こんばんは

元アル中の
        健康管理士      さとみ      です


さ〜〜て、いよいよ始まりましたね〜〜、子ども達の大好きな夏休みが〜〜


なぜなのかって、分かりますよね〜!


子ども達は待ちに待った楽しい楽しい夏休みですが、ママ、お母さんにとってはチョット悩みものですよね〜
{EBE0E0DE-6097-46CC-BE75-EC34727437F8}




やっと小学校に入学して、お給食が始まり、1日のほとんどを学校で過ごしてくれる。


それまでとは違い、ママ達もやっと自分の時間を持つことができて、パートに出たり趣味の時間が出来たりと、ヤッターでしたよね


あ、何だかネグレクトの親みたい?


決して、決してそうじゃないんですよ


そりゃあ、子どもは可愛いですよ


でもね〜、40日もお休み、40日もお家に毎日毎日いてくれる?なんて.....

毎日の食事やおやつのことを考えるだけでも

私には3人の子どもがいるんですが、子ども達が学校に行ってる頃は、夏休みなんかなければ良いと思ってましたよ


ただでさえ狭い家が、どんどん狭くなってくるんです。
なぜだと思います?

子ども達が、どんどん大きくなってるから!

そんな私よりデカイ子どもが毎日、、毎日家にいて、暑いし、掃除が出来ないし、ご飯食べたがるし、その上、おやつだジュースだと、私はワ〜って、       アル中が酷くなりましたとさ


これは私の経験上なんですが
ちょっと気をつけたいのが、子ども達の食事やおやつなんですヨ!


特に、両親が共働きで、学童に行ってないお子さんですね。


小学校も高学年になると、学童にも行かなくても大丈夫かと思いますが。


そんな年頃、自分で何でも出来るようになって来てる年齢だからこそ、注意が必要だとも言えますよね。


それは、食事も自分で買ったり作ったり出来ちゃうし、おやつだって、コンビニで買って来れちゃう


水分補給しなさいと、親からうるさく言われてるからって、コーラや甘いジュースばかり選んで飲んでる。



そうじゃないですかー


これは小学生に限ったことではありませんけどね。


もちろん、そんな親御さんばかりではないし、そんなお子さんばかりでもないですよ。


そして、たまにはあるかも知れません。


まだ、栄養の重要さ、食べ物の良い悪いの判断なんかついてません。


甘いお菓子やスナック菓子のカロリーなんか、知りもしません。


ダイエットに気をつけて欲しいのではありませんよ。


子どもの頃からの糖質依存に気をつけて欲しいのです。



糖質の摂り過ぎは、肥満に繋がります。

また、アトピーなどのアレルギーの原因や悪化に繋がります。


精神的にも、気分の上げ下げが大きく変わります。


まだまだ食べ盛りのお子さん。

お腹を満たすためには、炭水化物を食べてもらうのが簡単かと思いますが、その前に野菜たっぷりのスープや味噌汁などを食べたら、もうお腹いっぱいに....ならないか


親御さんがそばにいても、なかなか難しい年齢になってきますからね。


自立心も大事ですけど、間違った方向に行かないように指導しなくてはなりません。


それには、ご両親の日頃からの生活習慣、食事や運動などが見本になると良いと思うのですが


夏休みだからと、口うるさく言うよりも日頃からの生活がしっかりと出来ていれば安心です。


親御さんが忙しいからこそ、手間をかけずに、安全に健康に夏休みを過ごして欲しいと思います。


気をつけよう、夏休みの糖質依存と甘い声


それではこの辺で

今日も有難うございました

またのお越しをお待ちしております

おやすみなさい










AD