2011年05月25日(水) 20時20分09秒

故郷を思い出す味。

テーマ:ブログ
ルチアーノショー10F小山です。

本日は、先日紹介させていただいた海外スタッフのヤナ(ロシア)とレオ(フランス)に、ルチアーノショーで試食してもらい、その感想をインタビューしましたナイフとフォーク


二人ともとてもユニークな答えをくれましたよ!



$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ(チーム1)


「9Fでシャンパンを飲んでから、10Fでお食事をしたのだけれど、雰囲気が全く違うので2度楽しめたわ。料理の盛りつけ、味、すべてにオリジナリティが溢れていて、イタリアンという枠にとらわれていない所がすごい音譜

とレオ。

「ポテトとビーツを使ったアミューズを食べた時、とても懐かしい気持ちになったの。別にロシア料理というわけではないのだけれどね。そういう料理を作れるシェフはとても素晴らしい!
そして、パプリカのスープが運ばれてきた時には、まるでテーブルの上が蜃気楼に包まれて、スープとお皿の色合いはお花畑、まるで楽園にいるようだったの黄色い花

とヤナ。


「ダンスショーは働いている時にも見れるけど、ゆっくりテーブルで食事しながら観るのとでは全く違ったものに見えるわね」

「ショーが終わって、ステージと逆方向の窓の方を向いたら、とっても綺麗な夜景が見えたわ。スペシャルなディナーを楽しみたい時には最高ねアップ



彼女達が、慣れない日本語で一生懸命伝えてくれる言葉は、とてもストレートでピュア。
だからこそ、私たちが普段気付かない感動や驚きにも気付くことが多いです。


いろいろな国の文化に触れ合い、私たちは日々成長を続けていきますロケット
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります