番号で呼ばれる

テーマ:
担当医が午前中だけだと前回言われたので、バスに乗ってやってきた。
確か、9:30から受付で、診察は10:00~だったと記憶していたが、知らない間に病院のシステムが変わったらしく、番号札を配っていた。


ん? と思ったが、オレの前で札を配るのは終了して、そのまま入ってくださいと、警備員に言われた。


これからは、名前ではなく番号で呼ばれることになったらしい。
何ともシステマチックになったもんだ。


時間前に来たのに、渡された番号札は27番。
午前中の先生は2人いて、オレの担当医と院長。
ほとんどの人が受付で院長を指名(先生を選べることになっている)していたので、そんなに待たされふとは思わないが、27番だからねぇ、午前中いっぱいかかるのはちと困る。




Android携帯からの投稿
AD

社内では

テーマ:
白電(フツーの電話)ではなく、個人個人がPHSを使用している。
そのために、内線番号が割り振られている。


んで、オレのところには白電が置かれている。
業務部は、顧客と話すことがあるので、置いてあるのは当然のこととして、みんなPHS。
何でオレだけない?


今月いっぱいで契約が切れるから、必要ないと判断されたのか?
にしては、更新の書類を一昨日部長から渡されたんだが……。


コレって、あからさまな差別じゃないか!?
まあ、元々電話に出るのは苦手だし、トラウマもあるから、ベルが鳴るだけで萎縮してしまうが。


社内でひとりだけっていうのはないへ?
悪意を感じるなぁ。



Android携帯からの投稿
AD

かなり困った人

テーマ:
厄介なのは、自分が正しいことを、あまりに主張し過ぎること。
立てなくていい角を、そこかしこに立てている。


自分の正当性ばかり主張するから、こちらとしては、プチプチとキレるものが。


チームでやってるものを、責任者面して、少しでも相手に間違いを見つけると、我が意を得たりとばかりに責め立てる。
それが部内というか、オレらだけに向けられるなら、聞き流していれば済む
ものの、いろんなところでやらかしてくれるから始末に負えない。


いつも穏やかなというか朗らかなK氏がキレかけた。
オレからせれば、もう笑うしかない。


どういう精神構造をしているのか? 甚だ不可思議な人だ。



Android携帯からの投稿
AD

姉弟だけの旅行

テーマ:
アメリカ人の姉弟で、オレは弟のひとり。
初めて子ども達だけでの旅行。
期待と緊張でいっぱいの3人。


何度か飛行機を乗り継ぎ、ニューヨークに着いた。

こんなに寒いとは想像もしてなくて、薄着だった弟達は鼻水を垂らしながら震えている。
迎えが来ているはずなのだが、十年ぶりなので、よくわからない。


すると、携帯が鳴った。
叔母からのもので、オレンジ色のコートを着た娘が迎えに行っているという。
ふと隣を見ると、その通りの格好の女の子が笑っていた。


お互いの記憶よりも大人びていて、少し戸惑ったが、懐かしいとばかりにハグをした。




Android携帯からの投稿

高校のときの彼女が

テーマ:
よく夢に出てくる。


体育祭のようなんだが、ジャングルジムのようなところで休んでいると、彼女が来ない。
オレに気を遣っているのか?
すると、範ちゃん(女子)が気を利かせてくれて、彼女をこちらに呼んだ。


少し様子を見るようにゆってくると、すぐに範ちゃんのところへ小走りに。
そこまで嫌われてんのか!? とガックリ肩を落とす。



アパートに帰ると、壁が薄いことや、建て付けがヒドく悪いことに、今頃気づいた。
何で、契約する前にちゃんと調べなかったんだろ?


気晴らしに音楽でも聴こうとオーディオをつけた。
しばらくすると、壁をドンドン叩く音がした。
そんなに大音量で鳴らしたはずはないのに、と思いながらドアを開けると、白衣を着た男性が立っていた。
何でも隣は、不眠症の人のためのクリニックをやっているらしく、患者は音に対して敏感だという。
「わかりました、気をつけます」と答えてドアを閉める。


今度は、ピンポーンとドアベルを鳴らす音。
覗き窓を覗いてみると、斉藤由貴と男優らしき人が立っていた。
彼は「すでにお気づきのことと思いますが」と切り出した。
ホラきたとばかりに、心の準備をして続きを待つ。


「彼女は女優として天性の才能を持っています」


「それは現場でも素晴らしく、スタッフの誰かからも慕われています」



んで?



「今度はじまる新番組は是非見ていただきたい!」


ええと、どう反応すればいいんだろ?
てっきり交際宣言をされると思っていたのに。
っていうけ、何で彼女が斉藤由貴に変わってんのさ!!




Android携帯からの投稿

4:28

テーマ:
少し白みはじめたところで目を醒ます。


何となく4時台だろうなぁ、と思いながら携帯に手を伸ばした。
ビンゴ!!
年のせいでは決してない。
薬で強制的に寝ているのだから。


今朝もヒンヤリした空気が入り込んでくる。
寒くて目が醒めてしまったのかもしれない。


昨日の日本代表の試合、ハッキリ言って審判のせいでドローになったようなもの。
意味不明なイエローカードの連発。
中東の笛のごとく。


アウェイで引き分けは、ヨシとするべきか。
しかし、三人も出場停止は痛い。
右サイドバックは酒井でいいとしても、センターバックはどうする。
吉田のケガが大したことがなければいいが。


にしても、大をしたあと便器に手を入れて洗う夢で目覚めるなんて……ウンがつくってか(笑)
さて、もうひと眠りするべきか? このまま起きているべきか? 悩むところだ。



Android携帯からの投稿

やっと眠れたのに

テーマ:
バカがつくほど正直な女の子が、いろんな人に騙されながら(?)成長していく夢を見た。


まず住んでるアパートからして家賃をごまかされ、怪しげな住人ばかりがトラブルを持ち込んでくる。


果ては風俗に売り飛ばされそうになったり、ヤクザのお世話になりながら、一旦田舎に帰るところで目が覚めた。


ヤクザさん(兼土建屋)が何かと助けてくれる。
夜中のバイトで騙され、とんでもない現場に行かされたときなんて、相手の土建屋から守ってくれたり、ボロボロなアパートを無料で直してくれたり、宅配便の仕事を世話してくれたりと、なかなかの人情味溢れる人達だったりする。




Android携帯からの投稿

朝目を覚まして

テーマ:
会社行かなきゃ、と焦った。
珍しく7時過ぎまで眠っていたから。


タバコに火をつけて、しばしぼーっとしなから、ああ今日は土曜日だったんだ、と思い出し、安心した。


どんだけ脅迫観念に駆られてんねん!!



Android携帯からの投稿

調子が悪い

テーマ:
昨日は、久しぶりに休んでしまった。
午後から出ることも考えたが、口から出任せ「38℃あります」で、休みに転じた。


いくら何でもそりゃあないべさ、と思いつつ、まっいっかーといういい加減さが顔を出した。
大人しくしてたし、あながちウソでもない。


フラフラしながら出社して、何をやるにもスローモーション。
ひとり寂しく昼食を食べ、時間までひと休憩、と思ったら、iPadでゲームをやってるバカに遭遇。


最初へ何の音なのかをからなかった。
シャッシャッシャッという何かが走るような音のあとチュドーンという爆発音で気かついた。


いくら自由な休憩時間とはいえ、あまりにも礼儀知らず。


「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
千歳台から愛を込めて

Godspeed You!