2013年02月21日(木) 00時10分21秒

パダン・パダンと歌えばシャンソンとマティーニの調べ。

テーマ:専属カメラマン☆チャーリーの寄稿ブログ
ルチアーノショーのタケダです。

創業以来、LucianoShowは自身のブランドを生み出すべく、
心血を注いで参りました。

毎日更新する、このブログもブランド化の一翼を担っているのですが、
兎角、自分自身の事を客観的に見つめるのは難しいものです。

そこで、ルチアーノショーに足繁くいらしてくださる、
常連のお客様や接点のある方々に"ブログの寄稿"をお願いしたところ、
快く引き受けて下さいました。

ルチアーノショーのお客様は、
自分自身の世界とブランドを創り上げられた方ばかり。
その目に映る、ルチアーノショーとは?

初回は、ルチアーノショーの絵を切り捕るカメラマンの寄稿。
どうぞ、ご覧くださいませ。



----------------------------------------------------------------------------
ボニー・タイラー(英:歌手)やロビン・ウイリアムス(米:俳優)、ジェームズ・ゴードン・ブラウン(英:前首相)が生まれた1951年、日本ではジャンボ鶴田(プロレスラー)が生まれた。

そんな中、シャンソンといえばこの人、エディット・ピアフは名曲「パダン、パダン」を世に放った。

そんな本日のBGMは Padam Padam By Edith Piaf
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-シャンソンマティーニ
ルチアーノショーオリジナルの「シャンソン・マティーニ」がよく似合う。
「シャンソン」を名乗るこの洒落たカクテルは、コニャックとシロック(葡萄のウォッカ)のみのシンプルなフランス原産酒だけで作られたマティーニだ。

ルチアーノはイタリア名だが、お隣の「おフランス」も熟知している。
今じゃシェンゲン国は自由に行き来できるし、朝ミラノを出て昼にはパリでランチも悪くない。
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-Abalone Butter
そんなシルブプレ的なノリも受け入れてくれるルチアーノショーなら、
シャンソン・マティーニにエスカルゴのガーリックバター焼き風味の鮑をつまみにおすすめする。
パリジェンヌに習ってロゼシャンパンもいい。
そしてデザート代わりにチーズ「フロマージュ・ダフィノワ」をイタリア産アカシアの蜂蜜と共に口の中に放り投げれば、
たちまちシャンゼリゼのオープンテラスに座るイタリア男ジュゼッペな気分に浸れる。

ステージを舞う美女達に見とれ、思わずキューバ産の葉巻に火を灯す。
何の手前か“長居はしないよ”アピールにショートロブストがいい。
そしてバレリーナにボンソワールと一言声をかければ、
後はシャンパーニュ・シルブプレだ。

一滴残らずバレリーナに振る舞う。
乾杯はいらない。
踊り咲くバレリーナからほんのわずかな笑みが飛んでくれば、
ケムリ(葉巻)が何倍にも美味しくなるんだ。

ルチアーノショーには類い希な色気がある。
一色で表すなら“ルージュ”だ。

東京・赤坂のムーランではないルージュは、
今宵も酔いどれ、ロマンを振りまいてくれる。
$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ-LUCIANOSHOW
Photographer: Charlie
----------------------------------------------------------------------------


いかがでしたか?

本日の写真の商品は、上から順に
シャンソンマティーニ 3,500円
ベースのブランデーはヘネシーX.Oを使用しています。

アワビのエスカルゴバター仕立て 2,400円

ダンサーとの思い出 プライスレス

以上です。

これからのルチアーノショーのブログの展開にもご期待下さいませ。


ありがとうございます。




いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります