「交際クラブ」とは何か? 

なぜ今、女性の間で「パパ活」がブームになっているのか?


既存の「交際クラブ」への潜入取材を通じて、

少しでも皆様の役立つ情報を提供できれば幸いです。

  • 26Jul
    • 第13回 交際クラブ潜入取材レポート「デート編その4」

      ▼セッティング時に、クラブに事前に聞いておきたいこと。前回のブログでは、女の子が男性に対し、何を求めているかを把握する重要性をお話ししました。今回は、話は前後しますが、セッティングの際に、事前にクラブに確認しておくべきことについて、お話ししてみたいと思います。これは、どこの交際クラブを利用するかにもよるのですが、まずはセッティングの際に、女の子が「入会面談で何を話していたのか」を聞き出すことをオススメします。聞き出す情報は以下のとおりです。①大人の交際に積極的か否か?②積極的な場合、どの程度のお手当を希望しているか?③交際期間は短期or長期?これらを事前知っていれば、ある程度、こちらも心の準備ができますし、作戦も立てやすいです。しかし、クラブによっては大人の交際に関しては一切関知しないというところもあり、例えば最大手「U」は②の質問には絶対に答えてくれません。ただ「U」の場合は、各女の子に“交際レベル”という情報が記載されていて、それである程度の積極性は把握できます。①食事のみ②2回目以降③フィーリングが合えば初日から、④男性次第⑤積極的に大人の交際希望(のようなニュアンス)上記5段階に分類されています。つまり④⑤の場合は、かなりの覚悟を持って、女の子はデートに望んでいるということになります。逆に大手「G」「V」などは問い合わせをすれば、②の質問にも具体的に答えてくれますが、“交際レベル”の表記はないため、その都度メールや電話などでクラブに確認する必要があります。「会ってみたら食事のみ希望だった」というのでは、がっかりする人もいると思いますので、事前に必ず確認することをオススメいたします。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。この記事が少しでもお役に立ちましたら「いいね」ボタンクリックをお願いします。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      11
      1
      テーマ:
  • 07Jul
    • 第12回 交際クラブ潜入取材レポート「デート編その3」

      ▼互いの思惑と利害が一致することが重要前回は、初デートでもっとも重要な話題は、互いの交際クラブ入会の動機であることをお話しました。理由は互いの思惑と利害が一致しなければ、そもそも交際に発展しないからです。今回は、ではどうすれば、女の子の思惑と利害を知ることができるのか、私の失敗を踏まえた上で、考えてみたいと思います。これは言うまでもありませんが、相手の思惑と利害を聞き出すのはそう容易なことではありません。ましてや、お互い初対面。第9回でもお話したように、女の子大きな不安を抱えています。まずはそれをほぐすことが先決です。なので、初めにこちら側が安心できる人間であることを相手に伝える必要があります。ある程度自分の身分を明かし、自慢にならない程度に仕事の内容を話し、普段の生活スタイルの話題などを通じて、自分は危険な人物ではないことを知ってもらいます。そして「どうして交際クラブに入会したんですか?」の質問に対する答えは、基本的には「遊び人」のように思われない、「友達の紹介」などと答えるが無難です。さらに「交際クラブは初めてで緊張している」と加えれば、女の子も同様に思っているので、相手に安心感を与え、尚且つ共感を誘うことができます。▼女の子の本音を探るべしここからが肝心になってきます。女の子が自分に対して、何を、どの程度求めているのか?女の子はどこまで覚悟を決めているのか?これらを知る必要に迫られます。そしてこれらを知るためには、女の子のことをなるべく具体的に知らなくては判断が難しくなってきます。いきなり女の子が「お金に困っているんです!」などと、正直に明かしてくれるとは限りませんからね。中には、本当はお金に困っていても見栄を張る子もいます。従いまして、まずは職業、生活タイトル、趣味、価値観、家族構成など、なるべく多くの情報を引き出し、そこから女の子の思惑を類推することになります。もちろん、女の子の中には、あまり自分のプライバシーは話したくないという子もいますので、その辺は押し引きが必要ですね。私が会った女の子は、・会社員・転職したばかりの研修社員・引っ越したばかりということで、根本的にお金に困っている可能性が高いことがわかりました。つまりこの子は、ある程度の覚悟を決めていて、相手次第では、お金を貰うつもりで、この場に来ている可能性が高いということが、ある程度推察できます。そして、大人の交際に前向きなのか、それとも食事代1万円だけが目的なのか、さらに探る必要があります。とは言え、私がそれを理解したのはずっと先の話です。私はそのとき考えていたのは、調査のことばかりで、「女の子がなぜこの場といるのか?」ということには、まったく思いが至っていませんでした。完結にまとめますと、交際クラブを通じての初デートで重要なこと。①安心感を与える自己紹介②なるべく相手の情報を引き出し、女の子の思惑を探る③大人の交際に前向きかどうかを探るもちろん初デートは食事と自己紹介だけで、「面倒な話は次回でもいいだろう」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、それではダメなのです!なぜダメなのか?それは次回記したいと思います。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。この記事が少しでもお役に立ちましたら「いいね」ボタンクリックをお願いします。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      4
      テーマ:
  • 22Jun
    • 第11回 交際クラブ潜入取材レポート「デート編その3」

      ▼「どうして交際クラブに入会したんですか?」前回は、初デートはお食事デートが無難であること、そしてまずはどうして自分が選ばれたかを女の子は質問してくることをお話ししました。今回するお話は、初デート時、お互いフィーリングに問題がなければの話です。第一印象で女の子の気に入られていない場合は、会話で挽回するより他ありません。それを踏まえた上で、今回はもっとも本質的かつ核心的な話題。「女の子が、どうして交際クラブに入会したのか?」という話です。当然と言えば当然なのですが、これがもっとも互いにとって重要な話題です。なぜかと言うと、これはお互いの思惑、もしくは利害に直結する話だからです。交際クラブとひと口に言っても、そこに求めるものは人それぞれです。男性であれば、ただ単に若い女の子と食事できればいいと思っている人はおそらく少数派。その後を期待する人が大多数ででしょう。もしくは、愛人契約を結びたい人もいるかもしれません。女の子も同様です。普段自分では行くことのできない美味しい食事と、交通費がもらえればそれで満足という子もいれば、お金に困っている子、あるいは何かの目的のためにまとまったお金を必要としている子もいるかもしれません。従いまして、交際クラブで初デートをする上で、「どうして交際クラブに入会したのか?」という話題は、もっとも重要であると同時に、今後付き合いを続けられるかどうかの分岐点にもなっているのです。しかし、私がその重要性を理解することになったのは、もっと先の話です。そのときの互いの答えは「友達に教えてもらったから」というもので、私は重要性を理解していなかったため、それ以上深入りすることもなく、すぐに別の話題に移りました。これは完全な失敗です。いずれにしても、交際クラブで知り合った女の子と長くお付き合いしたのであれば、交際クラブ入会の動機、その重要性を十分踏まえる必要があります。次回は、失敗を踏まえた上で、失敗しない方法について、もっと具体的にお話したいと思います。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。この記事が少しでもお役に立ちましたら「いいね」ボタンクリックをお願いします。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      4
      テーマ:
  • 15Jun
    • 第10回 交際クラブ潜入取材レポート「デート編その2」

      ▼いつも綺麗にお使い頂きありがとうございますどの交際クラブも、ホームページの男性入会資格にこのような記述があります。「経済的・精神的に余裕のある方」いろいろな女の子とデートを重ねる上で、当然自分の思い通りにならないことも出てくるわけです。むしろ思い通りにいかないことの方が多いかもしれません。女の子に対し、会っていきなりホテルに誘うのは失礼に当たる場合もありますし、食事後、誘いを断られたとしても腹を立ててはいけないということですね。つまり先述した入会資格の記述は、よくトイレなどに張られている張り紙、「いつも綺麗にお使い頂きありがとうございます」と同じように、クラブから男性会員にクギを差されているというわけです。「お客様、わかってらっしゃいますよね?」ええ、もちろん、わかってますとも。そんなわけで、初デートはレストランを予約していたので、まずはそこに向かいます。席について、料理を注文。そして、お互いに簡単な自己紹介。▼「どうして私を選んでくれたんですか?」まずは交際クラブで初デートの際、多くの女の子が、一番最初に口にする質問がこれです。よほど「自分はオファーを受けて当然」という子でもない限り、これを真っ先に聞いてきます。いわゆる承認欲求というやつですね。私の本音は「よく喋ってくれそうだった」からです。あくまでも潜入調査なので、相手が無口ではどうにもなりません。ですが、もちろんこれを正直に言うわけにはいかない…。そこで私は「笑顔が素敵だと思った」と答えておきました。そして更に「殆ど迷わずに決めた」とも添えました。何だか騙しているようで悪いのですが、相手を気分良くさせ、いろいろ話を聞き出したいところです。しかし、私は次の話題で大きな失敗を犯すことに…。次回はその失敗についてお話しいたします。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。この記事が少しでもお役に立ちましたら「いいね」ボタンクリックをお願いします。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      1
      テーマ:
  • 07Jun
    • 第9回 交際クラブ潜入取材レポート「デート編その1」

      前回、無事女の子とのセッティングを終え、デートにこぎつけることができました。いやぁ、ここまで長かったです。まずデートの前日と当日に確認のメールが送られてきました。待ち合わせの時間と場所、女の子名前(仮名)が記されています。おそらく女の子にも同様のメールが送られていると思います。そして、これは入会面談時にも言われていたのですが、女の子には必ず交通費として1万円支払うことも、重ねて記されていました。交際クラブはお金のかかる遊びです。これはあくまでも例ですが、入会金5万、セッティング料3万、交通費1万、食事代1万もしその後があるのであれば、ホテル代数万、謝礼数万…。一般人にはなかなか手の届かない遊びですね。いよいよ当日、夜に待ち合わせ時間の15分前に約束の某所に到着。潜入取材という後ろめたさもあるせいか、かなり緊張しました。クラブが事前に、私の携帯番号を女の子に伝えてあるので、女の子が待ち合わせ場所についた段階で、彼女から私の携帯に電話がかかってくるとクラブから説明を受けていました。約束の時間になると、私の携帯に着信が!電話を取ると、若い女の子の声で「すいません、今着きました!」と元気に告げられました。明るくていい感じの子です。▼女の子は待ち合わせ場所に着くと、通知ありで電話してくる。てっきり非通知でかかってくると思いきや、番号通知有りで女の子は電話をしてきました。従って、この時点で事実上彼女と電話番号の交換をしたことになります。なぜこのようなシステムなのか?男女ともにいきなり電話番号の交換をするのは都合が悪い人もいるのでは?そんな疑問を抱えながら、まずは自己紹介。声の印象と同じように、ハキハキと話す、とても元気で明るい子です。事前にレストランを予約していたので、まずはそこに向かいます。▼女の子はみんなかなり不安歩きがてら、女の子が突然お礼を口にしました。「お気遣いありがとうございました!」そういえば、私はデート前、レストランを決める際、クラブを通じて「何か苦手な食べ物はありますか?」と彼女に確認していました。当然と言えば、当然のことなのですが、それが嬉しかったようです。そして彼女はこう続けます。「どんな人が来るのかとても不安でした。でもお気遣い頂けたので少し安心しました」なるほど…。確かに言われてみると、男は女の子写真やプロフィールを見て、事前に情報を得ていますが、女の子は男の年齢、仮名、職業などごくわずかな情報しか得られていない状態で待ち合わせにやってきます。それは誰だって不安になるでしょうね。冒頭からとても参考になる話を聞くことができました。それでは続きはまた来週、6/14水曜日更新です。

