最後の哲学者~SPA-kの不毛なる挑戦

このブログは、私SPA-kが傾倒するギリシャ哲学によって、人生観と歴史観を独断で斬って行く哲学日誌です。
あなたの今日が価値ある一日でありますように

何処でも無い場所へ行き、何でも無い物を持ち帰れ。
「…本当にありがとう。
何から何まで…。」

「大魔王サタン様と袂を分かってから数百年…。
人間界を徘徊してた不良悪魔の私にチャンスをくださったのはガブリエル様ですよ。
こんなことで恩返しが出来たなどととは…。」

「喫茶ロビンフッドを三界に名を轟かせるほど大きくしたのはバルバトスさんの手腕よ」

「その名前はやめてください。
今は紅茶を淹れ続けるロビン店長ですよ。」

「私もここでは三好真理亜塾長よ」

「店舗とライヴの収益は全額寄付させて頂きます。
しかし、真理亜塾長…。」

「ごめんなさい、もう少し意地を張らせてよ…。」

「…結局は私とバハムートは似てるのかもしれませんね、ガブリエル様も…。」
****
文化祭一日目は大盛況に終わり、二日目は喫茶ロビンフッドの臨時出店と、そこのウエイトレスさんの二人組ユニット「UN★でっど」の特別ライヴが行われた。
喫茶店ロビンフッドと「こちら側」を知る人間のお客様のみ事前告知されていて、私達は自分達の保護者や卒業生以外の来店に緊張したが、同じ様に模擬店やお化け屋敷を楽しんでくれて安心した。
そして…。

「それではこれが最後の曲です。
卒業したら人間界に出る娘、妖精界に留まる娘、様々な道を選ぶでしょうけど、若いみんなが大人になっても、この塾で過ごした思い出を忘れない為に…。
聴いてください。
ZONEさんで、
secret base~君がくれたもの~です!

「君と夏の終わり
将来の夢
大きな希望
忘れない
10年後の8月
また出会えるのを信じて
最高の思い出を…

出会いは
ふっとした瞬間
帰り道の交差点で
声をかけてくれたね
「一緒に帰ろう」

僕は 照れくさそうに
カバンで顔を隠しながら
本当は とても とても 嬉しかったよ
あぁ 花火が夜空 きれいに咲いて ちょっとセツナク
あぁ 風が時間とともに 流れる
嬉しくって 楽しくって 冒険も いろいろしたね
二人の 秘密の 基地の中
君と夏の終わり
将来の夢
大きな希望
忘れない
10年後の8月 
また出会えるのを信じて

君が最後まで
心から
「ありがとう」
叫んでいたこと
知っていたよ
涙をこらえて
笑顔でさようなら 
せつないよね
最高の思い出を…」
沙代理さんの歌声と明日香さんのピアノが切なく静かなバラードを奏でる中、それに釣られて勝手にステージに上がって踊り出したのは二号生筆頭の雨野うず女さんだった。続
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
正義感か義侠心か、はたまた只の自己満足かは解らないが、私はゆかりと白黒を着けたいが為に教官でありながら八連制覇にエントリーした。
だが、そのことは塾内ど特に問題にならなかった。
一般の塾生は限られた日程で八連制覇以外の準備に追われていたからだ。
それでも話題には事欠かなかったが。
その中心は私よりも、77年ぶりに萌慎艶戯塾二号生筆頭に復帰した雨野うず女だった。

「天照大御神を踊り天の岩戸から出した芸能の神」
こんなことは特に勉強しなくても日本人なら誰でも知っている。
しかし、私の目の前で看板に釘を打ったり、段ボールにガムテープを張り合わせてる至極普通の少女が、官能的と肢体と踊りを八百万に披露した魅惑的な女性とはとても思えなかった。
樹里亜さんやかごめさんほど男性的でもなく、ミラさんほど早熟なボディでもなく、湖々さんほど「腐」でもなかった。

しかし、誰からも好感を持たれそうな可愛さと、控えめで聡明な態度、時折みせるやんちゃな笑顔。
これでもしも神話通りに、得意のダンスの時だけ別人の様にセクシーになるかと思えば、彼女は萌慎艶戯塾の「萌」「慎」「艶」「戯」を見事に体現した優等生そのものだ。だから二号生筆頭なのだろうが…。

****
「ただ今より、第122回、萌慎艶戯塾文化祭『愕怨祭(がくえんさい)』を開催致します!」

司会進行は実行委員長の万谷湖々さん。
積極的に準備に取り組み、寧ろうず女さんの方が忠実に指示に従うようだった。

「それでは塾長より開会のお言葉を!」

「私が萌慎艶戯塾塾長・三好真理亜である!!」

「以上を持ちまして、三好塾長の開会の言葉とさせていただきます。
来場の皆様、この三日間十分にお楽しみくださいませ。」

****

かくして文化祭ははじまった。

来賓席のバハムート塾長はシレッと優男の姿で着席してたが、開会式が終わった途端に慌ててゆかりの元に駆け寄った。おそらく直ぐにチビ竜に戻ってしまうのだろう。難儀な体質だな…。

だが、私達も他人にばかり干渉してられない八連制覇は最終日のイベントだ。
今日は今日で成功させなければならない。
屋台のたこ焼きや焼きそばは勉強してきた通りに問題ないだろうが、萌慎艶戯塾最大の出し物は
「お化け屋敷」だ。
そう、妖怪の彼女達が、人間の姿から手作りのハリボテで「それぞれの正体」にコスプレするのだ。これには天界の役人の監査の目も気にならないし、一石二鳥だ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
塾長室で四選六道八連制覇に挑むメンバーと個別に1vs1の面談をする。
思えば人間界から教官として彼女達をスカウトしなければ、こんな日は来なかっただろう。
塾生に取って私は畏怖の対象でしかなかったのだろう。
おクネさんとすへ子さんを使役して、古臭い花嫁修業を押し付ける恐怖の塾長。

聖母マリアに受胎告知をした大天使ガブリエルとはほど遠い…。
私はいつから…?
バハムート、うず女…どうして…。

****

「どうぞ。」

「塾長。『六道』の内容をこちらで操作するのは名案です!
『剣道』『柔道』なら是非とも私にお任せを!教子師匠との修業の成果を見せつけてやります!」
(かごめ)

「期待してるわ。何の『道』かはまだ言えないけど、かごめさんの力を最大限に発揮出来る『道』を用意してるわ!」

「…真理亜塾長…。
私…を八連制覇に参加させてください!
男子塾の塾生と空手や柔道なんて考えただけで怖いけど…、人間なのに妖怪の塾に飛び込んだ洋法さんを思えば怖くありません!ピンチになったらこの毒針で一刺ししてやるんだから!」
(赤峰摩亜耶)

「入塾した時は右も左も解らない『お嬢様』だった赤峰さんが強い決心をしてくれて嬉しいわ。
貴女の芯の強さは山田さんもきっと解ってくれるわ。
でも、八連制覇はあくまで人間の姿での闘いだから気をつけてね♪」

「…塾長…私なんかでいいんですか?
私は確かに二号生筆頭代理ですが、ただの植物の妖怪マンドレイクですよ?
ガーデニングしか取り柄のない私なんかより、もっと体育の成績がいい塾生の方が…。」
(万谷湖々)

「湖々さん、心優しい貴女だから二号生は一つにまとまってるのよ。
ガーデニングしか取り柄がない?
十分な武器じゃない!
貴女に相応しい『道』で闘える秘策を教官方と詰めてるの。
安心なさい。」

「私…弟が怖い…。
いつの間にか羅漢塾の塾生代表になってるし…。」
(因幡ミラ)

「羅漢塾は間違いなく弟のアルさんを送り出してくるでしょうね。
でも、ミラさんが怖いのは本当にそれ?ここには私しか居ないわ。話して迷いを断ち切りなさい。」

「…思い過ごしかもしれないけど…弟のアルは…私を好きかもしれないんです…。
その…一人の女として姉の私を…。」

「『思春期の迷い』で片付けるには貴女に『必勝』が義務付けられてるわね♪」

「ゆかりの目を覚ますの私だ!塾生や教官とか関係ない!私が出る」(マツリ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。