1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-08-10

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 (8/5)

テーマ:音楽
日にちが過ぎてしまいましたが、
行ってきました!!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 !!!
去年、ap bank fesに参加はしたけれど、
泊りがけで行く大掛かりなフェスは初めて。
仕事の関係で2日目と3日目の後2日間しか参加できなかったけど、
1日ごとにレポってみたいと思います。
※所々にあるセットリストはmixiなどから拾ってきています。
 修正点等、ご指摘あればメッセージお願いします。


まずフェス2日目。私にとっては初日。
友達の車に乗って、前日の夜から現地入りして、
朝の6時半頃にゲート前に並んだのですが、
この日差し!!!
060805_rijf01

それまでアゲアゲだったテンションが下がりそうなくらい強烈な日差しで、
とにかく始まるまで体力温存とばかりに、仮眠しながら待ちました。


ゲートが開いて、友達のテントを建てて、
アーティストグッズを買ったり、屋台のケバブを食べたら、
まずはレイクステージのBENNIE K
セットリストは以下のとおり。

01.ユートピア
02.UNITY
03.DISCO 先輩
04.Sky
05.Happy Drive
06.オアシス
07.サンライズ

ぶっちゃけ「コ○・コーラのCMとか歌ってた人でしょ~」ぐらいでナメてたけど、
やっぱりこういう曲はテンション上がるね。
しかもお客さんの乗せ方も上手いし、歌も上手い。
『UNITY」って曲でNATSUMENに移動しようかと思ったけど、
『DISCO先輩』のイントロで引き戻されて(笑)、
結局それを聞いて踊ってからサウンド・オブ・フォレストへ移動。


NATSUMEN は何年か前にROVO の対バンで見たぶり。
フォレストのステージに着いたときはまだリハ中というかマイクテスト中で、
サンプラーかと思うほどきれいに鳴いてる蝉の声を聞きながら待ってみる。
いま思うとここで結構体力を奪われてしまったのかも(汗)
始まった頃には既にちょっとフラフラ気味。
ギターの女の子(AiNeと言うらしい)かわいいなー、
ペットとサックスかっちぶーだなー、
などと思いながらもリタイア気味。
日陰で休みながらまったり聴こうかとも思ったけど、
友達の一人がグラスのACIDMANを聴くために移動するというので、
一緒に移動しました。


グラスステージにについたら、ちょうど真心ブラザーズ
『サマー・ヌード』が!!
先日、クラムボン の野音のラストで聴いたばかりなので、
その時の感動を思い出したのもあり、
落ち気味だったテンションが上がりました(笑)
以下セットリスト。

01.拝啓、ジョンレノン
02.新しい夜明け
03.ENDLESS SUMMER NUDE
04.Dear Summer Friend
05.どか~ん
06.空に舞い上がれ
07.Relax~Open~Enjoy
08.Everybody singin' love song

意識がそーとー朦朧としていたのか、
サマーヌード以外の記憶がおぼろげだったり・・・(汗)
(だってみんなレポで『どか~ん』の事書いてるのに覚えてないんだもん・汗)
でも、初・生・真心で、観れただけでもなんか感激でした。


続いて少し前に移動してACIDMAN
こちらも個人的には初。
実は曲もちゃんと聴いたこと無くて、
知らない曲ばっかりだったけど、すごくカッコよかった!!
水分不足状態になっていたらしく、
ぎゅうぎゅうの中、わき腹が痛いながらも拳を挙げて楽しみました♪
以下セットリスト

01.world symphony
02.波、白く
03.River
04.swayed
05.季節の灯
06.スロウレイン
07.アイソトープ
08.FREAK OUT
09.ある証明

新曲と言ってやっていたのが『スロウレイン』かな?
その次の『アイソトープ』をカップリングにして、
9月にシングルが出るみたいですね。
買ってしまおうかなと今から考えていたりして・・・w


つぎは一度テントで休憩をしてから、
レイクステージのBOOM BOOM SATELLITES
いやー、休憩してよかったです!(笑)
しなかったら絶対踊りながらぶっ倒れてましたw
以下、セットリスト。

01.KICK IT OUT
02.GENERATOR
03.Moment I Count
04.Dive For You
05.Pill
06.GHOST & SHELL

こちらもまた初だったのですが、
音も人もカッコよくって惚れました。
ロックで踊れると言う意味ではMETALCHICKS に通じるけど、
もちろんそれとはまた違うカッコよさ。
ん~~~。
またライブで観たいです!!


BOOM BOOMでがっつり踊った後は再びグラスステージへ移動。
今度は生で奥田民生 を観るのです♪
が、やはりだいぶ体力も消耗したので、
「みなと屋」という茨城の物産を中心とした屋台に行って、
朝取りのきゅうりなんぞ買っていたら、
すでに曲が始まってる!!
気づいたら『渚にまつわるエトセトラ』で、
「かに~た~べいこぉ~~~~♪」を聴きながら、
きゅうりに味噌つけて齧ってましたw
以下セットリスト。

01.愛のために
02.野ばら
03.荒野を行く
04.渚にまつわるエトセトラ
05.MANY
06.The STANDARD
07.雪が降る町
08.CUSTOM
09.働く男
10.さすらい
11.イージュー★ライダー

もうホント体力がもたなかったのもあるし、
民生も「休憩して」って言っていたので(笑)
きゅうり食べ終わったらシートをしいてごろん。
結局、『雪が降る町』を聴きながら寝てしまいました。
なんて贅沢!!
その後、友達の電話で起こされたら、終っていました(汗)
あぁ・・・『イージュー★ライダー』聴きたかった・・・。


電話をくれた友達と合流して、今度は同じグラスでスピッツ
ベストアルバムが発売された頃、
『メモリーズ』のPVを観て「ライブ行ってみたい」と思っていたので、
山場のひとつでもありました。
(ちなみに他の山場はBOOM BOOMとCocco)
以下、セットリスト。

01.俺のすべて
02.青い車
03.みそか
04.魔法のコトバ
05.正夢
06.チェリー
07.恋のうた
08.8823
09.メモリーズ カスタム
10.スターゲイザー

もぉ、あまりにも時間が短くて、
最後「え?これで終わり??」と思わず思ってしまったほど。
MCも暑いからなのかなんなのか、
友達曰く投げやり気味だったらしく意味不明(笑)
「ここ来るまでにずーっと田園が続いててね・・・稲サイコー!」
ってわけわかんないよ、マサムネさん!!(笑)
でも、ライブを見たいと思ったきっかけにもなった『メモリーズ』聴けたし、
『青い車』や『魔法のコトバ』も聴けて割と満足。
今度、頑張ってライブのチケット取ってみようと思いました。


そして本日最後はCocco !!
生でCoccoの歌が聴ける日が来るとは思っていなかったので、
チラッと聴けるだけでも本当に幸運なんて思ったら、
なんと1曲目が『強く儚い者たち』!!!
マジで泣くかと思いました。
たぶんそういう人多かったんじゃないかな?
ワンコーラス終るごとに拍手が沸き起こってました。
以下、セットリスト

01.強く儚い者たち
02.音速パンチ
03.Swinging Night
04.樹海の糸
05.Raining
06.陽の照りながら雨の降る
07.ガーネット
08.愛うらら
09.カウントダウン
10.焼け野が原
11.Happy Ending
12.流星群

『音速パンチ』、ダンスナンバーとは思わなかったけど、
Coccoの中では割と盛り上がる曲なのかもw
時間の関係で『Raining』を聴きながらその場を後にしたのだけど、
その前の『樹海の糸』から自分の中では相当ヤバくて、
涙が溢れそうになるのを堪えながら、
私の一日は終りました。



BENNIE K
ザ・ベニーケー・ショウ~on the floor編~
NATSUMEN
Endless Summer Record
真心ブラザーズ
FINE
ACIDMAN
equal (CCCD)
BOOM BOOM SATELLITES
ON
奥田民生
股旅
スピッツ
CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
Cocco
ザンサイアン
AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2006-07-19

clammbon 『cover, lover and tour』@日比谷野外音楽堂

テーマ:音楽
060716_yaon


連休中の日曜日。
待ちに待ったクラムボンの野音に行ってきました!!
去年は雨の中、大阪の野音に参加したけど、
日比谷の野音は2年ぶり!
しかも、前回は一人で参加だったのですが、
今回はmixiで知り合った方々との参加!
いろんな意味でドキドキワクワクな野音でした。


1曲目は「シカゴ」
「はじめるのがもったいない」と言ってなかなかはじめようとしない大ちゃん。
(たしかに始めたら終わりが来ちゃうもんね…)と思いつつも、
始まったら始まったで大盛り上がり!
次の「はなれ ばなれ」の後の「柏手」では、
「今日はすごくおめでたい日だから、みんなの柏手を聞かせてね。
 大ちゃんとミト君と一緒の動きをすればいいから、間違えちゃダメだよ」
と、郁子ちゃんが言ったにもかかわらず、
間違えた人がチラホラ(笑)
「もぉ~~~」と笑いながら怒る郁子ちゃんが仕切りなおそうとしたら、
今度は郁子ちゃんが和音を間違えた(笑)
「おあいこだね」と始めた3度目の正直は大成功!
曲の途中の柏手もリードしてくれるお客さん?もいて、
ミスることなく素敵な柏手が野音に響きました。


以下、セットリスト。

01.シカゴ
02.はなればなれ
03.柏手
04.月食
05.アンセム
06.外出中
07.波よせて(with Small Circle of Friends)
08.PRAYER
09.おだやかな暮らし
10.ナイトクルージング
11.便箋歌
12.恋わずらい
13.カルアミルク
14.Folklore
15.バイタルサイン
16.サラウンド
17.THE NEW SONG(with Gen Ittetsu Strings)

(encore01)
18.That's the Spirit
19.状態のハイウェイ(with BIKKE、オオヤユウスケ、永積タカシ)
20.I Shall Be Released(with 永積タカシ)

(encore02)
21.サマーヌード

(ending)
ドブロノッツ(BGM)

アンプが倒れるほど激しい「アンセム」や、
大好きだけどなかなか観る機会がなくて、
超久しぶりなSmall Circle of Friendsがゲストで来てくれた「波よせて」や、
たくさんのシャボン玉の中で聴いた「おだやかな暮らし」「ナイトクルージング」…
他にもたくさんたくさん素敵なハズレのない曲を、
独特のあったかいアットホームな雰囲気の中で
素晴らしい演奏で聞かせてくれました。

なかでも、一番素晴らしかったのはアンコール!
1度目のアンコールの「状態のハイウェイ」のアゲアゲ具合も凄かったけど、
(自分、ほぼずっと跳ねてました・苦笑)
そのあとがすごかった。
ビッケが去って、オオヤさんも去って、
永積さんだけ残って、「Shall Be Released」を歌い、
全員立ち去った後、
鳴り響く拍手の中を下手側から堤燈がゆらゆらと…。
(???)と思っていると、
どんどんそこに人だかりが!!!
最初、スタッフが狐の嫁入り状態で連なってくるのかと思ったら、
なんと、浴衣や甚平に着替えたクラムボンの3人が、
そこにいるらしいではないですか!
私達がいる上手側にも来るかと思って、
暫く待ってみたのですが、客席の真ん中あたりで止まってしまう列。
慌てて駆け寄ると、
そこでメンバーが演奏を始めたのは、
真心ブラザーズのカバーの「サマーヌード」!!
彼らを中心にして、みんなで大合唱。
私からはほとんど大ちゃんの顔しか見えなかったけど、
堤燈に照らされた彼の幸せそうな顔が印象的でした。

終わった後もものすごく幸せな気持ち。
色んなライブに行ってるけど、
こんなに幸せな気持ちになれるライブはクラムボン独特かも。
改めて素敵な夜をありがとうといいたいです。


Clammbon
LOVER ALBUM
Clammbon
THE NEW SONG
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-07-16

NIRGILIS初ワンマンライブ『ニルガメッシュNiGHT』

テーマ:ブログ
ニルギリスの初ワンマンに行ってきました!
2・3年前、トル竜との渋谷タワレコでの
レコ発ライブで見てからずっと、
4人になってからも見てきたバンドなので、
なんだかちょっと感慨深いものが。
「やっとここまで来たのねぇ」
って感じでした。


