応様と私の魅酒乱

不良オヤジの備忘録と回想 サケ・旨いもん・本・映画・トリ


テーマ:


 某日。お通しにゴーヤが出ました。

 どちらかと云えば食わず嫌いだったけど、食べてみればとてもおいしい。ビールによく合う。



 ビール一杯だけのつもりが、隣席の方が食べていたタコ唐揚げが旨そうで、つい注文、赤霧島のボトルも登場。



 もろきゅうもさっぱりと美味しゅうございました。おいしゅうございました。



人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


 箱を開けてみると…。



 出てきたのはマカロン! …の形をした消しゴムです。



 食べる訳にもいかないし、何となく使いづらいまま、10年以上が経過したと思われます。

 銀座の伊東屋に行った時、あまりに可愛かったので購入。でも使わなけりゃ意味ねえじゃん、と思って、鉛筆画を趣味にしている家族にプレゼント。

 がんがん使って欲しいなあ。




人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 ジャックダニエル シングルバレルを飲みました。


 47%にしては口中に転がした印象はまろやかである。
 すぐに嚥下してしまう。
 47%の熱い塊が胃に落ちていき、臓腑に沁みわたる。
 バニラの香りが印象に残る。



人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 私は、壊れてしまった。


 金曜夕方、友人といつもの居酒屋でフツーに飲んでいました。ネギマと、



イカフライ。

 

 ビール一杯に、日本酒か焼酎を少し飲むだけで帰ることが多いけれど、この夜は何品か肴を摂りました。


 ビール小ジョッキ一杯、続けて日本酒を冷やで一合。その後焼酎をオンザロックで数杯。


 肴はネギマにイカフライ、鮪の剝き身など。


 そこそこお腹も膨れ、友人と別れ、一軒だけで帰るつもりで両替町を歩いていたら、通りがかりのおでん屋から、サラリーマン時代にお付き合いをしていたクライアントの社長様がケータイ片手に出てきました。

 バッタリと遭遇したのです。何年振りかのことでした。

 社長様曰く、「少し付き合え」。

 通りがかりのおでん屋で、日本酒二合ほど戴きました。

 ごちそうさまでした、私はこれでと席を辞そうとしたら、社長様曰く「もう一軒付き合え」。


 女性が侍るパブに連れていかれました。


 POMPA D'ORというスパークリングを何杯飲んだか解かりません。

 50を過ぎて、カラオケやるなんて考えてもいませんでした。

 気づけば午前1時です。

 これ以上付き合ったら私は壊れる、と思いました。

 もう限界です、失礼させてくださいと申して店を辞しましたが、社長様はこんな駄目な私を見送って下さいました。


 そのまま帰ればいいものを、この時間なら知人が経営しているバーが開いているかもしれない、毒を食らわば皿までじゃ、と思って紺屋町に逆戻り。


 早い時間に床に就く習慣がついているので、いつもは行けないバーに顔を出そうかと思ったのです。

 そのバーで深夜2時すぎまで飲んだところで記憶が途切れます。


 歩いて帰れる距離だから、と申したのに、バーの店主にタクシーに乗せられました。


 記憶が定かではありませんが、明るくなった頃、お巡りさんの手を借りて自宅の扉に鍵を差し込んだことは憶えています。

 人間失格。


 


 


 




人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ウイスキー・ボーイ   吉村喜彦   PHP文芸文庫(2015)


 芬々たる広告業界の匂いが鼻につく。それほどよく描けているということであるが、もうこの匂いは嗅ぎたくない。
 小説の舞台が昭和の終わりなので、嗅ぎたくても嗅げないだろうが。
 同時代の、読みやすい小説が読みたくて手にとってはみたものの、スノッブに過ぎる。
 舞台である洋酒メーカーや広告代理店のモデルがあからさまで、いっそのこと実名で書いたらスッキリするのに、と思ってしまった。スターライトや銀通なんて、ネーミングのセンス無さすぎである。
 読みながら、あの頃、どんなサケを飲んでいたのか考えた。サントリーの山崎は市場に出始めていたが、当時はまだシングルモルトの魅力に目覚めてはいない。安いブレンデッドスコッチやバーボンを飲んでいたのだと思う。
 洋酒が安く手に入るようになったのもこの頃で、それまで洋酒と云えば角瓶やホワイトだった。
 サントリーは、気合を入れて洋酒対策を始め、山崎や白州がウィスキーファンに認められてちゃんとしたメーカーになったのである。今やほとんど見かけなくなったオールドなんて、実は少しも旨いサケではなかった。冷凍庫で凍らせると旨いけど。
  ウィスキーや焼酎など、サケを飲むシーンの描写はとてもよかった。





