ブログ名考え中

アメトイを中心にいろんなものを自由気ままに紹介していくブログです。


テーマ:

どうも、こんにちは。

前回ジオラマを作ってからしばらく経ちましたが、この度また新しいジオラマを作ってみたので工程と合わせてご紹介しようかと思います。

{568859FC-B5DB-49E5-8ECC-292E6EF06A0A}

こちらが今回作ったジオラマです。
モチーフとして最初は「コンクリートの壁と砂利っぽい地面」を念頭に置いて製作を始めたのですが、じわじわと道を踏み外して石壁と砂地になってしまいました。

過程こそグダグダでしたが形になったので良しとしました。

それでは簡単に製作工程を。

{7070A58B-129B-4A43-9231-FCBCE101B764}

まず用意するのはスタイロフォーム。
主に鉄道模型やミリタリーモデル等の地面を作る際のベースに用いられる断熱材の一種で、鉄道模型店やホームセンターで手に入るようです。

僕はヨドバシカメラの模型コーナーで購入しました。

上の画像の段階では大きめの段差を設けた台座風のジオラマにする予定だったのですが、壁がほしくなったのでここで路線変更を行いました。

{F776925A-9195-417A-A5F0-63E13103B147}

こちらが追加のスタイロフォームを壁に見立てて立てた状態。

スタイロフォームを接着する際はスチロール用の接着剤を用いることが多いようですが、制作費削減の為に裏側から数カ所に爪楊枝を刺して簡易的に固定しています。

{C860C233-98F2-4B40-84F4-4F82AAE82AC2}

一度フィギュアを立ててどのように見えるか確認。
単調になるのを避けるために大きくくぼんだ箇所とコンクリート(石壁)らしくヒビを入れてみました。

縦に空けられた穴は銃の弾痕のつもりでしたが、作業を進めていくうちに目立たなくなってしまいました。
完全に蛇足です。笑


{4BD49C00-711C-4428-8FC7-B6D1B0C10865}


続いて用意したのはこちらの『モデリングプラスター』。

こちらは水と混ぜてコンクリートや瓦礫の表現を行うための石膏が入っています。

前回のジオラマ製作ではモデリングペーストを使って石っぽい表面を再現しましたが、今回は面積が広いのと新しい素材を使ってみたかったということでガチの石膏を試してみました。

この石膏を適量の水と混ぜると、セメントのような状態になるのでそれをスタイロフォームの表面に塗布していきます。

{E8736784-3F19-4F79-8E29-D3BD116F7CF2}


こちらが塗布後、乾燥させた状態。
細かい凹凸が多くあるからかコンクリートよりも天然の石壁に質感が寄ってしまったため、石壁として作業を続けることにしました。

乾燥の際にある程度ヒケが起きて盛った箇所が収縮するかと思って多少誇張して塗布したのですが、そこまで収縮が起きなかったので想定よりもうるさい表面になってしまいました。が、これはこれで良しです。

{57BBF3CC-A076-4837-8184-FE0B38C81A63}

フィギュアを置いてみるとこの様に見えます。
ただの白背景や部屋の一角とは違った雰囲気がします。

ちなみに、地面にも壁よりも水を多めに割ったプラスターを塗布し、下地を構成しています。

{8C9B4497-C853-45BC-A3A3-1B7A9CA5E508}

このあたりから迷走が加速します。笑

ひとまず地面の完成を目指して茶色の塗料で最下層の色を塗っていきます。

{99FE597B-5F16-4B70-958F-8D36B561815F}

その後別の色で上乗せ。
この辺からかなり成り行きに任せていた気がします…。

肌色系の地面を目指して必死にもがいています。

{182EF0CB-680A-4ECC-8977-60D5F326D6DB}

地面の塗装を気の済むまで行なったら、鉄道模型用のバラストを撒きます。
この時撒いたのは肌色に近いものなのですが、塗料の色味と少しズレを感じたので先ほど使った石膏を水で解かずに粉のまま撒き、ごまかしています。
それと同時進行でせんべいの缶の蓋にプラスターを盛って乾燥したものを砕いて瓦礫を作ったのでそれを適当な位置に配置し、木工用ボンドとつや消しトップコートを併用して固着しました。

{A4531A33-BA3E-497A-86FA-D0D1E867B313}

というわけで完成。
製作期間は主にプラスターの乾燥待ちでしたが大体3日ほど。
{E5BDA73B-497B-450B-84C8-6E726D0DC6C4}

数カ所に置いたガレキはリアルですが壁の表面と地面との境目がちょっと甘いかなと感じました。

{7DE085E0-18E6-4B27-A111-B9F982454326}


ただフィギュアの写真を撮る時にはかなり重宝するんじゃないかと思います。
背景に部屋の生活感が出てるとあまり雰囲気出ませんし…。
{8606317D-9EDA-47AC-82FD-C81CFAB71075}

土台のサイズが20cm×30cmくらいなので6インチスケールのフィギュアを複数飾るには置く場所、撮る角度などが限られてしまいますが、単体でちょっとポーズを付けて撮りたい時には丁度いいサイズだと思います。

{0D5BEB6A-3E72-4D81-A1C5-A6F9BAF49B73}

やはり格闘シーンの再現にはちょっと狭いですね。
臨場感が出しづらく、窮屈な感じがします。






というわけでジオラマ製作でした。

今後の課題としては絶好の塗り方、地面の塗装を見直したいなと思います。

それではまたお会いしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。