応様と私の魅酒乱

不良オヤジの備忘録と回想 サケ・旨いもん・本・映画・トリ

NEW !
テーマ:

 行きつけの酒屋で、知多が安かったのだ。

 グラス付きで3500円ぐらいだったかな。

 居酒屋バーで並び称される山崎や白州が4000円を超えることを思うと、割安感があった。

 知多は、シングルモルトではないので、ソーダで割ってグビグビ飲める気安さがある。

 

 近いから、知多に行こうかとも思ったけれど、ビジターセンターがなく工場だけですよと云われて諦める。

 

 知多。銘酒とは云わない。脇役のサケである。横綱大関である山崎白州を引き立てる存在だ。

 サントリーの売り方が、あざとい程に上手いのである。

 


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨年暮れに入れたディンプルのボトルは残っているかな、と確かめにセンチュリー・エマイユ今年初訪問。

 ええ、残っていましたとも。ディンプルのソーダ割りをとりあえず飲み乍ら、次は何を飲もうか肴は何が相応しいか、などと考える。

 エマイユ、福袋ボトルキャンペーンなどというものをやりやがって、二本入れれば安くするよだって。

 なかなか商売上手いじゃないか。

 思えば、ジョニーウォーカーというサケを久しく飲んでいない。赤も黒も青も緑も金も飲んでいない。嫌いなわけではないはずだが、何故か選ばない。

 スウィングするジョニー君が気になったので、まずはこいつを飲んでみる。

 とっても無難なサケだ。飲みやすいが、厳しく言うと個性がない。先のディンプルとブラインドテイスティングをやったら当てる自信がない。

 ゆらゆら揺れるボトルの佇まいに、我も酔ってゆらゆらと揺れ、これからは色々なジョニー君とお近づきになろうかと思った。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨年オープンしたと思われる呑みや 闇よ棚。

 とりあえずのビールはダークスカイインペリアルスタウト。グラス800円。地ビールだという。

 この店にはアサヒだのヱビスだのは置いてない。店主の拘りか。

 二杯目。なんと、百年の孤独があるではないか。700円。ロックでオーダーすると、ツーフィンガーを超えるなみなみとグラスに注がれる。

 素晴らしい麦の香りだ。これほど濃い香りを漂わす麦焼酎はない。わたしの知る限り。

 

 二軒目。赤兎馬。少し疲れた。お通しでロックで2拝飲んで終い。また今度。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 掛川花鳥園である。

 ワライカワセミ。この方の声には、不幸など微塵もない。

 

 やっと会えたハシビロ先輩、頭頂の羽がとってもお洒落ですね。

 

 ハシビロ先輩、仁王立ち。カッコいい。

 

 こっち向いてよ、ハシビロ先輩。

 

 俯かないで、ハシビロ先輩。

 

 この後ろ姿がたまんない。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 激旨、と云っていいと思う。

 アル度37%の原酒である。

 寒いので、まずはお湯割りにしてみたが思いのほか香り立たず。

 オンザロックが最適だ。

 氷が溶けゆくにつれ、味と香りが微妙に変わってゆく。

 37度なので、この季節、相当ゆっくり飲んでも氷溶けにくく、まったりとサケを愉しめる。

 

 肴は手製の納豆オムレツでした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 月命日である。

 数日前に気がついて、その日は故人がひいきにしていた寿司屋で忍ぶのも悪くはあるまいと思った。

 もずく。

 この寿司屋のもずくが絶品なのだ。これを喰ったら、その辺の居酒屋でもずくを食べる気になれない。

 

 サラダ軍艦巻き。

 あなご。塩で。

 芽ねぎ。必須アイテムである。

 

 寿司もサケも大変に旨いが、この店で独りは侘しい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 静岡伊勢丹の催事場で開催された大北海道展、フツーに生チョコを買ってスコッチに合わせてみるかと思って訪れたら、ロイズの生チョコにウィスキー山崎を使った逸品を発見。

 

 これはもう、山崎しかないでしょ。

 その山崎、品薄であると聞く。酒屋にはなかった。コンビニにはフツーに置いてあった。

 銘酒をゲットするコツを体得しつつあるようだ。サケを買いに来る人は、コンビニや伊勢丹の地下には来ない。だからそこには意外なサケが売れ残っている。

 

 それはさておき。

 冷えたロイズの生チョコは激旨である。

 もう、これ以外のチョコレートが喰えなくなるほどだ。

 そして山崎。新幹線車中の車内販売で時折買い求めるが、こんなにも旨いサケだったかと改めて思う。

 サケと肴のマリアージュが成就した奇跡だ。

 


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 銀座のモンブランと伊東屋でお買い物をした後、いそいそと静岡への帰途に着く。

