2014年01月03日(金) 16時39分57秒

多国籍ルチアーノショーとルチアーノガールズ。

テーマ:専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
ルチアーノショーは多国籍だ。
ルチアーノガールズ

日本はもちろん、元オリンピック新体操代表(ロシア)にはじまり、ウクライナ、カナダ、アメリカ、アルゼンチン、ベネズエラ、ペル-、フランス、ガーナ、トルコなど世界各国のスタッフ、ダンサーが今現在働いている。

国旗

10Fメインダイニングの1テーブルには、これまで在籍したスタッフの全国旗が飾られていて、イタリア、ルーマニア、ブラジル、ニュージーランドなども加わる。

日々、世界中の人達の知識・文化・宗教・言語・感覚によってもまれていくルチアーノショーは、日本のように数千年間ほぼ単一宗教・単一通貨・単一言語だった国には最もなかったカタチの1つと言える。

エレベーター

例えばホールスタッフのラリー(ガーナ)はバナナが大好きで見た目はまるでゴリラだが本当に心優しい。イスラム教徒であるため豚肉は決して食べないしお酒も呑まない。母国語はアフリカ語だ。
テーラー・ロクサンヌで1万件のいいね!を獲得したロキシー(カナダ)はケベック出身でフランス語を母国語とする。
国籍はフランスのシャンティ(ショーダンサー)はジャマイカとの混血でありマダガスカル系の血を引く。
同じくショーダンサーのナタリアはウクライナ出身だがゲルマン(ドイツ)民族の血を引いていて、2年程前に帰化して“日本人”となった。

シャンティ

創業以来、常に「黒人・白人・アジア人が混在する環境」を意識しているルチアーノショーは、ハーヴァード大学のそれに似ている。
黒人にはないものを白人が持っており、白人にはないものをアジア人が持っている。アジア人にはないものを黒人が持っているという考え方だ(順不同)。

ユリア真実

日本人同士なら「普通こうでしょ」という“普通”が成り立つが、ここまで人種も宗教も言語も異なると共通する“普通”は存在せず、ルチアーノショー内にて擦り合わせ・再定義される。

みんな“箸”も使うし、上手に“お寿司”も食べるし、「敬語」も使いつつ“お辞儀”だってする。
そして争いが起きているのを見たことがない。
スゴイ。この統制がスゴイ。

ダンサーエントランス2

よく考えてみたら、日本人がフォークとナイフを使って洋食を食べ、洋服を着て、洋楽を聴きながら、クリスチャンでもないのにクリスマスをお祝いするソレと同じなんだが、これほどまでに世界の大国となった日本で、なぜか未だかつて見たことのない光景だ。

クライムガール

なぜ異人種・異教徒間で争いが起きないのか。その秘訣はルチアーノショーの議論・理論展開の根底にあるように思える。

即座に最大公約数(言い換えると妥協点)を求め、瞬時に最小公倍数(当面の着地点)を見いだす。

という積み重ねだ。

エマ赤ワイン

「擦り合わせが大変だね」と言われれば確かにそうかもしれない。
しかし、ルチアーノショーのマネーペニーこと瀬戸秘書室長なんて、誰々は宗教上これを食べてはいけない、どんなアレルギー、お酒は赤ワインが好き、白ワインはあまり飲まない、ベジタリアンだから何はダメ、炭水化物ダイエット中とか、ほぼ全員のデータが頭に入っている。

“愛”あればこそだ。

「面倒だ」と放り出さない包容力。

アガタルージュ

そんな本日のBGMは "WE ARE THE WORLD" by Pavarotti & Friends

ルチアーノショーでは創業以来ずっとこのルチアーノ・パヴァロッティのバージョンが使用されている。
3周年記念パーティーのエンディングでも流れたことは記憶に新しい。

映像を見たのはこのYoutubeが初めてだが、一丸となって合唱する絵は本当に感動的だ。
もうそろそろ世界は1つになっていいんじゃないか。
私はそう思う。

コニャックとマイク

ルチアーノショーのショーダンサー達は、オーディションで集まって間もない頃から“ルチアーノ・ガールズ”を名乗っている。
誰に名付けられたわけでも強制されたわけでもなくだ。

休みの日は会社や仕事のことは忘れたい。自由でいたい。束縛されたくない。組織や集団・団体に所属したがらない、“個”を重視する人々が多いこの時代に、自らルチアーノショー「所属」を名乗りたくなるその魅力は、私もよく知っている。

ルチアーノガールズ

ここ日本で、海を越えた渡り鳥たちのその想いを、私はどれだけ伝えることができるだろう。
そう思うとお正月もブログを書きたくなったチャーリーであります。

ハイヒールズ

お食事は、“明日はもっと速く走る”ルチアーノショーへ。

7日から営業致します。
7日のご来店をお待ちしております。

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Access MAP
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon
9F:グリル&シガーバー 03-3568-4818
10F;レストラン 03-3568-4820

地下鉄千代田線赤坂駅4番出口から右手に徒歩30秒。
赤坂サカス、TBS、ACTシアター、BIZタワー、ブリッツと隣接した赤坂通沿いです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります