ナナの日記♪ 

ごく普通のナナが ごく普通の毎日を ごく普通の日記に します。 ただ一つ違ったのは ナナは・・・だったのです。


テーマ:

クリスマスイヴ

部屋から出てきたダーリンが
突然
 「出かけるよ」

このまま出かけたら

クリスマスは帰ってこないかも
そう思って あわててしたくする

忘れちゃいけない 大事なもの・・・



マンションの前には リムジンがお迎えにきてた

ダーリンと乗って

ドライブ?
シャンパンで乾杯して

ほんの少しだけ飲んで・・・
 「どこに 行くの?」

 「ひみつ」

そうだと思ったけど(笑

到着して
 「乗り換えるよ」

ダーリンに連れられて
乗ったヘリコプター

運転手さん?パイロットさん?
は トナカイでした
後ろ姿だけだったけど・・・

そして
ダーリンと一緒に空に・・・

サンタさんのそりは見えなかったけど
サンタさんが見たのと 同じ景色を見てきました

地上に戻って 
リムジンに また乗って

向かったのは

ホテルのお部屋

お部屋には 
クリスマスツリーとキャンドル
ディナーとシャンパンとケーキ

ベッドルームのドアの上には 宿り木

ダーリンと食事して
お風呂に入って
宿り木の下でKISSして

ベッドへ・・・

なんか 大事な事
忘れてるような・・・


あぁ~~~~~

 「ちょっと 待ってて」
ベッドルームに ダーリンを残して
戻る

あわてて 着替えて
ダーリンのところへ
 
 「さっき着てたらよかったのに」
 「むり・・・」
 「そう?」
 「うん ダーリンだけのサンタだもん」
 「おいで ナナ」

両手を広げる
ダーリンの腕の中へ・・・
 「プレゼントは? サンタさん」
 「何が 欲しい?」
 「この中身全部」

ダーリンが 胸元のリボンに手を・・・
 「こんなんでいいの? もともとダーリンのものなのに」
 「これ以外に 欲しいものなんて何もないからね」
 「あげるよ 服の中身も 心の中も全部」


サンタさんは いい子に 欲しいものを
プレゼントしました


翌朝

サンタさんから ナナに戻って
目が覚めると

枕元に プレゼントが・・・

ピンクのDSと 脳トレと常識力

これって ナナがバカで常識がないと・・・(笑



クリスマスは そのまま
ホテルで過ごし

ダーリンが アロマオイルで全身マッサージしてくれて

まぁ
マッサージだけじゃ すまなかったんですけど(笑



そんな感じの クリスマスを 

ナナは過ごしました

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は
大きな箱とっちっちゃな箱 (←クリックしてね)

の続きです


リビングのテーブルに ちっちゃな箱が 二つおいてあった

箱・・・ いつまで 続くんだろ(笑

でも 今日は同じ大きさの箱
 「どっちがいい?」
 
ナナが 片方を選ぶと
ダーリンが 選ばなかったほうを ポケットにしまった

箱を開けると

鍵が入ってた

 「鍵? なんの?」
ダーリンは 黙って部屋に入って
なにかをしてる

部屋からバックを持って出てきて
 「ナナ 出かけるよ」
 「え?」
 「そのままでいいから その箱の中身持ってきて」
 

 「でも・・・」
躊躇する ナナにダーリンは
 「大丈夫だから」
 「だって・・・」
 「ほんとうに無理なら 無理しなくてもいい」
 「・・・」
 「途中で気分が悪くなったら戻ってくればいい 大丈夫だから ナナ」

ダーリンの言葉が 優しくて 自信たっぷりだから
なんだか 大丈夫な気がする
大丈夫じゃなくても 何とかなる気がする
ダーリンは うなずく ナナの手をとって
 「大丈夫」

ナナを連れて 車に
 「ナナ 箱の中身」
 「これ?」
箱の中に入ってた 鍵を渡す

ダーリンが 車のドアを開けて
中に・・・

車の鍵だったのかぁ

車に乗って・・・

ドライブ?

