集めない集客術「お客様引き寄せの法則」

集客コンサルタント&NLPコーチ高取剛充。そのままのあなたらしさを魅力的に活かすブランディングと、ブログやSNSで人のつながりを作る共感信頼型マーケティングを、お伝えしています。

子供も大きくなってきたな。学んだことも増えてきたな。そんな感じに気づいたら、プロとして本格的に活動する時が来たサイン。条件が完璧に揃うまで待っていたら、何が起こるかわかりません。だから今、頑張ろう。

記事を読むだけではわからない「私の場合はどうしたらいいの?」を解決するのが個人セッションです。
気軽におしゃべりしていただくだけで、状況が整理され、最適な方策が見つかります。個人セッションについてのご相談ご質問は、お問い合せフォームをご利用ください。

テーマ:
集客を始めたのに、途中でやめてしまった経験はありませんか?
話を聞いてもらえなかったり、断られたりして、やる気をなくしてしまった。
あるいは、選んだ集客方法が、思ったより大変で、音を上げてしまった。

そして、こんなふうに思ってしまうわけです。
「そうまでしてやりたくない!」
「こんなことのためにこの仕事を始めたんじゃない!」
なんてね。

でも、この気持ちって、正しいんでしょうか。
始めた時の気持ちに照らして。

心変わりは、夢の敵です。
一度始めたことを、やり遂げないままにやめてしまうと、やめ癖がつくんです。
重圧から逃れる解放感が、大変だったらやめる、っていう行動を、自分のパターンとして学習させてしまうからです。

最初に挙げた目標までやり遂げて解放されるのならいいんです。
達成感とともに、自信もつきます。

でも、自分にした約束を、途中で放棄したことによる解放感だと、そうはいきません。
いくらやめる理由をつけても、心の底では納得していないからです。
本当の解放感じゃない。
どこかで自分を縛り続けます。

やめてしまったのだから、目に見える課題としては消えます。
そのため、何に縛られているのか、原因も見えなくなります。
これが厄介なんですよね。
”どこか”で”何か”に縛られてる感じ。
何故すっきりしないのか、理由がわからなくなるんです。

最近のあなたに、特に覚えはないんだけど、何かに縛られている感じがあって、日々の疲れを誘発しているなら、それはやるべき時にやりきらなかったせいかもしれません。

これは自分が自分にかけた縛りですから、病院に行っても解決不能です。
自分で診断し、自分で治すしかないのです。
もしかしたら原因は、結果が出る前にやめてしまった「集客」かもしれません。
それなら、治す方法は一つ。

決めたことを、最後までやる。
それだけです。

ただし今度は、やめる理由ではなく、やる理由を見つけてください。
人に嫌がられるのがやめる理由だったら、人から喜ばれるような集客の仕方に変えてください。
時間がかかる、ということだったら、時間を確保するところから始めます。
技術的に難しいことなら、できるようになるまで練習してください。

こだわるのは、最後までやるということ。
自分に「よくやったね、やっぱり私、すごいね!」と言えるまでです。

あ、あと大事なことも一つ付け加えておきます。
どうなったら達成かも、決めておいてくださいね。
「最後までやる」の「最後」を決めておかないと、果てがありませんから。

やっと終わったー
「やっと終わったー!」
やり遂げたあとの解放感こそ本物です。
いいね!(134)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)