新型 VW ポロ

テーマ:

GOLFの影に隠れているが、それなりのヒット作。


数年前、妻専用車を手配する際に真剣に購入を検討したことがある。

※ポロGTIの5MTで、ベースグレードではないです。


そう、女性が乗っていてもサマになるお買い物カーなのだ。


もちろん最も需要が高いのはハイトワゴン系の軽カーなのだが、それって街乗り限定ご近所スーパーと塾の送り迎えが基本よっ!って場合だと思ってる。お買い物だって高速を使ってちょっと遠出しちゃうような奥様には軽カーでは厳しい。


じゃぁどんな車がいいの?といえば、国産ではフィット、スイフト、マーチ、ビッツ、デミオなどだ...CVTが基本で燃費も良いです。それなりに走ります。ちょっと走りを楽しみたい場合はスポーツバージョンがありますから、そいつらを選んでね?ってことになる。(スバルを除く)国産各社は充実したモデル展開を行っている。


でも、つまんないんですよ。どれもこれも...みんな...軽のほうがいいんじゃない?と思ってしまう車種もあるし、スポーツバージョンはホントにスポーツなのでちょっと違うのが本音のところ。雑誌の提灯記事を鵜呑みにしてはいけない車が多い。


でも、なにがつまらないのか?


各社ただコンパクトを作っただけで走りに特徴がないんだ。

※こんなことを言ったら開発した人に怒られそうだけど...


お買い物カーで燃費重視!だからいいじゃないか...

というユーザーさんが普通だからいいんでしょうけど...


欲しいっ!!って思う車がない。


じゃぁそれがポロなら欲しいっ!!って思うのか??

それはNO!現行のポロは所詮低価格車なのだった。


ゴルフのコストパフォーマンスと比較すると「ちょっと高くないですか??」

と思えるようなペラペラな車だった。

ぶっちゃけゴルフを買わせるための当て馬か?と思ったぐらい(笑

※営業マンは苦い顔してました(爆


で、新型だ...昨今のVW定番メニューとなったラインナップ。

TSIとDSG。あとは車としてどのくらい愉快に仕上てあるのか??


MY LIFE with あうとばっきゅ


それ次第では国産コンパクトの強力なライバルになるかもしれない...

いや、なってほしい。でないと、国産コンパクトがずっとこのままだ...



----- 以下、記事転載


VW ポロ 新型、堂々デビュー

フォルクスワーゲンは新型『ポロ』を発表した。3日より開催するジュネーブモーターショーに出展される。5代目ポロはクオリティ、快適性、安全性を大きく引き上げて登場。欧州Bセグメントの新基準を確立する。


新型は『ゴルフ』に近いフロントマスクを採用。水平基調の薄型グリルやシャープなイメージのヘッドランプは、ゴルフの弟分といえるデザインだ。リアスタイルは現行ポロと雰囲気が似ているが、新形状のテールランプや凹凸のあるテールゲートが特徴である。


ボディサイズは全長3952×全幅1682×全高1454mm。現行ポロと比較すると、36mm長く、32mmワイド、13mm背が低い。ホイールベースも若干伸ばされた。室内は頭上、肩周辺、後席足元のゆとりが向上しているという。


インテリアはソフトタッチのプラスチック、ホワイトバックライトのスイッチ類、アルミパネルなどを採用して、質感がアップ。荷室容量は280-952リットル(VDA計測法)と十分だ。オプションでエアコン付きグローブボックス、MP3プレイヤー、タッチパネルモニター付きナビゲーション、3本スポークのマルチファンクションステアリングなどが用意される。


安全性の向上も大きなニュース。ボディ剛性の引き上げや各部の補強によって、前面衝突時の安全性は約50%、側面衝突時の安全性は約20%向上。ヘッドエアバッグやESPなどの安全装備は、全車に標準となる。また、ボディ剛性アップにもかかわらず、車重は現行比で約7.5%軽くなっている点も特筆できる。


エンジンはガソリン4、ディーゼル2の合計6ユニット。ガソリンは1.2リットル直4が最大出力60psと70ps、1.4リットル直4が85ps、新開発の直噴1.2リットル直4ターボの「TSI」が105ps。トランスミッションは5速MTが基本で、1.4リットルにはポロ初の7速DSG、1.2リットルTSIには6速MTが用意される。この1.2リットルTSIは、欧州複合モード燃費18.2km/リットル、CO2排出量129g/kmと、環境性能を現行比で約12%向上させた。


ディーゼルは新開発の直噴1.6リットル直4ターボの「TDI」で、最大出力は75psと90ps。トランスミッションは5速MTだ。ディーゼルには遅れて「ブルーモーション」を投入予定。1.6リットルTDIをベースにしながら、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量96g/kmと、5シーターディーゼル世界一の環境性能を実現した。


さらに、今回のジュネーブでは、ブルーモーションの第2世代を積んだ新型ポロを参考出品。新開発1.2リットル直3TDI(75ps)を搭載。アイドリングストップ機能、回生ブレーキ、低転がり抵抗タイヤ、15mm車高ダウンのサスペンション、エアロパーツなど、徹底的に効率を高めた結果、欧州複合モード燃費30.1km/リットル、CO2排出量87g/kmという世界トップクラスの環境性能を達成した。


新型ポロは3月末に生産がスタート。欧州では装備の違いによって、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」の3トリムが設定される。販売はドイツの6月を皮切りに、欧州全域へ展開。日本上陸も楽しみな1台だ。


人気ブログランキングへ ←よろしければ投票をお願いします!

AD