日本、オーストラリア両政府は19日、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を外務省飯倉公館で開き、自衛隊と豪軍が食料・水、燃料などを提供し合う物品役務相互提供協定(ACSA)に署名した。日本が米国以外とACSAを結ぶのは初めて。国連平和維持活動(PKO)や人道的な国際救援活動、共同訓練などの際に適用され、日米ACSAのように武力攻撃事態や周辺事態を想定した規定はない。

 外務省などによると、カンボジアや東ティモールでのPKO、スマトラ沖大地震の災害救援などの共同作業で豪軍から人員や物資の輸送を求められても対応できず、豪側からACSA締結を求める声が強かった。

 ACSAに基づき航空機や船舶など装備品の部品を提供する場合、武器輸出三原則に抵触する可能性が生じるため、例外扱いとするために官房長官談話を出す予定だ。

【関連ニュース】
中央防災会議:3地震同時発生を想定 防災の日に訓練
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
シバザクラ:震災の傷心6000株 兵庫・西宮
余録:震災障害者

<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
<宇宙の種>まだ見つからない 再度の積み込みを協議(毎日新聞)
訪問介護員、「生活援助」ができない?(医療介護CBニュース)
郵政改革法案 衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
ニコン、「Wiiの間」とYouTubeで動画コンテンツ配信
AD