2013年09月19日(木) 18時28分27秒

レンズを壊したロクサンヌ。I grieve.

テーマ:専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
2週間寄稿ブログを休んだフォトグラファー・チャーリーです。
戻って参りました。皆様お久しゅうディアデマス。

最後に放った“ハイ・ビールズ”も8,000件を超えるいいね!を頂戴した。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-ハイ・ビールズ

以前から私の写真は東欧諸国からのいいね!が多いと聞いていたが今回もまたそのようで。
私が好きだと相手も気に入ってくれるのだろうか。だといいがナタリーはそうではなかった。

セッティングシーンもなかなか雰囲気があるので紹介を。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-セッティング・タクヤ
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-セッティング・ナカムラ
※未補正・未加工。写っている人物はホールスタッフのタクヤ・ナカムラ。

そんな本日のBGMは "夏をあきらめて" by 研ナオコ
※ルチアーノショーでは「昭和の会」を除いて流れていません。

休暇中、ふとブログにアクセスすると“ネタがない”のタイトルが(笑)。
そこには私の代役を務める“シャリ”こいた文人米澤の苦しみが綴られていた。
どこからどうみても、一枚の写真にのまれている胸板の薄い米澤儀明は、もはやシャリの前の「コメザワ」と化していた。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-ネタがない
あの、私は舞台監督に出されたものを撮っただけですから。

舞台監督:“とてもおシャリだろ?”

おっシャリとおりです。
シャリだけ寿司3貫を内密に準備している最中の舞台監督を撮りたい。

2020年、この目で東京オリンピックを見るのかと思うと、今からレンズの手入れに余念が無い。
いや余念が無いんじゃなくて、レンズがない。

ねぇ、ロクサンヌ。そんなに私のことが嫌いかい?
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-grieve ロクサンヌ

黙々と縫製を続ける“海を越えた渡り鳥”ロクサンヌは、とある日、赤坂のネオンも消える夜更けの出来事、三脚ごと倒して見事に私のレンズを壊してくれた。
私のレンズらしく、キューバ葉巻の箱にめがけてまっしぐら。

保護用レンズフィルターを2枚装着していたおかげで、フィルター2枚は完全に割れてしまったものの、レンズ自体に外傷は見られなかった。

と思ったら。

筒から何かニキビみたいなものが飛び出してるし!

これも青春かと思い、クレアラシルを塗ってバンドエイドを貼ってみたものの、翌日治っていなかったので、私に代わってマイク・タケダは翌日銀座ニコンサービスセンターに飛んだ。

修理費見積もり82,635円って。ちょっとあんた。

でもしょうがない。
この数年コレしか使っていない常用レンズ(24-70mm)を修理に出した私はレンズがない。

そんな時に限って撮りたいシーンに遭遇するのですよ、人生って。
花柄のワンピースのデイジー(Daisy Buchanan)風なあまりにも美しい女性とか、招かれたテラス席でボルサリーノの真っ白のパナマ帽とか。

というわけで手持ちのデジタルカメラで撮影させてもらった3枚。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-デジカメで撮ってみた1
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-デジカメで撮ってみた2
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-デジカメで撮ってみた3

ボルサリーノのパナマ帽に加え、エルメスのプリーツスカーフ+マイセンクリスタルの花瓶という優雅極まりない“撮りたくならないはずがない”絵。

去りゆく夏に終わりを告げるかのような素敵なシーンが過ぎ去った後、私のレンズは戻ってきた。
修理代24,917円。

良かった。見積もり時の印象ほど深刻ではなかったらしい。
深刻だったのは文人米澤か(笑)。

舞台監督に“ネタがない”を文人米澤に捧げたことを伝えると、

“君の秀作「“傘”って言えば、おふくろさんよ」はいいね!が2,000件を超えたね。そういうことだよ”

ハイ。
傘がなければ傘になれ。ネタがなければネタになれということか。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-ホレイショモデル
ホレイショポーズを決めた舞台監督は、真夜中にグラサンをかけて去っていった。
心なしか段差でつまずく音が聞こえたが私は決して振り返ることはしなかった。

それにしても“美人すぎるカメラマン”ナタリーにはフラれるし、ロクサンヌにはレンズを壊されるし。
“西側”諸国と相性が悪いんだろうか私は。

そんなわけで、レンズがない間にいろいろと撮りそびれた夏の思い出にふけりながら、ふと研ナオコの“夏をあきらめて”が聴きたくなった昭和の男であります。

今宵も酔いどれ、“ルチアーノショーで夕食を”

Photographer: Charlie

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
如何でしたか?
今宵のルチアーノショー専属カメラマン・チャーリーさんの寄稿ブログ。

本文中にあるようにチャーリーさんの寄稿ブログは、
Facebookの"いいね"がある時期から1,000を超える、
有名人ばりのブログと化しました。

今回は出張帰りの一回目という事で、
出来るだけ早くお届けするため、前書き、後書きは簡略化させていただきます。

ですが、ワントピックだけお知らせさせてくださいませ。

$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-スクリーミングイーグル
スクリーミング・イーグル ¥516,000
〈Screaming Eagle〉

以前、チャーリーさんのキコブの話題にも取り上げられた、
スクリーミング・イーグルが、またしても赤坂ルチアーノショーに舞い降りました。

今回は、プラチナ・シャンパンと共に。
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-プラチナ
アルマンドブリニャック ブランドブラン ¥150,000
〈Armand de Brignac blanc de blanc〉
真紅の鷹と、プラチナのスペードを
ここパワースポット・ルチアーノショーで手にすれば、
その絵面は"シャリ"にならないレベルでありますアップ
もはや、究極の覇者と言わざるを得ません!!

この場を借りて、重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります