プチラッキー♪

テーマ:
★luvRock★We'll be Alright!!!!-090228_1903~01.jpg
コインランドリーで洗濯するのに、五百円玉を崩そうと、缶コーヒーを買った。

入れたのは、五百円玉一枚と十円玉が二枚。

だけども、だっけどー、釣り銭口に手をやると、百円玉が五枚(≧∇≦)

20円で買ったことになる!!

こういうプチラッキーを重ねていって、でっかいラッキーにつながるといいな\(^ー^)/



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
AD

今日はあったか〜

テーマ:
★luvRock★We'll be Alright!!!!-090228_1232~01.jpg
これくらいがちょうどいい(^_^)v



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
AD

映画三昧

テーマ:
といっても、二本だけど。

スティーブン・セガールの「沈黙の標的」と、ニコラス・ケイジの「天使がくれた時間」

ひかりONE TVサービスのAXNというチャンネルで、続けて放送された。

CSI:のMIAMIとNYを観たくて、そのままって感じで。

個人的には、本家のCSI:よりも、スピンオフの方が好きかな。


本題の映画だが、「沈黙の標的」は、スティーブン・セガールものにしては、設定がちゃっちい、というか脚本に難あり。

考古学の教授が、その昔泥棒で、刑務所で考古学を学んだという設定にムリがある。

確かに、沈黙シリーズは有名だけど、初期のものとはまったく関係ない。


ニコラス・ケイジは、好きな俳優のひとりだけど、この「天使がくれた時間」は……いささか消化不良。

天使役の黒人が、主人公が過去に選択しなかった生活を、現在の記憶を持ったまま体験するというもの。

恋人と別れ、クリスマスにも休み返上で働く大会社の社長だったのに、目が覚めると、別れたはずの恋人と結婚して、2人の子供までいる。

記憶はそのままだから、13年分の欠落があり、最初は戸惑い拒否するが、次第に大切なものに気がつく。

しかし、すべてを受け入れたところで、またもや現実に引き戻される。

慌てて、住んでいた家にフェラーリを飛ばすが、そこには他人が。


あんまり説明するとネタバレになってしまうが、これもハッピーエンドなの?といいたくなる。

ちょっと切ない。

もっと天使が責任を持って欲しかったな。



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより
AD

仲の良かった

テーマ:
Y講師が28日付けで辞めるということで、千歳船橋のうなぎ屋で送別会(?)を開く。

いろいろと相談に乗ってもらったし、お世話になったから、今日の今日まで参加させてもらうつもりでいた。

が、しかーし、ここで余計な気遣いをしてしまうのが、オレの悪いクセ。

講師陣の中に、1利用者にしか過ぎないオレなんかが入っていいもんだろか?という気がしてきた。

何か場違いな印象を拭いきれない。

別に、初対面の人が来るわけでもなく、内輪の食事会に近いものかもしれないが、その場面を想像するにつけ、尻込みしてしまった。

一応の言い訳として、今日はすでに祖師ヶ谷大蔵駅まで、歩きで往復していて、これから千歳船橋に行って、歩いて帰る気力がないということにした。

利用者とスタッフという、線引きがどこまでならOKなのか、イマイチ掴みきれない。

気にするほどのことはない、と言われるかもしれないが、どうも他人との距離感を必要以上に取ろうとする傾向が強い。

逆に、ズカズカと踏み込まれるのもイヤだし。

難しいやね。

単に考え過ぎなんだろうけど。



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

アレッ(」゜□゜)」

テーマ:
2日が月曜日なので、前倒しで今日入金だと期待して、9時になるのを待って銀行のATMへ。

念のため、まず残高照会。

残金2円……。

(・_・)エッ..?

しばしフリーズした。


予定では、そのあと携帯料金をコンビニで支払い、郵便局で預け入れして、コインランドリーで洗濯するつもりだった。

2円じゃ、何もできゃしないので、そのまま踵を返して家路に着いた。

入金は明日になるのか?それとも、月曜日にズレ込むのか?

それによって、週末の過ごし方も変わってくる。

タバコもキレたことだし、改めて禁煙再開にチャレンジしてみるか?