      2
      テーマ:
  • 31May
    • 第8回 交際クラブ潜入取材レポート「セッティング編④」

      セッティングがなかなか成立しない場合、おそらく理由はふたつ。①登録が古い女の子(実際にはもう稼働していない可能性あり)②男性側が日時を指定した場合は、女の子と都合が合わなくなる可能性が高い。人間は失敗から学ぶものです。なるべく登録が新しい子を選び、女の子の都合に合わせる方向に作戦を転換することにしました。そして依頼をする際は、複数の女の子を一度に指名することも重要ですね。※一度に指名する人数が多すぎると、クラブによっては断られるかもしれません。3度目の依頼の翌日、ひとりの女の子から複数の日時を指定されました。私もすかさず、その中からひとつを選び、即返信!するとようやくクラブから「待ち合わせ仮決定」のメールが届きました。入会から1週間以上…。何だか会う前から疲れてしまいましたが、まずはひと安心です。あとは、「待ち合わせ場所」を決めれば、ようやくセッティングが完了します。これは問題なく某所に決定しました。これで当ブログの「セッティング編」もようやく終わりを見ます。私は仕事なので、根気強く対応したつもりですが、純粋に普通のお客さんとして、初めて交際クラブ利用される方は、いったいどうされるんでしょうね…。今回はA社でしたが、他の交際クラブにも潜入取材が必要なようです。次回はいよいよ女の子とのデートです!行ってまいります!それでは続きはまた来週、5/31水曜日更新です。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。この記事が少しでもお役に立ちましたら「いいね」ボタンクリックをお願いします。

      1
      テーマ:
  • 24May
    • 第7回 交際クラブ潜入取材レポート「セッティング編③」

      ▼女の子はみんな忙しい??交際クラブに無事入会したものの、セッティングを依頼したら、立て続けに「女の子と連絡が取れませんでした」という事態に…。しかし、私の闘いはまだ始まったばかり。今度はなるべく最近登録した女の子を、1人ではなく、一度に3人選んでセッティングを依頼してみました!もちろん、希望の日時と会える場所も忘れずに伝えました。すると今回は依頼をした翌日にクラブから返信が。「申し訳ございません。ご指定の3人に連絡をしましたが、残念ながら、スズキ様(私)ご指定の日時で都合の会う女性はいませんでした。大変恐れ入りますが、別の女性にてご検討頂ければ幸いです」上の文面は、メールの一文ではありません。メールの全文です。正直言って、これには憤慨!一日待って、これだけですか?私が指定した日時で、3人ともNG…それはわかります。ですが、再チャレンジ的な制度はないのですか?まだ別の日時を指定することだってできるのに、「別の女性をご検討ください」とは…。ただ、冷静になって考えてみれば、私とは会いたくないと女の子が拒否した可能性もあります。もし日程の都合が理由なら、こちらから日時を指定するのではなく、向こうに指定してもらい、私が都合を合わせればいいのでは!初めからそうすればよかった…。3人の女の子をピックアップし、みたび、クラブに電話。私「女の子の都合に合わせますので(切実)宜しくお願いします!  できれば複数の日にちを提示してもらえるとありがたいです!」クラブの手際が悪いのか、私がもっと要領良く立ち振る舞うべきだったのか。読者の方から見れば、きっと後者なのでしょうね…。それでは続きはまた来週、5/31水曜日更新です。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。この記事が少しでもお役に立ちましたら「いいね」ボタンクリックをお願いします。

      テーマ:
  • 10May
    • 第6回 交際クラブ潜入取材レポート「セッティング編その2」

      ▼たった数カ月で、状況は大きく変化する。前回、クラブにセッティングを申し込むも、「女の子と連絡が取れませんでした」という結果に終わりました。仕事なので、この程度でめげるわけにいきません。再度、女の子をひとり選んでクラブに電話。その結果…。第5回「セッティング編その1」でお話した内容が繰り返されました…。またもや「女の子と連絡が取れませんでした」ということです。最初にセッティングの依頼をしてから、すでに5日が経ちました。▼いったい何故このようなことが起こるのか?「男性会員専用ページ」を見ると、たくさんの女の子の写真がズラリと並んでいます。1ページに数十名程度、次のページ、また次のページへと延々続いていきます。気になる女の子をクリックするとプロフィール画面が表示され、詳細を見ることができますが、一人ひとり、すべての女の子を見ていたら、それだけで一日が終わってしまいそうです。よく考えてみたら、私はこれまで2回とも10ページ目前後の女の子を選んでセッティングを依頼していました。女の子の表示の順番は、おそらくクラブへの入会順だと思います。つまり、ページが深くなるにつれ、以前に入会した女の子へと遡っていくことになります。【1ページ:最近登録したばかり】 ⇔【10ページ:半年前に登録した女の子】※上記はあくまでも例えです。今回はたまたま運が悪かったのか、それともクラブ側が、いわゆる「商品管理」を怠っているのか、判断が難しいところですね。たった数カ月の間で、状況は大きく変化します。その間に彼氏ができる子もいれば、引っ越しをする子もいるでしょう。「パパ活」自体に興味を失う子だって、中にはいるのかもしれません。次回はセッティングに失敗するもうひとつの理由ついてお話しいたします。5/17水曜日更新です。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      1
      テーマ:
  • 03May
    • 第5回 交際クラブ潜入取材レポート「セッティング編」

