東京都足立区で2004年、小出亜紀子さん=当時(24)=の遺体が段ボール箱に入って見つかった事件で、警視庁は10日、遺族が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決を不服として、都が上告したと発表した。
 遺族は適切に捜査していれば殺害を防げたと主張。東京高裁は2月、捜査怠慢と殺害の因果関係を認めた上で、一審より賠償額を減額し、都に計1000万円を支払うように命じていた。 

【関連ニュース】
乳幼児殺傷、懲役22年確定へ=犯行時心神耗弱
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ
別の強盗致傷事件で再逮捕へ=千葉大生殺害、10日起訴
「別れさせ屋」に懲役15年=離婚させた交際相手殺害

「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁(産経新聞)
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映-刷新会議(時事通信)
トキ9羽死ぬ テンが襲撃、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
<沖縄密約>無利子預金調査 説明責任、果たせず 行政のずさんさ露呈(毎日新聞)
弁護士6600万円横領か=死亡女性の遺産管理中-愛知(時事通信)
AD