1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-10 12:00:00

ここで一句。 男女和合 きこえはいいけど 理想論

テーマ:ジェムリンガ論

 

ジェムリンガファウンダーの須佐厳です

あのね~
ジェムリンガやリュウジュのことを
皆さんのところでお話させていただくときに、


実は今までものすごい抽象的な表現を
してきたと思うんです。

「男女和合」とか
「夫婦和合」とか

たとえば、今、その相手がいない人もいるわけです。
冷め切った夫婦関係に悩んでいる方もおられるわけです。

その相手を求める途中で
「男女和合」を旗印にしてしまうと、

この言葉はトテモ美しい響きをもっていますから、
結果としてはよろしいのですが、

あまりにも美しいがゆえに
理想を追求してしまうようになってしまうんじゃないかな。


だからビジュアルに近いものだけで相手を見定めてしまう。
ありもしない「直感」に委ねる。

そんなことをしてると、
チャンスを逃してしまうこともあるかもしれませんね。

夫婦関係が冷めている方だったら、
ご破算にして、新しい相手を見つけようと走り出すかもしれません。

あかんやん。これ。

「和合」とは、男女の場合、
出合って、紆余曲折や、疑心暗鬼、暗中模索などなど、
おびただしい話し合いや、接触を繰り返した先に訪れるものでしょ。

短期間で燃焼してしまうものではなくて、
おそらく出会ってから生きている時間と同じ長さくらいの、
魂どおしの理想的なつながりだと思うのです。

その過程で、一番先に旗印にしたいのは、
「自分を知ること」
ではないだろうかと思うのです。

これはいたずらに気勢や波動を上げ続けると
生来の自分のキャパシティーのような「性能」すら
見誤ってしまいますから、
ますます見つけにくいものになってしまいますので、

現在の、素のジブン です。

まず女性であること、
受容体であること、
感性が豊かであること、
エネルギーの源であること、
森羅万象の一部であること、

これらの基本的で本能的なこと。

甘え上手(下手)なこと、
寂しがりなこと、
男勝りなこと、
親分肌なこと、
どこをどうすればどうなるかということ
これだけは止めて欲しいということ、

そんな個性に属するところですね。

もっとたくさん個人差に応じて枚挙できるでしょうし、
隠れていて見えないところや
トラウマに近いこともあるでしょう。

でもね
「自分を知る」ことができなければ、
相手への説明もおぼつきません。
自分を磨く方法もわからなくなるし、
生かせる方向に導くこともできない。
ご縁があった相手と、向きあうことも難しくなってしまう。

もちろん自分の事が解からなければ、
相手の事も理解できないでしょう。

ここで一句

「男女和合 聞こえはエエけど 理想論」
あかんやん。。。

「自分を知ること」というのは
簡単に書いているけど、実際はとても難しいですね。
いろんなヒーリングセッションが助けてくれることもあるけど、
なかなか芯の部分が見えてこない。

そいつが女性性の部分。

ジェムリンガやリュウジュは
まず、
自分を知ることをお手伝いできるツールだと思うのです。

その次に
あなたオリジナルの「男女和合」! 絶対にモノにしまひょ。

須佐厳

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。