女子高校生にみだらな行為をし撮影したとして、島根県警松江署は12日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで、私立開星高校(松江市)教諭河合宣和容疑者(33)を再逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 再逮捕容疑は昨年2月10日、松江市のホテルで、当時16歳の女子高校生に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をしてビデオを撮影し、児童ポルノに当たるDVDを製造した疑い。
 河合容疑者は先月22日、同校体育館の女子トイレに侵入したとして逮捕され、建造物侵入と軽犯罪法違反の罪で12日に起訴された。 

【関連ニュース】
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
小6にわいせつ容疑、消防士逮捕=「たくさんやった」被害届10件超
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間
児童買春容疑で巡査部長を逮捕=14歳中学生にみだらな行為

名張毒ぶどう酒事件 惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)
「シカ肉食べないか」=逮捕の男、販売か-奈良県警(時事通信)
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円-警視庁(時事通信)
1人2200万円で決着へ=9日にも最終解決案-JR不採用問題(時事通信)
<行政刷新会議>事業レビューで公開基準決定(毎日新聞)
AD