テーマ:
今夜はパンケーキdinner

{67582CEF-0161-4EED-8AD5-992978D9D15C:01}

かなりの枚数、焼きました。

まだまだ途中...

{513E416E-7E6C-4A93-8180-6926CDEC7457:01}


予想以上に生地がたっぷりで
先は長い...


ということで
ここで、一句。


----------------------------------------------

パンケーキ
焼いても焼いてもまだ焼ける
そろそろ食べたい はらぺこふたり

----------------------------------------------


息子に
まーだー?と急かされながら
せっせと焼きつづけたものの
腹が減っては なんとやら。


一旦おやすみして食べました




レタス、チーズ、ツナ、トマト、きゅうりなどをトッピングしていただく
サラダパンケーキバージョンと


ヨーグルト、バニラアイス、バナナ、カシスジャム、チョコレートソースを
好きにトッピング の
王道スイーツバージョン。


最近お気に入りの麻の実ナッツも
ふりかけ

思い思いに楽しみながら





それにしても息子と話していると
食にまつわる記憶は
びっくりするほど鮮明で

いい顔をするなぁとしみじみ。




今日は学校でもらってきた今月の献立を見ながら、お気に入りメニューのアレコレをシェアしてくれました






食いしんぼう親子の日々は
つづきます




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
本日は、ある方との会食でした



千葉駅ちかくの趣きのある料亭

その日の朝に採れたお野菜と海の幸をいただける割烹_駿河さんにて。


{E3D93B12-1E9F-4DB6-9A0A-A48D53FFBD3A:01}


ランチは好きな小鉢をチョイス。

お味噌汁とお漬物もついて
ごはんは白米と五穀米から選ぶことができます


私は10種類近くあるメニューから
・有機サラダ
・鱧と赤なすの煮つけ
・豚の角煮  の3品を選びました


お野菜はシャッキリとみずみずしく
丁寧につくられたお料理は雑味がなく
どれも本当においしくて。



落ち着くお座敷のお席だったこともあり、すっかり時間を忘れ話し込んでしまいました。




お会いしたのは約1年ぶりだったのですが
私もその方も変化が多く
人生はなにがあるか分かりませんネ~ と。



将来的にワクワクする
素敵なお申し出もいただき
とってもうれしく有難いひとときでした




表面的には見えていなくても
本当にやりたいことに情熱をかたむけていると、そのエネルギーに呼応するように
導かれるような出会いや出来事が重なってゆく。



それが
この世の不思議であり
恒(つね)でもあり。




嗚呼、おもしろきかな 人生





---------------------------------------------


未知を生き 道となるのが 人生ぞ
悟れぬことを 諭されゆけば

                               
---------------------------------------------







いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日はスタジオにて
お芝居のレッスン。

{EE09F900-0176-4902-97B8-F931851EA2C1:01}



演技とはなんぞや、というところから
役者として大切な身体づくりと心がまえ

相手役に呼応する感覚を研ぎ澄ますためのデモンストレーション
ドラマや舞台の脚本読みなどの
心・技・体 を
学ばせていただいています。




講師は現役の俳優であり監督でもある
樋口隆則さん。



現場での生きた経験に基づく実践的なアドバイスや、ニューヨークの演劇学校で学ばれてきた世界水準のメソッドを真摯にわかりやすく伝えてくださいます。




本を読むことと同じくらい
映画や舞台を観ることは
もともと好きなことでしたが

レッスンに通うようになってから


"もしも私がこの役を演じるとしたら
どんな表現になるのだろう"と
問いかけながら観たり


"こんなふうな表現をする背景には
どんな解釈があるのだろう" と
読みといてみたり...



映画やドラマを観るたのしさが
ぐぐっと広がり
さらに大好きになりました。



レッスンのなかでも
それぞれの役を分解し
掘りさげてゆくことで
(それがたとえ共感できない役柄だとしても)
ひとりひとりが生き生きと
厚みをもってあらわれてくる


そのプロセスが面白くて。





『演じることは演じないこと』



いまは亡き名優
緒方拳さんの遺された言葉だそうです。



その感覚は未知のものですが
"演技は力を抜いて遊ぶ!
もっと子どもになって!"
という樋口先生の教えを胸に
無我夢中のレッスンです。




動きをつけて読み合わせるお稽古は
緊張感もあるけれど楽しい~。



スタート! から カット! までの
自分が自分でないような
なんともいえない体感覚を余韻に、一句。




------------------------------------------

汗だくの躰とぴかぴか光る顔
電車に揺られし 素の私かな

------------------------------------------






























いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
{C27C7635-C87B-4662-AB2B-3D5F9D1458AB:01}


夕焼けと朝焼けの空。

たとえば
色合いはおなじように見えたとしても
受ける印象が違うのは
なぜなのだろう。



これは朝焼け
あれは夕焼け


そう明確に言われなかったとしても
うっすらどちらか予想がつく。



あれは
空の発するエネルギーなのか。



それとも
重ねた年月のなかで
無自覚に育まれた感覚なのか。





見あげた空が
どう映るか

誰と見たいか
誰に見せたいか



それは
人知れず秘めた心模様、なのかもしれない。




------------------------------------------------

曖昧な私をゆるすかのように
空はやさしく染まりにけりな

~愛のうた ver.Tanka~

------------------------------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
新しい一週間がはじまりましたね



週末の夜は
ぼくがオムライスつくるから、と息子。



主人には
"父の日のサプライズだから
できるまで見ないでね" と言いながら。


私は隣でアシスト役




30分後ー


完成

{D49F0F8B-09C7-4C3B-A289-F136D8F5A9F8:01}


ケチャップで
それぞれの名前を書いてくれました



味もおいしかったな



主人も喜んでいて
そんな主人を見て
息子も嬉しそうでした







我が家はステップファミリーで
未婚シングルマザーだった私が
息子を連れ主人と結婚したのは約3年前

息子が8歳のときでした。




年齢的にも息子は
主人が自分の生みの親ではないことを認識していましたし

遊んでくれる楽しいお兄さんという感覚で
彼のことを名前で呼んでいたため
いまでも名前で呼ぶことのほうが多く


パパ とか お父さん とか 父ちゃん と呼ぶのは時たま。



それでも息子は主人のことが大好きですし、新しい家族であり父親であることも理解し、主人も息子のきもちを感じているので呼び方については息子の意思に任せようと結婚前&結婚後も話し合い決めました。


時々、主人が たまにはパパとか父ちゃんと呼んで とリクエストしたり、甘えるときはちゃっかり率先して息子自ら 父ちゃん~と言うこともあります






子育ても夫婦・家族のありかたも
オンリーワンの正解などなく
それぞれの夫婦・親子の数だけあるもの。



大切なのは
時間をかけてお互いの考えや望むもの
価値観などを言葉にして伝え合い
探しつづけ
時には修正してゆくことだと思います。




アップに挙げた呼び方の例で言えば
再婚したり
ステップファミリーとなったとき
我が家とは違い
最初からパートナーを
お父さん(お母さん) と呼ばせるケースもあると思います。



その決定そのものよりも
それをどう決めて
どんなふうに伝えるか ということで
子どもの受け取り方や感じ方も
変わってくるのでは...


そんなふうに思っています。




そういう意味で
ステップファミリーというのは
もともと違う生活
子育てをしてきた という意味で
話し合うテーマもチャンスも
盛りだくさん



違いを否定するより
お互いの意見や気持ちを
素直に伝え合い

そっか あなたはそう思うんだね
どうしてそう思うようになったの?
と興味と関心を持ちつづけ


家族になるまでは
A or Bしかなかった選択肢が
C, D, E...と増える面白さを愉しんでゆきたいものです





















 



いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
{08259B04-F6CD-4142-B094-EEF74E5F7FF7:01}



「大丈夫」
励ますように 揺れている
まぶしき緑のエール聴こえり








朝はお散歩かねて
ウォーキングをすることが多い近頃。





普段聴こえていない音や
見ていない景色を
愉しみながら 味わいながら

ゆっくりゆっくり。





いまここに満ちている豊かさを
全身で感じられるひととき。












いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
はじめに...

ブログタイトルを変更いたしました


以前も『愛のうた~My story is Your story』というタイトルで綴っていた時期もありましたが

幾つかの旅をして
ぐるっと螺旋状に一周したような感覚です。



改めまして

『愛のうた~短歌とエッセイで味わう日々の彩り~』の名のもと

よろしくお願いいたします。




さてさて

今日は先週末に公開スタートしました
是枝監督の作品

『海街diary』を観てきました。


{44B04DA0-1EF7-451A-B9BE-3DD792EBD503:01}



こちらの作品は原作も愛読しており
映画化になったらいいなぁと思っていたところ、是枝監督がメガホンをとる という情報が飛び込んできて
かねてから楽しみにしていた作品。



さらに、大好きな鎌倉が舞台ですから
観ない理由がなく。



詳しい内容は、実際に観ていただきたいと思うので触れませんが

鎌倉の土地で
父親をおなじくする姉妹たちが
ひとつ屋根のしたで生活しながら
土地の人々ともふれあい紡いでゆく日々


暮らし  営み  というものが
細やかに丁寧に
描かれていたように思います。



生きる ということを
食卓を囲んで食べる という
日常のシーンから表現したかった という是枝監督。


古い大きな木造の一軒家で
昔ながらのちゃぶ台を囲んでの食事のシーンは、自分もその一員になってごはんを食べているような錯覚にもなりました。


原作でも登場するあるトーストは
いかがなものかーと思いつつも
試してみようと思ったり。




家族や周りの人々と関わりながら
日々を重ねてゆくことで
観えてくるもの


変わらないように見えても
季節がうつろうように
人の心も在り様もまた変わってゆくこと...




陰も光も美しく
そこここに愛を感じる作品でした。




役者さんたちも本当に素敵でしたし
情緒豊かな鎌倉の景色と美しい音楽もまた
味わいを深めてくれていました。





帰り道は
車のエアコンをとめて
窓をあけ、風を感じながら帰り



帰宅後は
普段は2階の洋室で過ごしているのですが階下の和室の畳に寝転びながら
パンフレットを眺め余韻に浸って  。。。



母がつくってくれた梅ジュースを
(なぜ梅ジュースかは映画にて)
グラスに注ぎ
(滅多に氷を入れないため)
氷がカラカラ云う音を
懐かしく聞きながら...



{3A5A6DCD-1FAB-4CA5-B53C-5AA4B7F72FA3:01}




本当に大切にしたいもの、ひとたちを大切に

何気ない日々を
丁寧に慈しみながら
心すなおに...


そう生きたいとまっすぐ思えた
初夏の夕暮れでした。



















いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
{301CC3AE-DAA1-4337-9503-6B36189A3C16:01}


【青空にアクセル強く踏みこんで
   このまま君へと飛び立つ 待ってて】





先日、ドライブがてら
主人を送りに行く途中の高速道路が
まっすぐ青空へ続く
滑走路のように思えた朝に。


想う人会いたさに
はやる心

きっとこの瞬間も
どこかの誰かが。


そんなイメージが浮かんできて、一句。





今日も味わい深い一日を


Love

いいね!した人  |  コメント(0)