美女Linux

2010-07-20 15:57:02

killコマンド

テーマ:LPICレベル1(101)
killコマンドは、プロセスに対してシグナルを送信し、終了や強制終了などの
操作を行います。


■ 主に使用されるシグナル
HUP(SIGHUP)・・・ハングアップ
→シグナル番号「1」

INT(SIGINT)・・・割り込み
→シグナル番号「2」

KILL(SIGKILL)・・・強制終了
→シグナル番号「9」

TERM(SIGTERM)・・・通常終了
→シグナル番号「15」


■ 書式
kill [オプション] プロセスID


■ オプション
-シグナル名
-シグナル番号
-s シグナル名
-s シグナル番号


■ 実行例
プロセスIDの1500を強制終了する

# kill -9 1500
または、
# kill -SIGKILL



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

LPIC合格請負人 水口克也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。