2011年05月10日(火) 02時56分38秒

パリブラインドテイスティング事件の再来

テーマ:カリフォルニア・カルト・ワイン
こんばんは月夜

ルチアーノショー瀬戸です。

本日、昨日の予告通りたくさんの高級ワインが出ました!

下の画像右から


シャンパンであるアルマン・ド・ブリニャック ブラン・ド・ブラン(BT¥150,000 GL¥22,000)

白ワインのコングスガード ”ザ・ジャッジ”(BT¥50,000 GL¥8,500)

そして

バタール・モンラッシェ ドメーヌ・ルフレーヴ(BT¥68,000 GL¥12,000)

赤ワインのハーランエステート プロプライエタリー・レッド[2004](BT¥150,000 GL¥26,000)



の4本です。

$ルチアーノショーで働くスタッフのブログ(チーム1)

一本一本がとてもお高いのですが...
なんと!
バタール・モンラッシェとザ・ジャッジをブラインドテイスティングで飲み比べしていらっしゃいましたbalance*

満場一致で、ザ・ジャッジの勝利でした白ワイン

この光景を見たときに私はある一つの出来事を思い出しました。

それは1976年にパリで行われたエッフェル塔
フランスワインフランスとカリフォルニアワインアメリカのブラインドテイスティングにおいて
フランスは、バタール・モンラッシェ、ムートン、オー・ブリオンといったグランクリュ(最高品質のワイン)など名だたるワインをそろえていましたsei

ですが!!!

当時無名であったカリフォルニアワインはこれにことごとく勝利しましたキング

当時この高級フランスワインに勝負を挑むというのは、戦車に棍棒一つで挑む様なものでした(笑)


パリブラインドテイスティングの再来!!


今日はこんな出来事を思い出しました妄想
いいね!した人  |  リブログ(0)

lucianoshowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります