テーマ:

”自分らしさ”という新しいフレームを創ろう

 

読者の方から、こんな声がありました。

「自分らしくありたいと思うのですが・・・
自分のことなのに、膜がかかったように
わからなくなる感じがあるんです」

実はこうした声は、これまでも何度か届いています。

自分らしさを大切に思うからこそ、
自分にとって”これだ”という何かに出会うことを、
多くの人々は夢見ているわけです。

しかしそうでありながら、
何が自分の望みかもわからないし、
どのようにすれば”これだ”というものを
見つけられるのか、

それすらもわからなくなる時があると思います。

私はこう考えています。
そろそろ新しいフレームで生きていいんじゃないかと。

脱「お約束フレーム」

解き放て

解き放て

人は嫌われることがないように、
居場所を失わないように、
ある枠組みの範囲で心地よい生活を求めているわけです。

この何らかの枠組み、
つまり「お約束フレーム」にそって世界を理解し、
お互いに繋がっているのです。

だけれども、この「お約束フレーム」は、
社会で最低限、孤立せずに済むためのフレームなんですよね。

和を乱すことなく、普通で居るには、どう振る舞えば良いのか
それを示唆しているにすぎないわけです。

さかのぼれば、親や学校から教えこまれたものです。
親もそのまた親から教えこまれています。

このお約束フレームでわかることは、
自分が何を期待されていて、どう振る舞えば好ましく思われるのか、
という一般論です。
そして何をしてはいけないのか、
どう振る舞うと悪い感情をもたれてしまうかという
禁止事項です。

こういう「お約束フレーム」「規範フレーム」にだけ従って生きていると、
これといって大きな危機にも出会わないでしょう。

我慢できないほどの不自由もないかもしれません。

だけど、何をすれば心からの幸せを感じることができるのか、
なんてことは、「お約束フレーム」「規範フレーム」は教えてくれません。

あるとすれば、
人は何について幸せを感じるのが”正しい”のか、という雛形にすぎません。

成績が良ければ幸せ、結婚すれば幸せ、子供を産めば幸せ、
仕事がうまく行けば幸せ、などなど。。。

このテンプレートだけでは、
「私の人生はこれで良いのだ」という心からの納得感には
出会えるわけがありません。
ある年齢をすぎてから、自分の人生に漠然とした焦りや疑問を
感じ始めることになります。

「あれ?なんだか心がざわざわする。。。」
「なぜだろう、どうすればいいのだろう?」

「たぶん、私は何かをやりたいんだ、
でも、やりたいことをやるにも、
何がやりたいのかそれも解らない・・・」

それはそうでしょう。

いままで何かしら
テンプレート的な幸せを指針にしてきたのですから。
自分らしく、好きなことをやってみようと思っても
いきなり、方向性が解るわけはありません。

「いいえ、くにさきさん、
私はそんなテンプレートな生き方をしていません!」

だとすれば、あなたの周囲にいる、
これからの人生をより楽しく生きることを
望んでいるひとに、
この続きの話を知らせてくださいませんか?

新しいフレームへの脱出!

そして歩き出す

 

 

私たちが
納得感のある人生を得るには何が必要なのでしょうか?

それには「自分らしい生き方を選ぶ練習」が必要です。




この記事の続きはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。