しばらく走ったら ダーリンが
 「ナナ 目をつぶってて」
 「うん?」
 「いいって言うまで 何があっても 目を開けないで」

 「でも・・・」
 「大丈夫だから」
 「うん」

車がどこかに止まって
ダーリンに抱きかかえられて
そのまま 連れて行かれて

 
 「ナナ 目を開けていいよ」

目を開けると ホテルの部屋
部屋中に花とハートの風船が
飾ってある


 「ナナ こっち」
ダーリンに呼ばれて

ベッドルームに行くと
ベッドの上に 箱が・・・
 「開けて」

そう言って ダーリンは部屋を出て行った

こんどは 選ばないんだ(笑

箱を開けると 下駄が入ってた
ダーリンが持ってきた バックの中身は
前の箱に入ってた 浴衣

浴衣に着替えて
ダーリンに所に行く



テーブルの上には ディナーの用意がしてある
真ん中には 箱

箱の中には ケーキ
ケーキには Happy Birthday ナナ
って・・・

 

食事をして ケーキを食べながら
 「箱は これで最後だよね?」
 「箱は これが最後だけど」

 「けど?」
 「もうひとつだけ 開けるものがある」

そう言って ダーリンがカーテンを開けると
窓の外には










花火が・・・










この部屋が 最後の箱だったんだね



サプライズ好きの ダーリン
甘くみすぎてたぁ

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は
大きな箱と小さな箱 (←クリックしてね)

の続きです


リビングに行くと テーブルの上に
大きな箱(昨日と同じ箱)と
ちっちゃな箱(昨日の箱より小さな箱)が置いてあった

ということは
昨日の箱は 中くらいの箱だったのかぁ

って そうじゃなくて・・・
どうして また 箱が?
 「なに?」
ダーリンが 笑顔で答える
 「どっちがいい?」

う~ん じゃなくて
 「なんで?」
 「プレゼント」

 「誕生日終わったよ」
 「どっちがいい? ナナ」

ダーリン 話し聞いてないし・・・
まぁ でも
昨日から 気になってたから
 「こっち」
大きな箱を 指差す

ダーリンはちっちゃな箱を
ポケットにしまう

大きな箱を 開けたら
中には


浴衣が一式
入ってた

こっちが 本当のプレゼントだったのかなぁ


じゃぁ
ちっちゃな箱は なんだったんだろう・・・






ダーリンに聞いてみたけど
教えてくれなかったし



謎・・・


最後の箱は・・・ (←クリックしてね)
に続く

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝 リビングに行ったら

テーブルの上に
大きな箱と

小さな箱が
きれいにラッピングされて

おいてあった

 「これは?」
 「誕生日プレゼント どっちがいい?」

ナナは小さな箱を選んで
 「こっち」
 

ダーリンは 箱をナナに渡して
 「おめでとう」
 「ありがとう」

箱を開けたら
 PSPとPSPソフト
 ウイニングイレブンが入ってた

 「ウイニングイレブンって・・・」

 「サッカー」

ダーリンが笑顔で答える

それは ナナでも みてわかります
ナナが言いたいのは
どうして それなのか

ナナ ゲームにあまり興味ないし
サッカーなんて わかんないし・・・
なぜ?

大きな箱を 見ながら ナナ
 「あれは?」
 「内緒」
そう言って ダーリンは
箱をかたずけてしまった

あの箱が 気になる


あの箱は くれないの?

あの箱は どうするの?

てかぁ

この箱は はずれだったのかなぁ



大きな箱とちっちゃな箱 (←クリックしてね)に続く

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は 七夕弁当の 続きになってます
七夕弁当を読まれてない方は 七夕弁当から 読んだほうがいいと思います
こちらからどうぞ 
七夕弁当  (←クリックしてね)


テーブルの上に お弁当箱とメッセージ

メッセージの お返事は

どんなに 天の川が 深くて広くても
織姫が望めば すぐに 渡って行くよ

お弁当箱を 片付けようとしたら

ザラ~ って
音がした

 
お弁当 残した?

そんな 音がするような

もの 入れてないし(笑




お弁当箱を 開けてみたら



金平糖が一面に・・・

そして

笹船

笹舟の上には

ハート
の帯止めが 乗っかってた


天の川 渡って
彦星の ハートが
届いた



でも 

どうして 帯止め?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は七夕 日付がもう変わってるから 昨日?


