NEW !
テーマ:
G.Wは家族で日光へー


手を伸ばせば届きそうなほど
空も、山も、川も、近くにあって

{5265F32D-A043-4E22-AAA5-0D3FF29580A9:01}

ただ 在る だけで、愛らしく

{A32D3E58-1C49-4B57-BC86-5BEFC2F97BAD:01}

芸術そのもの の姿を魅せてくれる 

{F7A641D3-BC91-444E-8E35-74473DADFB8D:01}

{145996FF-F7C7-4B04-89FB-99B8A5E6992D:01}

{D1B3EBE6-82E3-4C16-9B4B-1F59B300CA00:01}



夜になれば満点の星が降るように瞬いて


木洩れ陽は優しく眩しく
吹き抜ける風はひんやり心地よい・・・





知らず知らずにいつもより
肩の力が抜けて
呼吸が深くなっていることに気付く



おてんばだった
あの頃の私が顔を出す

{70B37C4F-F49D-40B6-B607-1782621D236E:01}

いろは坂の上は桜が満開!
美しいコントラストに溜め息・・・

{FC40BFDD-000C-43DA-B880-392235056273:01}

 

湖を前に
居ても立っても居られなくなった夫が
ざぶざぶと・・・



気持ちよさそう♡




そして・・・




拡がる波紋ー

{960529EA-324A-4345-8106-474031FDD571:01}




みんな誰もが
波紋の真ん中
何かを発して
互いの波紋が
重なり合って
見えた世界に
何かを感じて





ひとり では完結し得ないこの地球で
生きる を心ゆくまで、満喫しよう








映画のオファー歓迎いたします
出演のご依頼・ご相談は
dearest.yu0906☆gmail.comまで
☆を@に替えてお送りください

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


あなたは

未だ知らない






彼方に揺らめく

絶望という名の

希望を






虚ろな瞳に

何を映し

生きている







それでも捨てきれず

それでも葬れず






ひとり

彷徨い歩いている






翼を引き摺り


涙さえ忘れて
















あなたは

未だ知らない





その身に宿した

闇という名の

光を...



{24069919-D603-4976-B426-F6773E309FDF:01}

photographer : Aoi Ikeshita







映画のオファー歓迎いたします
出演のご依頼・ご相談は
dearest.yu0906☆gmail.comまで
☆を@に替えてお送りください
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
久しぶりに息子とカフェへ


最近は放課後だけでなく、休みの日も"友達と遊ぶ"と出かけていく彼。


行動範囲もぐんぐん拡がって
「今日は○○へ行ってきた~」
という報告を聞いてびっくりしたり。



ソファ席でくつろぎながら
お互い好きなことをしてのーんびり。


何やら息子はメモに書きこみ中
いつもメモ帳&ペンを持参していることも初めて知った母...

{8484E390-2DEC-4A98-A845-AF32790D9431:01}


私がこの仕事をはじめた時
「僕、ママのマネージャー」
と言った息子。


もちろん実際は事務所にマネージャーさんがいて、いろいろサポートをしていただいているのですが、まっさきにそう言ってくれたことがとっても嬉しくて


夫も、結婚する前から
「どんなことでもやりたいと思ったことはやってね」と言ってくれていた。



自分のために生きるなんていけないこと


そう思い込んで生きてきた私が今
紆余曲折を経て 映画 という大好きな世界に飛び込めたのは、父の死とともに、紛れもなくふたりの存在が大きい。


そして、ふたりとも好きなことをして
それぞれの人生を愉しんでいる。



夫と息子を通して、そして今
私の周りに居る大好きな人たちを通して
本当に自分がやりたいこと・好きなことをしている人は周りの人にも寛容だし
こうあらねば  こうすべき と強制しないのだな ということが分かった。


それに
自分が本当にしたいことをしていれば
人のことを気にしてアレコレ言ったり考えたりする時間が勿体無くて
そんなことに時間を遣うなら
自分に集中して生きたい と心底思う。



生きる命は時間であり
与えられた時間は有限。


だとしたら


どう生きる?
何をしたい?



人生は、なんてシンプル










映画のオファー歓迎いたします
出演のご依頼・ご相談は
dearest.yu0906☆gmail.comまで
☆を@に替えてお送りください
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
タイトル

死ぬまで生きよう、どうせだもん。


は、安藤サクラさん主演
サクラさんのお姉さんである安藤桃子さんが脚本&監督の映画「0.5ミリ」のキャッチコピー。


{D5D953EB-1F39-40A7-BD8F-B622361B4B7E:01}


大好きすぎるこちらの作品については
『勝手にシネマシリーズで綴ります





半年前。



目の前で
父が亡くなるのを
息が絶える瞬間を
見届けた。



何度、胸に耳をつけても
どれだけ、耳をすませても
もう心臓の音は、聴こえなかった



頬も腕も
さわればまだあたたかくて柔らかいのに
意思を持って動くことは、永遠にない



生きている父の姿を
もう二度と
見ることができない




希望が絶える・・・



絶望 というのは
こういうことなのだと思い知った。




今までのどんな哀しさも寂しさも
比較にならない感情の波と
そのあとに訪れる空虚感。





生まれてきた以上、死が訪れることは
理解していたつもり だった。




曽祖母の死
祖父の死
祖母の死
友人の死



経験してはきたけれど
看取ったことはなくて



もう少し留まってと祈りながら
去ってゆく父を見送るしかなくて。




そんなふうにあの夜
目の前で父の最期を看取ったときから
もう、1ミリも言い訳できない!と
心底思った。



何に?


