2013年06月29日(土) 18時40分33秒

The Name's CENTURION...ジェームズ・ボンドとセンチュリオン・カード

テーマ:VIP
ルチアーノショーのタケダです。

最近、好きなCMがありまして、
そのCMはゴールド先輩が出てくるクレジットカードのCMです志葉丈瑠
松坂桃李さん演じるゴールドカードを持つ先輩がシンケンレッド
後輩にカードを使ってイイところを、みせるのですがシンケンゴールド
ゴールドカードのステータスというものは、今でも色あせないものですあめっくす ごーるど

同CMにはプラチナ上司(プラチナカードを持つ上司)も出てきますが、
ブラック帝王は出演しておりませんので(笑)
今回は、老舗カード会社(設立はなんと1850年!!)
アメリカン・エキスプレスにスポットを当てつつ
ブラックカードについて取り上げてみたいと思いますビックリマーク
ちなみに、ルチアーノショーの支払いをアメックスで行えばポイント
10倍です。(ボーナスポイントパートナー)
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-アメックス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード(年会費:27,300円)

ゴールドカードは申し込みが可能なカードですが、
プラチナカードを発行するためには、ゴールドカードを使い
インビテーション(アメックス側からの招待)を待たねばなりません。
※ただしプラチナ、ブラック会員からの紹介などで初めから取得できることもあります。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-アメックス・プラチナカード
プラチナ・カード®(年会費:100,000円)

そして、今日の本題ブラックカード。
アメックスの正式名称
センチュリオンカード日本の公式ホームページでは情報がほぼ得られない
「世界で最も取得できないクレジットカード」です。
今回、このブログを書くにあたって保持者のお客様に色々とお話を伺いました

センチュリオンカードは、インビテーションのみ。
・日本の保持者は5,000人と言われているそうで、
 年間おおよそ1,500~2,500万円程の利用履歴が必要と言われているそうです。
・日本では2002年頃に発行。その後一旦止まって2007年頃再開した模様。
 2007年から年会費が367,500円に。それまでは168,000円。先進国で最も安かったそうです。
・パーソナルコンシェルジェという専任の担当者が付き、24時間専用電話番号で対応。
 夜中でも数秒で電話を取ってくれる、素晴らしいパートナーだそうです。
センチュリオンカードにはプラスチック製とチタン製あり。(過去スタッフブログもご参照ください)

色々と、カードの勉強をしたのですが、
私がアメックスに共感を得る部分は、
戦時中にお金の価値が紙くず同然になってしまうような状況下の中、
トラベラーズ・チェックを現金化し信頼を築いてきた点です。
長年培ってきた信用が、このカードに宿っていることは間違いないでしょう。

米軍特殊部隊は生き残った際、戦地から米本土まで無事戻れるよう
米財務省が保証人のセンチュリオンカードを持たされるそうですし、
アメリカよりも先行し最初にイギリスで発行されたセンチュリオンカードは、
ルチアーノショーのシンボル(笑)
ジェームズ・ボンドにも持たせています。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-ボンド・センチュリオン
カジノロワイヤル慰めの報酬などで、黒いカードをスマートに出すシーンは、
やはり憧れてしまいます。

今日、利便性の良いカードが溢れている中で、
電子マネーも付いていない、年会費が高いカードを持つ事は、
即ち、アメックス=ステータスに他ならないのです。(無論、サービスも最高です)
そしてステータスというものは、しかるべき場所にあるものではないでしょうか?

戦車さえも買えるはずのブラックカードが、
場末のガールズバーでは使えず、激高した有名人が暴れて現行犯逮捕される事件が
過去にはありました。

私も以前、勤めていた街場のレストランでブラックカードを預かった経験はありますが、
その凄さというものは分からずに、ただ切っておりました。

ここルチアーノショーでは、毎日のようにブラックカード(中でもセンチュリオン)を見かけます。
研修の時に、ブラックカードを持つことの意味を学び、
富裕層の年収を皆で想定し、日本でどのくらいの税金を支払うか、
手元に残るお金はいくらなのか、どういった苦労があるのか、
様々なケースを話し合いました。

そんな今だからこそ、
ブラックカードを預かったときの重みが何十倍にも感じるのです。
そこに信用があるから。
ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-センチュリオンカード
写真のセンチュリオンカードはPhotographer: Charlieさんの物です。
曰く、
"チタン製のこのカードは、何度切ってもすり減らない。
           漆黒に輝くティファ二ーのようだ"


最初にもお伝えしましたが
ルチアーノショーはアメックスのボーナスポイントパートナー「10倍」店です。
日本のレストランで10倍店は、わずか2店舗しかありません。

センチュリオンカードをお持ちのお客様、
ルチアーノショーで是非、毎日、お食事してくださいませ。
当店はお約束します。
365日食べ続けて「太らない店」「健康を害さない店」であることを。
貯まったポイントで宇宙旅行など如何でしょう?

プラチナ・カードをお持ちのお客様、
ルチアーノショーで、毎夜キューバ産の黒い葉巻
コイーバ・マデュロシリーズに火を付ければ、
黒いインビテーションが届くかもしれません。

そんな、本日のBGMは、"We are the World - Pavarotti and Friends"
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-ボルサリーノとセンチュリオン
舞台監督が打ち合わせ中に言いました、
"センチュリオン保持者だけを集めたパーティーを開き、
みんなでWe are the CENTURIONを合唱したいですね"

監督、その日がきたら、
ここヘキサゴン(ルチアーノショーが入っているビルの名前)は
あのペンタゴン級の防衛が必要なのでは、、、

「地球上で限られた人しか持つことができないカードに触れられることに感謝して」

ありがとうございます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります