2013年12月04日(水) 20時51分59秒

ルチアーノショーのパーティーシーン(まるで映画スティング)

テーマ:専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
毎週木曜日“専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ”の回がやってまいりました。
どうぞ。

---
クリスマスツリーっだったりサンタクロースだったり、おせちの準備だったり忘年会の計画だったり。
「12月のニオイ」は1年でも最も強い気がする。

ルチアーノショーは12月17日3周年を迎える。
年末のマイク・タケダの慌ただしさは毎年恒例だが、この忙しい時に4連休をとったそうだ(笑)。
ついに故郷に錦を飾ったか久しぶりの里帰りだったそうだが、充電してきたからにはマイク・タケダ●●%増量で新発売を期待したい。

そんな中、ルチアーノショーの化粧室には「オレンジ・ポマンダー」が設置された。
アロマストーンの上に垂らされたオレンジ・スィートとクローブの滴は、古くから西洋において「クリスマスシーズンの魔除け」として信じられてきたオレンジ・ポマンダーの香りバージョン。
スパイスはシナモンとナツメグが加えられていて、ミドルノートも後半は「ケーキ」を連想させる美味しそうな香りが漂う。

噂によると瀬戸秘書室長がアロマテラピー検定1級を取得する“予定”らしい。

次から次へとネタが尽きないレストランですね。
文人米澤はネタがない上に後がないようですが(笑)。

ヨーロッパで起きた「魔女狩り」は、今で言うアロマセラピストが対象だったという文献を読んだ。そのくらい魔法のように病を治す「芳香療法」の使い手達を恐れた結果なのだそうだ。
特にヨーロッパ全域で伝染病「ペスト」が大流行した際にハーブ・芳香療法が大活躍した。
このままでは欧州全滅かという勢いで猛威をふるうペストに対し「(神の)祟りだ」と言えば、祟りから救う芳香療法家は必然的に「救世主」となるか「悪魔」となるかのどちらかしか選択肢がなかった「宗教時代」の宿命と言える。

ルチアーノショーのマネーペニーこと瀬戸秘書室長が魔女扱いされるのかどうかは未知数だが、アロマ1級で魔女「級」の猛威をふるってもらいたい。

さぁ、行こう。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-映画スティング

1973年アメリカ、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード共演の映画「スティング」が公開され大ヒットした。

“明日に向かって撃て”で映画史上における永遠の名コンビと評された2人は、スティングでも見事な師弟関係を演じ、アカデミー作品賞を受賞した。

ある一人の悪党を自前の店に誘き出し、その店全体が従業員をはじめ、“賭博”を知って踏み込んで来る警官も全部“仕込み”というコミカル仕立ての作品だ。映画SATCの中でも騙されて悩んでいる人に「スティングみたことないの?」というシーンが出てくるほど有名だ。

そして現代の華麗なるルチアーノショーはスティングの銘シーンに挑む(笑)。
名優揃いなので営業終了後にサクッと。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-スティング風
※まだ公開前(?)なのでイラスト処理した。

なんと全員従業員+ダンサー。

そんな本日のBGMは "The Entertainer" by "The Sting" Sound Track


ここにハイスピードシャッターはいらない(笑)。
店舗の天井照明だけで撮影し、シネマアングルを意識した。

ごく自然に皆語らい、ルチアーノショーを楽しむ。
スタッフだから当たり前だが、ドレスコードも含めてルチアーノショーを知り尽くしているからか、本当に自然な絵が撮れる。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-パーティーシーン4

特にこれはイイ!
ガラクターズのリーダー“オガワスミオ”とアガタの2人。
初めてオガワスミオ氏が「いい男」に見えた気がするし、何か照れているアガタが古き良き時代の「初々しさ」を醸し出している。是非ともルチアーノショー「昭和」シリーズに加えたい(笑)。

※ルチアーノショーではごくたまに、八代亜紀とか淡谷のり子とか昭和の歌謡曲を流しながら「昭和の会」が開かれている。オガワスミオはその風貌から大方“ヤングマン” by 西城秀樹を割り当てられる。ルチアーノショーの“文豪”米澤もこの会の常連で、筆とお酒が進むことで有名。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-パーティーシーン5

グラスを合わせつつオガワスミオに見つめられたアガタの頬はにわかに紅色。
アガタも終始「ラヴラヴな感じ」とご機嫌だ。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-パーティーシーン2

ワインボトルに着せられた蝶ネクタイとベストがお洒落。
カクテルパーティーからディナーパーティーまで、ルチアーノショーはありとあらゆるシーンをドラマティックに演出してくれる。

$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-漬け物より高いんだぜ

瀬戸秘書室長のブログを読むと、「この花束、いつも食べてる漬け物より高いんだぜ」的な表情に見えるが、何を話していたのだろうか。

今宵も酔いどれ、“ルチアーノショーで夕食を”

Photographer: Charlie

Homepage
Facebook
Twitter
Access MAP
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ
専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ(過去ログ)
専属カメラマン★チャーリーの部屋(過去ログ)

ルチアーノショー
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon
9F:グリル&シガーバー 03-3568-4818
10F;レストラン 03-3568-4820

地下鉄千代田線赤坂駅4番出口から右手に徒歩30秒。
赤坂サカス、TBS、ACTシアター、BIZタワー、ブリッツと隣接した赤坂通沿いです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります