2013年12月19日(木) 00時10分44秒

美女とビキニと水しぶきと。

テーマ:専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
毎週木曜日“専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”の回がやってまいりました。
どうぞ。

---
ついにやってしまった。
ビキニと水しぶき
真冬のバーカウンターでビキニ(笑)。

モデルはルチアーノショーのショーダンサー、シャンティ
ジャマイカとフランスの混血だ。マダガスカルの血を引いている。

最近恒例の“爆発”シリーズを撮っているうちに、どうしても水しぶきを身にまとった女性を撮りたくなり、思い立ったが吉日、濡れてもいい格好と言えば“ビキニの準備お願いね”という流れだ(笑)。

今回はフラッシュ多灯撮り。
閃光時間の異なるコンパクトスピードライトを2灯たいた。
※ニコンCLSを使ってワイヤレス発光。

フラッシュA(SB-900):1/38500秒(M1/128)
フラッシュB(SB-910):1/5000秒(M1/8)
カメラ:ニコン D800
レンズ:ニコン AF-S NIKKOR Kidman 24-70mm f/2.8G ED
F値:22
シャッタースピード:1秒
感度:ISO 3,200

水しぶきの細かい(高速飛沫)部分は1/38500秒のフラッシュで捕らえ、ヴーヴ・クリコのボトルの口から噴き出すゼリー状~中速飛沫の水は1/5000秒のフラッシュで捕らえた。
異なる閃光時間に設定したのは、水にそれぞれ表情を持たせるためだ。
フラッシュの角度は何となく感覚値で。

長い風船に水を入れ、シャンティの身体に2本巻き付けて、後ろでマイク・タケダとガラクターズのナガイ氏が風船を割った。

もちろんこの2人、一発OK。

試し撮り時に写り込んだ2人の姿はビキニの美女に食いつくヘンタイそのものだ(笑)。
後々誤解を招かないよう即座に削除した(笑)。

真冬の夜中のバーカウンターで何やってるんでしょうか。我々は。

そんな本日のBGMは "サーフィン・USA" by ザ・ビーチ・ボーイズ

高速閃光フラッシュで高速飛沫を捕らえようとすると、どうしてもフラッシュ撮り特有の絵面(被写体周辺が暗くなる)になってしまう。

しかし。

“我々ルチアーノショーは、決して、そう決して諦めない”(CSI:Miami ホレイショ・ケイン風に)

の精神で、いい方法を考えついた。
何と背景がそのまま綺麗に写せるのだ。
それもシャッタースピードは1.5秒。

“いや、被写体がブレるでしょ”
“高速飛沫が止まらないでしょ”

と思った方に、次回全公開致します次第でございます。


この記事がアップされる頃には、ルチアーノショー3周年記念パーティーが大成功を収めているはずだ。
何やら風の噂では文豪米澤が宙を舞うとか、お皿が宙に浮くとか、いよいよスペクタクルな方向感だ。

もしかして文豪は小林幸子と競合しているのかと気にしてみた。

あなたの人生の銘シーンはここで生まれる。
私はそう信じている。

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Access MAP
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon
9F:グリル&シガーバー 03-3568-4818
10F;レストラン 03-3568-4820

地下鉄千代田線赤坂駅4番出口から右手に徒歩30秒。
赤坂サカス、TBS、ACTシアター、BIZタワー、ブリッツと隣接した赤坂通沿いです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります