて「結婚してください」と言うのだった。
彼女は満面の笑みを浮かべ、頷いてくれた。



これが現実ならいいのに(笑)



Android携帯からの投稿

今日は認定日だった

テーマ:
何故か自分の中では、25日と刷り込まれていて、焦った。
だからといって、パスするわけにもいかず、指定時間をとおに過ぎていたが、渋谷に向かうことにした。


まずバスで成城学園前までいき、電車で行こうと思ったが、障害者手帳の更新があったので、砧総合支所にむかう。
新しい手帳を受け取り、さて電車!と思ったが、よくよく考えたら、渋谷まで直通のバスが出ていた。


どうも井の頭線と相性が悪いようで、必ずパニックに襲われる。
できるだけ、イヤな思いはしたくない。


バスなら大丈夫だろう、と思ったが予想以上に混んで、デパスを四錠飲むことに。


渋谷に着いても、足の運びがうまくいかず、必要以上に時間がかかった。


障害者は、四階で事足りるので、手続きの間検索をすることにした。
条件を入力していくと、最大で五件、二件。
少ないヽ(゚Д゚)ノ


一件ちょっと気になった会社があったので、状況だけでも聞いてみた。
72人受けて28人まで絞っているらしい。
どちらにせよ、身体障害者を念頭に置いてあるようなので、パスすることにした。


帰りのバスもメッチャ混みで、奥の方までく人の荷物に何度も頭をぶつけられた。


問題はここから。
すでに股関節か痛い。
ふくらはぎまで痛みが走る。
何度も通った道がいつもより遠く感じる。


人間て、ここまで筋肉が萎えてしまうもんだろか?
少し歩いてはストレッチをしながら、泣き出しそうなりながら、信号のところまてきた。
こんな思いをするなら、ますます引きこもりなってしまいそうだが、普通に歩けないようでは、仕事以前の話だ。
明日から、とう対処すべきか考えんといかん。



Android携帯からの投稿

寝ぼけて

テーマ:
インスタントコーヒーを入れようとしたら、床にドバーッとぶちまけてしまった。
キッチンペーパーレスで慌てて拭いたつもりだったが、何せ半分寝ているような状態で、きちんと処理しきれなかった。


仮面ライダー~ワンピースという日曜日のお楽しみを見損ねて目覚めたら、台所はまるで血の海(゚Д゚)
足の裏もコーヒー色(゚Д゚)


あとでちゃんとしよ。



Android携帯からの投稿

仁-JIN-

テーマ:
仁-JIN-の再放送をTBSでやってた。
年末年始の手抜き(?)で、視聴率を取った番組を再放送する方が、新規に番組を作るより、お手軽なんだろ。


今日たまたまテレビをつけたら、最終回の後編をやってた。
ということは、最終回だけ前後編に分けて放送したってことか。


リアルタイムでo(^-^)oワクワクしながら見ていたので、あらすじはわかっているものの、テーマ曲が流れると、感情移入してしまう。
江戸時代か明治初期に撮られたであろうモノクロの写真が、現代の風景に変わるところで、ウルウルとくる。


現代に戻った(?)仁を待っていたのは、仁の存在しない歴史。
いわゆるパラレルワールドといってしまえば、すべてのことが説明可能になってしまう。
もし、自分がタイムスリップして、江戸時代に飛ばされたとして、何ができるだろう?


医者としての知識はないし、サバイバルの知識もない。
1日くらいは生きていけるとして、さてその後は?
何日も保たないよなぁ。





Android携帯からの投稿

顔が歪んでる?

テーマ:
重い腰をやっとこさ上げて、歩いて10分ほどの自動撮影機のあるところへ。
面接ではないので、上下色の違う格好なのは知らんことにした。


いつものことだが、歩き始めてすぐにハアハアする。
軽いパニックなのか?
運動不足によるものなのか?
恐らく両方だろう。


ファミリーマートでスティックのりと昼食のパンを買い、いざ出陣!!
設定を済ませ、撮影♪と表示された画面を見てひく。
左右歪んでるのだ。


姿勢が悪いのか?と撮り直すが、何度やっても歪んでる。
メガネをはずして、最後のトライ!!
やっぱヘン。
履歴書に使うものだから、せめてベストなものをとも思ったが、しょうがない。


その場でカットすると、封筒に入れた。
まあ、書類を送ってくれ、という返信をもらっただけでもヨシとしよう。
顔の歪みは……何か別の病気かしらん?



Android携帯からの投稿

動けよ、オレ!!

テーマ:
ダメ元でメールを送った会社から、書類を送るように連絡があった。
その返信メールに気づいたのが、一昨日の夜。


明けて昨日、履歴書と職務経歴書を作り直した。
辞めた会社の項目を追加するために。
プリントアウトして、間違いがないか確認する。


西暦と和暦が混在しているので、大変だ。
と思って、ネットで改めて確認する。
ゲッ案の定和暦が間違っている。


そこで、もうやる気がダウンした。
明日にしよう、とパソコンをシャットダウンした。
ウィンドウズで作業したのは久しぶりだったので、結構忘れている操作がある。


そして今日、修正をしてからプリントアウト。
押印をして、次と思ったら、写真がないことに気づく。
去年に撮ったヤツがあるはずなんだけど、見当たらない。
なら撮り直すしかない。


上半身だけでも、ワイシャツにネクタイ、ジャケット姿にならねば。
その前に、風呂に入ってヒゲを剃らねばならん。


何か、~しなければいけない、ということが発生すると、途端に動きが鈍ってしまう。
YouTubeで、関係ない動画を見ながら、どうしようか?となる。




Android携帯からの投稿

893屋さんだらけ

テーマ:
2日続けて893屋さんが出てくる夢を見た。
初夢ではないけれど、あんまり夢見のいいもんじゃない。
オマケに、1日目は弟に殺されかけるという(..;)


友達の結婚式に出すご祝儀をいくら包むか、というのがそもそもの発端。
一万と千円札五枚。
二組続いたので、手持ちがない。


貸してやろうか?とも思ったが、いちいち口を出すことでもない、と放っておいた。
これがマズかった。


何がどうしてそうなったのか?弟の中でオレは悪人になったようで、いきなり「兄ちゃん、死んでくれ」と模造刀で切りかかってきた。
宥めようにも、目が逝っちゃってる。


家の外では、893屋さんが騒がしくしている。




閑話休題




オレは白バイ警官で、新機種のテストを兼ねて、遠出をすることになる。
白に青が鮮やかなデザインだ。


途中で山道に入り、熱海の方に出てゴールとなる。
指定されたルートを辿りながら、アクセルを開くと、楽に200kmを達するし、車体も安定している。
しかし、公道を走っているのだから、とアクセルを戻した。


問題は復路。
どうやら、大勢の組が集合していて、暴れ回っているらしい。
それも、こちらのルートとかぶっているのだ。


つぶし合いをしてくれれば助かるのに、と思いながら帰りのルートに入った。







Android携帯からの投稿