鳩山由紀夫首相は12日昼、ワシントンで開かれる核安全保障サミットに出席するため、政府専用機で羽田空港を出発する。12日夜(日本時間13日朝)の夕食会でオバマ米大統領と隣席となる機会を活用して非公式に会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について政府の検討状況を説明し、5月末の決着に向け理解を求めたい考えだが、打開に向けた道筋は不透明だ。また、これに先立ち12日午後(同早朝)には中国の胡錦濤国家主席との会談も予定している。

 核安全保障サミットは、「核なき世界」を目指すオバマ大統領が開催を呼びかけ、核物質の拡散や核テロの防止について国際的な取り組み強化を話し合う。13日午前(同13日夜)から全体会合が始まり、47カ国の首脳(うち9カ国は代理)と国連など3国際機関が参加し、13日午後(同14日早朝)に政治宣言や作業計画を採択する見通し。首相は14日夜に帰国する予定だ。

 首相は12日午前、出発に先立ち、首相官邸で記者団に「(オバマ大統領に)普天間の経緯も申し上げたい。5月末までに結論を出すため、お互いに協力していこうと申し上げたい」と語った。【野口武則】

【関連ニュース】
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
学校耐震化:予備費で推進する考え示す…鳩山首相
鳩山首相:「私も毎日、切られている」 殺陣見学でぼやく
鳩山首相:白川日銀総裁と9日会談
鳩山首相:居眠り?休日返上でフル回転影響か 衆院本会議

<情報公開>「行政透明化検討チーム」設置へ 15日初会合(毎日新聞)
「変形労働時間制」残業代未払いで無効判決(読売新聞)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)
デフレ脱却へ、協調姿勢確認=鳩山首相と白川日銀総裁が会談(時事通信)
年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)
AD