一曲目は新しいアルバムと同じ『虹』。
結構お気に入りの曲なので、
これが一発目なのは嬉しかった。
その後も新しいアルバムの曲や、
ちょっと懐かしい『キング』もやってくれました。
なかなか面白かったのは、
生マッシュアップ。
吉川晃司と布袋寅泰のCOMPLEXの『Be My Baby』をアクセントにして、
隠し味にニルヴァーナ?で、
マドンナの『マテリアル・ガール』は良かったですね。
元ネタ気になって仕方なかったけど(笑)


以下、セットリスト。

01. 虹
02. crash
03. 24サーチライト
04. ラッキースター
05. KING
06. キミノヒトミ
07. LEMON
08. MashUp マテリアルガール
09. Today
10. sakura
11. TOXIC
12. 真夜中のシュナイダー
13. Bed
(encore)
14. Kiss
15. ペパーミントミュージック


ぶっちゃけコール&レスポンスって苦手で、
(てかコールされるのが苦手なのかも)
やらないなりにノってはいたのだけど、
アッチュが「思い出をちょうだいよ」と言ったので、
思い切り手を挙げたり叫んだり。
たくさん汗もかいたけど、
これはこれで楽しかった♪

今度は8月と9月にあるみたい。
アッチュが実はリズムの取り方とかすごくかわいいことにも気づいたし、
またこんな空気を味わいたいからまた行っちゃおうかと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-07-07

『LOVER ALBUM』

テーマ:音楽
Clammbon
LOVER ALBUM


最近の通勤時間のBGMは『LOVER ALBUM』。
昨日はYMOの「以心電信 -You've Got To Help Yourself-」がヘビロテ。
歌詞が気になって検索かけたら、
偶然とあるブログを発見。
http://fezmaroc.exblog.jp/2301804

なんか歌詞の意味とか特に考えずに聴いてたけど、
(まだそんなに聞き込んでないからってのもあるけど)
深いなーって思ったりして。
だって最近こういうメッセージ性のある曲って少ない気がする。
30年ぐらい前にテクノでこういうのやっちゃうんだからいいよなー。
原曲がますます気になったりした。

ちなみに歌詞はこちら↓
http://svr1.utamap.com/showkasi.php?surl=B17289
生まれたままの自分、私は愛せるのだろうか。


Clammbon, Akiko Yano, Judee Sill, Michael Roland Ratledge, Robert Wyatt, 永積タカシ, 武藤さつき, 東里起, 桜井秀俊, 倉持陽一
LOVER ALBUM
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-06-26

buffalo daughter Japan Tour in LIQUID ROOM

テーマ:音楽
先週の木曜日、久しぶりにbuffalo daughter のライブに行ってきました。
今年の初めか去年の終わりぐらいに、
雑誌『MARQUEE 』のイベントで見て以来だったので、
かなり楽しみにしていたくせに、用事が入って微妙に遅刻(汗)
慌てて荷物をロッカーにまとめて、
会場に入ると、フロアは既に満杯。
そして、ステージにはオープニング・アクトのMETALCHICKS
bdのシュガーさんが去年はじめたユニット・・・と思っていたら、
2000年から活動してたらしい(笑)
でも見るのは3度目だったけど、しかも今回は少しだけだったけど、
見るたびにイイ感じな気がします。
もぉ、音も姿も2人ともカッコイイ!!
改めて惚れ直しましたw

転換を挟んで、次はいよいよbuffalo daughter
新譜「euphorica」からの曲がほとんどだったけど、
全体的にバンドサウンドな感じが印象的でした。
だってムーグさんまでギター持ってるし!!
エキセントリックなシャウトしてるし!!(笑)
「303 Live」まで、あんなバンドアレンジになってるとは思わなかった。
あと、ドラムの音がかなりよかったですね・・・。
たぶん『MARQUEE』の時と同じ人だったんですけど、
今回の方が全然良かった。
ものすごくカッコよかったです。
大野さんは相変わらずかわいいしねー(*´ω`*)
声も姿もかわいくて、めちゃめちゃ癒されました。

今回以前のスタイルが好きな人には、
もしかしたら微妙な感じだったかもしれないけど、個人的にはいい感じ。
久しぶりに割と踊ったLIVEでした♪



METALCHICKS
METALCHICKS
Buffalo Daughter
Euphorica
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。