愛媛県久万高原町のスキー場で2006年、スノーボードでジャンプして着地した際に女児と衝突して重傷を負わせたとして、重過失傷害罪に問われた香川県観音寺市の会社員男性(24)に対する判決が松山地裁であった。

 村越一浩裁判長は「滑走開始時点における一応の注意義務は果たしており、重過失は認められない」として、無罪(求刑・禁固10月)を言い渡した。

 判決によると、男性は06年2月12日午後1時頃、スノーボードでジャンプ台(幅2・5メートル、高さ0・7メートル)で宙返りをした際、着地点付近で転倒していた当時9歳の女子生徒(13)に衝突し、後遺症が残る脊髄(せきずい)損傷を負わせた。

 検察側は「着地点の人の有無を確認せずに漫然と滑走を始めた重大な過失があった」として重過失傷害罪を主張したが、判決は、男性の前のスノーボーダーが問題なくジャンプを終えていたことなどを踏まえ、「状況に応じた一応の注意を払っており、ジャンプ台の下に人がいたのは予測外の事態」とした。

 判決を受け、地検の竹中ゆかり次席検事は「意外な判決結果であり、判決内容を検討した上で、適切に対応したい」とコメントした。原告側弁護士は「安全に滑走できる環境を整備すべきスキー場側が責任を問われるべきで、検察が男性を起訴したのは方向違い。妥当な判決だ」とした。

<ログハウス>がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性(毎日新聞)
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁(産経新聞)
雑記帳 足利名物「ポテト入り焼きそば」を漫画で紹介(毎日新聞)
騒動のクジャクは計3羽…結婚式場でも一時居候(読売新聞)
28日に故鈴木元知事の都葬(時事通信)
AD