NEW !
テーマ:
いってまいりました


いよいよ来週に迫った結婚式で
お色直しのドレスをお借りした
ドレスサロン TIG さんにて。


{98BB4C42-1FCB-4761-9619-A604E2DEF21E:01}



彼の和装姿を見るのは初めて~(*^^*)
とってもキマっていて
ドキドキしてしまいました



私が選んだお衣装は
IKKOさんプロデュースの打掛セット。


金とオレンジがベースの打掛に描かれた大輪の菊の花
新緑を思わせる明るいグリーンのお着物

上のお写真ではあまり見えませんが
キラキラのイエローの帯揚げに
鮮やかな紅色の帯締


胸もとには緋色の懐剣と薬箱。


華やかさのなかにも品があり...
ひとめ惚れでした☆



撮影はもちろん
ヘアメイクと着付けの時間も笑いいっぱい

とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。


お写真の仕上がりが
今から楽しみです~(#^.^#)





TIGさんはもともと、主人がお世話になっている方からのご紹介


ドレスやお着物の種類も豊富ですし
お得なプランも活用できます。


なにより社長さんもスタッフさんも
本当にイキイキされていて
素敵な女性ばかり。


前撮りやフォトウエディングを考えておられる方にも心からおすすめです。





結婚式当日だけでなく
その日に至るまでのプロセスも
めいっぱい味わう、楽しむ。



人生の一瞬一瞬も
そう在ることで拓けてゆく未来を
主人と結婚してから
より深く実感しています^_-☆





ではでは

今日も
まるごとぎゅ~~~っっっな一日を。


Love





♥︎TIG ドレス
JR錦糸町駅北口より徒歩3分





【すべてを生きるちからに 生きる喜びに】








いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
{139B4F23-94A9-46B7-8113-35BAAACAB87E:01}


マンゴージュース

昨日も いただいて、もとい
打ち合わせしてまいりました。


濃厚なマンゴージュースが大好きな彼を
ウエディングサロンの方も覚えてくださり
最近は言わなくても
マンゴージュースが用意されていたり。


きっと結婚式が終わっても
マンゴージュースをいただくたび
結婚式の準備をしていた日々を
思い出すのだろうな



式場にも
担当のプランナーさんにも恵まれ
本当に有難い限りです。




さて
いまから主人と
和装での撮影にいってまいります。




まるごとぎゅ~~~っっっな
一日を^_-☆



Love


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
心のつながりを取り戻す親子の物語
【ちいさなぼくへ~from my dear~】
ご購読いただいた方より
感想メッセージをいただいております。


感謝の想いとともに
少しずつご紹介させていただきます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


切ないけど心がポッとあたたかくなる
そんな優しい気持ちを届けてくれる素敵な物語でした。
ちいさなぼくが抱えている心の闇、
お母さんが抱えている苦しい気持ち、
物語を読んでいくうちに、情景が思い浮かび切なくなりました。
それと同時に、お互いを思いやる気持ちに触れ、
親子のたしかな絆というものをみせてもらった気がします。
この物語が与えてくれる心からのメッセージは、
今、親子の関係や気持ちの伝え方などに悩んでいる多くの人達の励みになると思いました。
じーんと心に響く物語、読ませていただいてありがとうございました。

Naokoさん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


愛する人へ愛していると伝えることは、どうしてこんなに難しいんだろう。大切な人を大切にするということは、どうしてこんなに難しいんだろう。この母と私、どこか重なる部分を感じ
娘と主人公がまたどこか重なる部分があり胸がしめつけられるような感じで読みました。愛し方を知ること、愛され方を知ること。惜しみなく愛すこと。喜んで愛を受けること。親子のコミュニケーションのなかで愛を語り合うことの重要性を強く感じました。そしてやはり人ひとりひとりが自分を愛すること。自分を一番愛おしみ慈しむことができるのは自分なのだということを改めて感じました。この物語がひとりでも多くの方の手に届き、ひとりでも多くの方が大切な人を大切にすることに気付けたら…と思います。

メゾン・ド・アミティエ代表 あみちえさん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


小さなゆうちゃんが長い間、
ぎゅって手の中に握りしめてた想いなのかな
ずっと怖くて開けれなかった握りこぶし。
でも、やさしい人と出逢い、
勇気を振りしぼって開けた手のひら。