何て思いながら、シケモクを漁るんだろうな、たぶん(^。^;)



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

実家に帰る夢

テーマ:
自転車で国道を走っていたら、トラックのドライバーが尾道まで乗せてくれた。

というか、降ろされたところが尾道だったわけで、実家まで目と鼻の先。

ここまで来て、素通りするわけにもいかず、事前連絡もなしに帰ることにした。

両親は、突然の帰郷に驚いたものの、快く迎えてくれた。

しばらくゆっくりしたあと、ラーメンでも食べに行こうということになり、家族と親戚総出で出発。


途中で、公民館より立派なホールで、町民祭りのような催しをやっていたので、覗いていくことに。

ところが、家族も親戚もいつの間にか見当たらなくなり、近くには同級生がいた。

ステージでは、合唱団が歌っている。

すると、中学の担任だった小泉純一郎(◎o◎)がSPを従えてやって来た。

「ご無沙汰してます」と挨拶をすると、「おう」と右手を上げて応えた。

同級生の誰かが「気合いが入ってんなぁ~。校長の椅子を狙ってんぞ」と言った。


コンクリートでできた、段と段の間が開いた階段を上っていくと、ステージを見下ろす階段状になった控え室のようなところに出た。

椅子の背にひらがながふってあり、そこに座っているのは、同級生か知った顔ばかりだった。


他の同級生達が、オレを見つけて、駆け寄って来た。

「久しぶり~」と挨拶を交わしながら、ふざけあう。

ステージでは、クラシックギターの演奏をしている。

出演者は、コンクールにも入選するほどの実力者らしい。

ところが、何を思ったか、ギターを弾きながら、ステージを移動し始めた。

椅子の下にキャスターが付いているのか、滑るように動いている。

10人はいる出演者が動き回り、収拾がつかなくなり、指揮者は左足を小さな台に乗せているが、案の定踏み外してしまった。


次に、若手のお笑い芸人が出て来た。

ひとネタやるたびに、カーテンを上げ下げしていたが、途中で引っかかってしまい、次の出演者が出ていいのか悪いのか慌てているのがおかしかった。


奥の方から、ナース姿の女性が何人も現れた。

芝居でも始まるのかと思っていたら、何やら妖しげな雰囲気に。

胸をはだけて、喘ぎだした。

ステージ上は、淫らな状態。

「もっとぶってー!!」という叫び声や喘ぎ声が響き渡る。


ヾ(≧∇≦)子供もいるのに、こんなのやっていいのか!?と思いながら振り返ると、子供達は固まっていた。

というのが、今朝の夢(笑)



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより

明日は静養

テーマ:
★luvRock★We'll be Alright!!!!-090224_2300~01.jpg
ホントは、今日も行く気になれなかった。

ニコチンパッチの副作用なのか、頭が痛いし、吐き気もあった。

せっかくいい感じで体調も上向きだったのに、このところ下降気味。

音に対して過剰反応してしまい、イライラのしっぱなし。

よっぽど午前中で帰ろうかと思ったくらい、気持ちがドンヨリモード。

オレの隣の席に座っていた人は、聞こえよがしにため息をついたり、呻いたり。

仕事にかかる時間を計っているのか、何かに取りかかるたびに、キッチンタイマーをセットして、うるさいというか、耳障りというか、正直勘弁して欲しい状態。

会社にいれば、そりの合わない人が少なからずいる。

だから、今のうちに耐性をつけておくのも勉強。

頭じゃわかってる。

わかっちゃいるけど、できるだけやりやすい環境で働きたいのも本音。


これ以上自分の中で、おかしなスパイラルにはまってしまう前に、一旦リセットしようというのが、明日休む理由。

ホントは、今週いっぱいという選択肢もあったが、休み過ぎるとズルズルいってしまいそう。

取り敢えず、明日明後日で英気を養って(←養えるのか?)心機一転といきたいもんだ。

墜ちているから、いろんなことに過剰反応してしまうのかもしれないし、ちょっと自分を離れたところから見てみるのもいいんじゃない?



「ありがとう」「ごめんなさい」「どうかゆるしてください」「愛しています」
ホ・オポノポノより