ベルの映画レビューの部屋

大好きな映画を紹介する自己満足&覚書ブログ(2005/09/01作成)


テーマ:
ワーナー・ホーム・ビデオ
バットマン ビギンズ 特別版 (2005)


出演 クリスチャン・ベイル (ブルース・ウェイン/バットマン)

    マイケル・ケイン (アルフレッド) 

    リーアム・ニーソン (ヘンリー・デュガード

    モーガン・フリーマン (ルシウス・フォックス)
    ゲイリー・オールドマン (ゴードン警部補)

    渡辺謙 (ラーズ・アル・グール)
    ケイティ・ホームズ (レイチェル・ドーズ)
    キリアン・マーフィ(ジョナサン・クレイン医師)
    トム・ウィルキンソン (ファルコーニ)
    ルトガー・ハウアー (アール) 

    ライナス・ローチ (トーマス・ウェイン)
    ラリー・ホールデン (フィンチ検事長)


監督 クリストファー・ノーラン



【ストーリー】

子どもの頃井戸に落ち、コウモリの大群に襲われ恐怖を味わってしまったブルース。

ある晩、オペラを見に出かけた帰りに、強盗に両親を殺されてしまう。

そのトラウマと両親を殺した犯人への復讐心は消えることがなかった。

ブルースは犯罪者の心理を知るために自ら罪人となる。

そんな彼はある日、デュガードという男と出会い、不正と闘うことを決意した。

そして彼の薦めでヒマラヤのお口に潜む「影の同盟」で心の闇を解放し、鍛錬を受け、

故郷ゴッサムシティへ舞い戻る。

自分に恐怖を与えたコウモリのコスチュームに身を包み、悪人に恐怖を植え付ける

バットマンとなるのだった。



【感想】

これはバットマン誕生秘話となる。

「バットマン フォーエバー」で子どもの頃、井戸に落ちた事故により、コウモリへの恐怖を覚え、

両親を強盗に殺されたという話から、

1作目の「バットマン」に出てくる怪人ジョーカー出現や警察がバットマンを呼ぶときの合図を決めるなど、

話がスムーズ?に繋がっている。


気になったことをいくつか上げてみると・・・・


影の同盟の首領役が渡辺謙なのだが、バットマンに出ると聞いてどんな役かと思ってみたら

脇の脇?ですね。

役の名前的には、かなり重要人物なのだけど、出てくるシーンは2,3回?とかなり少なめ。

あっさりしすぎ。

影の同盟には「忍者」がいるのですが・・・・

何故ヒマラヤに忍者?忍者を使うなら首領を「ラーズ・アル・グール」などという名前にせずに

日本名にして欲しかったかも・・・

でも忍者など出てくると、日本のバットマンファンはちょっと引くんじゃないかなぁ・・・


ゴッサム・シティがティム・バートン監督作品のバットマンに出てくる街とは違う場所に見える。

今回の「ゴッサム・シティ」は二重構造になっているんですか?

普通に街の人々が行きかう通りから、地下のようなところに入ると、そこは暗く、犯罪が渦巻いている。

それとは別に悪の巣窟であり、貧困の街であるナローズ島がある。

ナローズ島だけを見ると、いつものゴッサム・シティに見えるのだが、

他は現代の大都市の真ん中に無理矢理ウェインビルを建て、そこを中心に四方八方に

モノレールを通しただけの街になる。

夜の風景はまだ良いのだが、昼間の街は、あまりにも綺麗に見えて、あのゴッサム・シティとは

別の街に見える。昼間の街並は映さないほうがイメージを保てたと思う。

その辺りが不満。


またヒロインのレイチェルが無防備すぎるのもちょっと・・・

危険人物と平気で二人きりにならないで欲しい(苦笑)


アルフレッドが、今までとちょっと違う。

忠実で、ちょっと捻りの聞いた執事というより、「亡きトーマス・ウェインから坊ちゃまをまかされた」

ということから、ちょっぴり「父性」を感じる。


良かった点は・・・


ゲイリー・オールドマンはいい!

この人は映画によって随分イメージが違うと思う。

今回は、真面目で不正は嫌いなのだが、一人では立ち上がることは出来ず、流されるままに

なっている警官役。バットマンと出会うことにより、協力して悪に立ち向かおうと思うようになる。

つい最近見た「レオン」ではキレた麻薬捜査官だった。キレ役から、真面目そうなおじさんまで

とても見せてくれる俳優さん。


リーアム・ニーソンもいい。

「ラブ・アクチュアリ」では、義理の息子の初恋を手助けする、優しい父親だった。

この映画でも初めは「父性」を感じる師匠役で、ウェインを指導する冷静沈着、そして冷酷な男の役。


バットモービルが戦車のようだった。

1作目などでは流線型の美しい形をしているが、これはかなり別物っぽい。

現実感はこっちのほうがあるのかな?


バットモービル1   バットモービル2
左:元のバットモービル                右:今回のバットモービル


主演のクリスチャン・ベイルは・・・・よく分からない(^^;

私的には、「バットマン」シリーズは、主演よりも脇役がいつも面白く、印象的。

とりあえず「マニシスト」を見ようかな。少しはベイルの魅力が分かるのかも・・・

ちょっとあのげっそり痩せた姿は恐いけど(涙


ラストのブルースとレイチェルの絡みだけど、女としてちょっと納得できるかなぁ?

ブルースには可哀想だけど、レイチェルの母性の問題なんだと思った。


今回の「バットマン」は、今までの痛快ヒーロー物とは一味違う、「バットマン」になるブルースの

苦悩と信念、正義と復讐を描いたちょっと重いテーマだった。

敵役も今までのコミカルな姿をしたものではなく、見た目は普通だし、信念を持っている。

その信念は一言で「絶対」間違っているとも言えない代物。

ブルースはシンボルとしてバットマンのコスチュームを纏うことになるのだが、

ラスト、ゴードン警部補(巡査部長から格上げになった)が、「君がそのような姿をしているから

敵もそれ相応の姿になったようだ」といったことを言う。

ふむふむ、だからジョーカーはあんなにおふざけっぽいのか・・・・

と、ここで「ビギンズ」と他の敵たち、見た目の差がある理由が分かったわけだ。

なんと親切丁寧(笑


ところで、ブルースの両親を殺した人ってジョーカーじゃなかったっけ?

【俳優・監督紹介】

クリスチャン・ベイルは、「マニシスト」で30キロのダイエットをしたことで有名。「コレリ大尉のマンドリン」


マイケル・ケインは、「奥様は魔女 」「ウォルター少年と夏の日」


リーアム・ニーソンは、「ラブ・アクチュアリー


モーガン・フリーマンは、こちら


ゲイリー・オールドマンは、「エアフォース・ワン」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

「ハンニバル」「レオン


ケイティ・ホームズってトム・クルーズと最近婚約した人なんですねー。この人だとは知らなかった(^^;


ルトガー・ハウアーは、「レディ・ホーク」「シン・シティ」


クリストファー・ノーラン監督は、「メメント」「インソムニア」の監督。



お勧め度 ★★★★☆


バットマン ビギンズ
¥1,500
株式会社ファミマ・ドット・コム
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。