だから
お弁当も 七夕バージョン
って 子供じゃないから 喜ばないかぁ

でも
ナナが 楽しいから あり(笑



七夕と言えば・・・
織姫と彦星

手まり寿司みたいな感じで
卵とかハムとかで着物を着せて

のりで顔を書いて
二人並べて 入れました


七夕と言えば・・・
天の川

白しょうゆを使って
色をつけずに 作った
だしつゆを寒天で固めて
その中に おそうめんを川の流れのように
それと星型に切った みょうがをちらして
天の川


七夕と言えば・・・

笹の葉と短冊

鳥そぼろの上に
細切りにしたインゲンで笹の葉
四角に切ったイカの照り焼きを乗せて 短冊

牛の味噌漬けも星型に
彦星さん 牛飼いだから こじつけ(笑
色合いが寂しかったから ハートのにんじんグラッセ
星にしようかと思ったけど
なんとなく ハートに(笑


今回は 見た目命ってことで
バランスとか栄養は 目をつぶってみた(笑


メッセージカードも 短冊に

天の川は 広くて深いけど
いつも ダーリンのこと 思ってるよ






お弁当を食べた ダーリンの反応は?
メッセージの お返事は?


それは 次回の お楽しみ(笑

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

目が覚めて ベッドでごろごろしてる ナナを
ダーリンが呼びにきた


カーテンを閉めて 照明がおとしてある

リビング


サイドボードの上で 間接照明に照らされて

キラキラした・・・


なに?


ガラスでできた

街?


明かりに照らされて

キラキラと

雨上がりの夜景のような・・・


その街のなかに
丸い きれいな・・・


なに?


見つめてたら

ダーリンが いきなり
kiss


あっ これって
あのとき の(←あのときが気になる方はここをクリックしてね)

あの景色・・・


 「花火・・・」
 「うん」
 「あの時と同じだね」
 「うん」
 「結婚記念日 忘れてたから もう記念日とか 思い出とかどうでもよくなったのかって思った」
 「ごめん」
 「記念日より大事なことできた?」
 「うん?」
 「ほんとに忘れてた?」
 「さぁ」
 「さぁって」
 「ナナから 言ってもいいんだよ」
 「うん?」
 「今日結婚記念日だからって して欲しいこと」
 「だって」


ダーリンが 花火を手にとって
ナナの指に・・・
 



あの日の 思い出の花火は 指輪になって
いつでも 身につけることができる


思い出の場所に行くことはできないけど
形を変えて そばにある



あの時より キラキラと輝いて・・・

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ナナのお誕生日

拉致 プレゼントは 禁止したのですが

そんなことを聞く ダーリンではありません

しっかり 拉致されました


拉致された場所は



温泉



部屋が 離れになっていて

まったくの独立した 建物
お庭もついていて

そこに 露天風呂もありました

お料理もおいしかったし
温泉もよかったです


ダーリンに 甘やかされ 愛され
ベタベタの あまあまの ラブラブの

お誕生日でした




プレゼントは それだけじゃなく


オルゴールつき宝石箱
も もらっちゃいました

ふたに カレンダーのデザイン
1981年7月の カレンダーで

14日には ルビーとダイヤがハートの形に

ナナが生まれた日です
(歳 ばれちゃった 笑)


そして 
ルビーは ナナの誕生石
ダイヤは ダーリンの 誕生石


 
オルゴールの曲は

Don’t Cry Out Loud


まぁ

そんな感じです

その他は 

また 

そのうちに



アクセス解析
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

七夕です 

1年に1度だけ 
二人が出会える日です

ダーリンは 忙しいです

イベント日に 

ダーリンが忙しいのは 

いつものことなので 
いいのですが・・・

でも

朝から ご機嫌斜めだった
ナナです


でも・・・


ナナが ご機嫌斜めだったのは
昨日のこと 

だったり・・・

ナナは 昨日
7日だと思って

ご機嫌斜め
だったんです^^;

日付を間違えて
ご機嫌斜めな
ナナ

はぁ

ただの
あほです^^;


 「今日は 1年1度に 恋人が出会える日なのに ナナは つまんない・・・」
 「うん?」

 「足も 痛いし」

 「ナナ おいで」


ソファーに 横になって
ダーリンに マッサージしてもらう
ゆっくり マッサージしながら
ダーリンが 話し始める

 「1年に1度しか 会えなくても 1年間 愛し続けて 愛を深める
  それもいいけど ナナは いつでも 手の中にいて 触れることができる」

 「でも・・・」

 「最初に ナナを見たとき 目が離せなかった ナナの周りだけ 空気が違っているような

  ナナの存在が 間違えで そのまま 消えてしまいそうな気がして 思わず 声をかけた

  覚えてる?」

 
 「ううん」

 「このまま さらってしまおうかと思った  抱きしめたら 壊れてしまいそうな
  誰かの手で 壊されてしまうなら 今 この手で 壊してしまいたい」

 「うん」

 「でも ナナの声を聞いて ナナと目が会ったら 何もできなくなった 不思議とね(笑」

 「え? ダーリンが?」

 「そう 当たり障りのないことを言って その場を 離れるだけ」
 
 「だって ダーリンは・・・」

 「プライドが優先した そう言う自分は ありえない かかわっちゃいけない ってね(笑」

 「間違いだった?」

 「いや その後 後悔した どうして その場でさらわなかったのか 何もないまま 
  終わらせてしまったのか もう 二度と会うことがない ナナのことばかり 考えてた」

