元気な髪の毛にするためには、シャンプー剤にも気をつけなくてはいけません。髪の毛を洗えればなんでも良いと思っている方、それは大きな間違いですよ。今は髪の毛に良いシャンプー剤が多く販売されています。髪の毛の悩み別に、お勧めのシャンプー剤をご紹介しましょう。


まずは「加齢による髪の毛のボリューム」が気になっている方には、「ラサーナ・エイジングヘアケア」がお勧めです。海藻エキス・生薬の配合により、加齢による髪の毛の「ハリ」「ツヤ」「コシ」をケアしてくれます。エイジングケア専用のシャンプー剤で、年配の方には多大な信頼がある商品です。


「ラサーナ」では「ダメージケア」用もあり、こちらの商品は「枝毛」「パサツキ」「切れ毛」でお悩みの若い方からも人気になっている商品です。そして「抜け毛」「薄毛」でお悩みの方には、「スカルプDポーテ」がお勧めです。そもそも「スカルプD」は男性用のシャンプー剤でしたが、多くの女性が「抜け毛」「薄毛」で悩んでいることから、女性専用の「スカルプDポーテ」が開発されたのです。


頭皮をしっかりケアすることにより、「抜け毛」「薄毛」を防いでくれるヘアケアシャンプーです。女性専用の「スカルプDポーテ」は、「ゼラニウム」のエッセンシャルオイルを配合しており、シャンプー時にゼラニウムの優しい香りが心をリラックスさせてくれます。今はこのような専門的なシャンプーが多く販売されています。自分に合ったシャンプー剤を見つけて、元気な髪の毛にしてください。



AD

生活習慣

テーマ:

生活習慣は私たちに多大な影響を与えています。それはお肌への影響だったり、身体への影響、心への影響などがあります。この生活習慣は髪の毛にも大きな影響があるのです。


例えば食生活が不規則な場合、髪の毛に影響があります。栄養が偏っていると「抜け毛」「フケ」などが増えることもあります。更には大きなストレスを抱えていれば「円形脱毛症」などの病気になることもあるのです。それだけ「生活習慣」は大切な事なのです。


そして一番大事な生活習慣は「睡眠不足」です。私たち人間の身体は、夜23時~2時にかけて生まれ変わると言われています。この時間に寝ていることが、髪の毛だけではなくお肌にもとても大事なことになります。この生まれ変わる時間に寝ていることで、栄養素がお肌や髪の毛に行き渡るからです。


よく睡眠不足の時に「お肌がくすむ」ことがありますが、目には見えませんが髪の毛も「疲れた状態」になっています。そのような状態が何日も続いてしまうと、「抜け毛が増える」「髪の毛がパサパサしてくる」など、目に見えて悪い状態になります。


このような事を防ぐためにも、規則正し生活を送ることが重要になります。髪の毛やお肌は生きているものですから、生活習慣によるストレスは大敵です。元気な髪の毛でいるためにも、規則正しい生活習慣にして、バランスのとれた食生活をしてください。



AD

フケ

テーマ:

フケが出ていると、どうしても不潔に見えてしまいます。「フケ」の原因は沢山ありますが、一番多いのがシャンプー剤によるものだと言われています。


今は弱酸性のシャンプーも多いのですが、市販されているシャンプーのほとんどが、石油系界面活性剤を使用しています。この石油系界面活性剤を使用していないシャンプーを使用してみてください。少なからずフケの量は激減するはずです。石油系界面活性剤を使用していないシャンプーとは、アミノ酸系のシャンプーです。


代表的なシャンプーですと「スカルプD」などの、髪の毛の悩み解消用に作られているシャンプーですね。お値段は市販のものに比べると高いですが、かなりの効果が見られます。そして次の原因は、リンスインシャンプーやスタイリング剤を使用している場合が考えられます。リンスインシャンプーやスタイリング剤は、髪の毛を洗っても頭皮に残ることがあります。


これらをきちんと洗っていないとフケの原因になるのです。髪の毛を洗う時には、髪の毛だけではなく頭皮もしっかりと洗ってください。そしてもう一つ多い原因は、頭皮の乾燥です。乾燥は髪の毛だけではなく頭皮も乾燥をするのです。


このような時には頭皮にヘアオイルなどをつけて、しっかりとマッサージをしてあげましょう。マッサージ後はしっかりと洗い流すことがポイントです。フケを無くして清潔感のある髪の毛にしてあげてくださいね。

AD

髪の毛を伸ばす

テーマ:

ショートヘアかた髪の毛を伸ばす方もいらっしゃいますが、この「髪の毛を伸ばす」時に、髪の毛を傷める人が多いのです。


髪の毛を伸ばすとなると、美容院に行かずただ伸ばす人が多いですよね。しかし多くの方はこの時に「枝毛」で悩む事になります。髪の毛は根元から伸びてきますから、毛先はずっと昔のままです。ですからドライヤーやアイロンなどにより、毛先はかなりのダメージを受けています。


髪の毛を伸ばす時には、こまめに美容院に行くことが大切です。美容院で毛先だけ切ってもらうだけで、傷んだ部分を取り除くことができます。伸ばしている最中でも、3週間に1回は美容院に行き、毛先だけをカットしてもらいましょう。


長くても1カ月に1回は、美容院に行ってください。せっかく伸ばしているのにと思う方もいらっしゃると思いますが、伸ばしたままだと傷んだ毛先が枝毛になってしまい、途中で切れてしまうことになるのです。さらには髪の毛がまとまらずに今まで以上にドライヤーをかけ、髪の毛のダメージをより一層酷くするという悪循環になります。


髪の毛を伸ばす時には、「こまめにカット」「十分な水分補給」をしてくださいね。このようにきちんと手入れをしておけば、髪の毛が伸びた時に「健康でツヤのある髪の毛」になります。せっかく伸びた髪の毛が、「ゴワゴワのツヤのない髪の毛」だったらショックですよね。そのためにもしっかりとケアをしながら伸ばすことが大切です。

カット方法に注意

テーマ:

皆さんは髪の毛をカットするときに、なにか注文をつけますか。もちろん好みのヘアスタイルにする場合には「こんな感じに」と注文を言いますよね。しかしそのヘアスタイルにするときのカット方法で、髪の毛を傷めることもあるのです。



例えばシャギーにしたい時は特に注意が必要です。シャギーにすると毛先を削ぐ感じでカットをします。この削ぐカットは髪の毛を削るわけですから、毛先に多大な負担がかかるのです。他にも「スライドカット」「レザーカット」なども髪の毛を傷めますから、カット後にはきちんとヘアケアをするようにしましょう。



特に髪の毛が多いクセ毛の人は注意が必要です。髪の毛が多く膨らみやすい髪質のために、髪の毛の量を減らすことが多いですよね。しかし髪の毛の量を減らす時に、「レザーカット」をしたりしてはいけません。レザーは使わずに「?きハサミ」を使ってもらったほうが良いです。



少しでも髪の毛に負担がかからないように、美容院で相談しながらカットをしてくださいね。そしてカット後は、なるべく毛先に重点にトリートメントをしてあげましょう。そしてドライヤーやアイロンをかける際には、洗い流さないタイプのトリートメントをして、しっかりと水分を補給するようにしてくださいね。トリートメントのW効果が、髪の毛のをダメージから守り、枝毛ができにくい髪の毛にしてくれます。

ヘアカラー

テーマ:

皆さんはどのように髪の毛をカラーしていますか。そしてヘアカラーをした後に、きちんとヘアケアをしているでしょうか。


今はほとんどの女性がヘアカラーをしていますよね。特に白髪が出始める40代にもなれば、9割の方は「白髪染め」などでカラーをしていると思います。ヘアカラーは今は自宅でも簡単にすることができます。値段も美容院と比べると格段に安いですし、時間も短縮ができることで、多くの人が自宅で使用していますよね。


しかし自宅用ヘアカラーは、髪の毛に多大なダメージを与えるのです。ですからしっかりとしたケアをしてあげないと、「髪の毛が傷む」だけではなく「髪の毛が薄くなる」「髪の毛のボリュームがなくなる」などの原因にもなります。


まず自宅でヘアカラーをした場合には、カラーが定着する3日後くらいからトリートメントをするようにしましょう。今はヘアカラー用のトリートメントも販売されていますので、専用のトリートメントを使うと良いかと思います。そしてトリートメントは毛先にはたっぷりと付けてください。どうしても毛先から傷んできますから、毛先に重


点をおくと良いでしょう。このトリートメントをするときには、蒸しタオルなどを巻くとより効果的です。ただ自宅でカラーをすると、どうしてもムラになったりしますから、気になる方は美容院で染めたほうが良いでしょう。美容院でするとケアもしっかりとしていますし、カラーの定着期間も自宅でするよりも長いです。



癖毛の方は注意

テーマ:

クセ毛で悩んでいる方は多いと思います。クセ毛の方の悩みは、「クセ毛」そのものの悩み以外に、「乾燥」「傷み」で悩む事が多いのです。


その原因の一つは、クセ毛はどうしても乾燥しやすいからなのです。これは直毛の人の髪の毛に比べて、クセ毛の人の髪の毛は、タンパク質が少なく水分を保つ力が弱いからです。そしてクセ毛の方は「縮毛矯正」「ストレートパーマ」をしている方も多く、これらをしていない方でも「癖を伸ばそう」と「ヘアアイロン」「ドライヤー」を直毛の人と比べて、かなりの時間を使用することが多いですよね。


これが悪循環となり、乾燥髪が更に乾燥をしてしまうことになります。ですからクセ毛の方は、直毛の人よりも「ドライヤー」「ヘアアイロン」の時間を短縮しなくてはいけません。1日2回(朝・晩)でドライヤーやアイロンをかけている方は、1日1回にするようにしましょう。


実は私もクセ毛が強く、髪の毛がまとまらないほど強いのです。しかし夜にしっかりと乾燥をさせ、アイロンで伸ばしてから寝れば、翌朝はしっかりとまとまったままでいてくれます。この時に使用するアイロンは高温のものが必要です。


低温のアイロンですと、どうしても長時間使用することになり、髪の毛を傷めることになります。高温の強いアイロンで手短にアイロンをすることがポイントです。アイロン前には洗い流さないトリートメントをするのもポイントの一つです。


薄毛は気になるなら増毛「マープソニック」 をチェックしてみて!

こんな方は注意

テーマ:

髪の毛を洗ったあと、皆さんはどのようにしていますか。ほとんどの方は、ドライヤーをかけて乾かしていると思います。


しかし中には、髪の毛を洗ったままで自然乾燥をし、酷い方は濡れたままで寝てしまう方もいるのです。これは髪の毛を傷める原因の一つになります。髪の毛が濡れたまま・湿ったままで寝てしまうと、髪の毛が摩擦によりキューティクルが剥がれてしまいます。


これは髪の毛が濡れている時には、キューティクルが広がっているために剥がれやすくなるからです。その他にも「髪の毛が臭くなる」という最悪の状態になります。みなさんも経験があるかと思いますが、雨の降った日に洗濯物を部屋に干すと臭くなりますよね。


これは湿度により雑菌が洗濯物に付着し、その雑菌が増殖することが原因だからです。髪の毛もこれと同じで湿ったまま寝てしまうと、髪の毛で雑菌が増殖をして、湿った臭いニオイになるのです。これは汗も同じことが言え、汗をかいた髪の毛が臭いのは、このような事が原因なのです。髪の毛を洗ったら、しっかりと乾かすことが大切です。


乾かす時には髪の毛だけではなく、地肌もしっかりと乾かしましょう。少しでも地肌が湿っていると、髪の毛が臭くなる原因になります。特に気を付けいただきたいのが、朝にシャンプーをする方です。時間があれば良いのですが、時間が無いと「多少湿っていても良い」と中途半端に乾かすからです。髪の毛を洗ったら、しっかり乾かすことがヘアケアでは大切なのです。



髪の毛の傷み

テーマ:

髪の毛は一生付き合っていく、女性にはとても大切なもの。しかしいつまでも赤ちゃんのように、柔らかくキレイな髪の毛でいるのは無理なこと。特に年齢を重ねて行くと、色々な悩みが出てきますよね。「傷み」「癖」「ボリューム」「フケ」など、髪の毛に対して何らかの悩みを持っている方がほとんどではないでしょうか。


これらの悩みには「生活習慣」「生活環境」「シャンプー方法」など、様々な事が原因になっています。特に日常気にしていませんが、外出時に髪の毛を傷めていることが多いことをご存知ですか。外出をすると「紫外線」「ホコリ」などにより、髪の毛を傷めていることになります。


このような日常のことから髪の毛を守るためには、しっかりとヘアケアをしておかなくてはいけません。外出時には帽子をかぶる、紫外線よけのスプレーをかけるなど、日々注意をしておかなければいけません。そしてスプレーをかけたり、ジェルを付けたりした時には、必ず髪の毛をしっかりと洗うようにしましょう。


髪の毛にスプレーなどを付けると、どうしてもホコリや汚れが付きやすいために、髪の毛を傷めることになります。このようなちょっとしたことでも日々気を付けていれば、髪の毛のダメージを最小限にすることができます。まずはできる範囲でのケアをすることが、健康な髪の毛になる第一歩なのです。





自動相互リンク AutoLinks
自動的に相互リンクを登録/管理/チェックできる静的リンク集スクリプトです。MySQL不要。



美容系・エステ 自動相互リンク集 無料



大谷石のことなら ホサカ石材工業
http://colabom.net/ooyaishi/link.cgi



優良ブリーダー直販子犬販売ペットショップ
http://petshop-healingdogs.com/healing/link.cgi



e-Life
http://variante.jp/link/link.cgi

見果てぬ夢