そこには、やわらかい白い羽根がいっぱいあって、
それが太陽の光を浴びてキラキラまぶしくて、
“なんてキレイなんだろう”って時間を忘れて見とれて、
そのうち白い羽根がふわって舞ってゆく。
その羽根を見えなくなるまでずっと微笑みながら見ている、
そんな光景が浮かびました。

あぁ、キレイだね。
よかったね。そう思いました。

池下あおいさん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「ちいさなぼくへ」を読ませていただき、自分も4歳の息子と2歳の娘と本当に向き合えているのか。子供たちにさみしい想いをさせていないのか、そんな事を振り返らせていただきました。社会的な課題はもちろん職責ですのでしっかりと向き合っていきますが、一人の親として子供たちにもしっかりと向き合っていきたいと感じました。

船橋市議会議員 つまがり俊明さん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ヒトが生きていくうえで大切なもの・必要なものが
この物語には克明に記されていると感じました。

私たちが本当に大切にしていかなければならないものを
再確認できました。
ありがとうございます。

先ほど、NHKで「子どもに会えない父親」の
特集を見ました。

様々な理由で会うことのできない親子。
こうした現実は、決して遠くの問題ではないとわかりました。

悲しいですけれども、親も子もストレスを抱えてしまう状況。

美月さんの物語は、こうした関係に
温かい風を吹き込んでくれるのでは、と感じました。

これから、家族を築いていく世代の私たちですが、
奇を衒わず、普通であること、
何気ない日常の心のふれあいを大切に生きてゆきたいと思いました。

心震える物語をありがとうございました。


 加藤 翔さん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


6歳男の子と3歳女の子のママです。
特にお兄ちゃんには期待が大きいのか、大きな声で叱ってしまったり
悲しい言葉をぶつけてしまうことがあります。
特に自分が仕事がうまくいかなかったり、忙しくて体力が限界に達しそうな時
心の余裕がなくなりちょっとしたことで叱ってしまいます。
いけない、、、とわかっているのに。
物語のママと自分を、しゅん君と息子がかさなり泣けました。
もっともっと笑顔のママでいれるように自分が幸せであることを大事にしたいと思います。
ママの幸せな顔は子供達の幸せでもあるんですね!

株式会社コッコト 代表取締役 宮本直美さん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


児童養護施設に行ったことの無い私には
実はそこの子供達の大半には生きている親がいるという事実に、衝撃を受けました。

自分の中には、自分でも気付いていない誰かを愛する気持ちや、表現できていない愛情がもっと隠れているのではないか、と感じさせられる作品でした。

自分の中にある愛を表現しきれていない人は、きっと私以外にもたくさんいるのではないかと思います。

一人でも多くの人に読んで頂き、自分の中の愛情を素直に表現すること、それを受け取ることの幸せがもっと増えたら良いなぁと思います。


Image & logo presenter 若木美有さん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


自分の気持ち
本当に自分でわかっているんだろうか

あなたの気持ち
わかっているつもりでいるんだろうか

知らずに誰かを傷つけていること
自分の中に気付こうとしていない自分がいないだろうか
あなたに気付こうとしていない自分がいないだろうか

見ているつもりのあなたが見えない

私の中のあなた
あなたの中の私

もう一度
今から
しっかりあなたを見てみたいな


いとう眼科院長 伊藤賢司さん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ちいさなぼくへ

たくさんの想いと
可能性が詰まった作品です。

リアルな物語を紡いでいく優しい文章が
時に残酷に、時に感情的に、時に愛らしく、物語の核心へと導いていきます。

はっきり言える事があります。
この本は、時には励みに
そして時には家族を見つめ直す大事なきっかけになります。

様々な家族の未来を照らし出していくこの本が製本されるのが
今から非常に楽しみです。

雑貨・レンタルスペースを併設したカフェ プチ・フウユオーナー 永渕元康さん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




ちいさなぼくへ 素敵な物語をありがとう。
涙が止まりませんでした。

一番大切な人からの、一番大切な視線と言葉と笑顔。
親からの愛情は、僕たちの生きる力ですね。
親との格好つけない素直なやり取りは、心の栄養ですね。

親には親の事情があるけれど
子どもにとって、親の愛情は、他に代替のきかないかけがえのないもの。
何気ない親の行動が、子どもにとっても影響を与えている事は
自分が小さい時には感じていたのに、大人になると忘れがちになってました。

