バンクーバー五輪スピードスケート男子五百メートルで銅メダルに輝いた加藤条治選手(25)=日本電産サンキョー=が25日、出身地の山形市で凱旋(がいせん)パレード。観衆は握手を求めてオープンカーに殺到した。

 気温1度で雪も降ったが、沿道には約1万5000人(山形市発表)が集まった。加藤選手はメダル片手に声援に手を振って応え、市の表彰式では「応援の力でメダルを獲得できました」とあいさつした。

 母校・山形中央高も訪問。「スローガンの『条治を超えろ』のハードルを高くしてゴメン」と笑わせ、センバツ出場の野球部主将は「条治さんに負けぬよう夏も甲子園を目指す」と応えた。【浅妻博之】

【関連ニュース】
長島圭一郎選手:故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福
フィギュア:五輪8位入賞の鈴木、出身保育園で報告
バンクーバー五輪:話題の選手や競技「特需」は
バンクーバー五輪:国挙げて支援を 文科相に橋本団長懇願
バンクーバー五輪:浅田が再戦を決意、田畑は会社に感謝

公明・神崎元代表引退へ=衆院任期前に、坂口元厚労相も(時事通信)
<LDH賠償訴訟>旧経営陣らと和解成立(毎日新聞)
<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
努力足りないのは国会議員=信頼感の全国調査-中央調査社(時事通信)
<菅財務相>雇用対策を強調(毎日新聞)
AD