自分自身、に対して。

自分の人生、に対して。

自分自身の命、に対して。




今、生きている、ということが
どれほど尊い 奇跡 なのか。



呼吸が何の意識もせずにできて
鼓動が規則正しく繰り返されて

夜眠りにつけば朝を迎えられる



そうして過ぎる毎日を
当たり前に繰り返して
私たちは生きている。



だけど



今、ここで生きている私は、私たちは
驚異的なほど
命の塊そのもの なんだ。



今、そこで笑っているあの人も
今、そこで泣いているあの人も
今、そこで怒っているあの人も。



呼吸し、鼓動を打ち
生きている



ただその事実に
初めて圧倒された。




どうせ、生きるなら


めいっぱい命を燃やして
めいっぱい愛して愛されて


いつかの最期まで
この命を、この身体を、全うしよう。



地震だって
事故だって
病気だって
犯罪だって


1年後、来月、来週、明日...
次の瞬間さえ、なにがどうなるか
保障なんてひとつもない。



だとしたら


本当にしたいことをして
本当に観たい景色を観て
本当に居たいひとと居て
本当に言いたいことを伝えて
本当に食べたいものを食べて

本当に大切にしたいものを大切にして
本当に生きたい人生を、生きる。




だからやっぱり
この言葉なんだ。




死ぬまで生きよう、どうせだもん。





Love






映画のオファー歓迎いたします
出演のご依頼・ご相談は
dearest.yu0906☆gmail.comまで
☆を@に替えてお送りください




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
1か月間、毎週参加していた
映像ワークショップが終了


ワークショップは2月からスタートしていて私は途中からの参加だったため不安もあったけれど、指導してくださった監督もご一緒した皆さんもあたたかくて


最初は恐る恐るだった「エチュード」という、即興でお芝居をすることも回を重ねるごとに楽しくなっていった。



脚本なし
設定もなし
始まってみないと分からない



ドキドキしながらまっさらで立って
相手の動きやセリフを受けて返しながら
一瞬一瞬が重なりシーンが生まれる。



オチをつくることや
ウケを狙う必要もなく
どこで終わるかは監督のカット次第。



事前に"こうしよう"と思考で入ると
予想外の反応が返ってきたときに
行き詰まってしまう


エチュードはある意味
野性的・本能的なものと言えるかもしれないし、自分自身が透けて見える怖さと面白さがあった。



メンバーの中には役者歴が長い方もいて、演じることを追求してきたからこその言葉はずっしり重みがあり、自分をまた見つめることもできて感謝



来月からはワークショップメンバーで映画の撮影が始まる。



どんな映画になるのか...
今から楽しみです




ネットで見つけたカチンコモチーフのカフス
可愛い

{27357789-523E-4346-96DC-5F0C35A70795:01}



映画のオファー歓迎いたします
出演のご依頼・ご相談は
dearest.yu0906☆gmail.comまで
☆を@に替えてお送りください
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日は7年来の友人
星詠コンサルタント北條毅さんとランチ


大好きな東京タワーが見える
素敵な場所にて



出会った頃はお互い
今とは全く違う生き方をしていて
まさかこんな未来を生きてるなんてね と


それまでの人生も
今日に至るまでの過程も
知っているからこその感動と感慨深さがあって...



ときに葛藤しながらも
自分自身と向き合いつづけ
魂が望む流れを選択してきた結果

会えばこうして
どんな過去も笑って振り返れる。



時代の流れとエネルギーの感知力に長けていて、私にとって人生の転換点と言えるその時々のタイミングで、星の視点からも深い部分が呼び醒まされるようなメッセージを贈ってくれる

本当に心強く、有難く、大好きな存在。



ランチタイムでは話したりなくて
またまた素敵なラウンジへと移動して
話し込み...

{32405B4E-A864-4C7C-B342-B71CC83920BA:01}


今この瞬間を存分に味わいつつ
生まれゆく未来に胸を躍らせて
それぞれの役割を受けとめあう

なんとも豊かで心地よいひとときでした




今も、各地で開催のワークショップは満席、セッションも2か月先まで予約が埋まっている状況の彼ですが、今後ますます加速&拡大してゆくことと思います他の誰でもなく"自分を生きたい"と心から望む方はぜひ






いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
本日クランクアップ!


外ロケのため
心配だったお天気も快復

{63625060-7DC5-4247-9A27-E94B271004CA:01}


打ち上げでは監督から、スタッフ&キャストひとりひとりへのメッセージをいただき、監督のチームへの信頼感に胸が熱くなりました。。。




なんだかもう随分長い時間を一緒に過ごしてきたように思える

そんなチームの一員として作品創りに関わることができて、最高に幸せでした




ここから先は編集さんの手に委ね
完成を楽しみに待つばかり





しばしの休養ののち
次なる作品へ向けて、走り出します




撮影した映画の詳細については、お知らせできる時期になりましたら改めてお伝えいたします




Love






映画のオファー歓迎いたします
出演のご依頼・ご相談は
dearest.yu0906☆gmail.comまで
☆を@に替えてお送りください

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
大好きな人には
1時間でも、10分でも、一瞬でも
会いたい、と思う



