<音楽が出ます、音量に注意>

 

 


時々、

無性に、食べたくなる。

グラタン。

懐かしい人に逢いたくて仕方ない様な感じ。

ちょっと違うかな。(笑)

理由なんてない。

でも、近頃は、食べれる店が少ない。

 

 

3月の半ば、

まだ寒い中、

卒業式シーズン。

いいね。

未来に向かって頑張れ!

とエール、

勿論、声には出しません。

 

 

そんな卒業シーズン、盛岡の中津川の東、

古い町並みの肴町ホットラインを南の方から歩いた。

 

アーケード街の長さは365メートル、

80店ぐらいが並び、

日々の暮らし用品は何でも揃う。

 

その北の入り口辺りにカフェがある。

昔は、3階まで上がった様な記憶。今は、2階まで。

創業から60年以上の盛岡の老舗喫茶店。

「たしか、グラタンがあったはず、今もあるかな?」

久し振りに入ってみよう。

 

 

 

 

 

建て替えてからでも35年になるだそうだ。

 

 

あった!

グラタン。

セットでトーストも。

なんだか御機嫌に。

 

 

 

誰にも邪魔されず、

一人時間。

美味しい。

不気味にほくそ笑む食いしん爺。

「でも、なんで好きなんだろう?」 

グラタンを母に作ってもらった記憶は無いし、

自分の恋物語にも登場しない。(笑)

 

 

バターの溶けた匂いに、昔のモーニングセットを想い出す。

久々にゆっくり。

古い記憶が滲み出て、

しだいに輪郭が、はっきりして、

脈絡の無い連鎖が始まる。

 

東京の新宿、昔の南口から少し歩いてライフという喫茶店があった。

よく待ち合わせに使った。

昔、携帯は無い。

アパートを訪ねる仲じゃない限り、殆ど駅や喫茶店で待合せ。

駅の傍は、めっぽう混んでいたから、

ちょっと離れた方が安心。

待合せた人達の顔が浮かぶ。

 

昔は、何かが起き、遅れても連絡ができない。

店に電話をかけるしかない。

 

渋谷ハチ公前でも待ち続ける人をよく見かけた。

5、6人で待合せると誰かが遅れる。

小さな輪の中で、暇に任せて辺りを観察したもの。

30分を過ぎて落ち着かない人、

片手に持った本に夢中の人など様々、

だから、珈琲を飲んでのんびり待つ喫茶店。

 

 

 

アーケードを通る人を眺める。

ゆっくり歩く人、

先を急ぐ人、

店先で立ち止まる人

半世紀前の窓の外には、何が見えたのか?

そろそろ行かなくては。

グラタン好きの理由は、謎のまま。

喫茶店で60年の歴史は、凄い事。

 

それでも、まだ「未完成」

 

 

 

 

< にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

AD

コメント(8)