見かけただけ

テーマ:
同じ日に2人も知り合いを見かけた。
ひとりは、成城学園に向かうバスん中から。
同期だったSさん。
いろんな人から、「Sさん太ってたよ」って、ウワサばかりが入ってくるけど、トンとご無沙汰している。

前髪をゴムでしばって、カーキ色のTシャツを着た、気持ち全体が丸みを帯びた男性が、千歳烏山に向かって自転車をこいで行った。
バスん中からだが、十中八九間違いない。


もうひとりは、今同じ就職準備コースにいるWさん。
それこそ病院の手前まで来たときに、目の前を横切った。
以前にも見かけたことがあるので、声を掛けようかとも思ったが、何せ暑さにやられて反応が鈍いのもあって、姿を確認するまでには至らなかった。


こんな偶然、やたらとあるもんじゃない。
何だべなぁ~?と不思議な気分でいたのもここまで。
例によって例のごとく、待つんだ、診察の順番。

13時過ぎに受付やって、早いわきゃあないが、やたらと診察時間の長い方もいるわけで、眠いのに眠れなーいし、持っていった本を開いても、眠気が勝ってしまうから、まったくもって集中できない。

待合室には、待ち疲れた患者で満杯状態。
薬だけ、と言い出す人もいたが、それでも30分待ちだと受付のお姉さんに言われていた。


痺れをキラして(?)順番を確認してから、タバコ(-.-)y-~~ を吸うために、外へ出た。
成城学園は、路上喫煙禁止区域なもんで、病院の裏手にある駐車場で大人しくプカリプカリ。


やっとこさオレの番がきて、診察室に入る。
ことのほか落ち着いていること、成果発表会が好評だったこと、合同面接会に行ったことなどを話す。
あまりにも何にもないもんだから、担当医が「何か困ったことはある?」と聞いたほど、何にもない。
ま、それはとても良いことではある。


隔週の順番でいくと、病院の夏休みと重なってしまうので、三週間分の処方にしてもらった。

最近は行きはバスで、帰りは歩くパターン。
目に映るいろんなものを愛でながら、暑さにグッタリしながら、黙々と歩く。

トイレに行きたくなったので、砧図書館に立ち寄って、ついでにCDを借りた。
Toots ThielemansにRed Hot Chili Peppers、何やら面白げだと、頭がよくなるクラシックの三枚。
まったく関連性のないチョイスだ(笑)


いつもと違うことをしよう!と心に決めていたわけじゃないが、みずほ銀行側の商店街へ足を延ばしてみる。
単に、キャメルを売ってる自販機がそっちにあるってだけのこと。

それから、ウルトラマン広場(←だっけ?)で開催される盆踊りの様子を覗いてから、いつもの道をアパートへ向かった。
小さいながらも櫓が組んであって、太鼓も見えた。
浴衣姿の人もチラホラ。
すでに、ビールで顔を赤くしているおじさんも。

普段しないことはまだ続く。
携帯料金の支払いで立ち寄ったコンビニで、何とアイスクリームを買ってしまった(*^o^*)
まずやらない。
少しは暑さも和らぐかと期待したが、あんまり……。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて



追伸:待ち時間にメールした人からの返信には笑った。
偶然見かけたWさん達とお茶してたんだと。
AD

ちょっと横になってたら

テーマ:
落ちたZzz
数分のことだと思うが、夢ん中で二次面接をしたいとのメールが届いていて、ビックリして飛び起きた。

モチロン、んなこたぁあるわけもなく、iTunesはONE PIECEの主題歌ベストが流れていた。

つけおき洗いにしておいた洗濯も終わったべー、と洗濯機を見たら、まだ回ってる。

確かに(一時間)とは表記されているが、んなにかかるもんかぁ~?と思いつつ部屋に戻る。


何かこうやり残したことがあると、妙に居心地が悪い。

面接を受けての不採用なら、まだ諦めもつく(←落ち込むこと必至だとしてもだ)

何かしら方法はないか?と試行錯誤していたら、キラ~ン「履歴書と職務経歴書、スライドのデータ等々、直接送るって手もあんじゃん!!!!」と思いついた。


しかし、待てよ。
個人として、勝手に送るのはいかがなもんか。
通すべき筋道というか、踏むべきものがあるんじゃなかろか?

それは、さらぽれだったり、ハローワークだったり、はたまた当の送り先である会社だったり。
いろいろ七面倒臭い手続きがあるんだべ、たぶん?