      ▼セッティングとは?セッティングとは、交際クラブに女の子を紹介してもらい、互いの都合をすり合わせ、待ち合わせを調整することです。料金は会員ランクに応じて、各クラブ設定されているようです。A社は、完全前金制なので、午前中にうちに銀行振込を済ませました。さっそく好きな女の子を「男性会員専用ページ」からピックアップしてクラブに電話。メールでも申し込みできるようですが、せっかくなら、スタッフの方から直接お話を聞いてみたいところです。電話に出てくれたのはやはり女性でした。仕事とはいえ、やはり胸が高鳴ります。▼コールセンターと商品案内対応は、ひと言でいうと、まるでコールセンターのような感じでした。通信販売で商品を購入する際、皆さんもコールセンターに電話をする機会があると思います。あれと同じような感じです。女性スタッフ「女の子の会員番号を教えて頂けますでしょうか」私「********です」女性スタッフ「佐藤花子さん(仮名)ですね。         それでは簡単にご紹介いたします。         この方は○○県出身、○○在住、職業は○○。        性格は明るく、気遣いができて……云々」まるで商品案内を聞いているような感覚に陥りました。それも結構早口…。胸の高鳴りが急速に収まっていくのが自分でもよくわかりました。男心がわかっていない…。とりあえず私の空いている日時と、会える場所を伝えました。女性スタッフ「それではこちらから花子さんに連絡を致しますので        少々お待ちください」それから3日後……クラブからメールが届きました。「佐藤花子さんに連絡を致しましたが、 残念ながら連絡が取れませんでした。 申し訳ございません」そうですか…なるほど。3日も待たされて、なぜ、このようなことになってしまうのか?次回もセッティングについてお話しいたします。5/10水曜日更新です。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      2
      テーマ:
  • 26Apr
    • 第4回 交際クラブに潜入取材ルポ「入会面談編③」

      ▼客も女の子もランク付けされている前回は交際クラブがどのように男性客の個人情報を扱っているかについてお話ししました。今回は男性客と、クラブに登録している女の子の「ランク付け」について、面談でクラブの女性スタッフから聞いたことを記したいと思います。まず男性入会客と、クラブに登録している女の子には、それぞれ「ランク」が設けられているとのことです。ランク名は仮の名称ですが、男性客は入会金に応じて、下記のように分類されます。松:入会金○十万円竹:入会金○万円梅:入会金○万円 女の子は入会金はもちろん不要です。こちらもランク分けされています ※下記はあくまでも例えです。金:タレント・モデル銀:客室乗務員(スチューワデス)・女子大生銅:普通のOLなどちなみに女の子たちは自分がランク付けされていることは知りません。会った時に男性会員がそれを話すこともNGだそうです。▼男性会員は自分と同ランク以下の女の子にデートを申し込める「松ランク」の男性客は、「金・銀・銅」すべての女の子の紹介可能。「竹ランク」は、「銀・銅」の女の子「松ランク」は、「銅」の女の子のみといった具合です。さらに各女の子には、いわゆる「パパ活」をしている女の子もいれば、食事やデートのみの交際を希望している女の子もいるそうです。男性客は自分のランクと要望に応じて、女の子を紹介してもらうというわけですね。実際に会って、どのような交際に発展するかは、やはりお互いのフィーリングなどにもよるようです。私は面談の場で入会金を、クラブの女性スタッフに手渡し、無事入会(潜入成功!)することができました。どうやら特に怪しまれてはいない様子です。* * *次回は、クラブにセッティングを依頼してみたいと思います。仕事とはいえ、かわいい女の子に出会えるのは、やっぱりわくわくするものですね。来週水曜日5/3に更新致します。今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。また次回もご訪問頂ければ幸いです。

      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。