公社債投資信託とは

テーマ:

公社債投資信託は投資信託の一種で、運用対象に株式は一切組み入れません。国債や社債など元金および利払いが確定している公社債(債券)を中心に運用されます。


投資信託である以上、元本保証はありません。理由は、債券市場の市況の変動があげられます。しかし、日本国内で作られた公社債投信は元本割れを起こしたケースはほとんどありません。米国エンロン社の破たんを起因として一部公社債投資信託の元本割れが発生しました。


公社債投資信託は元本保証はありませんが、元本割れするリスクは極めて低い金融商品です。


なお、「MMF(マネー・マネージメント・ファンド)」や「MRF(マネー・リザーブ・ファンド)」は公社債投資信託の一種です。


公社債投資信託の収益に対する税金は、利子所得として20%(所得税15%、地方税5%)の源泉分離課税となります。


≪関連記事≫

投資信託とは

債権とは

世界的に変な日本の投資信託事情

所得税とは




お陰様で部数も順調に伸びております。アップ

購読解除は自由にできます。

「人生の収支」メルマガの説明画面へGO!


バックナンバーはこちら

◆「人生の収支」バックナンバーへGO!



ランキングに参加しました。
クリックして頂きますと一票が入りますので、応援して頂ければ幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



注:これは特定の金融商品を勧誘するものではありません。
あくまでも、投資は「自己責任」でお願いします。

AD