・きちんと、見ること
・笑顔
・素直な言葉

人生の中で、とっても大事なことを、改めて気付かせてもらいました。

この物語が多くの人の心に届きますように。

グローバルラーニングジャーニー 株式会社ドアーズ代表取締役社長 森田英一さん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「ちいさなぼくへ」の中には、親子関係にとっての大切なメッセージが詰まっています。
親が子を殺したり、子が親を殺してしまう残念な事件が、後を絶ちません。
しかし、人は、ひとりの人や一冊の本と出会うことで人生が変わります。
物語のゆなちゃんのような勇気ある子が、一人でも多くなるよう
また多くの方々にこの物語をお読みいただけることを願っています。
素敵な御話しを拝読することが出来て、とても暖かい気持ちになりました。
ありがとうございました。

20代の自分を取り戻す 理想のカラダのつくり方
 著者 阿部 貴弘さん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


読んだ後、暫くその物語の余韻に浸っていたいと思いました。

ふわんとした温かさが身体じゅうに広がりました。


みんな生きるのに必死になると
目の前の大切な事が見えなくなってしまいます。
自分は不幸だと思っていると
目の前の幸せが見えなくなってしまいます。

でも、そんな身近な幸せが
何よりも私達にとってかけがえのないものだと気づいた時、全てが変わります。
幸せでいっぱいになって、周りの人に優しくなれると思うのです。

「愛のうた・ちいさなぼくへ」を読んで、そんなことが頭をよぎりました。

読んでいて癒される物語。
大切なことを気づかせてくれる物語。


「愛のうた・ちいさなぼくへ」

沢山の方に読んで頂きたいです。


     クリスタルボウル演奏家Naoさん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


読み始めてすぐにギュッと切ない気持になった。
本当の気持ちに気がついているけど、フタをして
今をどうにか乗りきっていく
瞬の切なさを感じました。


最初は小さな、本当に小さな一歩から

瞬の本当の想い
お母さんの本当の想い
ユナの本当の想い

3人の想いが交差していくように、みんなの想いがひとつになっていく


みんながお互いの気持ちに気がついて
みんながお互いを尊重して
みんなが自分の気持ちを素直に伝えることができる


この物語を通して、温かい気持ちと
自分から一歩踏み出す勇気を分けてもらいました。


                 もりちゃん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


素敵な物語を読ませて頂き、本当にありがとうございました。
とってもこころが温かくなりました。
優しい風がこころの中に吹きました(^-^)

ゆなちゃんが、ママと向き合うことをあきらめない姿…

僕は大切な人との人間関係の中で、
相手と向き合うことを何度もあきらめてきました。

これからは、人と向き合うことについてもっと大切に取り扱いたい。
そんな気持ちで、今いっぱいです。

ママの心が開かれていくプロセス…
自分自身の姿に重なりました。

「僕は本当は何をして欲しいのか?」
「僕が、向き合わないでいるものは何か?」

そんな問いがおりてきました。
気付きがいっぱいでした。

次の物語を楽しみにしています。

株式会社一心代表取締役 千田利幸さん


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私はごく普通の家庭に育ち、両親のけんかも見たことなく
妹と祖母と…にぎやかに過ごしてきました。

家にいつも誰かがいたので
どちらかというと、うっとうしいなと思うくらい。

なのにこのお話を読んで泣いてしまいました。

なんででしょう?!

みんながいてもどこか寂しい自分がいたのかもしれません。
どこかで本当の自分を見てほしいと訴えたかったのかもしれません。

読み終えてなんだか胸の辺りがほわんと平和な気持ちになれました。

大人になって久しい…ですが
自分の中の子供をこれからも育んであげたい、
地球上の子供たちがなんの心配もなく
安心してころころ笑って過ごせる世界になる
ほんの小さな力になれたら…と思いました。

素敵なstoryありがとうございます。


                     マユラさん

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この物語にリンクしそうだったので、とのことで
マユラさんが描かれた
素敵なイラストも送ってくださいました。

愛のうた~My story is Your story ~                             美月ゆうオフィシャルブログ
             

愛のうた~My story is Your story~                              美月ゆうオフィシャルブログ

                 
$愛のうた~My story is Your story~                              美月ゆうオフィシャルブログ

◆マユラさんブログ
光景の瞬間~コウケイノイマ~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


こちらの物語
【ちいさなぼくへ~from my dear~】
養護施設のこどもたちとのふれあいがきっかけで
書かせていただいた作品です。

現在はさまざまな方のお力添えをいただき、製本化へ向けて進んでいます。

ほんとうにありがとうございます。


児童養護施設を訪問しての記事はコチラ
http://ameblo.jp/luv-812/entry-11326841043.html



すべての親子が慈しみ合える未来を祈りながら
これからもできることをひとつずつ。



美月ゆう


ありがちなキラキラどなたでもお読みいただけますありがちなキラキラ
5日間連続でお届けする
無料メールstory↓ご購読はこちらから↓
かぎちいさなぼくへ~from my dear~
いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:
昨日に続き
本日も朝からレッスン☆


ウォーキング&ポージングを
みっちり。


早くも顔もからだも
筋肉痛になりかけてます...^^;



昨夜は大切な友人と
食事を共にしつつ
語らいのひととき...

