国内では、かつて洋酒の代名詞として君臨したウイスキーが、ワインにその座を奪われている。だが、世界的に日本のウイスキーはスコッチウイスキー、バーボンに代表されるアメリカンウイスキーなどとともに世界五大ウイスキーの一角を築くまでの存在となっている。世界的なウイスキーコンテストでジャパニーズウイスキーが最高部門賞を受賞するなど、世界の愛飲家から高い評価を受けている。(太田浩信)

 ◆ゼロからのスタート

 イギリスの専門誌『ウイスキーマガジン』による世界的コンテスト「ワールド・ウイスキー・アワード」が2月、発表された。日本からは、サントリー酒類の「響(ひびき)21年」がブレンデッド部門、ニッカウヰスキーの「竹鶴(たけつる)21年ピュアモルト」がブレンデッドモルト部門でそれぞれ最高賞を受賞。世界各国のウイスキーメーカーを対象に業界の発展に著しく貢献したとして、サントリー酒類が「ウイスキー・ディスティラー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 「もともと日本のウイスキーは品質がすごく高かった」と語るのは、スコッチ文化研究所を主宰するウイスキー評論家の土屋守さん。「今までは国内で飲まれるだけで、メーカーが海外にマーケティングしようということはなく、世界で知られていなかったと思う」と、ダブル受賞の快挙を解説する。

 しかし、スコッチやアメリカン、カナディアン、アイリッシュなどと比べるとジャパニーズウイスキーの歴史は浅い。寿屋(現サントリー)創業者の鳥井信治郎が、スコットランドで蒸留技術を学び後にニッカを創業する竹鶴政孝を招き、大正12年に山崎蒸留所(大阪府島本町)の建設に着手。ゼロからのウイスキー造りが始まった。

 ◆世界一の品ぞろえ

 手本にしたスコッチは、100ほどある蒸留所の個性ある原酒をブレンダーが組み合わせてウイスキーを造る。しかし日本にはない仕組みだ。「それぞれのメーカーが仕込みの条件、発酵、蒸留であらゆる方法を駆使。ウイスキーの出来を決める樽(たる)もミズナラなどさまざまな素材を使って熟成させ、あらゆるタイプの原酒を造り分けた。こうした努力で技術を磨き、研究を続けてきた成果が花開いた」と土屋さん。

 ディスティラー・オブ・ザ・イヤーの受賞を鳥井ら歴代社長の墓前に報告したサントリー酒類の水谷徹ウイスキー部長は「伝統と革新を言い続け、あらゆる面で労を惜しまない。そんな努力が実り、海外での評価を実感できるようになった」と顔をほころばす。 

 世界的なシングルモルト(ブレンドしていない原酒)のブームが続き、ロシアやインドなど新興国でもようやくウイスキー人気に火がつき、消費は拡大の一途をたどる。熟成に長い時間を要するモルトの将来的な品薄傾向も懸念される。

 土屋さんは「実は日本のバーはシングルモルトの品ぞろえが世界一。どこを探してもこんな国はない。本当にラッキーなことです。ぜひ1度味わってみては」と教えてくれた。

                   ◇

 ■ハイボールブームで出荷1割増

 日本洋酒酒造組合がまとめた平成21年のウイスキー移出数量(メーカー製造場からの出荷数量)は6739万リットルで、前年比10・6%の伸びを示した。人気の要因は各社が力を入れるハイボールブーム。価格も手ごろで若者を中心に支持されている。国産高級品も売れ行きが好調だが、土屋さんは「ウイスキーの本当の魅力を知ってもらわないとブームで終わる可能性もある」と指摘する。

 スコッチ文化研究所ではワインのように資格認定試験を実施し、ウイスキーの歴史や文化の知識を深めたい愛飲家育成に努めている。問い合わせは同研究所(電)03・5774・4142。

止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
旧軍施設跡の銘板 文案作成に総連“圧力”も(産経新聞)
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)
小林千代美氏「責め負わねば」「離党考えず一党員として活動」 辞職会見一問一答(産経新聞)
荒井氏を厳重注意=「事務所費の使途不適切」―仙谷官房長官(時事通信)
AD