政府は23日、鳩山由紀夫首相が昨年10月に首相公邸へ転居した際、改修などにかかった費用は総額で約474万円だったとする答弁書を閣議決定した。高市早苗衆院議員(自民党)の質問主意書に答えた。内装補修と和室の床改修で約218万円、経年劣化に伴う内装補修で約195万円、故障した洗濯乾燥機2台の撤去と新規購入費で約61万円。いずれも内閣官房共通費から支出した。

 高市氏は主意書で、複数の国家公務員から得た情報として「内閣官房報償費(官房機密費)から約1000万円を使用し、(公邸の)風呂場の改修工事が行われた」と指摘したが、答弁書は「浴槽の清掃は行われたが、風呂場改修工事の事実はない」と否定した。

 改修費用を巡っては、自民党の与謝野馨元財務相が12日の衆院予算委員会で質問。首相は同日、記者団に「毎年のように総理が代わること自体を変えるのが、経費を節減する道だ」と述べるにとどめ、改修費には言及していなかった。【山田夢留】

【関連ニュース】
長崎知事選:「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相
鳩山首相:カレーライス食べ、新人議員らと懇談
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:支持率下落「謙虚に真摯に受け止める」
鳩山首相:「小沢氏は責任果たしている」

石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟-最高裁(時事通信)
何を入れて煮る?ダイヤ付き4200万の鍋(読売新聞)
<長崎県知事選>与野党対決 政党色薄め 21日投開票(毎日新聞)
五輪フィギュア 高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)
AD