{31CE7665-85BB-4B8E-90B6-B9A38057BCFE:01}


あるがままを
あるがままに

ただ受け取りあえることの安らぎ。


慰めも
同情も
アドバイスもなく。




人と人は
こんなふうに関わりあえるのだと
教えてくれた人のひとりです。



カウンセラーという仕事をしていると
いつでもクリアな心で
感情も穏やかなのだと思われている方も多いようですが

もし、そんなふうだったら
こんなふうに
友人たちの存在に感謝したり
関係性に感動することもないでしょうネ。




昨日の記事にも書きましたが
与え合って
受け取りあって
甘えて頼って
頼られて

時には
弱さをさらけ出し
落ち込んで
手を貸してもらって


大切なひとたちとふれあいながら
今を生きています。



もう
なんでもひとりで抱え込まなくていい。


すべてを解決しようとしなくてていい。


自分以外の誰かになろうとしなくていい。






ありのままの心の内をさらけ出す
ただ ただ受け取ってもらう という体験をしてみたい方は コチラまで







いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
レッスンを終えて
友人との待ち合わせまで
ひといき☆



コチラ...

{2AB73CEE-FBEB-456D-A434-36CE8FD1A646:01}


レッスン前に
ふらり 立ち寄ったお店で購入しました


和のランチョンマット&
コースター&お箸置き。


オランダに住んでいる
妹夫婦へのプレゼント^_-☆


来月の結婚式で
一年ぶりの再会となります。


イギリス人の彼と出会い、結婚し
日本を離れた妹。



和のものを見ると
ふと思い出し、、、


そういえば、先日の鎌倉でも
和柄のノートをふたりのために
購入したのでした♪



滅多に会うことはなくても
こんなふうに
妹たちの存在が私の中にあることを感じられる


そんな瞬間は
とても嬉しいもの(#^.^#)



プレゼントは
そんな 今 の心を
かたちにすること でもあり
贈るほう
贈られるほう
どちらもHappyになれるもの、なんですよね^_-☆


だから
受け取るときは
喜んで受けとってくれたら
贈る側も とっても嬉しい。





与えること
受け取ること

どちらかだけ、では
人は生きてゆけない。



自分はどちらか、だけしか
してないように思えても
ホントは双方向で
与え合って
受け取り合って いるんだよ^_-☆


そこに気付いたとき
人生は よりあたたかく
豊かなものと感じられるのではないかしら。。。



Love





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日も
暑い一日がはじまりましたネ☆


今からレッスンへ
いってまいります(#^.^#)




本日のミッションは
すっぴん で来ること☆


今回は
メイクアップのレッスンなのです。



サングラスをかけても
ついつい俯き加減になりつつ...


{B3B78514-01F6-4DA9-9334-FDC95619F5BC:01}



そんなこんなも
まるごとぎゅ~~~っっっで
いきまっしょい^_-☆



Love




親子の関わりに観る人生の謎とき





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
笑ってしまうほど
蒸し暑い日が続いていますね( ´ ▽ ` )ノ

体調を崩されている方も
多いとのこと。。。

くれぐれも熱中症など
気をつけて過ごしましょう☆



さて、先日は
主人共々お世話になっている方より
ディナーにご招待いただき
JR千葉駅東口 or 京成千葉駅近くの
コチラのフレンチレストランへ♡


【Serena de Naturelle セレナ デ ナチュラーレ】

{E4DEA663-EB7E-497C-A5EF-765D97BE2C39:01}


素材の味を大切にされていて
千葉産無農薬のお野菜を中心とした
シェフこだわりの食材に

メニューに合うワインを
セレクトしてくださいました。



お魚の甘味がひろがる
素敵なアミューズにはじまり

{2A90AAB6-0B3B-4CAF-A2AF-651A314CC90D:01}


バジルが練りこまれた
シェフお手製の熱々まんまるパン

{AFB38E9E-48B5-4B57-987A-8D184190451E:01}


口にせずとも濃厚さが伝わってきた
とろけるコーンスープ

{12070948-7E63-4F90-ADF5-99F7234C94F9:01}


お魚もお肉もお野菜も
塩加減 焼き加減の絶妙なこと...


{E4EF6F31-55A3-4955-A167-784AACAD7411:01}


上質なお肉とフォアグラのソテー

{E36148DF-2A0E-4416-9D84-C85D8F332D38:01}

ラストは
大好きな白桃を使ったスウィーツ

{62305B11-CA68-499B-B08B-1E81EDA3D407:01}


最初から最後まで
おいしい~
幸せ~と
頬が緩みっぱなし



生きてきた道のりや想いを分かち合いなが
ら、おなかもハートも満ち足りたディナータイムを過ごさせていただきました。



ランチタイムの営業もなさっているとのことなので、ママ&女子デートにもおすすめです(#^.^#)




千葉に来てもうすぐ一年半。


主人を通じて
ブログやFacebookを通じて
あたたかなご縁をいただき
本当に本当に
感謝の思いでいっぱいです。



そして


これまで出逢ってきた
すべてのひとへも
ありったけの ありがとう を伝えたい。



どんなときも
あなたがあなたとして出逢ってくれたから
生まれてきた意味
生きてゆく意味を探すことができました。




これからも...

人生まるごと抱きしめて
生きてゆこう。





Love & ぎゅ~~~っっっ





親子の関わりから観る人生の謎とき


いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
3日間の滞在を終えて
日光をあとにしました。




家族のいろいろ
友人たちのいろいろ
私のなかのいろいろ が

ぎゅっと詰まった3日間ー。




日光の空を心に焼きつけて
千葉へと帰ります。


{70AB9351-64D0-428B-8591-A8D7528EE16C:01}


きもちを伝え合えること

美味しいね って
笑い合えること

がんばってきたね と
いたわり合えること


またね って
見送ること
見送られること。。。





泣いても笑っても
そのなにもかもが


生きること、そのもの。






これからも
まるごとぎゅ~~~っっっ で
ゆこう。




Love





親子の関わりから観る人生の謎とき
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
昨日は電車を乗り継ぎ
とある街へ。


出張セッションを
してまいりました。


クライアントの方は
ふたりの子どもがいるママ。



一緒に行った息子は
初対面の子どもたちと
あっというまに仲良くなり
外でもめいっぱい遊べて
嬉しかったよう。


子どもたちの協力のおかげで
心を見つめるための
静かな時間をつくることができ

初回のセッションが終了しました。




そのあとは
一路、日光へ。


雨上がりの空は
どことなく幻想的で


見慣れていたはずの
山がすぐそこに迫るこの景色も
日光を離れた今となっては
帰るたびに感動を覚えるのです。。。


{D6D9E6A1-9A2A-4172-8382-AAF7F2367AC9:01}


迎えに来てくれた父に
近況を聞かせてもらいながら
実家に到着。


車から降りた途端、駆け出して
ただいま~ と扉を開けた息子の姿は
なんとも微笑ましく

我が家のほかにも
何のためらいもなく
帰ることができる場所があることは
とても幸せなことだな と しみじみ。



母が淹れてくれたルイボスティーに
心も身体も緩んで
とりとめなくおしゃべり。


いつ帰っても寛げるように
整えておいてくれるお部屋で
ひと休みしたあとは
用意してくれた夕食を食べながら
だんらんのひととき。


食休みのあとのバスタイムでは
久しぶりに湯船に浸かり
身体が芯からほぐれてポカポカに。。。


そして
リビングにて
ゆるゆるとした時間を過ごし

気付いたら息子は
ソファですやすや...




こんなふうに
心穏やかに一日を終えられるなんて
数年前までは思いもしませんでした。



一番見たくなかった
自分の心を
裸の自分を
見つめること。


そこから全ては
はじまったのです。




本当に心が求めるもの。
本当に心が震えること。


いつだって
本当に本当に
大切にしたいもの。。。




楽しさや喜びと同じように
生きづらさや
感じる痛みも
すべてはそこを指し示してくれる
メッセージ 。



だから

これからも
まるごとぎゅ~~~っっっで
ゆこう。


一緒に、ね^_-☆




Love






親子の関わりから観る人生の謎とき





いいね!した人  |  コメント(2)