2013年03月14日(木) 21時32分04秒

今宵、男達の背中にHe Needs Me.

テーマ:専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
ルチアーノショーのタケダです。

今回は寄稿ブログです。
ルチアーノショーの美しい写真の舞台裏をブログで、切り取っていただきました。

--------------------
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-LOVE

1950年代ハリウッド映画の撮影シーンを意識した写真だ。
荒い照明に、ガツンと一発潔くシャッターを切る。
そのままヘルメットをかぶってアポロ計画の記者会見でも開きそうな、何が本当で何が嘘かもわからない非現実的社会だったハリウッド映画界さながらのシーンも、ルチアーノショーではごく自然に見かけるし、見事に溶け込んでいる。本当にこれがいちレストランの絵なのかと幾度となく驚かされた。

使った機材はビデオ撮影用の手持ちライト一機。しかもバースタッフに持ってもらって(笑)。
何もセットは組んでいないし、店舗の通常照明に、デザート、紅茶、ワインという食後のワンシーンだ。

モデルはルチアーノショーのダンサー。
彼女達の準備も数分。
「どうぞ飲んで食べて楽しく喋って」と伝えただけのいい加減な撮影開始にも関わらず、数枚目に撮れた写真がこれだから本当に素晴らしい。何が素晴らしいかって、写真ではなくて、この2人の自然な表情。
カメラからここまでの間、彩度を落として、雰囲気を出すためにわずかなノイズを入れただけ。

そもそも貴女たち、

 カメラマンの存在なんて完全に忘れてるでしょ(笑)。
 真面目にワイン飲んでるでしょ(笑)。
 全然こっち見ないでしょ(笑)。

と心の叫びを笑みに包んで飲み込んでみた。

そんな本日のBGMは、He Needs Me By Peggy Lee

時間が来た。そそくさと帰り始める美女達。

じゃぁまた今度ね。彼が待ってるから。

デザートのお皿とワイングラスを両手に持って去って行く。
それは置いてってね(笑)。

そう。
彼女達は「彼には私が必要」なことを知っているのだ。

ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-ガラクターズ
今宵、男達の背中にHe Needs Me。

Photographer: Charlie
--------------------

いかがでしたか?

最後の写真、哀愁漂う男の背中で登場したのは、
カメラマンの温情に、便乗し、撮影していただいた、
ルチアーノショースタッフの新ユニット、
ガラクターズ

サービススタッフとして入社したものの、
現在の肩書きは、
ガラクターズもちろん、昇進です!!

お客様のために、
ときに、踊り。
ときに、ハモり。
ときに、すべる。
ガラクターズ

メンバーは、
マイク・タケダ
永井 毅
牛島 貴典

オガワスミオ(欠席)

もちろん、オーダーはシャンソンマティーニ!(写真)
我々は、意地をこえて
必死でステアと注文するのです。
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-シャンソンマティーニ
だって、バーテンダーは上司ですから、、、涙

ガラクターズ 時価

シャンソンマティーニ ¥3,500

新時代のジェームズ・ボンドたちに、ご好評いただいております。

ありがとうございます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります