我が身の行く末は?

テーマ:
何か知らないけど、うちのグループだけ人が増えている。
部長も変わるし、5月から新規採用があったし、明日付けでよその部署から移動もある。


普通に考えて、机の数が足らない。
となれば、誰かを追い出して空きを作るしかない。
順当に考えてオレだわな。


決して自分を卑下しているわけじゃない。
できる社員を切るくらいなら、業務に影響の少ないオレ辺りが対象になっても不思議じゃない、ってこと。




帰宅時に感じる異様な光景。
すでにいっぱいの急行に無理やり乗り込む人々。
ドアに押しつけられたその姿は、滑稽なタペストリーを思わされる。
あの人達は、行きも帰りも同じように過ごすんだろうな。


帰りに一服(-.-)y-~~ しようとしてビルの外に出たら、空気が冷たかった。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!
AD

13時になって

テーマ:
社員食堂に行くと、メニューの何点かは「完売しました」となっていることが多い。

そんなに期待しているわけではないが、食事というのは大切なもんだ。

今日なんて、メンチカツだと思ったら小さいコロッケで、ご飯と合わせて240円だもの。

「食欲ないんですか?」って、心配されちまった(笑)

ま、少しくらい足らない方が、健康的だと聞いたことがあるけどさ。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!
AD

ピアスをしてきた

テーマ:
けど、会社についてすぐはずした。
自分の中の反社会的な部分の象徴みたいなもんだけど、何か違うなぁ~と思ったから。

そういう自己主張は、せんでもいいだろう。

誰かに対して牙をむく必要性もない。


働いていて苦痛だというなら、何かしらの主張はあって然るべきだとは思うけど、不満や不平を抱えているわけじゃない。

どちらかというと、己の心(精神)と体(肉体)が不協和音を奏でているくらいで、こと職場に関しては、これといった一物は腹にない。

多少コミュニケーション不足は否めないが(笑)




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!
AD

どっち?

テーマ:
壁を作っているのは、オレか?会社の人達か?
そこんとこが、まだよくわからないが。

プライベートに干渉されるのは論外としても、1日の大半を会社で過ごすわけで、もっとコミュニケーションのとりやすい風にならないもんか。
自分から張り巡らした壁を取っ払って、社交的に相対すれば、ちったぁ違うのかね?
キャラじゃない、なんて言ってちゃ話になんない。

見た目強面、内面極度の人見知りにしてガラスの心臓の持ち主たるオレには難しいことか。
にしても、楽しく働きたいのが本音ではある。





「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!

台風は

テーマ:
★luvRock★We'll be Alright!!!!-110530_1228~01.jpg

昨日のうちに温帯低気圧に変わり、朝のうちに降っていた雨も上がった。

こりゃ傘を忘れて帰るパターンだ、気をつけないと。



朝、部長から話があり(←といっても、そんなに大げさなもんじゃなく)「いつも通りに仕事をしてもらえればいい」とのこと。

これでひと安心か、というとそうでもなくて、部長は移動になるから、オレの行く末が確定したわけじゃない。

ま、なるようにしかならない、ってことか。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!

部長からメール

テーマ:
「安心してください」とのこと。
結局取り越し苦労だった模様。


社長にも、契約更新の旨伝わっているらしい。


じゃ、あの書類は何だったんだろ?


紛らわしいものを個人のフォルダーに置かないでもらいたいもんだ。
何と人騒がせな。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!

個人フォルダーの中に

テーマ:
退職届のファイルを見つけた。
こんなもん自分で持ってきた覚えはない。
っちゅうことは、契約満了といえば聞こえはいいが、要するにクビってことかい!!


何かあまりにも遠回しなやり方に腹が立つ、いうより呆れる。
聞き分けのない子供じゃあるまいし、口頭で言えばわかりますってば。


オレ自身、能力のある社員だと自負しているわけじゃなし、ダメなものはダメだと言い切ってもらった方がマシ。
ま、自信をなくすっちゅうか、落ち込むのはまた別の話。


しっかし、この年齢で再就職先を探すのはタイヘンだぜ、正味な話。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!

自信過剰なメンズ

テーマ:
いわゆるナルちゃん。
地下鉄の中で、オレの右側に立った。


よく自分の姿が映ると、髪型チェックをしている男を見かける。
それも、一度じゃ納得できないのか、あっちこっちを触りまくる。
気にするほどの面してないじゃん!!というのが率直な感想。
ま、人それぞれだから仕方ない。


んで、そのスラリと背の高い男、案の定髪の毛を触りだした。
車窓に映る己に陶酔しきっているらしい。
ま、真相はよくわからん。
何せ、視界に入ってくる様子だけの判断だから(笑)


どうにも、ナルシストという類の輩とは反りが合わない。
何でそこまで自分ラブなのよ!!的な思いを禁じ得ない。


逆を言うなら、オレは自分が大嫌いだから合わないのかもよ。
どうやったら自分を好きになれるのか、教えて欲しいわ。
そうすりゃ、生きることも少しくらいラクになるのに……。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
Godspeed You!