モチベーションが…モチベーションが…

テーマ:
今日は月に一度の給料日!(^^)!と嬉々としてATMに立ち寄った。
残高照会をして、腰から砕けそうになった。
交通費をプラスして、この額???

家賃を払って、光熱費、その他を払うと三万(:_;)
1ヶ月どうやって暮らせと?

せっかく使えるようになった有給を、病欠に替えてフルに働いた結果がこの額。
普通な考えても、何にもできない。
PASMOにチャージして、会社に行くのやめようか? などと思ってしまう。

社員食堂で立て替えてもらった昼食代も払わなければならず、ますます生活費が削られていく。
息を潜めるようにしていても、行く先は暗く、展望はない。
泣けるぜ。

「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
千歳台から愛を込めて

Godspeed You!

AD

食堂のざわめきが苦手だ

テーマ:
女性達の話す声のボリュームには辟易してしまう。
もう少しおしとやかに、と思ってしまうのはオレだけか(^_^;

それはおいておいて、彼女達のテーブルの下、お世辞にも行儀いいとは言い難い。
ミニスカートなのに、足をおっぴろげている人が多いこと多いこと。
ジッと凝視してはいないが、少しは助長して欲しいよな。

見えないこと前提なんだろう。
もしここにカメラ小僧がいたら、狂喜乱舞しちゃうんじゃね?



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
千歳台から愛を込めて

Godspeed You!

AD

サポートでしかない

テーマ:
直属の上司が休みをとると、途端にすることがなくなり、オロオロしてしまう。

メール業務の他には、指示がないと何にもできない。
仕事を回してもらおう、と声をかけても、「今はないやぁ」と言われる始末で、便意を催したついでに? トイレに逃げ込んだ(笑)

にしても、先週の木曜日から同僚の姿を見ていないんだが、何かあったのかしらん?



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
千歳台から愛を込めて

Godspeed You!

AD

いざ寝ようとすると

テーマ:
なかなか寝付けない。
今日やらかしたミスが頭から離れない。
終わったことなのに、困ったもんだ。

ここのところ、午前10時と午後15時の二回メール業務を手伝っている。
メールといっても、社内書留だったり支店に送る郵便物の集配で、地下のメールセンターに持ち込んで、逆に受け取ってそれぞれの部に配る。

ところが、今日は担当者が夏休みで、普段手伝っているからオレがメインでやらなくちゃだわ、みたいな。
細心の注意を払っていたつもりが、いろいろとミスをやらかす。
営業さんの出す郵便物を無視して行ってしまったり(←実際は、ちゃんと声掛けをしていた)持ち込むはずの赤バッグを忘れていたりと散々な目に。

また怒っていた営業さんがクセのある人で、危うくこっちがブチキレそうになった。
いちゃもんをつけられたようなものだったから。
いちいちキレてられないから抑えたけど。

何にせよ、オレが役立たずだと証明したような1日だった。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
千歳台から愛を込めて

Godspeed You!

通常の三倍

テーマ:
本来毎食後に1錠ずつ処方されているリーマス。
昼に持っていくのを忘れるものだから、自然と余る。
それも1シート。

何かもったいない気がして? この際チャンス消費してしまおう! と思い立ち、三回に分けて服用することにした。
朝昼と特に変化はない。
デパス8錠の時は、記憶が吹っ飛んだ。

それはないだろうが、心のどっかで期待している節はある。
夕方退社する前に残り3錠口に入れた。
ソッコーで効果は出ない。
当たり前か。

地下鉄に乗ろうとして、イツモより強めの眠気を感じる。
それくらいなもの。
今も、眠いには( ^.^)( -.-)( _ _)が、しっかり立っているし、記憶もある。