一般の募集を待つべきか否か。
一回、徹底的に足掻いてみるのも、新たなステージへのステップかも。


まあ、思いついたアイデアだけじゃ性がないんで、月曜日にでも相談してみよ。

もうあーだこーだと思い悩んで、自己憐憫に浸るのは懲り懲りだ。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
AD

一夜明けて

テーマ:
愚かな自己嫌悪は収束しつつある。
どんなに悩んだところで、まったく非生産的な行為でしかない。
本当に受けたいのであれば、別の募集があったときにすればいい。
っていうか、それしかない。

今回、これまで以上にプレッシャーを感じていたというか、「☆luvRock☆Shivai!!!!さんなら、受かって当然」みたいな空気が周りにあって、オレも半分調子こいていたというか、「断然有利じゃん」みたいな甘えがあったと思う。

成果発表会がことのほか好評だったから、己の力量を過信していたし、質問をしてくれた人達がどうにかしてくれんじゃね?という甘えに似た期待がどっかにあった。

彼らが面接官だったら、それもあっただろうね。
実際のところ、皆さん運営スタッフだったようで、面接自体にはまったくタッチしていなかった。

あと、まったくの大きな勘違いが、社名が同じだから、社内の別部門だとばかり受け取っていた。
事前のリサーチ不足も甚だしい。
よくよく見てみたら会社の住所も違うし、っていうか、こういう情報って同行スタッフの方で把握しておくべきこと?


何はともあれ、成果発表会と合同面接会をクリアできたことで、燃え尽きた感が無きにしも非ず。
コイツも一旦リセットして、月曜日から新たな気持ちで顔張りまっしょい(^_^)v





「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて
AD

まだ引きずってたりして~

テーマ:
件の会社を受けるのに、二の足を踏んでしまったのには、別に理由があったりする。

オレの被害妄想かもしれんし、あながち間違っていないかもしれん。


一番おっきな理由は、Webという文字に敏感に反応してしまったから。

こだわりはない!!とほざきながら、拭いきれない思いが、心ん中にあんのかな?


今回、いろんな人が期待してくれた。

ラストチャンスではないかもしれんが、ビッグチャンスだったわけで、こゆときに限って、変なプライドが邪魔をする。


終わってしまったことをウダウダ引きずるのは、性に合わんし、精神衛生上ヨロシクナイ。

何とか、土日で切り替えんことには、また水曜日には他の面接がある。


あんときは、それなりに一所懸命だったんだろうけど、行動なり言動には反省の余地あり、っちゅうかあり過ぎ。

目の前のチャンスを自らの手で払っちゃったようなもんだ。

人の好意を無にするような真似をして、オレって何様!?という、自己嫌悪の嵐に見舞われそーじゃ(T-T)




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて

不甲斐ない

テーマ:
面接会の感想。
やれることがまだあったのにやれなかった。
決断力の欠如。

まだブルーカードが出てなかった(←ここからはフリーで面接できますよ、というお知らせ)のに、スタッフの方がわざわざ順番の札を持ってきてくれた。

そのときは、オレが受けたい会社は隣のブースだったので、断った。

断っておきながら、支援員のSさんとの協議の結果、やっぱ受けよう!!となり、受付にその旨伝えたところ、その会社からはブルーカードが出ていないし、もう4時だから面接は終了ですよ、と言われる始末。


何をやるにも後手後手。

ダメ元で直接交渉しようと思ったが、敢えなく撃沈。
そりゃそうだ。
正規の手続きを一切無視して、面接させてくれなどと、今回の面接会を否定するようなもんだ。
こういうとこにも常識のなさが溢れ出る。



まあ、全部が全部悪かったわけじゃない。
申し込んでおいた会社も受けたし、フリーになってからも、自分の判断で1社受けた。
どちらとも付き添いなしの単独。

成果発表会に来てくれた方々も、オレの顔を覚えていてくれて、何かと声を掛けてくれた。
それを、こんバカは~!? と最後に……。
アホや。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて

面接会当日の朝

テーマ:
爽やかな目覚めかといえばさにあらず、思いっきりの早朝覚醒で、2:37には目が覚める始末。
まさか緊張のせい?
いくらオレがチキンだからって、それはねーべ。

二度寝を決め込むも、5時には起きてしまった。
さすがに、三度寝はできないから、そのまま起きているが、気のせいか熱っぽい。
ヾ(≧∇≦)勘弁してよー。


水曜日の成果発表会で、アンケートを取ったところ、オレの発表を評価してくれたところが2社あったそうな。
んでも、25分の2だべ。
素直には喜べない(苦笑)


珍しく、三人も質問があって、皆さん今日行く面接会関係のH社の方々。
ハローワークへの申し込みが遅くて、1社しか受けられないが、「当日は私も行っているから、声を掛けてください」と言ってくれた。
「順番が遅くてもいいなら、面接してもいい」とも。
有り難い話だ。


