普通の男の挑戦記

30歳半ばにして妊娠した妻との散歩がきっかけで突然走り始め、突然トライアスロンを志し、「仕事」と「家庭」と「トレーニング」の無謀な両立に挑戦する普通の男の物語


テーマ:

「自分のいつもしている腕時計の絵を正確に書けるか?」


ある本でこんなフレーズを読んで自分でもトライしてみたが、上手く書けなかった。


おそらく正確に書ける人は少ないのではないだろうか。


時間を確認するために一日に何度となく目にしているはずなのに・・・・。


何が言いたいのかと言うと、人間の脳は見ているようで実は見ていない、見えていないのだということ。


要するに自分に関心のあること意外は盲点になって見えなくなったり聞こえなくなったりするということだ。


この盲点を外すには、物事を意識して抽象化してみる必要がある。


すなわち、「私」という人間を一段抽象化すると日本人、さらに抽象化するとアジア人、さらに抽象化して地球人という感じで視点をどんどん引いて行く。


すると視野が広がって全体を見ることが出来るようになるわけだ。


これを、この間の青山アスリートクラブのセッション「アスリートのための筋トレなしでパフォーマンスアップする方法」http://www.aoyama-ac.jp/seminar/20100320_001.html に参加されていた方々と当てはめてみる。


「アスリートとして強く速くなりたい」


という思いは無意識のうちに即効性の高い具体的なトレーニング方法を求めてしまう。


そこに自分の求めているような具体的な話ではなく抽象的、概念的な話をされた場合、


よほど抽象的視点を持った人でない限り理解不能に陥る。


より強くアクセルを踏んで、より大きなエンジンを積んで速く走るということ以外目に入らなくなっているから、


排気量を変えずにより速く走るためにフリクション(抵抗)を無くすというもうひとつの方法が完全に盲点になり見えなくなってしまうのだ。


速度がアクセル成分とブレーキ成分の力の合成で成り立っているという抽象思考が出来ないと理解できない典型例だ。


少々参加者の方々に失礼な言い方になるかも知れないが、あのセミナーの内容を理解するのはもう少し時間がかかるだろうなという印象だった。


トレーニングに対する抽象思考が出来るようになると、こんなに面白い自由な発想が可能になる。


http://ameblo.jp/ueharakazunori/entry-10447399630.html


面白い!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。