元々リーマス自体、そんなに強いものでもないし、普段から利いているのかいないのかわからんヤツだからして、大騒動になる心配はいらなかった模様。

電子書籍

テーマ:
行き帰りの電車の中で、ただボンヤリしているのも時間の浪費だろ、と電子書籍を購入した。
これが単なる小説家とかではなく、ドラッカー関連のヤツ。
いわゆるマネジメントの父といわれる偉い人。
最近じゃもしドラという小説も出たし、映画化もされた。
主演がAKBじゃなければ、ヒットしたかもしれん。

会社というか、企業の有り様をドラッカーの作品から抽出して、論理を展開している。
いきなりマネジメントから入ると、睡眠導入剤になってしまうから、入門書としては読みやすい。

単に利益を求めるのではなく、社会や顧客に貢献するには?みたいな感じ。
小難しい専門用語を並べ立てていないから、オレみたいな素人にもよくわかる(笑)

何気に、今所属している会社を引き合いに出して考えてみた。
やたら打ち合わせとか、会議の多いところはよろしくないらしい。
うーん…ウチの会社は多いなぁ。

上下横のコミュニケーションと情報の連携も大事だとか。
これも当てはまらない。
同じ部であっても、他の人が何をやっているのか皆目見当がつかない。

やたら、残業は少なくしよう!みたいなことを打ち出してはいるが、皆さんよくお働きになる。
オレみたいなぺーぺーは問題外として、何かが不健全なんだろう、なんてな(笑)

腰が……

テーマ:
気が遠くなるような痛み。
最初は、左足の股関節の外側が痛かった。
それをかばっていたから、腰にきたのかしらん?

何かの拍子にギックリ腰とかやりそう。
どの姿勢をとってもアカン。

にしても、社員食堂って無意味にうるさいのう。

いつもより

テーマ:
10分も早く駅に着いてしまった。
あまり早く出社してもしょうがないので、駅前の広場でたばこを吸いながら、人を観察していた。

颯爽と軽やかに歩く人、電車に間に合うように走り込んでくる人、下を向き肩を落としている人、それこそ人それぞれ。
オレは……すでに汗だくで、グッタリしている。
そして、そんな人達を一種異様なものを眺める自分に気がついた。
まるで他人事のように。

回れ右をして部屋に帰りたくなった。
気持ちが沈んでいく。
何のために?誰のために?
浮かんでくる疑問に答える術はない。

心とは裏腹に、改札を抜け、ホームに上がり電車を待った。
滑り込んでくる電車に乗り込み、目的地まで揺られている。
これが、時差はあるものの、毎朝繰り返される後継者だ。

台所にて

テーマ:
洗いものでもしようと台所に行った。
右腕に何かを踏んだような違和感。
何だべ?と思いつつ足元を確かめると、割れたガラスの破片。

拾い上げて安全なところに置き直し、そのまま洗いものを済ませた。
何となくヌルッとしたような感じが右足にある。
イヤァな予感がして足を見ると、血まみれ(゜Д゜)

痛みがなかっただけに、驚きは大きい。
ウェットティッシュでキレイにしても、すぐに血がでて足が真っ赤になった。
バンドエイド、バンドエイドと探してみるが、こういうときに限って見つからない。
予想としては、押し入れの奥にしまったラックの中。
まあ、いっか的なO型気質でもって、血が自然に止まるのを待つことにした。

案の定、しばらくして止まり、傷口をみてら、そんなにザックリ切ったわけじゃなかった。

冷蔵庫ってば冷えるもんなんだねぇ

テーマ:
2カ月近く一種異様な状態が続いていたから、冷蔵庫本来の機能すら忘れていた。

冷凍庫は氷や冷凍食品を入れるためのものであるし、冷蔵庫は食品や飲み物を冷やすものであるってこと。

だがしかし、それで部屋が涼しくなるわけでもないのもまた事実。

まだまだ猛暑日が続くようなので、安心はできない。

雨降りばかりなのも困ったもんだが、まったく降らないというのも如何なものかと。



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛を込めて
Godspeed You!