そうそう、「作品を持ってきてくれ」って言われたんだった。
って、デザイナー志望ではないんだけど(^_^;)


どっちにしても、これはチャンスなわけで、何とか就労に結びつけたいもんだ。
H社は、かなり大きなところだからね。


しっかし、こういうときに限って、オレの天の邪鬼な面が顔をもたげる。
「社交辞令に決まってんべ」


たとえそうだとしても、やれるだけのことをやりきってから、先のことを心配なり何なりしようぜ、オレ♪~θ(^0^ )


ここ数日、頭ん中で繰り返し浮かぶ言葉。
「顔を上げろ!!」





「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて

一夜明けて

テーマ:
特に急ぎの用があるわけでもないのに、5時半頃に目が覚める。

ニュースステーションを見ている途中で寝て、イヤ落ちてZzzしまったようで、ワンセグのテレビはつけっぱなし。

iTunesはB'zのランダム再生。


ふと、うちで唯一の冷房の扇風機を見る。

何か変。

首振りにしていたはずが止まったまんま。


なぜかそこに転がっていたバランスボールに引っかかっている。

バランスボールをよけてみたが、もう動かねー。

扇風機自体は回っているからヨシとしたいところだが……。

そろそろ換え時か?

コイツも七年選手だもんなぁ~。


それにしても眠いZzz




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて

充電しないとなぁ

テーマ:
この日のためにモチベーションを保ってきたんだからさぁ。

ちっくと燃え尽きた感が無きにしも非ず。


成果発表会なるものが終わり、概ね好評で、いろんな人が「良かった」って声を掛けてくれたけど、就労に結びつかなきゃ意味がない。

最後に一発ド派手な仕掛けを用意しておいたのに、2007には対応してない効果だったようで、普通に画面が切り替わって肩透かし(@_@)


始めは原稿をなるべく見ないよーにしてたのが、途中から本人的にはしっちゃかめっちゃかで、原稿から顔を上げる余裕すらなかった。


質疑応答で声を掛けてくれたけど、話半分というか、三分の1くらいに受け取っておかないと……とぬか喜びできない貧乏性。

何せチキンですきに。


ゆっくりしたいとこだけど、明日もあんのよねぇ。

っていうか、今日はまだ水曜日なんだよな(笑)


栄養になりそうなもんを買いに、サミットでも行ってきますか。





「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて

careless mistake

テーマ:
ケアレスミスで変換したら英語が先に出た。

それはそれとして、午後から体育だったんで(?)私用ということにして早退した。

まあ、火曜日はハローワーク訪問の日と決めているから、そっちに行ってもよかったんだが(^_^;)

帰りの道を歩いていたら、んな気も萎えた。


んなもんで、アイスノンを枕にして横になっている。



オレというヤツは、何はなくともどっかこっか抜けている。

注意力散漫というか何というか、おかしなところでミスをやらかす。


本来なら、スライドのデータをメールで送って、池袋の方で配付資料としてプリントアウトしてもらうはずが、チマチマと修正を加えるうちに容量が重くなって、メールじゃ送れないときたもんだ。

とはいっても、たかが11.2MBくらいなもんだが、戻ってきてしまう。

仕方がないから、こっちでプリントアウトして持っていくしかなくなった。


印刷のオプションで配付資料を選択して、色はグレートーンにしたまでは良かった。

池袋からのメールをちゃんと確認したつもりが、両面印刷とあるのを読み飛ばしてしまった。


運悪く(?)紙が途中で切れたからいいものの、そのまま印刷されたら資源のムダ!!

25部も刷るわけだから。


オレの脳みそに学習機能が欠落しているのか、毎回毎回落ち込んでしまう。

気をつけちゃあいるんだけど、こういうことがあると、自分自身に対して信用ならんちゅうか、何ちゅうか、「オレって、やっぱダメダメじゃん」と思ってしまう。


何か、常に自分に対して否定する要素を抱えてないと不安……みたいな。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて

ホントは

テーマ:
★luvRock★We'll be Alright!!!!-100727_1130~01.jpg

雨を避けるための庇。

タバコ(-.-)y-~~ を吸うだけで日焼けしちゃう。

どこにも日陰がないからねぇ。



今年は、冷夏だって話だったけど、予報じゃ例年よりも高いに起動修正された。

照りつける陽射しは、暑い(~Q~;)というより痛い>_< 感じで、エアコンのないオレん家は、天然のサウナ。

何か精のつくよーなもん食べないと、もたないぜい。




「ありがとう」「ごめんなさい」「どうか、ゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

千歳台から愛をこめて