ルミノック(Luminox)腕時計の通販店舗

ルミノックスストア店主の足立です!!



いよいよ5月になってだんだんと暑くなってきましたね~

暑くなるとアウトドアシーズンの到来といった感じですね!



そこでキャンプ等の野外で役立つのがルミノックスの

自己発光型のライトが大活躍ですね~にひひ



特に釣りなんかで両手で塞がっている時に時間を確認

したい時なんかは・・・グッド!


そこで今日はルミノックスのライトテクノロジーについて

記事を書きたいと思います。





当然ですが、このLuminox独自の自己発光型の

ライトテクノロジー

は釣り人用に開発されたわけではないのです・・・(笑)



ルミノックスの発光技術は、意外や意外に

スイスMB-マイクロテック社によって開発されて、

ルミノックス社が採用した技術になりますひらめき電球



自己発光物質であるトリチウムガスを

約0.25mmのガラスカプセルの中に封入し

そのガラスカプセルを文字盤や針に

接着しています。

それにより

1日24時間、365日間、10年以上の長期に光続けてくれます音譜



蛍光塗料を塗っただけの蓄光タイプの腕時計ですと、

徐々に光が弱くなってしまい

確認したい時には時間が分からないなんてことも・・・しょぼん



また、時間を見るためにボタンをプッシュなんてことも必要

なしですチョキ




海や暗闇などでの任務が多い釣り師・・・もとい・・

ネイビーシールズの隊員には自己発光型の

ライトはなくてはならなかったのですね~



そのおかげて我々アウトドアファンも

恩恵を受けている訳です・・・(笑)




いつもながら長くなってしまいましたが・・・トリチウムという

物質についても書いておく必要があるかと・・・合格



ご存知の方もいると思いますが、トリチウムは

放射性物質です耳

となると・・・ルミノックス時計をつけると被爆するのか!?

と思われる方もいるかと思いますあせる



ですので、時計などでのトリチウムの利用量はちゃんと

上限が設けれています目




ルミノックスの腕時計がちゃんとその利用量を

守っており

人体に悪影響を及ぼしませんよという証明のため

T25という表記がLuminoxの文字盤にあるんです・・・。



ミルスペックの耐久性を誇るLuminox Watchなので、

心配はないですが・・・




万が一にトリチウムを封入しているガラスカプセルが

割れた場合も

ただちに人体に悪影響を及ぼすような量でもないですし


トリチウムガスは空気中に拡散してしまいます。




ま~普通に生活していても、レントゲン撮ったりで

被爆はしていますので、

あんまり気にする必要はないじゃないでしょうか?




ただ、世の中にはT25のないLuminox時計があるそうです・・・


その場合は日本国内での

修理や電池交換ができないとか・・・叫び



当然ですけどルミノックスストアで扱う全ての

Luminoxの腕時計には

T25の表記がありますので、

安心してお買物をお楽しみくださいビックリマーク




今後ももっと多くの方に

ルミノックスの良さをしってもらうために

どんどん情報発信をしていきますね




ご意見やご助言等ありましたら

是非お気軽にお問い合わせくださいませ♪


お問い合わせはこちら→ お問い合わせ

ショップはこちら→ ルミノックス | Luminox腕時計の通販店舗【ルミノックスストア】
AD