たとえばもし
会えなかったとしても

会いたい と
まっすぐ思えること
素直に言えることが嬉しくて



そりゃあ
会えたらもっと
嬉しくて愉しくて



心もほっぺも
緩んでしまう




違う道をたどって
おなじ今を生きて
おなじ空気を吸って

おいしいねって
笑い合える、幸せ




濃くて深くてあったかい
家族みたいに大切な
ほんの少しの
大好きな、ひとたち




いつも
いつまでも



ありがとう



{36F0E423-7020-4740-9E94-33D4835927A0:01}





明日は屋外での撮影ー


晴れたら、いいな
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
先週末は映画の撮影で連日ロケ地へ。


住宅地のなかの
とある一軒家にて撮影でした


のどかな景色に癒されながら

{6258CB14-1F1D-4DF6-BF86-5D6C0E6A22FF:01}


共演者の方やスタッフの方々と
待ち時間に好きな映画の話や
映画の世界に身を置くようになった経緯など、お互いのいろいろをお話できることも撮影中の嬉しいことのひとつ



"映画が大好き"という共通項が
はじめまして の距離を一気に近づけてくれる。



演技のほうは、といえば
カチンコが鳴って
監督の「よーいスタート!」がかかるまでは、立ち位置・動き・せりふを自分のなかで確認してすごく緊張しているけれど

始まると、ただただ
"今、この瞬間" しかなくて
時間 というものの概念が飛んでいくような感覚になる。


時々、「カット!」の声を待つ自分になると 大抵そのシーンは撮り直しになる...やっぱり という感じ。おもしろい。



人前で話すことはとっても苦手なのに
カメラの前で演じる、となると
恥ずかしい という感情がなくなって

身も心もむきだしにして
なりふりかまわず役にすべてを捧げたくなる、不思議さ。


そのたびに
この仕事が好きになって
映画をもっと、好きになる





深夜に及ぶ撮影ー
外では照明さんがずーっと照らしてくださっていました

雨が降らなくてよかった!

{32952FBA-FF10-4B09-BF21-434F26B2AEC3:01}



そして今日も...

まもなくクランクインする作品の監督さんと共演者の方々と、ノンストップ&濃密な時間を過ごしました


{68E7DD52-59BA-44C6-A644-1547235C3085:01}


もうすぐ満月





いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
ここ最近、月に10本前後は映画(DVD含め)を観ているので、気の向くまま感じたことなど書きつらねてみよう


ということで
備忘録的

勝手にシネマ




【ドッグヴィル】
監督:ラース・フォン・トリアー
主演:ニコール・キッドマン

{8F899DDA-79E6-43F6-9E61-4F0749EB4276:01}


Story
ロッキー山脈の麓に孤立する村ドッグヴィル。ある日この村の近く、ジョージタウンの方向から銃声が響いた。その直後、村人の青年トムは助けを請う美しい女性グレースと出会う。間もなく追っ手のギャングたちが現われるも、すでに彼女を隠し、その場を切り抜けるトム。彼は翌日、村人たちにグレースをかくまうことを提案した。そして、“2週間で彼女が村人全員に気に入られること”を条件に提案が受け入れられる。そうしてグレースは、トムの計画に従って肉体労働を始めることになるのだが…。(allcinema.netより)




先月お会いさせていただいた監督に
おすすめの作品をいくつか教えていただき...その中の一本。



"人間そのもの をえぐり出す映画で、観るほうのコンディションによっては精神的にキツいかも...健やかな時に観てください"と。


全編177分
観終わってしばらく放心状態ー。



まず驚いたのは、ロケ地での撮影というものが一切ないこと。全編通して描かれる【ドッグヴィル】という村は、ただ白い線をひいた床のうえにセットを組んだだけ。まるで舞台を撮影したものを観ているかのような。


人々が暮らす村という設定ながら、家々のドアすらないセットに戸惑いつつも、ドアの取っ手をまわす音や開閉のときの軋む音と役者たちの動きにドアが見えはじめ、村人たちの心理状態の変化に翳りゆく未来を予感した頃にはすっかりドッグヴィルの世界にひきこまれ...


物語が進むにつれて臨場感は加速。


最後はもう 目の前で事が起きている と感じるほど息をつめ、手を握りしめて観てしまった。


人間の美しさ、醜さ
情と非情
優しさと冷酷さ
受容と拒絶

それらがオセロのように
表裏一体に描かれている。


村 という集団となったときと
個 として在るときの危うい心の動き

思わず我が身を振り返らずには
いられませんでした。



なんといっても
主演のニコール・キッドマン
素晴らしかった!


どこまでも純真で献身的で聖女かと思う姿から一変するラストには鳥肌がたちました。



救いのない物語のなかに
救いを見出す




私にとって【ドッグヴィル】は
そんな映画でした。










いいね!した人  |  コメント(0)