2014年11月13日(木) 23時08分00秒

 渋谷がハロウィンで揺れる頃、ルチアーノショーではケムリが揺れていた。〜パーティーレポート

テーマ:パーティー
ルチアーノショーyamatakabouタケダです。

去る2014年10月31日 

 ルチアーノショーの5人のダンサーたちが、煌びやかなカクテルドレスを身に纏い、バーカウンターへ現れた。
何ヶ月ぶりに見るこの光景。しかして此れこそルチアーノショーの真髄であり。原風景であるのではないか?
そんなことを考えていると。
チャーリーさんが早速、彼女たちに声をかける。

「1杯どう?」

「大丈夫。今日は飲み放題なの。」

そう。10月31日。ルチアーノショーは、キューバ・パーティー〔サムライナイト〕でした。
今回のブログは、レポートブログです。
 キューバ・パーティー紹介ブログは、コチラ

当日の写真などは、現在プロデューサーが音信不通のため(笑)
後日追記予定です。 

           たばこ

19時。
和太鼓の音が響き渡り、袴を着た男が一人、刀を鞘に収める。
その瞬間、ラテン楽器のアタック音とともにルチアーノショーのダンサーたちが、フローアーになだれ込む。
※イメージ画像

そんなオープニング曲は、 Welcome To Cuba by David Arnold


ショーが終われば、今回のキューバ・パーティーに駆けつけてくださった、
御歴々のご挨拶です。
六本木の赤ひげ先生こと、衆議院議員、日本キューバ友好議員連盟
赤枝 恒夫先生のご挨拶

次いで、
在日キューバ大使館より
マルコス・フェルミン・ロドリゲス・コスタ閣下がご挨拶

乾杯の挨拶は、
ちょうど昨年、キューバ共和国から友好勲章が授与された御仁。
日本キューバ経済懇話会の
近藤智義会長が行われました。

キューバと日本の友好に乾杯であります!

      カンパイ


乾杯ついでに今回のウェルカムドリンクの紹介。

PINK FROG
PINK FROG
会場にいらっしゃったお客様にご好評いただいたロゼスパークリングです。


キューバカクテルのベースに使用したラムは、
サンティアゴ デ クーバ
クバ
んまいです!

料理も普段ルチアーノショーでは提供されない、
蕎麦が並びました。

この蕎麦、今回のキューバパーティーのきっかけとなった
支倉常長の生まれ故郷、宮城県は川崎町の特産そばなんです!

キューバ大使館の方々も舌鼓を打ち。
同じ、宮城の日本酒と一緒に楽しまれていました。

川崎町の小山町長も公務を終え駆けつけてくださり、
ご挨拶いただけました。
ありがとうございます。

      戦う


さて、侍は何も400年前の支倉だけではございません。
現代のサムライ、鵬玉会の皆様が
居合でステージを飾ってくださいました。
※緊張感を表すイメージ写真

キューバとの異文化交流に花を添えてくださいました一輪

大使館の方々も楽しみ、刀をもって写真撮影カメラ

異文化交流という側面を持つこのパーティーでは、
ルチアーノショーのダンサーたちもこの日限りの、
フロアーで踊り、そしてお客様とステージで踊り楽しんでいました。

そんな、本日のBGMは、ダンシングオールナイト

ダンサーたちと楽しそうに踊る、パーティー参加者の皆様が印象的な、
パーティーの幕切れでした。

もちろん、その後のデザートには甘いチークタイムがございましたドキドキ

チャーリーさんが、誰と横揺れを楽しんだのかはご想像にお任せします。
allemande ブリニャック

今回のパーティーに関わり、たくさんのご協力をいただいた、
皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございます。

⭐︎次回は、キューバ・パーティー中にアルマンドブリニャックを飲んでいたチャーリーさんの謎を、
ソムリエール芝田が解明する予定です。

ご期待ください。




いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります