☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆

宇宙とリコネクトし、シンクロニシティを感じ、導かれ、無限の扉を開けて、光の存在であることを思い出し、愛と歓び、光と輝き、平和と奇跡に満ちた毎日を過ごしてみませんか?人生のCreatorはアナタご自身です。


~ ただいま日本に滞在中! ~

次回の訪日は2017年夏頃の予定ですイタリア在住カウンセラーAliceの☆~遥か彼方宇宙を越えて~☆



Amazonで4つのカテゴリで1位に輝きました虹

改訂新版『』も発売中!







過去の私はこんな感じです

奇跡と魔法
(クリック)
新たな奇跡
(クリック)







★☆ 日本での個人対面セッション ☆★



東京個人セッション


三重個人対面セッション






★☆ 「虹の学校(旧名:魔法学校)」 ☆★


★ 過去の「虹の学校」 ★については
ブログ記事(テーマ:魔法学校、虹の学校R.M.S.)をご覧ください



  



$☆ レインボーの光と宇宙の無限の愛に包まれて ☆ Amore Universale ☆ ☆ 宇宙と共鳴してわくわくしよう!☆


Studio Benessere Rainbow











テーマ:


【御礼】本日4月15日はたくさんの「ハッピーバースディ!」メッセージありがとうございました。あちらからこちらから、世界中から、宇宙からも「お祝いの言葉やメッセージ」を頂き、本当に嬉しかったです。自身がこの世(この地球)に生まれてきた日を祝福して頂けるのはとても光栄なことです。
4/15 23:15

メッセージやメールを下さった皆さま、本当にありがとうございましたドキドキ~深謝~
4/15 23:16

いいね!した人

テーマ:


(御礼が少し遅れましたが)「虹の学校1」「虹の学校グループ2」「ピンクフルムーンの遠隔浄化ヒーリング」など受けて下さった皆さま方ありがとうございました。新月のヒーリングや遠隔セッションなどお申込み頂いている皆さま方も素敵なご縁をありがとうございます。「浄化」というのは「その時だけ
4/13 2:04

」ではなく毎日コツコツと続けることが大切です。お掃除と同じですね。普段からしていると年末の大掃除は楽ですよね。まとめてするというのではなく、毎日コツコツが大切です。なんでもそうですよね。「浄化」といえば!ですが、いまからお伝えすることも何度か(3度以上)メッセージとしてやってきま
4/13 2:06

したので、こちらでお伝えする(書く)ことが必要なのだろう、と感じて、いま眠る前に書いてみようと思いました。セミナーなどでも時々いらっしゃるのですが(今回もいらっしゃいましたが←真実なのでお伝えさせて頂きます)、瞑想や音叉、その他、何か「浄化のワーク」をおこなっていると、バランスを
4/13 2:08

崩したり、その方のクリアではない部分、ダークネスな部分やブラックな部分がどんどん浮上してきて、それに向き合うことができない方、向き合えないのでセミナー主催者にその潜在意識にあるものやそこと関連する感情などをぶつける方、その場や空間、みんなの空間などを壊される方、いらっしゃります。
4/13 2:10

自分自身が大昔セミナーなどを受講していた時など、そういうことはいっさいなかったし、そんな気持ちにもならなかったので、そのような方々がどのようなプロセスや成り行き?でそのような言動や行為になられるのかまったく理解できませんが、高次宇宙や光の存在たちにはそれらについて教えてもらった
4/13 2:12

ことは何度かあります。それがいつもこちらでもお伝えしていることでもありますよね。自分自身のエゴの部分やクリアではない部分、ダークネスやブラックな部分にしっかり向き合えていない人たちはこのような言動や行為に自然となってしまうようです。Studio Benessere Rainbow
4/13 2:13

のおこなうセミナーやワークショップなどはかなり深いところ(潜在意識)まで浄化やヒーリングがおこりますので、やはり準備のできていらっしゃらない方は、そのような反発心や対抗意識のようなものが出てくるようです。自分の隠し続けてきている部分、見たくない部分を他人から見せられたり、そこに
4/13 2:15

タッチされるのはとてもイヤなんでしょうね。でもね、皆さん「本気で変わりたいんです!」とおっしゃって参加されていらっしゃる方々ばかりなんですけど、それは顕在意識(表面的な意識)の意見であって、潜在意識(無意識)はどうなのかしら?といったら、そうでもなかったり、準備ができていなかった
4/13 2:16

りしますから、このようなことが起こってしまうわけです。そして、自分軸がしっかりしていらっしゃる方やバランスや調和のとれる方、それらを懸命に取ろうと努められる方でしたら、まだ大丈夫なのかもしれませんが、皆さんが全員そうではないんですよね。例えば、Darknessやブラックなところが
4/13 2:18

まだたくさんある人たちは、浄化のワークや浄化のグッズなどにも潜在意識は反応(反抗的な反応)を起こします。ご自分たちは気づいていらっしゃるかどうかわかりませんが、セミナーを開催している自分はそのようなエネルギーもしっかり感じられますので、はっきり言ってもう本当に大変!でございます。
4/13 2:19

そういう人が参加者にいらっしゃるとね。ネガティヴなエネルギーをバンバンぶつけられますし、セミナーの空間を壊されます。こちらが懸命につくりあげている「神聖な空間」をね。皆さまの「神聖さ」を引き出そうと思ったら、そのような場や空間でしか無理なので。例えば、人間がたくさんいる駅の中央で
4/13 2:21

「はい、いま、あなた高次宇宙とつながって大切なメッセージ降ろしてきてください」なんていわれても、なかなかそれは簡単ではないですよね。人間のエゴが集まっているところには、そのようなエネルギーが自然と引き寄せられますからね。だから皆さんの神聖さを引き出そうと思ったら、そのような場や
4/13 2:22

空間、神聖な波動やエネルギーを降ろしてきたリ、それらの存在たちとつながって手伝ってもらって、空間づくりというものをエネルギーレベルでやっていきます。浄化やヒーリングを自然におこないながら、皆さんの波動やエネルギーも高めていきます。でもね、誰もこんなことを懸命におこなっている、とは
4/13 2:23

みえていらっしゃらないし、わかっていらっしゃらないと思います。そんな風にまったく見せずにやっていくのでね。・・・中略・・・セミナーの時、「浄化の話」などをして、どのようなところにそのような低い波動のエネルギーが集まるのか、どのようにして浄化していくのか、などを話しながら、音叉も
4/13 2:25

鳴らしたのですが(というか、実はもうその時、その空間はクリアではないエネルギーでどんどん波動が下がっていくのがわかったので、とても気分も悪くなったので、お話と共に、浄化もパワフルにおこなっていました)、すると、Darknessやブラックなエネルギーがものすごい勢いで騒ぎ出すわけ
4/13 2:26

です。自分たちが浄化され、退治されているのを感じたのでしょう。ものすごい勢いで反撃してくるのをしっかり感じました。とんでもないですね。エネルギーに敏感である、ということは、このようなこともしっかり感じますから。進化してくると、感じなくてよいことまで感じます。それを覚悟で「進化した
4/13 2:28

い」「目覚めたい」って決心したり発言したりして下さいね。そんなに簡単でも楽なことでもないですからね。正直なところ。目覚める、進化する、ということは、それだけいままで以上にパワフルな光や愛の存在にシフトアップする、ということになりますよね。ということは、宇宙の方程式に当てはめてみる
4/13 2:29

と、プラスの方ばかりパワフルになるのではなく、反対側もそれだけ感じてしまう、感じて、それを浄化する力もアップする、ということになります。お掃除する、浄化するには、シフトアップするごとに、それだけ微細なネガティヴなダークなブラックなエネルギーも感じる、ということでもあるのです。
4/13 2:30

それらをイヤでも感じなければ「浄化」はできませんからね。お掃除するにはゴミやホコリをみつけないといけないでしょ?とことんキレイにお掃除しようと思ったら、それだけ細かいゴミやホコリ、肉眼では見えないような家ダニやハウスダストなどをみつける。ということにもなりますよね。それと同じよう
4/13 2:32

なものです。いつもお伝えしているけど「かなりの覚悟が要ります」ね。いったん目覚めてシフトアップしてしまうと、ステージや階段、フィールドなど後戻りはできないことがほとんどのようです。でね、話戻ります。自分自身きちんと向き合えていない人たちに多いと思われるのが、浄化ワークや浄化グッズ
4/13 2:34

などが無意識的に好きではない、拒否している、受け入れられない、ということのようです。「ホワイトセージの匂いが嫌い」とか音叉を鳴らすと急に顔や身体がこわばって、荒いエネルギーになってきたり、低い波動にぐーんと一瞬で下がっていく、とかね。いろいろ聞かれたり質問されたりするのが苦手、
4/13 2:35

だとかあるようです。自分自身にしっかり向き合っていくには、自分自身で自分にどんどんいろいろな方向から質問を投げかけて掘り下げていくわけですよ。それを見本としてみせているだけなのですが、その時点でもう拒否反応が出てきたリ、自分の潜在意識に触れられたくないので、逃げ腰になったり、
4/13 2:37

怒りをぶつけてきたりする、といった状況が起こってしまうのですが、これは先ほども書きましたが「準備ができていない人」。こちらにしてみたら、他では学べないようなことをお伝えして、真実の愛や真実の光への導きやサポートをおこなっているのに、それをリスペクトされない、リスペクトできない、
4/13 2:39

つまりまだエゴをぶつけてくる、サポートやアシストしてもらっている人にそのようなエゴをぶつけてくる未熟な魂の方は、まだ準備ができていないですし、他の方や周り、空間や空間をエネルギーレベルで懸命にクリエイトしている側にも迷惑になってしまうので、いつもお伝えしている通り、「本気でご自分
4/13 2:41

に向き合いたい方」「準備の整った方」のみ受け付けています。というのは、こういうことなんですよね。やはりご自分で体験してみないとわからない方々も多いのかもしれないですね。本当はもっと深いセミナーや「虹の学校」をおこなっていきたいのですが、まだもう少し先になりそうです。それだけ
4/13 2:42

エネルギーがクリアでないといろんなことがおこってきますので(深いレベルのものをおこなうということはこういうことでもあるのです)もう少し先になってしまうようです。でも突然、そのような方々がふっといっきに集まることも可能でもあるかもしれないし、神や高次宇宙、光の存在たちにお任せします
4/13 2:44

お顔や表情、エネルギー拝見しているとわかるんですよね、「あ~向き合うの辛そうだな」とか「これ以上はもう今回は無理そうだな」とかね。本当はもっともっとディープリィな深いセミナーをマザーアースのため、地球空間のためにやっていきたいのですが(浄化できる人たちを地球に増やしたいから)
4/13 2:46

これからは、ちょっといままでとは異なった感じ?のセミナーや「虹の学校」になっていきそうな感じや予感もします。必ずしもこちらの魂が求めているものとそれを受講して下さる方々がうまい具合にジャストフィットしているか?といったらそうでもなくて、やはり毎回開催させて頂いて、こちら側も変えて
4/13 2:48

いかないといけないようなことも多々あるような気がしています。プラス、日本はセミナー主催者が一方的にお伝えするやり方やテキストがあってそれにただ従っていくだけのセミナーやワークショップなどは本当にたくさんあるから、そのようなやり方の方が受け入れやすいのかもしれません。なんでも書かれ
4/13 2:49

ていて、それにそって従ってやっていけば間違いない!みたいな?不思議な文化や習慣?教育の歴史?人間性?のようなものでもあるのかもしれません。海外は反対です。自分たちでとことん考える、発言してリスペクトを持ちながらディスカッションする、自分たちで協力して何かをつくりあげていく、
4/13 2:51

テキストや教科書ではなく(もちろんこれも使いますが)、自分の直感や体験、経験などを生かして、発言したり何か生み出したりつくりだしたりする、自分で研究したもの(体験)を伝える・・・。この前Facebookにもアップさせてもらったフランス在住の女性も書いていたことだけど、日本は、
4/13 2:53

「自分で考えない」子供たちや人たちが多い国で、それは「みんながやっていることを自分もしていたらまず安心安全」を感じることができる、責任は取らなくてもいい、といったところからきているらしいです。以前、自分も何度もブログやなうに書いていたことですよね。だから、日本では多人数のものや
4/13 2:55

有名人や著名人は正しいものとジャッジされる。ジャッジは恐れやエゴからの見方や判断だから。個性的なことをいったりしたりしていたら、「異」として排除される歴史や文化を長い間もっている日本という国。日本人。みんなと同じであることが良い、だったり、正しい、と勘違いしているんだよね。
4/13 2:56

だから「個性は生かされない国」だった。「個性的だったら受け入れられなかった」という国。大昔ヨーロッパにもあったけど、「臭い者にはフタをしろ」ではないけど、才能や能力のあるもの、真実を知るものは排除しろ、始末しろ、ですよね。自分たち(実際に自分たちがDarknessな人たち)が危険
4/13 2:58

を感じる恐れ多い人たちはそのような目にあっていたわけです。それがヨーロッパでは宗教裁判や魔女狩り。これに対してはローマ法王もきちんと謝罪しました、何年か前に。いまでもありますよね、会社で、組織で。「できる人」や「能力のある人」「真実を告げる人」は煙たがられなう噂をブラックな人たち
4/13 3:00

に立てられ、そこから排除されたり、自分たち(ブラックたち)から遠ざける、というやり方。これははっきりいって自分たちに自信や実力がないから、こうやってグルになって、子供じみたこと?するわけですよね。こういう大人もまだまだたくさんいるんじゃないでしょうか?流されることが好きな人や
4/13 3:02

組織や企業なんかにもたれかかってそれで安心を感じる人たちもまだまだたくさんいらっしゃる、とうことですね。あれ?こんなこと書くつもりではなかったのに、なぜかいつの間にかこのような話になってしまっていました(^^;これもどなたかに必要なメッセージだったのでしょうか。それだといいですが
4/13 3:05

【~御礼~】先日のAliceストーリーのなう→ブログにいつもよりたくさんの「いいね!」を頂きありがとうございました!嬉しかったです^^ ちょうどいろいろ思うことがあったり、考えていることもあって、それらを一致した、というか、シンクロ的な出来事だったので、ちょうど皆さまの「いいね!
4/13 3:10

」が神さまや光の存在たちからお返事頂いたようで、嬉しかったです。ありがとうございましたラブラブ いつも感じていたことだったり、メッセージが届いて、その度に確認できることでもあるのですが、なぜかちょっと時間が経つと忘れてしまう、というか、忘れてはいないのですが、それに
4/13 3:12

対して、自分の恐れやエゴから疑いを持ってしまったり、またそれをいちから感じ始めたりすることってありませんか?「そうだよ!それだよ!」と何度もいわれて、その度に「そうだよね!よっしゃー!」なんて感じて、最初は調子よくやり始めるんだけど、時々ふと疑問をもったり、「やはり違うのかな~?
4/13 3:14

」とか感じてしまったりね、ありますよね。そういうことがあった時で、再度感じたり考えなおしたりしていた時、皆さまからたくさんの「いいね!」頂いたので、本当に元気が出ました。ありがとうございました!!!やはり自分の身をもって体験したことや経験したことほど貴重なもの、貴重な真実はない
4/13 3:15

ですね。時空を超えてもっていける唯一のものです。「魂の記憶」に刻まれる唯一のものです。本当にありがとうございました!!!「いいね!」して下さった皆さまにエネルギーと宇宙からのギフトを送ります!のでよかったら受け取って下さいね!~感謝~
4/13 3:17

いまなぜか眠る前に書いていた(書かされた?)文章や内容をみて、「あぁ~なんだかやっぱりバチカン時代なのかなぁ~?」と感じました。バチカン時代・・・アルクトゥルスからやってきて、あることを地球人や人間に教えていた時代・・・これ、前(最近の前)にも少し書きましたよね。いまのセミナーや
4/13 15:53

「虹の学校」の状況や起こることが似ていたり、先日送られてきたある方のメールを拝見していると(この方もスクールや養成講座をされていらっしゃるようで)、「魂のカルマの関係やバランスにおいて、セッションやセミナー、講座受講をお断りさせて頂くこともございます」なんて書かれてあって・・・
4/13 15:55

(その方も神さまとの約束事を書いていらっしゃるようで感じられること多々あるようです)「う~ん、なるほどねぇ。このように感じているのは自分だけではなかったんだ!」とよい気づきになりました(気づきを頂きました~感謝~)。普通の人がみたら、「魂のカルマの関係やバランス?ってどういうこと
4/13 15:57

?」なんて思われる方々の方がまだまだこの地球は多いと思います。でもね、わかってしまう人にはわかってしまうのですよ、イヤでもね。そして、そういった関係を続行していく、のも色々ありましてね・・・。わかるわかる!そうそう、先ほど最初に書いていたこと。アルクトゥルスからきて伝えていたこと
4/13 15:59

・・・なんとな~く時々また思い出しています。これとね、バチカンやキリスト教、神父さんやシスターなんかも関係あるし、キリストやマグダラのマリアはアルクトゥルス出身ともいわれているようだし、キリストもずっと魂の課題にしていた「光とDarkness」の部分でもつながってくるんだよね。
4/13 16:01

彼もそれと向き合ったり戦ったり、一人旅に出て感じてみたり・・・されておりましたよね。カトリックの一部の特殊な神父さんだけができること、このようなことをされている方をEsorcistaといいますが(ハリウッド映画にもありますよね)、これもある意味「光とDarkness]だもんね。
4/13 16:04

つまり、「Darknessの浄化」ですよ。この地球から、もっと大きく言えば宇宙から、「Darknessを浄化する」わけですから。これにはさまざまなやり方や「こんな時にはどうする?」といったような How to のようなものがいくつもあるのですが、昔昔、そのような特殊なことをおこな
4/13 16:05

われる神父さんたちはどこでこれを学んだと思われますか?いまはバチカン大学にもきちんとそのようなコースや授業などがありますが、初めの頃って、誰がどうやってそれらを決めたり、体験してやり方などをしっていた、と思われますか?
4/13 16:07

3次元だけの「浄化」は3次元のやり方でもOK。というかそれでも通用する、効果があることがほとんどだと思うのですが、3次元を超えたところからやってくるエネルギーに影響されてしまっている人たちや人間の意識、魂なんかは、やはり最低でもそこと同じくらいの位置にある次元からの「浄化」が必要
4/13 16:15

なんですね。最低でもそこと同じくらい、ですから、もっともっと高い波動やクリアなエネルギー、つまりもっともっと高次元、高次宇宙のエネルギーでの「浄化」が必要なんです。っでないと「浄化できない」です。わかるかなぁ?宇宙のDarknessやブラックなエネルギーに影響を受けてしまっている
4/13 16:17

人の潜在意識や深いエゴや欲、波動やエネルギーなんかは、3次元のやり方やエネルギーでは無理なんです。ハリウッド映画でもありますが、あのような波動やエネルギーは、地球のもの、3次元のものではない場合もありますから、それを見分けて、浄化していくやり方を知らないと対応できない、対応できぬ
4/13 16:19

くいわけなんですよね。このような宇宙のエネルギーの「浄化の仕方」や「それに対しての対処法や見分け方」などは、どうやって昔から伝えたり、誰がどのように研究したり、そのような情報をどこかから受け取っていたと思いますか?地球でしょうか?人間界でしょうか?それとも「宇宙からやってくる
4/13 16:20

エネルギーの対処法や浄化方法などはやはり(それ以上の次元の)宇宙から」受け取っていたのでしょうか?それはどこだと思いますか?またどのようにしてそれらを受け取っていたのでしょうか?(いまこちらで答えはお伝え致しませんので、興味のある方は感じられてみて下さいね)
4/13 16:22

そうそう!昨日も書いたけど、「浄化の波動」や「浄化のエネルギー」を感じると、愛や光ではない波動やエネルギー、そういった存在たち(3次元の言葉だと、恐れや不安といったエゴや欲、そことつながるDarknessやブラックなエネルギーやエネルギー存在たち)は、反抗するのですよね。反抗だけ
4/13 16:25

ではなく反撃してきます。攻撃です。まさにハリウッド映画を思い出してみて下さい。あのままですよ、あのままね。自分もまだこんなことまったく知らなかった時、以前も書いたと思いますが、ご縁あって、ローマ法王の右腕だった方でEsorcistaとして有名だった方のところに招待され、個人的に
4/13 16:27

Benedizione(お恵み、恩恵)を頂きましたが、その方が現れる前や現れた時には、そういった愛や光ではないエネルギーやエネルギー体が騒ぎ出して、そういったものとつながったり、そういったものが身体や意識に入り込んでいる人たちは、大声あげてうなっていたりしましたからね。その時は
4/13 16:30

何も知らなかった、魂は思い出せていなかったので、目の前でハリウッド映画をみているようで、ただただ驚いていましたが、魂は何か知っていたようで、その場を逃げ出さず、研究に取り込んでいました。いま思えば、その頃から導かれていた、「思い出せ~思い出すんだ~」なんていわれていたのかもしれま
4/13 16:31

せんね。っで、もっともっと驚きがあります。がこれはもう少し先にお伝えしていこうと思います。こちらのブログか出版される次ではないなぁ、もっと先の本に書いて残そうとはいまは思っていますが、どうなるのかはわかりません。このようなことは3次元ではまだないので(人間として存在していないので
4/13 16:33

←と思いますので)この状況や内容を3次元の言葉で書いたりお伝えするのも容易ではありませんし、きっといま公開?しても、誰も?5%くらいの人たちも?信じて頂けないことだと思います。「信じてほしいから公開する」のではありませんが、やはり早すぎるとね・・・いろんなことがありますよね。
4/13 16:35

「真実そのもの」であるので、本当はできるだけ早く多くの人たちにお伝えしたり公開したい気持ちもありますが、やはりタミングやその空間、集まる人たちにもよるのかもしれないなぁ~というのがいまのところの本音です。きっと公開することになるのなら、そのようなメッセージは続けてやってくると思い
4/13 16:37

ますので、宇宙や光の存在たちを信じてお任せしたいと思います。やはり人間って・・・特に、自分自身の肉体を通じて体験や経験していないと本当にその意味や在り方、波動やエネルギー、それとつながるものなどがわかりませんからね・・・残念ですが、いまはこのような感じです。シェアできる人!早く
4/13 16:39

集まりますように!!!(祈)虹キラキラ 
4/13 16:40

明治神宮の液体で逮捕状 中国人49歳女2人 すでに出国 http://www.sankei.com/affairs/news/170413/afr1704130031-n1.html
4/13 21:05

いいね!した人

テーマ:


浅田真央ちゃんの電撃引退ニュースを見て(つくづく)感じたこと。「すべてにおいて(すべての人も含む)それぞれのタミングがある」ということ。これは「宇宙の法則」でもあって、「それには逆らえない」ということ。「すべては常に変化している」ものであって、「変化しないこと」は「宇宙の法則」に
4/11 14:10

逆らっていることでもあるので不自然なことである。「何かを我慢して(犠牲にして)続ける(本当の自分を押し殺す)」ということは長い間(永遠的には)続かない。なぜならば、それは「本当の自分(魂の自分)」をリスペクトしていないことになるから。真央ちゃんは他の人たちのように「戦う」という
4/11 14:13

ことはとても苦手だっただろうし、彼女の魂や辞書の中にはそんな言葉(エネルギー)はなかったのだとも感じた。魂はもっと他のことを望んでいるんだろうね。それをきっとスケートを通じておこなっていたけど、どこからか、周りの人間(のエゴ)に押しつぶされた、そうしないと(流れに流されていかない
4/11 14:15

と)そこのフィールド(世界)ではやっていけないから、本当の自分をずっと抑え続けていたような感じがしました。彼女にとってはとんでもないプレッシャーやストレスだったと思う。よく頑張ったよね、真央ちゃん。みんな(一般の人間)とは少し異なる人たちもまだ少ないかもしれないけどいるんだし、
4/11 14:18

『宇宙の魔法』にも書いたけど、「人数の多い方が~(例えば正しいとか?←これは人間のエゴでの価値観やジャッジでしょ)」とかそういうのは関係なんだよね。それよりも、その人のハートや魂が何を求めているか、ということ。昨夜Facebookにもアップした記事「なぜ日本では''自分で考えない
4/11 14:20

子供''が育つのか?」こちらの記事にも関係していることでもあるから、興味ある方はぜひ読んでみて下さいね。こちらにもリンクを貼ろうと思ったのですが、URLリンク先が長すぎて晴れなかった。ので私のプライベートのFacebookより(宇宙の魔法やレインボーチルドレンのページではありませ
4/11 14:22

ん)クリックされると、その記事に飛べます。「日本人が流れに流さるのはどうしてか?」なども少し書いてありました。・・・ということで、やはり「自分を何かのために犠牲にして」とか「自分を押し殺して、周りのために、期待に応えるために、何かを我慢して続ける」といった行動はいまの時代、
4/11 14:24

いまの地球のアセンション(シフトアップ)のエネルギーにはあっていない、ということですね。なぜなら、これらは(先ほど述べたようなことは)「本当の自分自身をリスペクトしていない」イコール「ブレーキをかけている」「本当の自分や魂の自分が進んでいこうとしている道を阻んでいること」になるか
4/11 14:26

ら。・・・ 話は変わりますが(いや、実は続いているのかも)、いま大宇宙の中の4つの惑星が「逆行」になっています。木星、金星、土星、水星(4つあってるかな?)が「逆行中」。こういう時にはいろんなことが起こってくると思います。毎日を大切に過ごしましょう。
4/11 14:36

真央ちゃんの電撃引退のところに書き忘れたけど、人間って「宇宙の法則」の基において、ずーとずーと同じことを続けて生きていくことの方が難しいんだよね。「変化がないこと」の方が難しくて、それは不自然なことだから。もちろんそれをどのくらい感じられるか、というのは、人それぞれの価値観だった
4/11 14:51

り、魂の気質だったり、環境だったり、受け取り方だったり、どのくらい成長や進化を目指しているかなどによって異なってくると思いますが、みんなの魂は成長や進化を目指して、それをおこなうためにいまこの地球にいるだけだから、それをおこなわない、努めない、そのエネルギーに反抗する、逆行してい
4/11 14:52

く、ブロックする、ブレーキをかけること自体、本当は不自然なことなんだよね。その不自然さを喜んでいるのは、もちろん「恐れ」や「不安」「後悔」といった「人間のエゴ」がそれをするわけです。エゴは話しかけてきます。あなたにささやいてきます。「僕たち(エゴ・恐れ)に従っていると流されている
4/11 14:55

だけでOKなんだよ~。楽だよね~。何もしなくてもいいんだよ~」なんてね。その声やささやきにのってしまったら(聴いてしまったら)とんでもないことになります。そこをきちんと見分けていくこと、それらの真実についてもしっかり見極めていくことが大切です。っということで、私たちは魂を成長、
4/11 14:57

進化するため、させるために、いまこの地球という惑星にいることを忘れないようにしましょう。恐れといったエゴにつながらず、自分のハイヤーセルフにつながりましょう。
4/11 14:58

いいね!した人

テーマ:


かにも昔のように行けないし、美容室なんかも気とチャクラをしっかり引き締めて(閉めて)いかないといけないし、人込みはできるだけ行かない方がいい。アルコールやタバコの煙がある場はとんでもない。人間のエゴがアルコールやエゴの集合意識なんかで浮上してきてウヨウヨしているところも絶対無理。
4/9 0:00

人も顔や目、エネルギーなどをみたら、どんな人なのかわかってしまうことも多いので、仕事以外はあまり深くかかわらないことの方が多いのかもしれない。時と場合、相手にもよるけど。でもなぜかお話を聴かされる場所やタイミングはあるのが不思議。波動やエネルギー的に(生理的に?)合わない人や時々
4/9 0:07

「えっ?」とか「ぎょえっ!」とか感じてしまう人たちもいないこともないけど、いまはほとんどいない。かな?初めて会った時、直感で感じること、というのはその後いろいろぐるぐるするかもしれないけど(思考などが入ってきて)、「やはり直感が正しかった!」という場合が、99%?100%だったり
4/9 0:10

する。だから「あぁ~やっぱり!そうだったのかぁ~!今回も自分の直感を打ち破ってくれる人じゃなかったのね」なんて思うことも多々ある。のが残念だったりもする。個人的には「静かな人」が好きかも。必要な時、必要なことを的確に話せる人。楽しい人も好きだけど、地に足のついていないふわふわ人間
4/9 0:15

は苦手。現実をしっかり生きている人、一生懸命生きている人が好きかな。声も波動だからとても大切だよね。声でも人や人間の生き方、価値などもわかるしね。目は心の窓、エネルギーはその人の生き方(今世だけではなくもっと前からのものでもある)、これだけでもほとんどのことがわかってしまう。
4/9 0:19

話なんかしているともっともっとわかってしまう、少しの間でもね。いつも書いているけど苦手な人は「リスペクトを知らない人」「リスペクトを思い出せていない人」「境界線がない(知らない)人」「自分としっかり向き合わない人(向き合っていない人)」それが原因で「自分のエゴや欲、感情感覚などを
4/9 0:23

周りにぶつける人」または「それが原因で周りを振り回す人」自分がグラグラする、とかイライラするとか、感情をトリガーされて、その怒りやネガティヴな感情感覚を相手や周りにぶつけたり、まき散らす人。これも振り回すことにもなるのかもしれないけど、結局は自分自身にしっかり向き合っていないから
4/9 0:25

ちょっとしたことでグラグラきたり、イライラきたりするのではないかな?と思う。「空気の読めない人」もとても苦手。空気の読めない人には無礼な人や失礼な人がたくさんいるような気がする。空気読めない、ということは、相手や周りの人たちの思いや身になれない。ということでもあるんだよね。
4/9 0:28

その場やそこの雰囲気、空間などに合わせて、発言したり、何か話をしたりすることはヨーロッパの方では普通というか、当たり前でもあるんだけど(特にビジネスや社交の場ではね)、日本ではちょっと違う?のかしら?なんだか向こうとは違っていたり固すぎたりすることもあるし、境界線がまったくない?
4/9 0:30

知らないような?リスペクトのない?知らない?思い出せていない?人たちもいたりもする。長く職場で働いていたり仕事していると自然と境界線や尊重する姿勢や言動といったものは学ぶ場所が多いと思うけど、あまり仕事をされたことがない人たちや長く職場などで働いたことがない人たち、厳しい職場では
4/9 0:32

なかった人たちは、このようなことを学ぶ機会もなかったのだろうと思う。自分は自慢じゃないけど、いろいろな職種や職場を経験したので、本当にいろいろなことを学べたし、いろいろな人たちにも出会うチャンスもあった。自分でもよく頑張ってきたなぁ~と思う。いまは決してできることではない。若い
4/9 0:35

から勢いとパワフルさでできたこと、乗り越えられてきたことでもある。ずっと仕事していると、イヤでもたくさんの学びもあり、人間にもまれる?からね。きゅうりの塩もみ状態。きゅうりになりながら、塩をつけてもまれながら、様々なことを学ぶんだよねぇ~。会社や組織にいた時が懐かしいなぁ。
4/9 0:44

でもずっと昔から、自分は会社や組織には合わない。ということも知っていたんだよね。でも最初の頃は経験と学びのために入ったけどね。日本だけではなく、日本以外で仕事をしていたことの方が多いけど、どんなところでもなぜかスイスイと仕事ができてしまうので(もちろんそれなりの努力も欠かさずして
4/9 0:48

おりました)いつもリーダーとして任命?されるんだけど、それがとても苦手だった。というか、仕事ではなくて、人間が苦手だった。自然体でなんでもスイスイとこなしてしまうことで、それに対して、人間のお得意なアレね、ジェラシーや妬みがすごかった。日本人も陰湿だったけど(女性の先輩)、外国
4/9 0:50

でも陰湿な女や女みたいな男も結構いる。それがいつも「ある星座」の人たちだったりして、きっと「その星座」の人たちは嫉妬深かったり、妬みタラタラだったり、とことん意地悪だったりするんだと思う。とにかく「自分が一番でいたい星座の人たち」だから。いじめなんかも中途半端じゃなかった。
4/9 0:52

自分が成績をあげて上司なんかに気に入られてしまうと、もうそれはそれはすっごぉ~い攻撃が飛んできますよ。もちろん上司のいないところでね。「おい、そこの黄色い野郎」とかね。こんなこともよく言われたわ。他のみんなもこの人種差別やいじめなどがすごくて、エゴに流されているような人たちも多い
4/9 0:55

職場だったから、会社の本部(本社)から「ぜひ正社員としてうちの会社に入って下さい」なんて何度か言われたけど、その度にお断りさせて頂いておりました。「正社員なんて絶対窮屈でイヤだ!」と思ったから。もちろんみんなからは「変わってるよね~」と言われました。仕事がなくて失業者も多い中、
4/9 0:56

「こんな素敵なところで、有名な企業からスカウトされ、その上、正社員として、とお願いされているのに、それをそんなに簡単に何度を断るなんて、そんな人はこの世界中でアナタだけだわ」なんて言われましたし、確かにそうだと思いました。海外に女性ひとりで在住していても、過去生の積み重ねか魂の
4/9 0:59

気質のおかげで、仕事は何をしてもバリバリできたので、本当にたくさんの会社からヘッドハンティングというのを頂いたので、仕事には困りませんでした。仕事を探さなくても、家に電話がかかってくるのです。その頃まだ携帯電話はなかったからね。学校関係から教育関係、高級ブティックの仕事やオフィス
4/9 1:01

の仕事。企業側が自分の履歴書を見れるところがあって、そこでみて、電話がかかってくるのです。学校なんかは、日本人学校からデザインの学校(ミラノではとても有名な学校)、メイクの学校もあったし、障がい者の子供たちの学校などもありました。ブティックなんかも世界高級ブティックが並んでいる
4/9 1:03

ところね、モンテナポレオーネとかスピーガ通りなんかの。だからあの場所には詳しいですよ。住んでいたこともあったし、ブティックやオフィスもあの辺だったので。いまの自分からは想像の1%もつかないと思いますが、モデル業をバイトでやっていたこともあります。これもスカウトされた。いま思い出す
4/9 1:05

となぜか笑える。こんな自分が、あの時には全然違っていたのかなぁ~と思い出すだけでひとりで笑いが出てくる。もっと笑えるのが若い頃はいまの半分でスリムでセクシーだったらしく(周りがそのようにみんな言っていた。らしい)ミラノの街を歩いていて、AV女優としてもスカウトされたことがある。
4/9 1:07

爆笑!!!これって一度も書いたことなかったっけ?自分はイケイケをやっているわけでも、セクシーさを強調している女性でもなかったのに、なぜか周りの人たちにはそんな風にみられることが多くて、とても悩んでいた時期や悲しい思いをしていた時期もあった。中身はいまと同じで生真面目なんだけど、
4/9 1:09

どうも外見やしぐさなどがそんな風に思われていたことが多かったらしい。自分ではスポーツウーマン!もいいところだったし、実際にインストラクターもしていたし、ボーイッシュな感じだと思っていたけど、どうもそうではない何かもあったらしく、自分のそんなところがイヤだったりもした。だって、それ
4/9 1:11

目当て、とか身体目当てなんかでたくさんの人たちが集まってくるのだから。「どうしてみんな内側をみてくれないのかしら?」といつも悩んでいたし、自分自身で喜ぶべき、誇りに思うべきだった外見やボディなんかも嫌いで嫌いで仕方なかった。鏡を見るのもイヤだった。いま思えば「なんてもったいないこ
4/9 1:12

としちゃったんだろう!」とずいぶん後悔してしまうけど、そんな風に外見だけで判断されることに憎悪的なものも抱くくらいなぜかイヤだった。イタリア女性だったら(イタリアだけじゃなくても欧米だったら)とことん喜んでそれを利用して自分を高めたり、人気を高めたりするんだけど、自分はまったく
4/9 1:14

正反対だった。ここにきっと「変わってる~!」といわれるところだろうね。テレビ番組や雑誌の撮影なんかもとてもとても恥ずかしく、Sfilata(ショーで歩くこと)なんかももう本当に精一杯。大勢の人たちの注目が集まる中、さっそうと歩くなんて絶対自分には向いていなくて、苦労した。けど、
4/9 1:17

なぜか、自分の来ているドレスがいちばんよかった!と人気のドレスナンバーワン!として賞も頂いたこともあったけど、もうとんでもなくて!早くステージから降りたかった。その後、そこにきていた知っていた人たちと会うのも恥ずかしくて恥ずかしくて・・・「自分は絶対ナルシストにはなれないな」と
4/9 1:19

再確信した瞬間でもあった。モデル業なんかはナルシストの人たちにはとても向いていると思う。まぁ~こんな体験もしました。そういう時でも、ジェラシーを持っている人(女性)たちはいて、一度履いていたスカートを後ろからカッターで引き裂かれたこともありました。自分にけがはなかったんだけど、
4/9 1:20

お気に入りのスカートがボロボロになったこともありました。いろんなことを体験させてもらったり経験した中、いちばん自分に向いているかな?と思ったのは、「空を飛び回る職業」と接客業的なこと、商業通訳や日本人の方々のアテンド、ウェディング関係のお仕事、ヘアメイクなどかな。「空飛ぶ職業」の
4/9 1:24

時には日本便などもあり(それでもヨーロッパ内やカリブ海に送られることがとても多かったけど)、やはり日本便になると、日本人C.A.などにぴったり!くっついてくる人たち(みんな外国人。少数日本人がいる場合もあり)が多い。というか、なぜか自分はくっついてこられることが非常に多かった。
4/9 1:26

ので、日本に来た時には、実家に帰ったり、ひとりでどこかに出かけていることも多かった。けど、そうならないように、外国人の同僚たちはしっかり行動する。まず、日本のホテルに到着したら、「明日何時に〇〇で待ち合わそう」からはじまり、日本について質問攻めになったり、翌日そこにいくと、クルー
4/9 1:28

全員が集まっていて、なぜか自然と日本案内をするガイド兼通訳さんになっていたり(これはほぼ強制です)買い物やいろんなところつき合わされたり・・・。楽しいクルーメンバーだったらそれもOKだけど、そうじゃない人たちもいた時?あったっけ?あまり思い出せない。楽しいことだけ思い出せるかな。
4/9 1:29

男みたいな性格だったので、なぜかパイロットの人たちとも仲良くいろんなところに行くことも多く、なぜかいまは楽しい思い出しか出てこないなぁ~。もっと若い頃からこの仕事をはじめていたら、きっと永年続けていたと思う。キューバのハバナに行った時には驚いた事件が起こった。これは長くなりそうな
4/9 1:33

のでまた今度。通訳といえば、ミキモトの真珠をイタリアに輸入している某会社の会長?社長さんから「日本語を学びたいから」といわれ、日本語教師の資格ももっているのでアルバイトとしてOKしてみた。オフィスにいくととんでもなくすごいオフィスで彼のいるところに通され、さて、そこで日本語を・・
4/9 1:35

とはじめたとたん、いきなり触られたり迫られたり・・・した、そんな出来事もあった。ス〇〇オヤジはどこの国にもいるんだね。痴漢にもよくあった!許されん!出来事!日本女性やアジア女性は何も言えないと思われていたので、何回も大声を張り上げて車両に乗っている人全員に聞こえるように言ってやり
4/9 1:37

ました。「(にらみをきかしながら)あなたねー!いまさわったよね!そんなに触りたいんだったら、あんたのお母さんかお姉さんを触りなさいよ!」こんな感じだったと思う。かなり大声なので(バレーボールしていて大声を出すトレーニングはしていたので)、周りの人たちはみんな一斉にみるわけですよ。
4/9 1:40

痴漢はあわてて次の駅で降りていくことがほとんどだったけど、同じミラノ郊外からの駅から乗り降りしている痴漢はそれからも毎日イヤでも顔を合わすことになったし、電車の車掌さんにも迫られたこともあって、それには戦車猪の姑も参加する始末となったのです。いつも私のこといじめていたにも関わらず
4/9 1:41

自分の息子以外の男性がうちの嫁に迫ってくる!絶対許せないわ!という戦車猪の勢いで、電車に乗り込んできたんだったか、よく憶えていないけど、「あんたの名前は何?」と姑がそのしつこい車掌さんに言っていたことだけ思い出せる。まぁ~いろんなことがありましたねぇ~。まだまだ!もっともっと!
4/9 1:43

ありますよ。たまにはこのようなお話も面白いかなぁ~?と思いました。いまに至るまでのAliceストーリーとしてね。「どうして誰も知らないところにいって、海外の土地でひとりで頑張ることができたのか?」とかあまりいままで話さなかった苦労話もいいのかもしれない。何も苦労なくいまの
4/9 1:46

Aliceに至った、なんて大きな大きな勘違いされている人たちもいるかもしれないから。苦労や苦しみ、辛いことがなかったら、ここまで来れていませんよ。いろいろなことがあったから、ここまで来れたのです。なにもなかったらもっと平和に生きているはずです。自分は小さい頃、喘息をもっていて、
4/9 1:50

そこからはじまったひきつけで13時間も危篤状態となりアチラに行っていたわけですが(宇宙の魔法にも書きました)、その喘息がなんとミラノに移住した2年前にまた出てきたんですよね。その時にはわからなかったけど、いま思えば、きっとミラノで過去に何かあったのかもしれないといま感じました。
4/9 1:51

宗教裁判とか魔女狩りとか?その時、日本企業の派遣社員としてミラノにいたのですが、その時の会社の上司のひどいことといったら・・・。これもいつかは書かないといけないね。陰湿も陰湿、陰湿ないじめの代表者のような感じの人でした。先日書いたように、人をいじめて快感を得ている人でした。
4/9 1:53

みんなの努力や苦労を全部自分のものとする人でした。だから、その後いろんなことが彼にも起こったんだよね。きっと神さまがお怒りになられたのでしょう。自分に自信がない人って、自分に自信がある人やそんな風に見えてしまう人たちをなぜかいじめたり許せない!って思うようです。それはきっと自分
4/9 1:55

(たち)の自信がないと感じてしまっているエゴだったり、不安や恐れをもっている(感じている)エゴだったりするんですよね。自分に持っていない、と思い込んでいるものを持っている人たちがうらやましかったり、妬みや嫉妬心がわいて、それがひどくなると、エゴからの言動で相手を攻撃したり、いじめ
4/9 1:57

たりするんですよね。それで自信のない自分のエゴをその時だけでも満足させた気分になったり、何か歪んだ優越感のようなものに浸っていたりしている場合も多いようです。この時もものすごい人間のエゴを体験させられました。ここには書けないような言葉だったりやり方だったりします。でもその時には、
4/9 2:01

同じ屋根の下で暮らしていた同僚(ひとつ下の後輩)に助けられました。復活するまでは心身共に時間もかかったけど、彼らが言っていたように死ぬことはなかったです。ここでもきっと見守られていたんだなぁ~と思います。深謝。ずいぶん書いたなぁ~Aliceストーリー。今日はここまで!
4/9 2:03

さて、ここはどこでしょう?にひひ
4/9 2:11

伊勢神宮にて。日本国旗のような光。その他の写真(光、伊勢神宮、猿田彦神社など)もFacebookの方にアップしましたので興味のある方は見て下さいね♪虹キラキラ
4/9 2:30

いいね!した人

テーマ:


いつも誕生日前になると・・・非常に多くの感情感覚がやってくる。どこからやってくるのかよくわからないが、不思議な感覚だったり、「地球に来たくなかった感覚」「人間(のエゴ)が苦手だったり嫌いな感覚」「地球人として生まれてきたくなかった感覚」・・・でも「神さま(創造主)との約束だから」
4/8 14:14

このような感覚・・・そして先ほどヨーロッパの人と話していた気づいた。今年のパスクワ、キリストの復活祭は、ちょうど自分の誕生日と重なるわけで、「あぁ~なるほどぉ~!」と思った。素晴らしい気づきもあった。キリストが生まれ変わって弟子たちの前に現れた日でもある。「肉体は死んでも魂は生き
4/8 14:16

ている。肉体も死んでいないよ」と。ヌメロロジー(数秘学)では、自分が生まれてくる日も自分の魂が選択して(神さまと約束した上で)この世にやってくる、生まれてきたといわれていて、その数字や数字のヴァイブレーションにも深い意味や魂の意味があるといわれている。ヌメロロジーでは4という数字
4/8 14:19

も多く、この4というのは、十字架にも関係があるといわれている。十字(クロス)は4だからね。やはりここでもクロス、バチカン、アルクトゥスル・・・つながってくるし・・・。今回の復活祭はマイ・バースディ、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチのバースディでもある。キリストが生まれ変わって姿を
4/8 14:21

現した日。永遠の彼の存在を弟子たちと約束した日。自分はよくキリスト意識につながるせいか(いつもつながっている?せいか)彼のあの時の気持ちや感情感覚が痛いほどわかるような時がある。この感覚は3次元の言葉ではうまく説明できないが、自分の中では確実なものとなって表れるし、彼をすぐそばに
4/8 14:23

感じることも時々ある(そんなにはないけど、何回かあった。本にも書いたけど)。実は先ほどもそれを感じてしまった。とても短い時間だったけど、確実に彼がここにいた(自分が違うところにいた?)のを感じた。自分が感じたことやわかったこと、気づいたことなどに対して、「それは真実だよ」といわん
4/8 14:25

ばかりに微笑んですぐそばで見守ってくれていた。嬉しそうだった(きっと自分がそれらに気づくことができたから?だと思った)。誕生日前になると必ず、この惑星にやってきてしまった(送られてしまった)後悔?のような気持ちや嬉しくない気持ち、ハッピーでない気持ちなどがどこからか、深いところ
4/8 14:27

からやってくる。「責任のような重い気持ち」や「またかぁ・・・」といった気持ち。「人間のエゴはもううんざり」という気持ち。「いつまで続けていたら気が済むんだろう」といったうんざりと諦めのような感覚。・・・・もっともっとある。いつもこのようなディープリィな感覚に押しつぶされそうになる
4/8 14:29

人間や人間のエゴに対しての気持ちや感情感覚・・・これっていったいどこからやってくるのか?自分のものなのだろうか?といつも謎めきながら感じている不思議な感覚。3次元のものではないことは確か。「人間ってこんな風に見られているんだ」とか「こんな風に人間って思われている(評価?されている
4/8 14:31

)んだ」といった感覚でもある。・・・もっと深く詳細を書いていきたいけど、これはまだ公開できない部分・・・なのでこの辺でSTOPしておきます。いつかどこかに書けると嬉しいけど。この3次元を去る時には必ず残しておきたい、起こさなければならない内容のものになると思います。でもまだいまは
4/8 14:33

早いかな。ここではね。いまはご縁のある方々にお伝えできればいいかな?と魂が感じているようです。「わかる人にはわかる!」を信じて素晴らしい魂のご縁をお待ちしております。Amen.
4/8 14:34

自分が人間をまったく理解できない部分や「愚かな生き物である」と感じてしまうところは、「何か自分の身におこらないと学ぶことができない」といったところがある。何か起こらないと本当にわからないのであろうか?動物たちにも予知能力といったものがあったり直感で動いたり生きていたりする。しかし
4/8 15:47

人間は、自らの欲や恐れや不安といったエゴなどに引っ張られ流され続けてしまっている者であふれかえっているのではないだろうか。「何か起こらないとわからない(理解しようとしない)」なんとも哀れで単細胞動物のような気がしてならない、このような人間をいていると。自分にしっかり向き合えていな
4/8 15:49

い自らの罪から相手や周りをいじめ、嫌がらせをしたり攻撃したり・・・愚かで哀れで単細胞動物たちもびっくりだ。神は私たちを本当にそんな風につくったのだろうか?このような愚かで哀れな人間として地球に送ったのだろうか?それはNoだと思う。「何か起こらないとわからない(理解しようとしない)
4/8 15:51

」これはいつもお伝えしているが、自分のエゴにとって都合のよいように取る、理解する、このような真実からの逃避癖が習慣化されているためだろう。このようなエゴの選択をしている人間、し続ける人間に限って、「何か起こらないとわからない(理解しようとしない)」度はますます増えていく。
4/8 15:53

相手や周りの気持ちや身にならず、自分のエゴだけの都合で言葉を吐く、行動をする。これによって(この無責任な言動によって)周りのどれだけの人たちを傷つけていることだろう。それが真実の愛であるならばいい。しかしそれらは偽りの愛であったり、偽善者だったり、とにかく真実ではないもの、愛や光
4/8 15:56

ではなく、その正反対のところに位置するDarknessといった存在であり、そことつながる恐れや不安といったエゴや欲なのである。「何か起こらないとわからない」という簡単な例が、「何か起こってから謝る」←何か起こらないとそれに気づけないのか?何か起こらないと(言われないと)自らその
4/8 15:57

出来事や在り方、それらとどのような関わりをもっているのか、その自らの潜在意識の部分がわからないのだろうか?相手に指摘され、真実を告げられ、「そうだったのか」と本当に気づくのだろうか?それとも気づいているふりをしているのだろうか?謝れば済むものでもないし(そのようなものも多いし)
4/8 15:59

その謝罪も心にもないものであること、「自分のためにひとまず謝っておくか」なんてとにかくどこまでもフォーエヴァー的なエゴエゴの人間も少なくない。とにかくなんでも自分のために言動して生きている人たち。これを偽善者ともいうよね。いかにも相手や周りのために、なんていながら、実は自分のこと
4/8 16:00

しか考えていない人間って周りにいませんか?これをできるだけ早く見抜ける心の目、魂の目を持つことが大切です。前々からずーとずーーーーとお伝えしていることだけど、「何か起こってから、それについてどぉーこぉーいう」のではなく(これは人間の罪に隠れている、隠れようとしている人間の恥ずる
4/8 16:03

部分でもある)、「その何か!が起こる前に防ぐ」とか「起こる前に、それを起こらないようにする」「起こる前に努める」のが本当の人間の知恵であったり、体験や経験からやってくる叡智でないのだろうか。いつも伝えている、「リスペクトを持つ」ということもそのひとつである。「リスペクトという愛」
4/8 16:04

を持っていたら、それを持って接していたら(関わっていたら)、争いや戦いなどは起こらないし、相手や周りを不快にさせることもない。リスペクトがないから、相手や周りを不快にさせたり、いじめや嫌がらせ、攻撃なども起こるわけである。すべては「リスペクトがない」からである。リスペクトがない者
4/8 16:06

は、人間のいちばん醜い部分でもあるジェラシー(嫉妬心)や妬みなどもしっかり自分の中にあり、それを相手や周りにぶちまけている。ことですら、自らわかっていない。から、無礼な言動やマナーやエチケットに欠けるリスペクトのない言動を平気で無意識で、または意識的にしてしまうわけだ。何度も失敗
4/8 16:08

や過ち、罪を繰り返してしまうのもこのような者たちだろう。・・・どうして人間は、「何か起こってしまう前」にそれを防ごうとしないのか?そういった事態が起こらないように努めることをしないのか?そのような感覚や能力を神から授かりながらも、自らの恐れや不安、後悔、欲といったものにひっぱられ
4/8 16:10

、それらに支配され、従いながら、それらの流れに身を任せ、一生を終えていくのであろうか?どうして魂の成長や進化を学ぶため、おこなうために、この惑星、地球学校に送られてきたにも関わらず、まったく別の(正反対の)道や方向性を目指して、または流されて、大切な一生を終えようとするのだろう?
4/8 16:12

強い意志や勇気ある行動を選ぶより、エゴや欲に流されることを選択した方が楽だから、それらを選択し続けるのだろうか?・・・だとすると、「ひとりの人間として命を与えられた意味」というのはどこにあるのだろうか?「神の遣いとして地球に送られてきた意味」はどこにあるのだろ?「神さまとの約束を
4/8 16:21

自ら放棄」することは許されるのだろうか?徳どころか、業が募っていくばかりではないだろうか?魂のカルマが重くなる一方である。これは個人だけの問題ではなく、地域や国、世界、地球のカルマを重くしていることになっている。このことには気づいているのだろうか?
4/8 16:22

「ごめんなさい」「すみませんでした」「ご迷惑おかけしました」と言いながら、同じ過ちや罪を繰り返すこと、くり返し続けることにどのような意味があるのだろう?「二度と同じ過ちや罪を繰り返さないこと、そのように努めること」の方に意味があるのではないだろうか?「ごめんなさい」「すみません」
4/8 16:28

「ご迷惑をおかけしました」という言葉を繰り返しながら、同じような行為や行動を繰り返していること、くり返し続けていることやその価値観の方がまったく理解できない。人間であり、知恵もあり、神の一部でもあることを知っているのなら、自ら「ごめんなさい」「すみません」という言葉を使わなくても
4/8 16:30

よいような自分や生き方になるように(できるように)努めるし、「ご迷惑をおかけしました」という言葉を発しなくてもよい人間や命。そのような価値ある人間(存在)、神から信頼される人間であり存在であれるよう一瞬一瞬気をつけて生きていくことを選択する。のではないだろうか?
4/8 16:32

もちろん自分が過ちや罪、正しくないことをしてしまった、それをエゴで選択してしまった場合、それに気づいた場合には、きちんと心から謝ることや謝罪すること(特には魂からそれが必要な場合もあるだろう)が必要であるが、できたら、必要以上に謝らなくてもよい人間でありたいと感じないのだろうか?
4/8 16:36

謝ったり、逃げること、自体・・・ 自ら「それは間違っていた」とどこかで感じていることになる。だから、謝罪の言葉も出てくるし、無意識に逃げてしまうわけだよね?だからどこかで潜在意識や神とつながる部分(があるとして)でそのことがわかっている。過ちや罪の重さもわかっている。・・・
4/8 16:37

だったら!どうしてそのようなもの(こと)を選択してしまうのだろう???エゴに負けてしまうわけだろうか?意志の弱さだろうか?流れに逆らえないのだろうか?エゴや欲、Darknessのスパイラルにはまり込んでしまうのだろうか?謝ったり逃げるくらいなら、そんなことしなければいい!ではない
4/8 16:39

か・・・。時間と労力の無駄使いではないのだろうか?このようにして人間は学ぶのだろうか?何か痛い目にあわないと学べないのだろうか?(まったくの謎である)
4/8 16:40

ブログやなうもそうですが、Facebookなどでももう何年も前にセッションやセミナーを受けて下さった方々やどこかで出会った方々などからのアクセスも非常に多いようで、少し驚いています。これにもきっと意味があるのでしょうが、もう何年も経っている。にも関わらず、気にして下さるのは光栄な
4/8 19:32

ことです。先日の遠隔スカイプセッションの方々もなんと!数年前にご相談頂いたことがあった方々で、皆さんまだしっかり自分のこと(Aliceのこと)を憶えて下さって、いざ!という時にはセッションをお申込み頂いて大変ありがたく感じております。ありがとうございます。Facebookでもその
4/8 19:34

ようです。もう数年、もっと?それくらいの年月が過ぎているのに、まだ気にして下さっている、Facebookやブログなどみて下さっているのはとてもありがたいことです。きっとハートや魂が何か憶えていらっしゃる方々も多いのではないでしょうか?と我ながら感じております。顕在意識の部分ではな
4/8 19:36

く、潜在意識やもっと深い部分でね。「何か気になる人」「いま何しているのかなぁ?」なんて気になる方っていますよね。それを深くみていくと、それなりの理由などがあったりして面白いです。ご本人でなくても、こちら側もそのような感覚や意味、理由などがわかる時もあるので、お名前を拝見していると
4/8 19:41

楽しかったり面白かったり懐かしかったりします^^ そして、「この方はご自分のどの意識の辺りまで(深さまで)ご自分のことを理解されていらっしゃるのだろう?」などと感じてお名前拝見させて頂いている時もございます^^ ひっそりこっそりの皆さまもありがとうございます。~感謝~
4/8 19:43

世界中からありがとうございます。ハワイやアメリカ、ヨーロッパの国々、オーストラリア、アジアの国々、その他「えっ?これってどこの国だっけ?」と首をかしげるような国からもアクセスがあったりして、感謝!感謝!です。日本も北海道から沖縄までありがとうございます!ご縁などがありましたら、
4/8 19:47

ぜひその土地や空間にお伺いさせて頂きますね。その際、アシストやサポートをして下さる方々もぜひ「お申込みフォーム」よりご連絡下さい。最近はアメリカの方々がなぜか増えているようです。ハワイの方々も。嬉しい~♪です。不思議なんですが、前日や2日くらい前にどこかの国や街などに意識をむける
4/8 19:49

と(土地や空間なども含む)、翌日にはその国や都市の方がアクセスして下さるので、とても面白いです。引き寄せの法則でしょうか。もしそうだとすると、この引き寄せの法則は見事にパーフェクトなので(パーフェクトすぎて)本当にびっくり!です。面白い~♪ でもエゴや自我、欲などでは利用しません
4/8 19:51

ので、またここが面白くて、この引き寄せの法則がどんどんパワフルになっていくわけです。「自然に任せていることが多い」のでこれがまた「宇宙の法則」や神さま方には心地よい?のか、きちんと彼らとの約束を守っている、ということになるのか、どんどんパワフルになっていきます。普通?だったら?
4/8 19:53

自分のエゴや欲、などに使ってしまう人たちも結構いるのかもしれないですね。でもこのようなやり方や生き方は神さま方は望んでおりませんので、いつかその魔法は終わってしまうのでしょう(エゴや欲で使う場合ね)。しかし、そうでない場合、例えば、日本や世界、地球やそれらの空間のために使う場合に
4/8 19:54

は、『宇宙の魔法』はどんどんパワフルになっていきます。「宇宙との共鳴」や「宇宙の法則」がパワフルにエネルギーで動きますね。動きがスムーズというのかな。大自然や大宇宙と共鳴することによって、信じられないようなエネルギーも動かすこと、その一員になることも可能ですが、これは決してエゴや
4/8 19:56

欲で使ってはなりませぬ!・・・なんですよね。人間ってちょっと人間離れや人間や3次元を超えるようなことができてしまうと、それを変に勘違いしてしまったり、それらを勘違いして、エゴや欲のために使ってしまおうと無意識で?感じて、実際にそれをやってしまうような人たちもいるけど、ここが「神
4/8 19:58

のお試し」「高次宇宙のお試し」なんですよね。この「お試し」をパスしないと、自己超越は不可能。エゴや欲にとらわれていてはね。アトランティスの時と似ていますよね。アトランティスが海底に沈んでしまった理由・・・人間のエゴや欲。勘違い。愛や光ではなくDarknessのエネルギーとして使っ
4/8 19:59

てしまった。つまり人間たちは自分たちの弱さ、エゴの強さに負けてしまったわけですね。自分たちの中に存在する愛や光より、恐れや不安、後悔などといったエゴが勝ってしまったわけです。そのようなエネルギーやパワフルさをエゴで利用してしまったわけです。いまの地球に似ていますね。
4/8 20:04

いまなうをつづっていたら、「4月11日の満月の遠隔浄化ヒーリング」についてリクエストを頂きましたので、こちらでお返事させて頂きます。4月11日前後、満月(ピンクムーン)遠隔浄化ヒーリングお申込み可能です。ご希望の日時、浄化ヒーリングかヒーリングか選択頂き、お申込みフォームから
4/8 20:07

お申込み下さい。締め切りは4月10日(月)17:00とさせて頂きます。遠隔浄化ヒーリングご希望日時前にお振込みが完了されていることが必要です。お申込み人数が多い場合には、「満月遠隔浄化ヒーリング」を受けて頂ける方のみご案内を送らせて頂きますのでご了承下さい。
4/8 20:13

数秘カラー5-ターコイズ(イルカちゃん)は、「好き嫌いが激しい」らしい。確かに小さい頃からそうだったかも。自分の中では。でもそれを見せないようにしていたことが多かったかも。いまそんなに特別「好き嫌いが激しい」とは感じていなかったけど、最近ヌメロロジーの本をぱっと開けたらそんなこと
4/8 23:52

書いてあって自分を感じてみると、「好き嫌いははっきりしている」と感じるけど、「激しい」というほどでもないとは思うけど、そうなのかもしれない。自分の価値観やライン的なものははっきりしていると思う。いろいろな体験や経験を得ていろんなことがわかって、それが自分の真実や価値観となっている
4/8 23:54

からね。人からの情報とか本やテレビ、ネットなんかの情報とは違って、自分が体験、経験を積んで得た真実の情報。好き嫌いといっても、食べ物はそんなにもないようにも感じるけど、苦手なものや食べられないものも極少数だけどあるかも。場所や空間の好き嫌いというか、波動やエネルギーによってもちろ
4/8 23:56

んある。昔は行けたけど、いまは絶対行けないところ、とか行きたくないところ、行ったら気分や体調が悪くなるところ、とかね。人間でもそうだよね。波動やエネルギーによって違う。これを「好き嫌い」というのかどうなのかわからないけど、確かに波動やエネルギーにはいまはかなり敏感。マッサージなん
4/8 23:58

いいね!した人

テーマ:


本日の気づき(いつも気づいていたことだけど、本日改めての気づき):リスペクトを知らない者や思い出せない者、リスペクトのない者、劣等感やコンプレックスなどを強くもっている者(感じている者、浄化できていない者など)は、相手や周りの人たちに対しても、意識的に、または無意識的に
4/7 0:43

「嫌がらせ」をしたり(故意にすることが多いのかも)、隠れて(?他の人たちには見えないところで個人的に?)いじめや攻撃的なことをおこなう(Darknessの攻撃←相手の波動を引き下げたり、クリアなエネルギーを濁すためにおこなっていることも多い←これにのらない、引っ張られないようにご
4/7 0:50

注意下さい。情というエゴをうまく使ったり、しょっちゅう(何かあると←自分の都合が悪くなると)情を出してきて、感情的になる人たちには要注意です。このようにして、愛や光でない者たちは、情というエゴ(恐れや不安)を使って攻撃してきます)。このような言動は正々堂々とみんなの前でおこなわず
4/7 0:55

個人的にいじめや攻撃をおこなう場合が多い。この言動は正々堂々とみんなの前でおこなわず、みんなには見えないところ、つまり影や闇、自分たちの波動やエネルギー、エネルギーフィールドなどと同じような波動やエネルギーのやり方をする。愛や光でない者たちがおこなうこのような言動がもし自分たちで
4/7 0:58

正しいと感じるなら、自分のハートや魂、神に恥じない行為や言動であるのなら、みんなの前でも正々堂々と同じようにおこなうべきである。と思う。いいえ、そのようにおこなえるでしょう。もうそのようにおこなっているでしょう。しかし、そのような愛や光ではない者たちに限って正々堂々とはしていない
4/7 1:01

いじめ、嫌がらせ、ス〇ー〇〇行為なんかもこのような感じではないでしょうか。こういう人たちは、相手や周りに嫌がらせやいじめなどをおこなうことによって、ある一種の快感?的なものを得ているのでしょうか????アイデンティティがそうなっているのか、どこかに障害をもっていて、このような
4/7 1:06

言動を繰り返したり続けたりするのかはよくわかりませんが、やはりどこかでずれていたり歪んでしまっているからこのようなことが起こってしまうのだと思います。浄化できない場合(できていない場合)には、歪みはいっそう強くなっていきますから。そうすると、自分のアイデンティティもそのように
4/7 1:08

なってしまう(なってしまっている)場合が多いわけです。それにできるだけ早く気づいて、浄化したり修正してあげないととんでもないことになります。しかし残念ながらこのようなご本人たちは「とんでもないことになっている」ことすら気づけません。周りが気づいて声をかけてあげることが大切なのかも
4/7 1:10

しれません。そこから自分自身で気づいて浄化していく、修正していくことが大切です。歪んでいる自分や人に迷惑をかける自分、リスペクトを思い出せない自分や相手や周りをいじめたり嫌がらせたりする自分やそのようなアイデンティティが好きな方もいらっしゃるかもしれませんね。このような方はこれで
4/7 1:12

よいのかもしれませんが(選択は自由ですから)、自分自身の責任はご自分で取っていくことが基本であって、歪んでいる自分自身の感情感覚やエゴや欲などを、相手や周りにぶつけたり、個人的ないじめや陰湿ないじめ、個人的な攻撃などを影に隠れてやるべきではない!でしょう。ご自分が本当に正しいと
4/7 1:14

思えるなら、まっすぐ純粋に正直に生きてきたなら、正々堂々と皆さんの前で言動すべきだと思います。例えば、ご自分自身のブログで皆さんがみれるところや読めるところで自分の思いや考えをつづるとか、本名がわかるFacebookで伝えるとか(Facebookでも本名でない人たちもいるのですね
4/7 1:18

)個人やひとり以上の人たちも見れるところや読めるところでいろんな思いを伝えるとかね。どうしてこのようなことをお伝えするのか?というと、ですね、何度同じことをお伝えしてもなぜか?どうしてか?同じ日本人のはずなんだけど、言葉が伝わらない方がいらっしゃるようで、「~をご遠慮下さい」「~
4/7 1:22

しないで下さい。このような場合には~して下さい」と何度もお伝えしているのに、その「~しないで下さい」を繰り返してされる方がいらっしゃるようです。まったくいつもお伝えしている「リスペクトの欠ける方」なのですが、どうして何度お伝えしても言葉が通じないのでしょうか(謎)。このような方は
4/7 1:25

やはり、人に嫌がらせをしたり、不快にさせること、迷惑をかけることなどで何か自分なりの喜び?や優越感?などに浸っているのでしょうか???よく窓際族?と呼ばれていたおじさん連中の中に、いえいえ、窓際族ではないのかな?とにかく「嫌がらせが好きなオヤジ連中」の中にこういう人いますよね。
4/7 1:29

嫌がらせをして、相手の困っていたり嫌がっていたりする顔や表情などをみて喜んだり快感を得ているようなおかしな歪み切った人たち。自分も経験ありますよ、こういう人。まさにこれこそ「エゴエゴ」で、自分の都合やエゴで相手を困らせて、嫌がらせて・・・というとても不思議な人間、回線や思考が絡み
4/7 1:31

切ってしまっている人たちなんじゃないかな?と思います。こういう人たちもこのような役目を与えられて地球にやってくるのでしょうか?そうは思えないけど・・・。ただ単に自分が弱くて、エゴや欲に流され切っている人たちなのではないでしょうか?強さを持つことを放棄した人なのかもしれません。
4/7 1:33

強い意志をもって、勇気をもって生きていく、行動していく、ということは本当に簡単なことではないからね、この人間界では。この地球では。流されている方が楽だからね。でもね、「流されている人」や「流され切ってしまっている人たち」っていつも本当に変なところにつながっているんですよね。
4/7 1:35

こちらの詳細話しましょうか?もちろん自分が体験したこと、経験したことです。でもここでは少し無理かな・・・。真実を伝えたい気持ちはあるんだけど、ここではないのかもしれないです、いまのところは。せっかくいろいろなこと体験、経験させてもらっているのだから、皆さんにもシェアしてきちんと
4/7 1:37

お伝えしていかないとね。何かの役に立てば幸いです。このようなことって、あまり誰でも正直に伝えている人たちってそんなにいませんよね?いるのかな?みんなあえて触れたくない部分だったり、「こういうこと書くのは~だ」なんて固定観念があったり、まだエゴにとらわれていたりする人たちの方が多い
4/7 1:38

と思う。「自分の仕事やビジネスに影響でたら困るから、できるだけ自分にとって都合のいいことだけ伝えて書こう」とか潜在意識でそんな風に思い込んでいる人たちがいちばん多いでしょ、この人間界ではね。これも恐れや不安からきているものなんじゃないかな?と思います。「こんなこと書いたら~」とか
4/7 1:40

ね。でもね、自分たちが肉体をもって体験していることや経験したことというのは、それを伝える権利や義務的なものもある。とも考えられるのです。だから、体験させられ、経験しているわけなんですよ。っじゃなかったら、体験している意味や経験している意味がないわけなんですよね。でもここでブレーキ
4/7 1:41

をかたくなにかけてしまうのが、恐れや不安といったエゴなわけですよね。ここに光を当てていくことも必要だし、体験や経験を正直に伝えることによって(真実を伝えることによって)、そこに新たな真実の気づきが生まれます。それはひとつやふたつではなく、無数にギフトとしてやってくることもあります
4/7 1:42

勇気をもった行動を祝福してくれて、神さまから、高次宇宙からたくさんのギフトや恩恵などが届きます。そして(きっとここは皆さんにとってサプライズになると思います)、真実を伝えることで、自分が体験したDarknessの部分やその役目をしてくれた人や役目をかってくれた人にも光が当たります
4/7 1:45

「えっ!どういうことですか!!!」最後の部分、とても興味深いでしょう?^^この続きはまた今度ね。「あぁ~!なんとな~くわかりました!」という方はいつもAliceのブログやなうをしっかり読んで下さっている方なのかもしれませんね。ありがとうございます。「Darknessに光を当てる」
4/7 1:46

とはこういうことなのかもしれません。このように発信していくこと、伝えていくことで、彼らのアイデンティティも生かされるわけですからね。続きはまた今度~!楽しみにしていてくださいね♪
4/7 1:48

いいね!した人

テーマ:


先日にも少し書いたことだけど、最近こんな風に感じてしまうこともあったりします。それは、私たちはみんなそれぞれ役目をもらってこの地球に送られた。神さまから派遣された。本当はすべての地球人の神さまは同じはずなんだけど、もしかして役目によったら違っていた。かもしれない。自分が約束をする
4/6 12:00

神さまはそれぞれ役目によって(与えられる役割によって)異なっていた。それぞれグループのようなものがあってね。そして、一応トレーニングみたいなこともしたり、それについて学んだり勉強もしたりして。でも大体そのグループに属するというのは、魂の記憶だったり、いままで積んできた徳や業などに
4/6 12:04

よって分別されることがほとんどで。例えば、「今回(今世)はあなたは〇〇役として地球のこういうところに行きなさい。なぜなら、あなたは〇〇〇の過去生でそこでこんなことをしているから、今回はそこにいって・・・・」こんな感じで自分の役目的なもの?ドラマや映画でいうと、役をもらうわけです。
4/6 12:06

っでこの魂のグループは、いまの地球でも(肉眼で)見えないフィールドによって分かれている。・・・こんなことを感じ始めた理由のひとつとして、例えば、「愛や光について」どれだけ説明してもとことんわからない人たちがいたり、文字や文章、頭ではわかっているようでも、それをまったく落とし込めな
4/6 12:09

い人たちがいて(自分の中にね)、そういう体験や経験のチャンスがあっても(頂いていても)、それを無意識に、またはかたくなに拒否する姿勢だったり、それを受け取れないような魂?であったりすることも多々あって、いろんな角度や方向から感じたり考えたりしてみたけど、どうもパズルやキュービック
4/6 12:11

が合わなくてぴんっ!とこない。ので、「この人(たち)にはこの地球でどんな役目があるのだろう?」と感じたり考えたりしてみるようになった。「もしかして神さまの脚本?みたいなものがあって、その役から外れることができないのかも?」なんてふと感じた。そうするといちばん辻褄があったりなんかも
4/6 12:14

して、いままでの中ではいちばんフィットするような感覚を憶えた。この神さまから与えられる役目は、いままでの魂の徳の積み重ね、のようなもので決まるような気がする。もちろんみんながみんな100%そうではなくて、エキストラ?役の人たちも少数だけどいるのかもしれない。だってね・・・
4/6 12:16

自慢じゃないけど、かなり深い深い潜在意識を解読することができるし、またそれを得意ともしているんだけど(本人もまったくわからないこともわかります)、どこまで深く解読しても、深すぎて個人を超えて集合意識までいってしまっても、変わらない人は変わらないし、それを伝えたり、それに気づくこと
4/6 12:18

ことができても、変われない。こんな人たちもいるようで、最初の頃は本当にまったく理解できませんでした。・・・中略・・・人間の思考や心、魂の在り方などをみていくと、何通りかのパターンによって大きく分かれていることに気づかされました。この部分はいま省略しますが、結局、結論からいってしま
4/6 12:21

うと、「三つ子の魂百まで」になっちゃうんですよね。「人や性格は変われない」とは断定しないけど(したくないけど)、正直いって、本当に変わりたい!と思うのなら、よほどそれなりの努力をしないと変われない。ということ。これが浄化であったり、自分自身の深いところをしっかり見つめていくという
4/6 12:23

こと。人間や自分のエゴに流されたまま、流されながらではそれをすることや達成すること、やり遂げることはできない。ということ。ある役を神さまから頂いている?人たちにとっては、それはとてもとても難しいことである。のかもしれない。ということ。これがもしかすると、運命や宿命のような感じでも
4/6 12:25

あるのかなぁ~と感じたりすることも最近なぜか増えてきました。だってね、例えば、「空気を読めない人」って何をどうしても「空気が読めない」でしょ?「自分のエゴ(発言)で、周りの人たちを不快にさせる人」って決まっていつもそうですよね。いくらそれを伝えても、本人は「うん、うん」といかにも
4/6 12:27

わかっているようにその時はうなづいていても、結局全然わかっていない。という現実。皆さんの周りにもいらっしゃいませんか?それが人のため、社会のため、周りのため、地球のため、なんかになるのならOKだし、神さまにも許可されるかもしれませんが、まず「エゴからの発信」というのは、そういう
4/6 12:29

ことは非常に少ないかもしれません。その「エゴからの発信」をDarknessから光に変えられる人や変えて発信できる人がそこにいれば、また話は別のものとなってきますが、そのまま「恐れや不安、後悔といったエゴからの言葉や発信」は、それによって(そのエネルギーによって)、周りの人たちや
4/6 12:31

空間などを不快にしたり汚したり波動を下げたりしてしまいますよね。空気が読めない(感じ取れない)人たちや自分のことしか考えていない人たち、または、自分のことをよく知らない人たち(自分としっかり向き合っていない人たち)は、こういう人たちが多いのかもしれません。自分がわからない、という
4/6 12:33

ことは、自分の発言や姿勢、行為や行動、在り方などもわかっていない。イコール、エゴに任せて生きている、ということにもなりますよね。「感謝(する)」といった高い波動や愛のエネルギーとは違って、相手や周りを理解するといったリスペクトのエネルギーとは違って、「自分はこう、自分は、自分は」
4/6 12:35

いつも自分と周りを比較して、足りないところや欠点だと思えるようなところばかりに意識を向けたりフォーカスする。自分がおかれている環境やシトゥエーション、いまあるものに感謝できず、足らないところ、満たされないところばかりに意識がいって、それを発言する。相手が何かしてくれた、しかし、
4/6 12:38

「もっとこうして欲しかった」「もっとあぁ~して欲しかった」といつも満たされない気持ちをもっていたり表現することで、自己アピール?をしているような、それがアイデンティティだと思っているのか、自分が上のポジションや上から目線なのか?劣等感丸出しだったりする。そういうくせ、相手や本人
4/6 12:39

表に出ていくと、自分で思っていることや感じていること、考えていることなどを全然言えなくて、周りに合わせて「いい人」を演じてしまう。こんなことが癖になったり習慣化している人。でも内側や裏側などは正反対でいつも文句や愚痴ばっかりいっている人、っていませんか?人が一生懸命何かしたことや
4/6 12:41

そのような姿勢やその人のことを思ってしたこと、やっていることを、見事に仇で返す人。そのような言動を平気でする人。特別な理由があれば話は別だけど、「自分のエゴや欲」で相手や周りをそのようにする人たちいますよね。また、自分は言っていることはエゴから発言していることがほぼまったくできて
4/6 12:43

いないのに、相手や周りの人たちのことはしっかりちゃっかり文句や愚痴をいつもいう人。言葉から発することがネガティヴだったり、波動が低い言葉ばっかりだったりして、これはすべてその人(たち)のエゴからやってきている言葉だったりして、周りの人たちを不快にさせたり、無意識で傷つけたりして
4/6 12:45

いる人たち。こういう人たちは「魂が未熟な人」ともお伝えしてきましたが、もちろんそれだけではなく、精神的な障害がある人たちもいるだろうし、相手や周りの人たちの気持ちやエネルギーを理解することができない人たち(一部、アスペルガー症候群とも呼びます)もいますよね。こういう人たちに限って
4/6 12:47

というか、このようなエネルギー?をもっている人たちに限って、変なところやつながらなくてもよいところに無意識につながって、愛や光ではない言葉を無意識に、または意識的に発している場合も非常に多いです。人が求めていない。のに、そういうことをします。これはそのようなところに支配されている
4/6 12:49

から、そのブレーキが利かなくなるようです。これは過去からお伝えしていることですが、「境界線を持てない人」にとても多いことでもあります。「境界線を持てない人」は自分と相手や自分と周りのエネルギーの境目がわかりません。ので、勝手にずかずか他人のエネルギー領域の中に入り込んできます。
4/6 12:50

もちろん「リスペクトがある人たち」はこのようなことはしません。お家を訪問した時と同じです。他人の土地や空間に入る時には、玄関先でベルを鳴らす、インターフォン越しにまず自分を名乗る。その空間を所有している人に「入っていいよ」と許可してもらって(玄関を開けてもらって)はじめてそこに
4/6 12:52

入れるわけですよね。一歩前に進めるわけです。いきなり許可もないのに、玄関をこじあけたり壊したりして無許可にずかずか入っていく、とか、玄関開いていたから、そこから忍び足で泥棒のように入っていく、とかそういうことしませんよね。肉眼で普通は見えないエネルギーの空間や領域というのも同じ
4/6 12:53

です。しかし「リスペクトという愛」を知らない人や思い出せていない人たちは、これができない、できていない、人たちが多いです。そして、できない理由のもと、として、まず、「自分自身をリスペクトできていない」から、といった理由があります。わかりやすくいうと、本当の自分で生きていない。っと
4/6 12:55

いうことです。自分の気持ちや考えを伝えられていない人たち。なぜ伝えられないのか?ずばり!恐れや不安をもっているから。これ、エゴ!ですよね。恐れや不安はエゴ!なわけですから。嫌われる、とか除け者にされる、とか、こんなことしたら~されるとかね。エゴが邪魔して伝えられないわけです。
4/6 12:56

その相手や自分がそのように思っている人たちに対して、自分の正直な気持ちが恐くて言えないから、いったん我慢して、それを自分の中に押し込める。でもそのようなものはいつか顔を出してきます。自然な感情だから。そこで顔を出してきた時、犠牲になってしまうのが、家族だったりするわけです。特に
4/6 13:18

お子さん。お子さんに自分の感情感覚をぶつけるわけです。外でまたは誰かに言いたいことがあるのに言えない場合。自分が嫌われたくない、こんなこといってしまったら・・・という自分の恐れ、エゴがそれをSTOPさせる。でも自然なもの、本来内側からあふれ出てくるものだから、いったん抑えても出て
4/6 13:19

きます。そういう時、何も悪くないお子さんたちや弱い人たちに自分自身の感情感覚をぶつけます。そして、ぶつけられた子が、学校でも同じことをする、お母さんに言えないから、そんな自分の気持ちを同じクラスの子、優しい子、何もいわなかったり、反抗できなさそうな子にぶつける。これがいじめです。
4/6 13:21

だから、いじめの原因は必ず!といってよいほど、家庭や家族の中にあるのです。そして、自分が満たされない感情感覚を、クラスで学校でぶつけるわけです。何も言えない優しい子、に。これはいじめっ子が感じている、見ているお母さんへの自分であったりもします。それを見せられてそういう子をターゲッ
4/6 13:23

トにしてしまうわけです。見たくない自分でもあるからね。自分で自分をいじめていることになります。その犠牲になっているのが、いじめられている心の優しい子、思いやりの深い子、いつもみんなが平和でいることを魂から望んでいる子だったりします。
4/6 13:24

いいね!した人

テーマ:


メモメモメモメモ・・・先ほどの気づき。いつも何回も気づきとしてやってくることだけど、いままでよりいっそう深く入っていった、いままでよりいっそう深いところで気づいたのでメモしておこう。っでできたらブログに文章として書きたい、残しておきたいけど、時間がね。ひとまずメモ!自分のメモ帳や
4/5 11:02

ノートでもいいんだけど、なぜかここ「なう」に残しておかないと(発信しないと)いけないようなそんな気がするのでこちらに。つながる人たち、つながる魂たちへの同時発信でもあるのだろう。自分は幼い時や小さい時から周りの大人たちの観察や人間のエゴについて研究や分析をしている。いや、そのよう
4/5 11:04

にさせられたことがとても多かった。「魂が望んでいることだから」といわれれば、確かにそうかもしれないけど、人間のエゴに直面させられ、自らの心身犠牲となり(して)学んだことは非常に多かったし、いまでも多い。もう「人間のエゴ」についての研究と学びは終わったので、もうそろそろ卒業したい。
4/5 11:06

いまはいままで自分の心身ともに通じて学んできたことやその真実をアウトプットしていく時期でありステージである。アウトプット、発信、情報として伝える。自分が実際に体験したこと、経験したことは真実オンリーであるのだから、発信しないわけにはいかないだろう。・・・中略・・・だからきっと大変
4/5 11:08

なことでも辛いことでも苦しいことでもひとりで耐え抜いてきたんだと思う。これを魂が発信したいから。そしてこの「人間のエゴ」の部分は、発信するためにというか、表現することがそんなに簡単なことではない、と誰でもいう。作家にしても、編集者の人たちにしても。真実の部分であるからこそデリケー
4/5 11:09

トでもある、そのバランスや調和が簡単ではないわけだ。人間の成長段階や進化の在り方、ステージやステップもみんなそれぞれ異なるので、理解の仕方も異なるし、未熟な魂からは未熟な反撃などを受けたりすることもあるからだ。未熟な反撃は、ずばり自分や自分の魂が未熟だから、幼いからおこるもので
4/5 11:11

ある。そして、自分のやっていること、おこなっていること、発信していることの重要さや無知さ、愚かさ、などがわからず、無責任なポジションを取っている、といことすらわかっていないような魂や人間たちはまだこの地球には非常に多いのだ。だからこの惑星ではいろんな意味のないことや信じられない
4/5 11:12

出来事もたくさんおこっていて、それがニュースとして発信されていることが多い。・・・中略・・・話が長くなりすぎるので、元に戻そう。自分の幼い頃からの話。自分はいつもどんな時でもいまある状況やおかれている状況、自分の周りに起こっていること、自分に降りかかってくる出来事、など、どうして
4/5 11:14

いま自分にこのようなことが起こっているのか?といったことを深く追求することが当たり前だった。おそらく魂からの追求であったのだろう(といまになって理解できた)。起こる出来事について「どうしていまこのような出来事が私の身に起こっているのか?」といったことをいつもいつも子供ながらに感じ
4/5 11:15

たり考えたりすることが当たり前となっていたし、そのようにしないと毎日生きていけないような環境だったり、前進できない状況だったので、それらをしっかり感じて(辛くても苦しくても悲しくてもイヤでも)考えてその時その時をいかにしっかり生きていくのか、ということが自然と魂の課題として、
4/5 11:18

人間界の課題として、そこにあった。おかれていたのである。それが普通に「自分自身にしっかり向き合うこと」だったり、「自分とおかれている環境を追求する」といったものでもあったのだろう。小さい頃からこのような自分だったので、もちろん学校やその後社会生活においても、周りの人たちとの価値観
4/5 11:19

とは異なることがとても多かった。ように記憶している。例えば、自分が普通に投げかけてしまう質問などに応えられる子供たちや人たち、人間はいなかった。いつもみんな「????」と黙り込んでしまう人たちばかりだった。自分は「どうして私の質問にはみんな答えてくれないの?」といつも悲しかった。
4/5 11:20

いま振り返ると、答えない、のではなく、おそらく、答えられなかったのだろう、と思う。自分にとっては普通、当たり前のことでも、周りのみんなにはそうではなかった、そんなことが非常に多かったのだ、といまにして気づいた。だから、いまでも、日本語をわからない夫がよく、「Aliceが質問すると
4/5 11:22

みんな答えられなくて、上司や他の部署や会社代表なんかにまで電話したり、連絡したりして、Aliceのたったひとつの質問で、その瞬間に、その会社や組織全体がいっせいに動き出すことが多いよね。一体、何を質問したんだい?」と笑いながら言われることが多い。自分の答えは、「いや、そんなみんな
4/5 11:25

が動き出さなくてはならないような質問ではなく、ひとりの人がわかっていて当然、答えられて当然の簡単な当たり前の質問だったんだけど、どうしていつもこんな風になるんだろう?」と自分でもよくわからない。かと思えば、その会社や組織、そこで働いている社員やスタッフより、事情やものごと?などを
4/5 11:26

理解できていて、こちらからそれを伝え、社員や会社、組織が、それを確かめるために一斉に動き出し、あとから謝罪と御礼をいわれたり、メールや手紙でもらったり・・・。それは自分にとっては本当に普通のことであって、「朝飯前のこと」なんだけど、他の人たちにとってはそうでないような時も多々ある
4/5 11:28

ようで、こちらの方が自分にとってはサプライズ。というか、どうしてそこで勤めているのに(お給料頂いているのに)そんなことも知らないの?答えられないの?そんなやり方でお給料もらえるの?なんて会社だぁ~!こんな風に感じちゃうんだよね。本当に基本的なことができない人たちや知らない人たちが
4/5 11:29

とても多い。にも関わらず、そこの会社員やスタッフとして勤めて報酬頂いているなんて、その人たちにとってはいい会社、なんだろうけど、自分がその会社の上司や経営者、またはそこをいつも利用しているクライアントだったとしたら、「もっときちんと教育し直せ!」と指示するけどね。それだけ、社会の
4/5 11:31

流れや人間のエゴの流れ、それらに流されながら、いい加減にエゴや甘さに任せて生きている人たちが多い惑星、ということにもなる。仕事でも任務やミッションはきちんと果たすべきだと思う。これももちろん成長や進化、魂へのステップだし、この3次元の部分をしっかり生きていないと恩恵やご褒美は
4/5 11:33

届かない。届いてもそれがわからなかったり、変なところから届いたものを神からのものだと勘違いしてしまう。そんな人たちも多い。のかもしれない。だから自分軸がなかったり、コロコロ流れによって変化したり、わけのわからないことや筋の通っていないことをいうわけだよね。宇宙や高次宇宙につながる
4/5 11:35

というのも、3次元からの延長であるので、3次元の部分でしっかりしていないと、グラウンディングした生き方をしていないと、上にはつながっていくことができないわけ。であるのを知らない人たちも多いのかもしれない。・・・あれ?メモしだしたことからまたワープしてしまっている?ような気がする。
4/5 11:36

だから、「普通」や「当たり前」は人によって、魂(のステージやレベル)によって大きく異なってくる。ということになる。行き先や目指す方向はたくさんの人たちが一緒だと思うけど(そう願いたいけど)、そのステージやフィールド、段階などで大きく異なってくることがよくある。ちょうど富士山やアル
4/5 11:37

プスなどに登って、自分がいる位置や高さによって、見える景色やものなどが異なる。ことと同じ。高ければ高いほどいろいろなものが見えるし眺められる。けど、高さがそんなに高くないところから眺める場合には、数少ないものを大きくみることはできるかもしれないけど、広い範囲でたくさんのものは見れ
4/5 11:39

ない。見えるものが決まってくるし、それにフォーカスせざるを得ないポジションである。そこにいる自分。ということになってくる。人生や人の生き方や魂の在り方もまったく同じ。体験や経験が少なかったり浅いと(表面的で深さを追求しないと)、それだけのものしか見えないし、わからない。たくさんの
4/5 11:41

ものを深く落とし込みながら、追求して、体験、経験、追求していくと、それだけのものやそれだけのことが自分の体験や経験としてわかる。これはいつもお伝えしているけど、「魂の記憶」として遥かなる時空を超えてももっていける唯一のものである。人のものや脳や頭がよそから情報を持ってきてインプッ
4/5 11:43

トするのは「自分の情報」でもないし、「魂の記憶」にもならない。・・・中略・・・幼い頃、小さい頃から自分自身やおかれている環境や状況にしっかり向き合わないと生きていけなかった自分はそんな生き方ややり方が自然と身についたようで、いつもいろんなことに対して疑問をもったり投げかけていた。
4/5 11:44

しかし、自分にしっかり向き合わず、流されて生きてきた人たちや何かから(自分から)逃避してきた人、し続けてきた人たちは、もちろん問いかけや質問などにはきちんとまっすぐ答えられないし、答えられなくて何も関係のないようなことを言い出したり、そんなことをして自分をごまかしたり(ごまかし癖
4/5 11:46

が習慣化されていることさえも気づけない)、自分軸がゆらゆらぐらぐら揺らいだり、自分をごまかすため、守るためには、周りの人たちを犠牲にしたり、迷惑をかけたり、リスペクトに欠けること、リスペクトしないことなんかが当たり前となってしまっている人たちもいて、それがその人たちにとっては
4/5 11:47

当たり前なのだからとても恐ろしいこと。そしてこれらはいつの間にか習慣化され、無意識で自然とおこなわれるようになっている。だから、人に迷惑をかけても、無礼な自分であっても、マナーやエチケットができていなくても、それに自ら気づけない。気づこうとする力を破棄してしまったので気づくことも
4/5 11:49

できないわけですよ。何かから逃げる、逃避する、ということは、神さまからのプレゼンントである「学び」や「気づき」をも逃避している、投げ出している、ということになるので、もちろん「学び」や「気づき」から得られるギフトやプレゼントはやってこないし、そこにあってもわからない、というわけ。
4/5 11:51

自分は小さい頃から自分や自分の置かれている状況や環境にしっかり向き合わないと生きていけなかったので(向き合っていなかったら今頃ここにはとっくにおりませんね)、それが自分には当たり前でごく自然なことで、習慣化されている生活の一部でもあるわけです。だから、外国でも、そのことを理解でき
4/5 11:53

る人たちやそれに尊敬の念を払う人?リスペクトを最大に持てる人たち、感じる人たちには、頼りにされたり、いろいろ聞かれたり、いつの間にか、いつでもどこでもリーダー的な存在にされてしまうわけです。海外では特に「個性」や「内面」「奥の深さ」や「人間性」「経験」などを大切にするので。
4/5 11:56

世界的なリーダーたちやスピリチュアルリーダーたちに出会ってもいつも「おっ!コイツは・・・」と自然と一線おかれることばかりでした。恐れられましたね。そのようなある程度のステージやフィールドに来られた方々は普通の人たちよりは(というか比較できないくらい)いろんなものが見えたりわかるの
4/5 11:58

でね。まだわからない人たちはいま一生懸命成長するために頑張ろうとしている魂をもった人たちが多いのかもしれません。登山でいうと何合目くらいでしょうか?2合目?3合目?そこからはすべての美しい景色や真実のものは見えませんからね、もう少し上に上がらないと。自分の歩いてきた道は見えるでし
4/5 12:00

ょうか?そして、上(頂上)ばかり眺めることに懸命になって、周りにある大切なもの、キレイなお花や美しい自然、命を与えてくれている空気や水、鉱物たちも見えていない、感じていないかもしれないですね。生かされていることへの感謝も感じられないかもしれません。自分が上に上がっていくことに必死
4/5 12:01

だから。でもね、周りにあるもの、生かされていること、頂くギフトやプレゼントなどをしっかり感じられるようになって、それらに感謝できるようになったら、自然と上の方や頂上は見えてくるんですよね。そして、自然とスイスイと上に登っていくこともできるんです。でもそれがわからない、必死で登ろう
4/5 12:03

とする、自然の力に逆らってしまうわけですよね。それよりもまずは自分や自分の周りにあるもの、生かされていること、やってきたチャンスやギフトを吟味すべきだと思います。そうそう、でもね、ヨーロッパの方でも、みんながみんな同じではないですからね。自分に向き合えていない人たちや流される人た
4/5 12:04

ちもいて、そういう人たちに出会うと、自分がよく(いつも)疑問を抱いていたことに対して(質問に対して)「いつもいつもすべてのことがなぜ?という疑問や質問、それの答えでできているんじゃないんだよ」といわれたり「すべてに意味がある」という自分に対して、「そんな!すべてに意味があるわけな
4/5 12:05

い!」と面倒くさそうにいわれたりしたこともありました。そう、向き合えていない人たちは自分ができないことだから、そういうものは面倒なわけですよね。いつもいつも疑問を投げかけるわけではないけど、学びと気づきは疑問と答えのくり返しでもあるのだから、それを繰り返していくことで、ステージも
4/5 12:07

アップしていきますよね。だから、ヨーロッパに住んでもう人生の半分以上25年?26年にもなりますけれど、最初の頃とはずいぶんシトゥエーションも変わって、「あなたの言っていたことは正しかったわね~」とか「あなたの言っていたことようやく理解できたわ。そうしないとならない出来事が起きた
4/5 12:09

おかげでようやくわかったわ」などといわれることもとても多くなった。最初の頃はその自分の在り方でいじめられたり、鼻で笑われたり、バカにされたりもしたけど、どこにでもいるものです、このような無知で愚かな人たちは。無知で愚かだからこそ、人に対してこういう姿や態度であったり(そういう自分
4/5 12:10

が出てしまったり)、自分の知らないものやすべて偽りや存在しない、という無知な人たちは思い込んでいるわけです。なんて愚かなんでしょう。こういう人たちに出会うと、恥ずかしくなって自分が穴に入りたい、とか悲しくなったり、人間の進化のなさ、それを放棄してしまっている魂にイラだちを感じて
4/5 12:12

しまったりします。「どうしていまこの地球にいるわけ?何を学んでいるの?せっかくこの地球学校にきたのに」と感じてしまいます。でも人や魂によって進むスピードや前進する、後退する・・・などは自由であって、その人たちや魂たちが決めるんだけど、「なんてもったいないことしているんだろう!」と
4/5 12:13

感じちゃうわけですよ。たくさんいいもの、素晴らしい素質ももっているのに、それを使うことを拒否したり放棄しているわけですからね。・・・メモがずいぶん長くなってしまった。でも書きたいことはすべてまだ書けていない・・・という・・・やることがいっぱいあってそっちの方が気になってしまってい
4/5 12:15

ますので、まずはそちらをやってきま~す。ちょっとだけまたカミングアウトしちゃったかな?
4/5 12:17

でも最近正直いうと・・・こんなことも思っちゃいます。「三つ子の魂100まで」ということわざもあるように、人ってそんなに簡単に変われるものではないのかな?なんて思う時もあります。最近特にね。人や魂それぞれのフィールドが決まってきているから余計にそうなのかもしれないですね。「変わるこ
4/5 12:20

と」にそんなに抵抗のない人や魂はそんなに大変でもなかったりするのかもしれないけど(小さい頃から正直にまっすぐ生きてきた方にとってもそんなに大変ではないのかもしれないけど)、「変化を恐れている人や魂」や自分に対して正直に生きてこなかった人たち、逃げたり逃避癖のついている人たちに
4/5 12:21

とっては本当に「至難の業」なのかもしれない、と一部の方々をみていて思います。根本的なものが違っている、というか、土台がもう違うから、そこから壊して、いちからはじめていかないと、その上にあるものは決して変えることや変わることはできないんですよね。一時的に修正はできてもね。
4/5 12:23

家もそうでしょ?家を建てる前の土台というものがとても大切ですよね。それによってそこに立てる家、建てられるものが決まってきます。土台がしっかりしていないと(ゆるいと)その上のものをどれだけよくしようとしても無残に壊れたりボロボロになるわけで・・・。土台がもうダメだと、何もたたない。
4/5 12:25

そこにたっていかないし、入っていかないし、維持できないし、頑丈ではないし・・・。またこんなこと書いてしまってもよいのかよくないのかわからないけど、自分の感じるままに書いてしまうと・・・人や魂って、課題やミッションなどは決まっている。けど、もしかしてもしかしたら、光や愛ばかりの人や
4/5 12:27

魂ばかりではなく、課題やミッションが愛や光でない方の人や魂もいるのかもしれない!なんて思わずにはいらないこともありますよね。きっと皆さんもあると思います。みんな地球にくる時、そんなやあんな役割や地球での役を振り分けられていて、それを勤めている?だったら・・・どうします?ぎょえぇー
4/5 12:29

!ですよね。「やはりみんなが愛や光である。なんて本当じゃなかったんだ」なんてガックリしますよね。光もあれば、そこには影(Darkness)も発生する・・・。これわかります。わかりますけどね、みんなの本質的なものが愛や光ばかりではなかったらどうします!?なんだかアトランティスの時に
4/5 12:31

もこんなことが起こって、人間のエゴ(Darkness)によって、あの黄金時代も終わってしまった、海底に沈んでしまった・・・。でもいま少しずつそれがシフトアップしてきているんですけどね。言葉だけではわからないものがありますね。やはり身体や魂をもってそれを体験していないとね。
4/5 12:33

「何か起こらないとわからない人間たち、エゴを優先して理解しようとしない人間たち」 VS 「何か起こる前にリスペクトという愛をもってそれを防ごうとする(地球を守ろうとする)光の存在たち」 いつまでこれが続くのでしょうか・・・
4/5 12:35

信じられないことが起こりました!!!!!本当にこんなことがあってもよいのか!!!ということ。『宇宙の魔法』にも書いたこと(受けたメッセージ)が現実となっているようです。これからこの地球はそのようになっていく、ということを少し早く体験してしまいました!「これがアセンション!!!!」
4/5 16:15

「光と闇(Darkness)」というのはこういうことだったんだ!!!!という体験。同じことでもあたる人、対応するスタッフ、つまりエネルギーを交換する相手によって、まったく世界や条件?環境、状況などがまったくまったく異なってきます!!!!こんなことはあってはならないこと!!!なんで
4/5 16:17

すが、現実にアセンションの中、シフトアップしていく人、シフトアップしていける人と、そうでない人とのあまりにも異なる違いを体験させられました!!!!そして、いつも愛や光を発信していけるように努力している人、徳を積んできた人は、「神に救われる」体験も同時にしました!!なんてこった~!
4/5 16:18

こんなことあってもいいの!!!!いままでには絶対通じなかった世界!!!!しかし、実際にこの人間社会もそんな風になってきている!!!だから、会社や組織といったものだけではなく、エネルギーを交換する相手、やり取りする相手、対応される相手によって、まったく正反対の現実をつきつけられる!
4/5 16:20

まだきちんと整理整頓できていないので、また落ち着いたら、何かわかりやすい例をあげてお伝えしてみたいと思います。きっとこれからの地球や人間の世界はこんな風になっていくんだろう、と思います。アセンションってこういうことだったんだ!!!文字や映像の世界、未知の世界やフィールドだけでは
4/5 16:21

なく、実際にもう皆さんのそこまで来ている!と思います。まったく信じられない!!!!こういうことはいままでの地球にはなかった!!!!そんなことを体験しました!!!!
4/5 16:22

もう声を聴いただけで、その人がどのような人かわかってしまうよね。仕事がどのくらいできて、その仕事や人生に対してどのような価値観や考え、感性などをもって生きているのか?あぁ~こんなに活性化?覚醒されてしまってもよいのだろうか?アセンションのいま、活性化や覚醒を望んでいる人たちが多い
4/5 18:01

中、反対にそれに対して思い悩んでいる者もいるという・・・本当に不思議な?お話。こんな風にフィールドはどんどん分かれてくるのです。それがアセンション。だから・・・。声は音、イコール、ヴァイブレーション・・だからね。いろんな情報がぐっと詰め込まれているわけですよ。ふ~どうなることやら
4/5 18:03

ある意味、人間あまり活性化されないから、進化しないから、覚醒されないから、そこにいられる、というか、人間同士でお付き合いできたりつながることができるんだと思うな。これがみんながみんなDNA螺旋活性化され、進化して人間離れして、覚醒して人間離れしていたら、同じ人間同士?みんな一緒に
4/5 18:05

いれないのではないか?とも思っちゃうこともある。だって、見たくないところや見せたくないところ、見なくてもよいところなんかぜんっぶ(全部)見えちゃうわけだから。そんな風に望まなくても見えて感じて受け取って・・・していてごらん!「もういいわ!No,Thanks!!!」ってならない?
4/5 18:06

もちろん「それだけ(同等に)愛や光もあればOK!」だけどね。っというか、フォローできるじゃない、Darknessの部分を愛や光で。でもね、みんながそうじゃないとしたら・・・あなただったらどうしますか?フィフティ・フィフティにある人たちはOKだよ。「人間ってそういうものだから」なん
4/5 18:08

て割り切りのような気持ちや考えにもなるでしょう。でも相手や周りが、愛や光がほんの少なくて、または全然なくて、その反対側のブラックな部分やDarknessの部分が妙に多い人たちに出会ったり囲まれたらあなただったらどうします?そんな人たちと交流したいと思いますか?そのような人たちに
4/5 18:09

囲まれていたいですか?そのような人たちとお付き合いしたいと思います?これからはいまよりもっともっと「エネルギー交換」が大切な時代になっていくわけだから、エネルギー大切ですよ!空気や水と一緒で汚染されないようにしないと、地球全部、地球大半が汚れたり、エネルギー(波動)下がっちゃいま
4/5 18:11

すから。これがアセンションにおけるフィールドの分別なんですよね。分別はよくないけど、そうしないと仕方ない、ともいえるよね。だって、いろんなものを分別する、しなくてはいけない時代だからね。こうなっても当然!といってしまえば当然!なんだと思う。これが決まるのが(はっきりしてくるのが)
4/5 18:13

2017年だろうね。スタートの年というか、浄化の年というか、分別のはじまる年とでもいうのかな。まっすぐ光のようにのびていく芽とそうじゃない芽が分かれていく時期でもあるんだろうね。「いまさらバタバタしても仕方ない!」といえばそうなってしまうのかもしれないけど。もうだってすっかり分か
4/5 18:15

れてきてしまっているじゃないですか・・・。そんな風に感じませんか?自分は今日の体験でバッチリ!感じた。もう何をできない!何をする必要はない。というか、何をしてももう遅い。そんな感じの体験でした。また別の角度からみてみると、地球は本当に光とDarknessで成り立っているんだな。
4/5 18:17

と痛感せずにはいられないところなんだってこと。いまそれがすごいよね。同時にそこに存在するから。今までの時代はそんなことなかったよね。時間軸もしっかりあったし、タミングもあったじゃない。でもいまは時間軸がアセンションによってシフトアップしていくごとに(?)なくなって、まるで宇宙みた
4/5 18:18

いに、宇宙の多くのフィールドみたいな感じになってきているある地球のフィールド!これってすごくないですか?同時にそこにすべてが存在する地球フィールド!いままでこんなことなかったよね。5次元ではあったけど。すごいですよね~!!!!
4/5 18:19

いいね!した人

テーマ:


「いいね!」は相変わらず少ないですが、こっそりひっそり読まれている読者がとても多いStudio Benessere Rainbow Aliceのなう(ブログ)です。こっそりひっそり読者がとても多いのにも何か意味があるのでしょうね。こっそりひっそり読者の方々ありがとうございます^^
4/4 0:01

以前から何度かお伝えしていますが、自分はセッションやセミナーの時には3次元の自分でなくなることが多いので、3次元の人間の自分としての思考や価値観などがフリーズ状態になったりSTOPしてしまったり、一旦停止状態になっていることが多いです。ニュートラルというのかしら。無、空の状態。
4/4 0:02

しかし、人間の発言や行動を見ていないわけではないのです。説明が簡単ではないですが、愛や光につながると「NO」というものや「ジャッジ(恐れや不安←エゴからの否定)」といったものが一旦停止状態となっています。ほぼ。しかし、相手や周りの人間の言っていることやおこなっていることについて
4/4 0:05

目をつむっている状態でもありません。しっかり神さまにつながっている部分は見ていますので、それを後から思い出したり分析したり、人間として考えたり、光の存在たちと話し合ったりします。ちょうど「録画した映画をもう一度みる」そんな感じなのかもしれません。時間のない時には、光の存在や高次
4/4 0:07

宇宙から一部分だけみせられ、それについてどのように感じるのか聞かれたり、彼らなりの回答をくれたりすることも多々あります。先日もこんなことがありました。・・・その前に、自分は発する言葉と中身(内側)が一致していない偽りや表面的な言葉も嫌いだし(嫌いというかそれに価値があるとは思えな
4/4 0:11

い。真実の言葉ではないからね)言葉と行動が一致していないもの(分離しているもの)はもっと嫌いです。嫌いというかそれに価値があるとは思えない。真実ではないから。自分にとって''真実ではないものは価値がない'のです。特に人間のエゴがつくりだす偽りのものはね)・・・前置きでした。
4/4 0:15

先日こんなことがありました。自分は昔から困っている人を見ると自然と手を貸したくなる、「何か困ったことありますか?」と聞いたり、何かちょっとしたお手伝いをすることがごく自然なことで、困った人を素通りすることはできない場合がほとんどである。海外在住も長いし、ひとりでいろんなところを旅
4/4 0:18

していて困ったりした時、ほんのひとことふたことのサポートや知らない人たちに親切にされたことでどんなに嬉しくて、幸せを感じて、感謝したことか。こんなところからもきているのかもしれない。こんな話をしていたら、ひとりの方が、「私は困っている人をみても、自分のことは自分でしろ!て思います
4/4 0:20

。そんな風に育てられたから、自分のことは自分ですべきだと思う(から手を差し伸べない)」といったようなことをいわれて本当に驚きました。こういう人もまだこの世の中、人間界には多いのでしょうか?本当に信じられない言葉でした。皆さんはいかがですか?例えば駅とかどこかで困っている人がいたら
4/4 0:22

お手伝いしませんか?それが普通ですよね。違いますか?人間にもいろんなタイプがあるからよくわからないけど、「こんな冷たい人もいるんだ」と本当に驚きました。でももっと驚いたのは言葉と実際の生活の違いです。自分自身(Alice自身)も小さい時から親のサポートはほとんどなく、いろんなこと
4/4 0:23

を自分ひとりでこなしてきましたが、それと「困っている人を助ける」とはまた別の話なんですよね。そして、「自分のことは自分でやるように教育されたから、困っている人をみても自分でやれ!やるべきだ!と思う」と発言された方。その時には人間的な考えや思考が働かずその意見を「ふ~ん、そっか~」
4/4 0:25

といった感じで受け入れた?聞き流していましたが、今日その時のヴィジョンやいろんなものを見せられて、「とんでもない!」と3次元Aliceは感じました。大体このように威勢を張っている人?に限って、ご主人のお給料で好きなことやらせてもらっている、とか、わからないことがあったら、自分で
4/4 0:27

体験したり経験したりして、追求、研究せず、楽したいあまり手っ取り早く教えてくれる人たちのところにいろいろなことを聞きに行ったり、自分自身の内面や内側、潜在意識や魂のカルマなどにもしっかり向き合わず現実逃避したり、波動の高いエネルギーや純粋なクリアなエネルギーなどを許可なく奪ったり
4/4 0:28

取ったりして、それを自分のエネルギーだと思わせてエネルギーの着ぐるみを着ることで何かに向き合うことや感じることから逃避していたりする。「自分のことはなんでも自分でやる」そのように教えられたので、そのようにしている。困った人に対してもそのように思うから助けない。そんなことをいわれる
4/4 0:31

のなら、中途半端なやり方や言葉だけではなく、きちんと「自立した(できた)上で」このようなお言葉を使うべきではないでしょうか?例えば、自分で自分の生きるお金を稼いで、好きなことをする。これは自立の基本。もちろんこれだけではないけどね。まずは3次元ではこれ!でしょ。困った時や自分が
4/4 0:32

何か得たい時、情報が欲しい時なども、すべて自分の身体をもって体験し続け、経験を重ね、それを情報として発信する。これも基本。どこかに行ってお金を出して学ぶ、貴重な情報を手っ取り早くGETする、とかやめてね。こういうのは「真実ではない」場合も多いから。「自分のことは自分でやるべき」
4/4 0:34

なんてアレだけきっぱり!おっしゃられるのなら、他人にお茶入れてもらったり、何かを与えてもらっているのを当たり前の顔をして、そのような好意(行為)に甘えていないで、自分自身でなんでもしたらよいのになぁ~と思いました。そういう人が初めて言葉でいえることなんじゃないでしょうか?
4/4 0:35

自己探求や自分の深いDarknessと向き合い、それをキレイにする、浄化する、引き出してくる、才能や能力を開花させる・・・すべて自分自身でおこなわれる人があのような言葉は使えるのではないかなぁ~と思います。そしてもっと理解できないことは、このようなことを断言しておきながら、
4/4 0:38

またその自分の言葉と正反対のことをされるわけです。「Aliceさんがあんなことを言ったので」と。親切や思いやり、心から湧いてくる愛って、そんなものじゃないですよね。誰かに言われたから、とか、誰かに好かれたいから、どか。そして、「Aliceさんがおっしゃっていたから」といっておこな
4/4 0:40

った行動で「このようなものを頂いて、宇宙からのギフトだと思いました」ということで、その話を聞きながら、「さっぱり理解できん!」と再確認してしまいました。言葉と行動がバラバラ、ちぐはぐ、コロコロ変わる、分離している、断言したことと正反対のことをおこなう・・・まったく理解できません。
4/4 0:42

とにかく、言葉と行動が異なる方は当社でサポートさせて頂くことは不可能だと思います。波動やエネルギーがまったく異なりますから。まずはしっかり3次元で地に足をつけて生きておられる方、これが条件とさせて頂きます。以前からお伝えしております。ふわふわしたり、逃避するためのスピリチュアル性
4/4 0:44

は本物ではなく、偽りのものであって、本当のスピリチュアル性ではないと。3次元、現実をしっかり生きておられる方のみ、喜んでサポートさせて頂きます。グラウンディングがしっかりできていない方、自分軸がしっかりしていない方は、つながらなくてもよい変なところ、波動の低いところにつながっちゃ
4/4 0:46

いますからね。そして、このようなところを愛とか光だとか大きく勘違いされていらっしゃる方々もいるようです。しっかりグラウンディングできていない人や現実をしっかり生きていない人は、決して高次宇宙につながることはできません。これ、『宇宙の魔法』にも書かなかったっけ?3次元や自分を超越
4/4 0:49

できない人がどうやって高次のフィールドにつながったり、そこを超越していけるわけ?普通に考えてもわかることだよね。「真実を生きていない人がどうやって真実を語るわけ?」と一緒ですよ。「真実の中で生きていない人がどうやって真実の気づきを得るの?」も同じ。
4/4 0:52

今日書いた聖書の中にもありましたよね。「愚かな者は自分自身で、自分の愚かさを宣伝しているものだ」こんな文章だったと思います。愚かな者は謙虚さやリスペクトがないからね。こういう墓穴を掘ってしまうわけです。そして、もっと最悪は(これも聖書にあったね)、そういう自分に気づけないこと。
4/4 0:56

気づけないと変化できないからね。気づけない者は永遠に変化や変容、成長や進化はないってことになる。何のために生きているんだろう?ということにもなりかねない。「楽しむため!」なんていう人もいるかもしれないね。でも本当の魂の楽しみはエゴの楽しみとは違うってことも学んだ方がいいよ。
4/4 0:58

「親切は自発的にせよ」 親切な行いは、無理強いされてやるのではなく、自発的でなければ全く意味がない。(ピレモンへの手紙1章14節) ・・・ 探してないけど、本を開けたら、ナイスタミングでこのページが開きました。宇宙はやはりいつもパーフェクトだ!~感謝~
4/4 1:01

いいね!した人

テーマ:

 

 
【三つ子の魂百まで】ということわざありますよね。皆さんご存知でしょうか?
4/3 13:02
【The leopard cannot change his spots.(ヒョウは斑点を変えることはできない)】・・・こちらも本当その通り!!!です。昔の方々は表現方法が本当にお上手だったのですね。
4/3 13:03
「つねに自分に問いかけて行動せよ」社会の流れ(人間のエゴ)に呑み込まれてしまってはいけない。良心にとがめることがあっても、「みんなやっていることだからいいや」と妥協してしまうことがないようにしよう。何がよいことなのかを吟味し、「こんな時、神はどう思うだろうか」という高い視点を持っ
4/3 13:12
て行動できるように、日々、心を一新して、新しく始めよう。(ローマ人への手紙12章2節)
4/3 13:13
「自分の言葉に忠実に行動せよ」人からよく思ってもらいたいがために、自分のした親切な行為について、聞かれてもいないのに自分から話したがる人が実に多い。しかし、本当にその言葉どおりの実質をともない、忠実にそれを行い続けている人は、非常に少ない。誰でも思いつきや気分で、ときどきはいい
4/3 13:18
ことができるものだ。しかし、それをやり続けることが大切ではないか。自分の親切を他人に吹聴する者は、その言葉に忠実であるべきだ。しかし、どこに忠実なものがいるだろうか。蔵言20章6節
4/3 13:20
「感情をコントロールせよ」自制心を持ち、自分の感情を取り締まれ。それができない人は、城壁を壊され、押し入られた街のようなものだ。そこにはもはや守る力はない。人は自分の心を守れなくなった時敗北するのだ。(蔵言25章28節)
4/3 13:23
「正しく知る努力をせよ」何かに熱心になることはよいことだが、それについての正しい情報や知識がともなわないのに、ただ熱心なだけなのはよくない。知識のない熱心さは、多くの場合、性急さにつながるものだ。気持ちばかり高ぶって、地に足がついた地道な行動ができないからだ。それはつまずきの原因
4/3 13:30
だ。何事についても、ただ熱中するのではなく、まずはそれそのものを正しく知り、何をするべきかをしっかりと認識し、正しく努力をしなければいけない(蔵言19章2節)
4/3 13:33
「正しい情報に基づいて行動せよ」賢い者は、正しい情報に基づき、行動する。人からのまた聞きや噂話などによって動じることなく、正しい情報を得ているかを検証するまで、先走った判断もしない。ところが、深慮深さを身につけていない愚か者は、確かでもない噂を鵜呑みにして、独善的な思い込みによっ
4/3 13:38
て、軽率な行動をとる。それは、自分の浅はかさを宣伝する行為に等しい。しかし、それにさえ気づかないのだから、まさに愚か者である。(蔵言13章16節)・・・古代から人間の愚かさは全然変わりないんだね。まったく進化していない!それどころか古代の人間より人間の愚かさや波動の低さ、エネルギ
4/3 13:42
ーの澱みや濁りが強くなったのではないだろうか?昔は十戒や聖書に書かれていたことから外れたり過ちや罪を犯せば、すぐにそれなりの神からの反省やそれに対しての罰?のようなものを受けていたり、そのような習慣があったが、いまの人間社会ではそれさえもなくなってきている。自分を反省することさえ
4/3 13:45
しなくなっているし、そのような時間を自ら持とうとしない。人たちであふれかえっている。このままであるのなら、これからの日本や地球にさまざまなことが起こっても仕方ない、というか、神さまのお叱りを受けることになっても当然のことだと思う。人間が自ら作り出してしまっていることであるのだから
4/3 13:47
人間というのは、自分たちの身に何か起きない限り、反省をしたり、自分自身をしっかり見つめたりしない人たちが多い。社会という人間のエゴの流れに身を任せて毎日を過ごしている人たちが多いのではないだろうか。社会の流れに身を任せる、ということは、人間のエゴの流れに身を任せる。ということでも
4/3 13:48
ある。みんながこのような生き方を選択してしまった場合、人間の社会や日本、世界、地球・・・にどのようなことが起こると思いますか?(やはり何回かヴィジョンで見せられたあの映像が真実となってしまうのかもしれない・・・)
4/3 13:50
「はっきり悪事を指摘する」欲と快楽に身をまかせ、人に言えないような行為に恥るのではなく、むしろ、それらの行為が決して健全な実を結ぶものではないことを、他者にはっきりと指摘してあげられる人になりなさい(エペソ人への手紙5章11節)
4/3 13:54
「社会人としての責任を果たせ」 誰に対しても、支払うべきものは支払いなさい。社会の一員として、なすべき当然の義務を果たしなさい。税金を支払い、重んじるべき人を重んじ、敬うべき人を敬いなさい。(ローマ人への手紙13章7節)・・・「支払うべきもの」エネルギー交換のことでもありますね。
4/3 14:01
「自分のやってきたことはいずれ明らかになる」 神の前で隠れることができるものなど何もない。この世界の一切は、まるではだかのように、すべてが見透かされている。神とは、すべてを知り極める存在なのだ。この神の前で、人は、その行動のすべてについて、弁明をしなければならないときがくる。
4/3 14:04
(へブル人への手紙4章13節)・・・いつもお伝えしている「わかる人(存在、神)にはすべてわかるのです」。本人も知らないこと、本人がまだ気づけないこともすべてお見通し、見透かされているのです。いつもなうやブログでお伝えしていますね。「神とはすべてを知り極める存在」だから。
4/3 14:07
「つきあう友人を選べ」 誰と親しくするかは、あなたの人生に必ず影響を与える。だから、友というのはよく選ばなければならない。分別を身につけ、良識をわきまえている人と親しくなるなら、あなたはその人からよい影響を受けるだろう。しかし、愚かで道理をわきまえない者とつき合えば、あなたは必ず
4/3 14:12
悪影響を受け、結果的に自分が損することになるだろう。(蔵言13章20節)・・・友、人間関係や交流の際は、聖書にも書かれているように「よく選ばなければならない」。それによってあなたの人生は決まってくるといっても過言ではない。分別を身につけ、良識をわきまえているものは、そこに「リスぺ
4/3 14:14
クト」が存在するであろう。反対に愚かで道理をわきまえていない者は決して「リスペクト」はそこに存在しないのである。環境や人間関係、関わっていく人間というのはあなたの人生を方向づけ、決定してしまう恐れもある。くらい重要なもの。しっかり吟味し選択すべし。愚かで道理をわきまえていない者と
4/3 14:20
つきあう時間やそのような者に使えるエネルギーには限りがある、という「神との約束(事)」を思いだそう。それが「アセンション(次元上昇)」なのだ。次元上昇(アセンション)やシフトアップを望まない者やそのような人間がまだ存在している、といったことは誰の責任でもなく、その者たちの選択なの
4/3 14:26
である。自ら魂の滅亡を望んでいる者たちなのでだろう。輪廻転生を希望することなく、自らの魂がこの大宇宙からなくなることを望んでいるのであろう。成長や進化を破棄してしまった魂の集まりなのである。
4/3 14:28
「忠告しがいのある人とそうでない人」 人をバカにする者(リスペクトを知らない者)を注意しても、侮辱され自分がしっぺ返しを受ける。彼はあなたに感謝するどころか、逆に恨むようになるだろう。だから、そういう人とはかかわらないほうがいい。人を教えるとは、時として、言いにくいことも、はっき
4/3 14:33
りと指摘することだ。しかし、すべての人が耳に痛い言葉を受け容れられるわけではない。聞きたくない言葉であっても、それを喜んで受け容れる姿勢がある者こそ、知恵ある者と呼ばれるのだ。彼は理解を深め、成長し、ますますいろいろなことをわきまえるようになる。(蔵言9章7~9節)・・・このよう
4/3 14:37
なものこそが神の近くに存在することを許されるのである(神からそれを許可され、恩恵を受け、神の遣いとして選ばれる)。
4/3 14:39
神さまはすべてをお見通しである。人間自身、本人たちがわからないこと、気づけないこともすべて見透かされている。しかし人間たちは神を見ることができない(者が多い)。神のそばに近づくことを許可される者たち、神からの恩恵を受けることに選ばれた者たちだけが本当の神の姿を見ることができる。
4/3 14:44
「神の目(真実を瞬間的に見極める目)を持つこと(を許可される)」とはこういったことでもある。聖書にも書かれているように「はっきりと悪事を指摘する」勇気やそのような行為や行動を永年神のため、地球のため、宇宙平和のために続けているものが初めて神に近づくことを許可される。といっても
4/3 14:50
過言ではないだろう。「このようなことをいってしまったら、こんな風に思われる」「このような指摘をしたら、~される」「嫌われる」「仲間外れにされる」などといった自分中心的な考えや自分だけのことしか考えられない者、エゴや欲がまだたくさんある者には、神の姿は見えないし、神の領域に近づく
4/3 14:55
ことも許可されない。そんなに甘いもんじゃない。ってことだね。鳥居までは近づけても、そこから中に入れる人間、神の領域に近づける人間はそんなにいない。
4/3 15:13
今日もまた「奇跡中の奇跡のご報告」が届きました。素敵なご報告ありがとうございました。普通にシンクロニシティや奇跡やマジカルなことが起こってくること自体、奇跡ですよね^^ 神さまや光の存在たちから応援されている証ですね♪ 神さまに純粋に仕える者(純粋な愛で使える者)には信じられない
4/3 16:55
奇跡がたくさんやってきます。無限の愛や恩恵、御加護が次々とやってきます。これぞミラクル!これぞマジカル!毎日「奇跡の連続」です。「奇跡の連続」を当たり前と思ってしまわないよう深く感謝致しましょう。いままでよりいっそう謙虚な気持ちを思い出しましょう。すべてに感謝です。ありがとう!
4/3 17:00
「真実の愛の選択」「真実の光の選択」を勇をもって繰り返していると、次々と素晴らしい奇跡やマジカルがやってきます。「やはり神さまはすべて見ていてくれているんだ!」といった神さまからの恩恵や御加護も祝福として届きます。やはり人間(のエゴ)に認められるより、神さまや光の存在たちから応援
4/3 17:04
や祝福、恩恵や御加護を受けられる方がいいよね。こういったものは「魂の記憶」として「魂の勲章」として魂に、そしてアカシックレコードに刻み込まれることができるから、遥かなる時空を超えてももっていける唯一のもの。そして、遥かなる時空を超えても、そこで使えるもの。その続きを続けていくこと
4/3 17:06
のできる自らの身体や細胞をもって得た体験や経験といった真実中の真実の証である。(人からきいたもの、噂、本やインターネットなどで得る情報は''魂の叡智''ではないし、''魂の叡智''にもならない。それらが真実であるという証拠もないのである。こういったものに執着し支配されているのは、
4/3 17:11
人間のエゴのみである。人間のエゴ、恐れや不安といったようなものがあるから、このような真実かどうか明確にわからないような情報に飛びつき、そのような情報に振り回され、そのような情報によって本当の自分や自分であることを忘れてしまうのである。なんて人間は無限に愚かな生き物であるのだろう)
4/3 17:15
そんなに「真実」が知りたいのであるなら、永年「真実を生き抜いている人(存在、そのような魂をもった者)」に聞けばよい。教えてもらえばよい。「真実の気づき」は「真実を生き抜いている者だけに存在する」。「真実の気づき」は「真実の中にしか存在しない」のである(宇宙の魔法ーAliceより)
4/3 17:20
それを(そういったものを)見抜ける目や心、感覚や精神性、魂をもっていないから、フラフラしたりふわふわしたり、グラグラしたり、ぐるぐるしたり・・・しっかり自分軸といったものが定まらない。まるで居場所を失った浮遊霊のようである。最近そんな人間が少なくないようだ。
4/3 17:26

 

いいね!した人