 「うそ」

 「ほんと だから もう1度 会えたとき 何をしても 手に入れたいと思った 恥も外聞もなくね」


 「でも・・・」

 「無理やり 手に入れて 壊してしまうより 時間をかけても 何をしても ナナが欲しかったから
 その為なら なんでもするつもりだった もう プライドとかも どうでもよかった 
  ナナが手に入るならね」

 「ダーリンだったら ナナじゃなくても・・・」

 「ナナがよかった 他の何をなくしてもね ナナには 苦労したよ プライドも 自信も 何もかも」

 「ぼろぼろ?」

 「そう 必死だった」

 「後悔してない?」

 「どうして?」

 「だって・・・」

 「ナナが ここにいるのに なにを 後悔する必要が?」

 「だって・・」

 「もう 終わり」

 「だぁって~」

 「聞こえなかった? もう2度と言わないから」


ダーリンが こんなこと話してくれたの 初めて
2度と 言ってくれないらしいから
書いちゃいました(笑  

アクセス解析
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもより遅く ダーリン登場(笑

あいかわらず ご機嫌斜めのナナ

体調は まぁまぁ

ナナに 紙袋を渡して

 「着替えて 出かけるよ」

 「え? なに?」

出かけるって どこに? いきなり なんだぁ
 「ちょっと早いけど 誕生日祝ってもらう」
えぇ~ 何の準備もできてないのに・・・

プレゼントだって まだなのに^^;

 「えぇ なんで? いきなり 今日なの?」

 「そう 着替えて」

う~ん しょうがないかぁ

ちょっと ご機嫌斜めで ダーリンの車に

ぶつぶつと ナナ

 「ナナ 何の準備もできてないのに・・・ ナナだって 考えてたのに・・・」

ダーリンは 黙って 運転中

 「ダ-リンのお誕生日には お着物着ようって思ってたのに・・・」

 「着物? 着たい?」

 「どうでもいい どこに行くの?」

 「家に寄ろうか 時間もあるし」
時間? てかぁ どこに行くかの 質問は?

家について 着替え
 どれ着よう いくところがわからないから 悩む

でも 春らしいので 決定

ダーリンも 着物に着替えてて
 「ナナ よく似合ってる 脱がせたくなる」

話が 矛盾してるような(笑

そして お出かけ
 「ねぇ どこに行くの? ナナがいろいろしたかったんだけど」

 「自分の誕生日だから 好きにさせてもらう」

ナナの誕生日も ダーリンが好きにするくせに(笑

 「ナナ 目をつぶってて」

 「え?」

信号で 止まったときに ダーリンが・・・

そして KISS
 「目は まだ 開けないで」

??? まぁ いいかぁ

しばらく走って 車が止まって 到着?

 「もういい?」

 「まだ」
ダーリンに 抱っこされて 移動

てかぁ ゆれてますが?

ダーリンに 抱っこされたまま 座って
KISS 

あのぉ なんだぁ

てかぁ KISS ながい(笑

「いいよ」

ダーリンに言われて 目を開ける
和室?
細長い 和室で 両はしには ずっと 障子
ゆれてるし
真後ろの 障子を少しだけ 開けると
川? 
ここって 船?

 「なにこれ?」

 「お花見」

 「お花見って」

 「桜 見たかったでしょ」


見たかったけど そんなこと 言ってないし

何日か前に 桜もう咲いてる? って聞いたけど
雨が降ったときに 桜 散っちゃうかなぁ って 言ったけど

その2回だけだし 見たいって言ってないし

 「これなに?」

 「屋形船」

 「・・・」

 「船 好きでしょ ここなら 人もいないし」

 「2人じゃ 広いね」

 「食べながら 花見 しましょうか」


テーブルの上には お重と 飲み物
 お花見 開始 かなぁ(笑


ダーリン やること はですぎ(笑

と 言うわけで 

よい子は ここまで

この先は R指定で(笑

屋形船で・・・ に 続きます

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。