鳩山由紀夫首相は22日朝、民主党の小沢一郎幹事長ら党側の要望を受け、すでに発表していた高速道路の新たな上限料金制の見直しを決めたことについて、「ずっと党と詰めてきたが、割引(財源)は見直した方がいいとなった。無料化の方向と矛盾しない形で、双方が理解できる形の決着をしていく」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 新制度では、高速道路料金の割引財源の一部を高速道路建設費に流用できることにしている。首相は「建設は行うというのが党の考えだ。建設と割引はそのままで、高速道路は無料化する方向に考えている」と語った。

 政策決定を政府に一元化するとする鳩山政権の方針と矛盾するとの指摘については「一元化の流れだから、政府が引き取って問題を見直す発想になった」と強調した。

【関連記事】
高速新料金見直しへ 政府・民主首脳会議で小沢氏要請、国交相反発
「高速新料金は8割の人が値上げ」 瀬直樹・東京都副知事
21年度の運輸収入が民営化以降で最大の落ち込み JR西日本
GW、国内線予約は2割近く増加 日航と全日空
谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<中国軍艦>沖ノ鳥島西方海域で活動中 公海南下した艦隊(毎日新聞)
<雑記帳>献血者に食パンと生卵 大阪でキャンペーン(毎日新聞)
タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
事業仕分け第2弾、151事業が対象に(読売新聞)
羽田空港に「世田谷みやげ」(産経新聞)
AD