やらないことばかり

テーマ:
頭の中で、順序立てて考えている。
意味のないことだ。


ご飯を作るにしても、キャベツの千切りを何度も繰り返している。


今日は、最後の給料日だから、銀行に行くべきなのに、どうにも腰が重い。



給与明細のコピーを取って、砧総合支所に送付しなきゃいけない。
どっかに80円切手があるはずだが、部屋の中が散らかり過ぎて、探しても見つからない。


今月は何もしない!と決めた。
それはまだいい。
しかし、それからいきなりトップスピードに持っていけるか? というと保証の限りではない。
逆に失速するのは、日を見るより明らか。


そういえば、最近また中途覚醒するようになったな。



Android携帯からの投稿
AD

リアル過ぎ

テーマ:
会社の車で、いわゆる外回りというヤツをやっていた。
パーキングメーターのDボタンを押しておけ、と言われたので、指示通りに押して、パソコンが必要だろうと、気を利かして持ち出そうとしたら、シートにロックがかかっていて、やっと外したときには、同僚が戻ってきた。


車に乗り込んだ同僚は、開口一番「オマエとのコンビは解消だ。社長にも話してある」という。
仕事ができないから仕方ないと思ったが、うつ病であること、そのために仕事の覚えに支障があることを正直に話した。


それでどうなるものでもなく、同僚は「ああそう」みたいな印象。
パソコンを繋ぎ直し、車を出した。


ところが、会社への帰り道がわからない。
同僚に尋ねながら運転しているのだが、うまくいかない。
仕方なしに、路肩に車を停めて、確かめようとしていたら、デーモン小暮のようなメイクをした男に声をかけられた。


ここは、駐停車禁止だという。
おかしな格好をしておいて、警察の検問をやっていたのだ。
免許証を提示して、切符をきられ、要注意された。


その後、初老の女性を乗せ、オレの運転では不安だという同僚の意見もあり、女性が運転することに。
しかし、見た目と違って、かなりスピードを出す。
ハラハラしていると、警官が2人立っているところに出くわした。


案の定停められて、またしても警察のお世話に。
再びオレが運転することに。
T字路にさしかかったところで、「右でいいんですよね?」と確認したが、左側の一方通行。
「違うじゃないですか」と言っても後の祭り、警官が近づいてくるのが見えた。


「今日は厄日だぁー」と思いつつ、車を警察の駐車場に入れる。
モニターに映った問題に答えるテストをやらされる。
最後の問題で、鏡文字のようなものが映し出され、考え込んでいると、タイムアウト。
最初からやり直し。


やっと解放された頃には、夕暮れ間近。
同僚は運転を変わってはくれない。
(; ;)ホロホロ




Android携帯からの投稿
AD

出戻り

テーマ:
クリスマス用の写真を撮りたくて、いろんなところを歩き回っていた。
ところが、降り始めた雪に煙ってしまい、思うような構図にならない。


新宿方面にカメラを向けていると、後ろから「それじゃあダメだよ」と声がした。
振り返ると酔っぱらいのおじさんが、あーしろこーしろとケチをつけている、というか指示してきた。
言われた通りにカメラを構え、何枚か撮っているうちにフィルムを使いきってしまった。


やっとおじさんから解放される、と思っていると、「オレの知り合いのところで現像しよう」と無理矢理引っ張っていこうとする。
方向からして、辞めた会社がある方角だったので、丁重にお断りして逃げ出そうとしたが、おじさんは解放してくれない。


会社に連れて行かれるのか? と思いきや、小さなスナックに入っていった。
確か、ここは会社の人達が仕事終わりによく飲みに来る店だ、と思っていると、案の定元同僚に出くわした。


辞めてからまだ1ヶ月しか経っていないので、さすがに気まずい。
オレに気づいた人が絡んでくる。
反射的に「すいません、すいません」と謝ってしまう。


隅の方で所在なさげに座っていると、元上司までやってきた。
クリスマスケーキ持参で。


誰かが「ピンクに行こう」と言い出した。
確か、その店は入り口だけ男女別で、中に入ると混浴という銭湯をオシャレにしたようなところだ。
ただし、水着着用たが。


雪道に苦労しながら店に着くと、いつの間にかみんな水着に着替えていた。
男と書かれた暖簾をくぐり、中に入ると、予想通り混浴だった。
入り口付近の大理石から、泡が流れ落ちている。
みんなそれを体につけたり、頭から受けたりしている。
オレもそれにならって泡をかけると、二階にある混浴スペース(?)に向かった。


元同僚がいつの間にか、札幌に住んでいた頃の同級生に変わっている。
「今まで何してたんだ?」だの「何で連絡ひとつ寄越さないんだ?」だの質問責めに遭う。
大変は大変なのたが、正直嬉しい。



Android携帯からの投稿
AD

トイレで目が覚めた

テーマ:
午前3時過ぎに。
当然のことながら辺りは真っ暗。


もう一度寝ようと横になったが、一向に眠気はやってこない。
何度か寝返りをうっているうちに、雨音が聞こえてきた。


この2、3日ちょっと降っては止み、降っては止みの繰り返しで、洗濯をするべきか部屋干しするべきか悩んでいる。
乾燥機などという文明の利器は持っていないので、どうしても天気に左右される。


眠いのに、眠れないというのは困ったものだ。
仕事から解放されて(?)楽になったかというと、そうでもない。
次の就職先を探さなければいけない、というプレッシャーがある。
年齢的にも、厳しい。


我慢するべきだったのか?



どちらにしても、結果は同じだったように思う。
帯に短し、たすきに長しか。
いろんな保証と引き換えに、決して満たされない何かを持ってしまう。
仕事とは、本来そういうものだっただろうか?

雨が激しさを増している。

またバグか?

テーマ:
アメブロのアプリを立ち上げたら、「新バージョンのアプリが使用できます」のメッセージが出て、アプリに飛ばされる。


しかーし、インストール済みなので、そこから先には進めない。
仕方なく、旧バージョンをダウンロードして、これを書いているわけだ。


昔からそうだが、アメブロは何かしら機能を追加すると、使い勝手が悪くなる。
それが単なるバグなら仕方ないが、プログラミングのミスなら、担当者の責任だ。


こういうとこは、真摯に受け止めてもらいたい。




Android携帯からの投稿

来週には

テーマ:
秋らしくなると、何回聞いただろう?
まだまだ30℃を超す日が続きそうだし、日中に外出すると、汗だくになってしまう。


今日なんて、出かけようとした途端に降り始め、忘れ物に気づいてアパートに戻ったら、上がっていた。
台風の影響が少なからずあるんだろうか?


さて、三週ぶりの診察日。
出かけようとして診察券が見つからず、あちこち探し回っているうちに小一時間経過。
もう今日は行くのよそうか? と諦めたところで、見つかる始末。
探してないものばかり見つかるし、半分涙目。


何か気のせいかもしれないが、外界に対して過敏になっているような。
すぐキレそうになるし。


15番目って、あとどれくらい待つのかなぁ?




Android携帯からの投稿

また雨が……

テーマ:
って、本降りになる前にやんでる。
晴れ間が見えているだけに、妙な気分だ。

さっきセブンイレブンに行ったときも、ポツポツときたが、本降りにはならなかった。
日差しはまだ夏のそれだが、風がいくらか涼しくなってきた。
8月の熱風というか、温風とは違い、少しずつ季節は移ろっていく。


そろそろジッとしていることにも飽きていい頃合いだが、まだモチベーションが上がってこない。
離職票をハローワークに提出しなければならないが、果たして今のオレに渋谷の雑踏は耐えられるか?
人口密度の低い祖師谷てさえ、眩暈がするのに。


一般の離職票の扱いと違うんだろか?
それとも、やるべきことは一緒かな?
そこんところよくわからないけど、行ってみないことには始まらない。
止まった時計を動かすのは、誰でもなくオレ自身なのだから。



そういやあ、昨夜ねつけずにいたら、いきなり揺れた。
と思ったら、すぐ収まった。
何じゃそりゃ。



Android携帯からの投稿

宅急便が届いた

テーマ:
会社から。
内容は、事務用品とある。
イヤな予感がした。


とりあえず開けてみる。
プラスチックの小物入れが2つに、使いかけのティッシュ、オレが使っていたノート。


アチャー、やっぱそうきたか。
小物入れは、オレのものではない。
元々袖机に入っていたものだ。
送り返そうかしらん?


ティッシュは確かにオレのものだが、持っていったばかりのものなので、誰かかそのまま使ってくれへも構わなかったのに、ご丁寧に……。
別に、悪い菌とかついてないのに。


ノートにしても、会社で使っていたものだから、業務内容に関するメモしかなかったはずで、そのまま破棄してもらって良かった。


こういうとこ融通がきかないというか、しゃっちこばってるというか、送ってこられてもしょうがないものをクソ真面目に遂行されると、腰砕けになりそうだ。



Android携帯からの投稿

ちょっと動いただけで

テーマ:
1日分の気力・体力を使い果たしてしまったかのよう。
まあ、帰りは久々に40分以上歩いたからしゃーないか。
最後はほとんど朦朧としてたもんな。


午前中に砧総合支所に電話を入れ、伺う都合のいい時間を確認してから、バスに乗った。
タバコを買っている目の前をバスが通り過ぎたので、仕方なく次の便に。


今日もよく晴れている。
もう9月も中旬だというのに、太陽が痛いくらいに照りつける。


そういえば、男性用の日傘が売れてるって、ニュースで言ってたな。


太陽光を浴びた方がいい、とはよく聞く話。
ただし、日中のものではなく、明け方から朝早くのものだった、と記憶している。


ところが今のオレときたら、蝙蝠か何かのように、日の光を避けている。
炎天下に働いている人には申し訳ないが、遅れて取った休暇のようなもの。
リフレッシュするために、何かをするわけでもない。
読み損なっている本を読破するでもない。


一気に物事を片づけようとするな!とは、元同僚のアドバイス。
横並びではなく、縦に考えるように、とも言われた。


確かに、何でも一遍に済ませようとする余り、いざという時には失速してしまうことが多い。
元同僚曰わく、1日にひとつ片づけていくくらいの心構えが塩梅がいい。


なかなか筋の通ったアドバイスだ。
これで、自分の話優先で、相手に話すスキを与えないクセがなければ最高なんだが……。


もう連絡を取り合うこともない(連絡先の交換をし忘れた)ので、アドバイスは有り難く頂戴しておこう。




Android携帯からの投稿