 新幹線車中で夕餉。

 創作寿司牛肉乃巻とStone Circle。クセになったか。これで約千円。

 開陳。とてもよろしい。

 ほぼ喰い終わった後にワサビ登場。奥に隠すな。

 でも、美味しゅうございました。おいしゅうございました。

 

 ランチなら兎も角、ディナーが新幹線車中での手弁当で足りるわけでもなく、寿々半へ。平目を肴に焼酎を呷る。

 

 


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 帝國ホテルだよ。

 

 Old Imperial BAR だよ。

 とりあえずはビール。昼のバーは、居酒屋とあまり変わらない。

 

 案内されたカウンター席の真ん前に、カリラの25年があった。

 私がカリラを大好きであることを知っている神の配慮を感じる。カリラの25年なんて、静岡辺りのバーでは勿論、雑誌や本でも見たことがない。

 一体いくらするのだ。率直にバーテンに尋ねる。一杯5000円超。なるほどね。

 神の配慮は嬉しいが、少し敷居が高い。

 もっと若いカリラはないのか訊いたら、17年と15年が出てきた。25年&17年はオフィシャルで、15年はボトラーズである。コニサーズ・チョイス。その昔、15年のカリラで素晴らしい逸品があった。だから15年には惹かれるが、既に心は決まっている。

 

 落ち着け。

 いったい何をしに帝國ホテルのバーに来たのだ。目的はブルショットだったはずだ。

 まずはそれをオーダーしろ。

 

 肴にニース風サラダ。650円。ホテルにしては、とってもフツーの価格である。ほっとする。

 温かいブルショットとサラダで、ランチはOKだ。六本木でスープを飲んだことでもあるし。

 

 CAOL ILA 17y.o.  みんな知りたいだろうから書くけど、一杯2800円。

 25年の5000円にのけぞった後では、そう高いとも思えないから不思議だ。

 バーテンダーがボトルの封を開けた瞬間、馬鹿馬鹿しいほどの香りが辺りに漂う。

 凄い。素晴らしい。

 人は、本当に旨いモノに出会った時に、笑うか泣くのである。

 この時は笑った。そして今、泣きながら書いている。

 一飲、甘くフルーティだが、フィニッシュはアイラらしいスパイシーな後味が長引く。

 

 カリラの宅飲みは、12年に留めようと思った。17年の色艶香りは、この空間が相応しい。

 

 それにしても何だか妙に効くな、と思ってラベルをよく見たら、なんとアルコール度55.9%だって。カスク・ストレングスだった。明るいうちからこれはヤバい。

 

 昼間のオールドインペリアルバーは、ここらで腰を上げることができるのである。

 いつまでもここに居て飲みたいだけ飲める身分ではない。

 

 ホテルを出るとすっかり雨模様だ。やれやれ。

 日比谷線の地下鉄駅に向かうための傘さえなく、帝國ホテルの正面からタクシーに乗せていただいて、運転手にこう申す。

 「銀座8丁目、モンブラン」

 

   …続く。

 


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 8日朝。

 仕事は8時半からである。8時頃、職場近くのバーガーキングで100円のホットコーヒーを飲んでから出勤するのがこの頃の日課である。

 で、この日もコーヒーを飲みながら、今日はどんな馬鹿とシフトを組むのかなと思って勤務表を確かめる。

 …!?  8日休みと勤務表にある。本日休み?

 頭が真っ白になる。頭髪も白いが中身も白くなる。

 私は今日、何をして過ごしたらいいのだ。三連休の中日、日曜なので役所も銀行もやっておらず、諸手続きが遂行できない。

 

 そうだ、江戸に行こう。

 昨年暮れに愛用の舶来万年筆を修理に出した。六本木の専門店にである。それが仕上がったよ、という連絡が数日前に着信していた。愛用の万年筆を迎えに行こう、と思った。

 

 馬鹿はその足で駅に赴き、新幹線に乗るのである。

 彼の地の予報は雨、温暖な静岡とは気温も違うであろう江戸に行くのに、コート傘もなしで、車中でビールを飲もうかワインを飲もうか、そんなことだけ考える。

 

 江戸に着けばやはり寒い。

 江戸のホテル、ブティック、ショッピングモールはことごとく地下鉄●番出口スグなどとうたっているが、列車を降りてから●番出口までめっちゃ歩かされるのである。

 目当ての六本木ミッドタウンガレリアを目前に早くもへとへとである。

 そんな折、目に付いたスープのお店。

 〝食べるスープ〟だって。空腹感より温まりたい思いが強い。トマト&ペッパーで少し汗ばむ。690円。

 

 食後、万年筆君を迎え入れ、ミッドタウンを後にする。

 雨が降り始めた。もう地下鉄&山手線は嫌だ。

 ミッドタウン前で、タクシーをつかまえる。

 乗って、運転手にこう云った。

 「帝國ホテル」

 

  …続く。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。