和歌山県太地町のイルカ漁を批判的に取り上げた米ドキュメンタリー「ザ・コーヴ」の映画館や大学での上映中止が相次いでいる問題で、日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は15日、「言論表現の自由にとって残念な事態がじわじわと広がっている」と上映中止を憂慮する緊急声明を発表した。声明は「自分の考えと異なる意見にも耳を傾け、その発言機会を保障しよう」と呼びかけている。

【関連ニュース】
ザ・コーヴ:明治大での上映会中止
ザ・コーヴ:上映中止問題を考えるシンポ 550人が参加
ザ・コーヴ:出演者が来日 「上映をお願いしたい」
米映画:「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判
ザ・コーヴ:上映中止…抗議相次ぎ 渋谷の映画館

小林氏陣営会計担当に有罪=北教組違法献金事件―札幌地裁(時事通信)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
<はやぶさ>大気圏突入、本体燃え尽きる…カプセル分離成功(毎日新聞)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
宇宙ヨット 「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
AD