人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 続編作る気満々の終わり方しやがって、どこが完結編やねん。

 この手の映画には少々食傷気味、辟易としているのだが、これまでシリーズは全作観ているし、これだけ観ないのも据わりが悪い気がして観た。


 特にどうという感想がない。好みのキャラであるクイックシルバーの見せ場が前作に増して凝っていたことが面白かったかな。


 登場人物全員が若く、オヤジからしてみれば子供みたいな年代なのだ。スタートレックなどにも云えるが、そんな若い連中に世界を救うだの地球を救うだの云われても説得力がない。


 昔誰かが云っていたが、自分が007の設定年齢をはるかに越えてしまったことを自覚した時、映画を観る目が明らかに変わったのである。

 映画少年にとって、ショーン・コネリーは手が届かない大人のスパイだったのであるが、いまやオヤジはダニエル・クレイグより相当年を食ってしまった。


 このようにして観る映画の趣向は変化してゆくのか、と思う。

 その反面、いつまでもSF映画を楽しめるコドモの気持ちは失いたくないものだとも思う。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 過日、酒屋で普段呑みのジンビームを見て ? となった。

 見慣れたジンビームではない。

 さっそく買って帰るが、味はいつものジンビームである。たぶん。

 

 ↓ こちらがかつてのジンビーム。




 新ボトルは、瓶とラベルのデザインが変わって、少し垢抜けた感じになった。





人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 静岡市銀座ライオンでランチです。

 ランチビールに静岡麦酒。なんだかこの頃、麦芽とホップだけで作ったビールと、コーンスターチなどを混ぜて味を整えたビールあるいは発泡酒の違いがとてもよく判るようになってしまった。

 プレミアムモルツやヱビスはやはり旨いし、安いからとついコンビニで買ってしまった発泡酒はやはり不味いのである。

 静岡麦酒は富士の国の水で醸された麦酒であります。混じりっ気なし。とくに個性もなし。

 しかしコクや旨みを追求したクラフトビールに勝るモノがあって、下手な主張がない分、ランチビールには適していると思う。



 ランチをオーダーしたお客様にプラス100円で供されるいくつかのサラダ。ポテトサラダが好みです。

 お通しみたいな押しつけがましさがなくてよい。嫌なら頼まなければいいだけのハナシである。



 メインディッシュはナポリタンです。こういうバタ臭いモノが喰いたかった。



 シズル感が堪らん。



 
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 連日30度越えの夏本番。

 食欲も失せがちであるが、サケさえあれば、何かと肴をつまむものである。

 つくねは素焼きである。肉の味がよく判る。



 思いがけず冬瓜が美味だったので、アップにしてみました。夏らしい食材で、ビールにも日本酒にも合う。



 茄子田楽。夏らしいものが戴けてよござんした。

 好きな人は真夏でも燗酒を嗜むそうですが、やはりこの時期コップ酒はひやで。



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 横浜づくりは、アルコール度6%なのである。

 色も濃い。コクもある(ような気がする)。



 静岡づくりが横浜工場で作られており、静岡づくりを謳うのはいかがなものかと過日書いたが、それはそれとして、横浜づくりも当然横浜工場で作られている。

 同じ横浜工場で作られた静岡づくりと横浜づくりは別物である。

 静岡づくりはアルコール度数5.5%、色も淡い。



 静岡づくりが淡麗であれば、横浜づくりは濃厚であった。

 因みに通常のキリン一番搾りはアルコール度5%である。

 従ってアルコール度6%の横浜づくりはとてもお得で美味しいビールでした。






人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。