ジェムリンガ

【ジェムリンガ】と【リュウジュ】は女性性を司る 温故知新なヒーリングジュエリー


テーマ:
須佐厳は ジェムリンガイベントで「性」のお話をするのと別に、
「巡禮記(じゅんれいき)お話会」 てのをやってます。
知ってた?
で、毎月2回ぐらい皆さんと一緒に
「巡禮記遠足」を開催して、全国の聖地を巡っています。

「ジェムリンガ創ったおっちゃんが何やってんの?」
よく眉間にしわを寄せて尋ねられるのですが、
なんでか? と言われますと。
須佐厳は、ギョーカイでは「先達(せんだつ)」と言われる職なんです。


宗教宗旨の壁がなくて、ご神仏さまの有難さを普通の人より
ほんの少しだけ多めに知っているだけの
「凡夫」つまり ふつうのおっちゃんです。
本職はデザイナーであり職人であり写真家であり
一流の商売人であります。

つまり神職でも僧侶でも霊能者でもありませんので
「凡夫」としての神様や仏様への向き合い方を
「凡夫」である皆さんの代表として先に立つ
ご案内係なんです。コンセルジュなんですね。

でも先達は成りたくて成れるもんではなく、
先祖から(平安時代から)引き継がれている家系に基づくもので、
勝手にそうなってしまいます。

途中で「神様勉強会」と呼ばれていたこのお話会を
「巡禮記お話会」に変えたのは
新興宗教みたいなお題にしたくなかったから。


で、その内容は、ご心配なく!
本来すべての人類に許されている信仰というものを、
何かに傾倒させたり支配、侵略しない、させないように
お話をしているだけです。

ですから人の意識の方向を、何かに傾倒させたり、
差別させている者や偏った協議みたいなものを、
その人の記憶からバラバラに分解するのも仕事です。
本来信仰というものは垣根がなく、
ものすごくグローバルなものだと思いますので。


例えば、お稲荷の狐の神様と、カトリックの天使さまが、

まったく同じ方ということ、
ケッコウみなさん知らないんですよ。

だからたとえば、誰かに天使信仰に傾倒させられて、
天使は好き!キツネは嫌い!と云ってしまったその時から
その方の人生、社会順応性が極端に失われて四面楚歌になっちゃう。
云わせた人はもっと短時間で大変なことになってる。実際。

それを、あかんやんか~と云ってあげる。
そんなのもごくごく一例・・・・


お話をしていて面白いのは、
話を聴きに来て下さる方によって、くるくる切り口が変わること。
ぼくが一番面白くて、楽しんでいるかもしれない。

一応お題は決まっているんだけど、
来てくださる方の温度や
「連れてきてくださっている」方からのリクエストによって、
お話の切り口やフィーチャーする場面が違うのかもしれません。

これを何回も続けながら、もっともっと、いろんなところに行って
ぼくも勉強してゆきたいと思っています。

信仰するということは、とても簡単に云いますと、
なんで皆さんの近くにかならず
混然と神社やお寺や教会などの
「信仰の場所」があるねん?ということなんです。 
「祈りの場」ですね。

さらにそれが何で数百年以上そこに在り続けて
さらにこれからも在るのかということ。

それらの祈りの場には途方もない数の
「うそのない祈り」があって
それがかなえられてきたからでしょ。

神社の境内が駐車場になることはあっても、
突然、お宮が消えてマンションになったりしない。
須佐厳はその説明をしてるだけだから、超シンプル。


たとえば成田の不動様にたずねたことがあります。
なぜそこに居られるのですか?と

気になる回答は・・・・!

左様、わしはここに居る
ずっと昔からここに居る
これからもここに居る

この意味が解りますか?
ここに居るから、いつでも逢いに来て、願いを立てればいい。
そのように言っておられるのです。

でも、最近はご神仏に「願いを立てちゃいけない」っていう先生まで

出てきちゃてるから大変だね。
個人的な願いを立ててはいけない僧侶や神官のマネをさせて、

生きることそのものが修行である私たち「凡夫」の、
生きる目標や方向性をひん曲げてしまうのだから、
どうしようもない困ったちゃんです。


それを憂い、

「正しい願いの立て方」をご案内するのが先達の本来のお仕事です。


ご神仏に対する信仰の厚さは、例えば「無信仰」もどうしようもないですが、
理解がないというのが最も寂しいし、「恐ろしい」。

つまり理解がなければ人としての信仰の個性すら出ない。
生き方の個性もつまづきが多い。
せっかくのすばらしい個性。出せてない人が多いねぇ~

ぼくは誰も思いもつかなかった、ジェムリンガという素敵なものを、
創らせていただいたというご縁があって、
女性の性のことをなりわいにさせていただいています。
でもね、
オトコとオンナの違いやの役割やのをあれこれと吟じる前に
人であることを学ばなくてはならないと思っています。

そんな「おもろい」お話、勝手にさせていただいてますが
聴いてくださってありがとう。

ちなみに皆さんが名前をよくご存じの
「経営の祖」と云われる方々。
ひとりとして、信仰のあり方が間違ってなかった。
それだけは覚えておいてください。

勇気出して(そんなに要らないけど)
逢いにいらしてくださいね

で俺は日頃どうしてるかって??
自分の商売が順風満帆に変遷してゆき
ご縁ある方々が性を謳歌して豊かななりわいをなされるように
常日頃から祈っていますよ。
「凡夫」らしく。

須佐厳 感謝


-------------------------------------
カウンセリングスケジュールは⇒ こちら

子宮委員長はるの子宮委員会





いいね!した人  |  リブログ(0)

ジェムリンガさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。