こんにちは。

ブログの更新、なかなかできない要因のひとつ。

愛用のMac Book の バージョンアップをしないことには、
あれもこれも、出来ないことが多すぎる!!(苦笑)

そろそろ限界!?

現在使用中のMac Book は、9年物!?
本体(ハード面)でのOSのバージョンアップが出来ないので、
丸ごと買い替え・・・の時期。

そうなると、色々と面倒なことが多くて二の足を踏んでいます。
アメブロのマイページにもアクセスできず(苦笑)
システムエラーが出て、その先に行くのがちょっと怖い・・・。
他に不具合が出たら???と思うと何もできず。

やっぱり、買い替えないと・・・ですかね。
AD
こんにちは。

やっと暖かくなって来ましたね。
桜の花も、咲き始め、東京では今週末が満開でしょうか?

とは言っても、地域差が激しいですよね。
今週末は、お天気も微妙なようです(関東エリア)。

しかし・・・。
私は先週末から絶不調(苦笑)

花粉症が引き金になり、鼻炎が悪化、軽い気管支炎を発症。
呼吸器系が辛い毎日です。

晩も、22時過ぎに就寝したものの、
呼吸が辛くて、夜中の2時半には目覚めてしまいました。

3月2日にアップした
痛みを取り去る魔法の言葉
では、「ホ・オポノポノ」のやり方をご紹介しました。

今回はまたちょっと別のセルフワークをしてみましたので、ご紹介します。

私の場合は、喉から鼻、胸元が苦しく感じていたので、
ユーカリ系のブレンドオイルを喉や鎖骨下の胸元に塗布。
そこに両手を当てて、目をつぶり、リラックス。


不動明王の真言を唱えます。

『のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ
そわたや うんたらた かんまん』

この真言の波動は第一、第二チャクラを活性化するようです。
7つあるチャクラは下にあるチャクラほど、
『現実を生きる活力』に強い影響を与えると言われていますので、
強い心と健全な体を維持する上でも効果的
なようです。

唱えること10分程度(108回唱えても良いし、3回でも)。

唱えている間に、つぶった目の前にはゆらゆらと揺らめく、
不動明王さまのエネルギーが見えてきます。
これが静まってくると、終了・
・・の合図かな?と思います。

そのままで10分位、手をあてたままにしていました。
息苦しさも緩和され、気分もスッキリしました。


気分が良くなったので、少し休んでから読書タイム。

早起きには早すぎますが、夜更かしをしているよりは、
かなり効率よい時間を過ごすことが出来ますね。

試してみてくださいね~♪

不動明王さまの真言は、元気が出ない時にも効果的。
しっかりと大地を踏みしめるイメージで(アーシングして)、
3度唱えると良いでしょうか。

丹田あたりから、燃えるようなエネルギーを感じられるかと思います。





AD
こんにちは。

ヒーリングルーム アンジュエール主催の るみん☆です。

「銀河新年」の「春分の日」を過ぎ、その後の「満月」も過ぎ
エネルギーシフトの激しい今日この頃。
あっという間に、3月も下旬に突入・・・。

寒暖差の激しい毎日で「寒暖差アレルギー」を発症したり、
花粉症もピークを迎えて、体調がすぐれなかったり、
エネルギーシフトに「身体の自己調整」「浄化」のための不調だったり、
普通に「風邪」を引いたり・・・。

みなさん、ご機嫌いかがでしょうか?

この度、COMPANY TANK という雑誌(季刊誌)のウェブ版に、
ヒーリングルーム アンジュエール が掲載されました。

私の「インタビュー記事」が載っています。
インタビュアーは、元モーニング娘。石黒彩さんです
彼女もアメーバブロガーですね~♪

楽しく会話が弾みました。


↓ クリックすると、掲載記事に飛びますので、読んでみてくださいね~♪

掲載記事はこちら★

AD
こんにちは~。

ただ今、こちらの「ブログ」は、お仕事モード(ヒーリングルームとしての)は、
ちょっとお休み(笑)

書きたいことをつづっています。

今日は、昨日の「瞑想」の時に体験したお話を書いてみようと思います。
上手く伝わるかどうか、自信がないんですが(笑)

愛知ソニアさん著
「プレアデスシリーズ1~3巻」絶賛発売中!!
これの2巻と3巻には、お得な「誘導瞑想DVD」が付録としてついて来ます。

昨日は、2巻「すべてが加速するナノセカンドへ」 付録DVDを利用して、
「アカシックレコードに繋がる」瞑想をしました。

アカシックレコードの保管されている「図書館」に通じる?

何度かこのDVDを流しながら、瞑想に入ってみましたが、
いつも殆ど「寝ているような」状態になって、
気が付くと「誘導瞑想」は終わっている(笑)

昨日は・・・、違った!!

「アカシックレコードの図書館」には行けませんでした。
結論から言えば・・・。


その代り、なんだか不思議な部屋? 宇宙船の中? 空間?

そんなところに行ってきました。

部屋といっても、壁や、ドアや、空間を遮るようなものは
ありません。
全てが「浮いている」ような感じに見えます。

(それでも)壁一面に、様々な計器が並んだ「コンピューター室」のような
ところに居る私。
SF映画で良く見る感じですね。
スターウォーズとかでも、あったでしょ?(笑)

宇宙空間みたいな、なんかそんなところに浮いていた感じ。
だけど、ふわふわしているのではなく、ちゃんと床の上には居る感じでした。
目の前に広がる大きなスクリーン?
部屋全体がスクリーンだった?



計器類は、良く見ると時計かな?という感じ?
1~12時を指す、私たちが見慣れた時計もありました(画面で)
デジタルな数字を示しているもの、左右に針が振れるもの、
ともかく、沢山の計器があり、
それぞれが、様々な速度で動いていました。

「いったい、ここはどこ? 何をしているところなの?」と、
きょろきょろしながら、思いました。

どこからか?
姿は見えませんが、声がしました。

「ここは時の管理室です」

へぇ~~~~!!
そんなところがあるんだ~~~???

その声は、いろいろと説明してくれました。
(このあたりは、良く覚えていない・・・(汗))

「見学は、これで終わりです。」と言う声が聞こえました。
(この終わりの言葉は、しっかり覚えている)

すると、瞬く間に、私の周りに合った沢山の計器が、
びゆぅ~~~~~~~~~~~~~~ん!!と、
歪みながら、バキュームされて、ブラックホールみたいな穴に
消えていきました。


またもや、ごぉ~~~~~~っというか、
何とも言えない、聞いたこともないような耳鳴りのような「音」がしたかと思うと、
私が居た、その「空間」は、閉じました。

時々、戻ってくるときに、うわぁ~~~!!っと、
落下するような感覚を覚えますね。

今回は、それはなかったのですが、
今まで観ていたスクリーンが、
一瞬のうちに「消えた」感じでした。

今回は、戻ってきても、だいぶ覚えている方です。
何を解説してくれたのかしら?(笑)

また、チャレンジしてみましょう~~!!
って、続きが観られるかどうかはわかりませんが。

以上、ご報告? 体験談でした。




こんにちは♪

3月9日、うお座の新月。
寒暖差の激しい、今日この頃。
昨日は20度近くまで高くなり、春の陽気。
一転、今日は最高気温10度位の冬に逆戻り。

この時期、体調不良を感じていらっしゃる方は多いかもしれませんね。
私も、今まで聞いたことのない音を感知する「耳鳴り」や、
瞑想中の「しびれ」「ジンジン、ピリピリ感」を感じたり、
心臓がきゅぅ~~んと痛くなったり。

眠さもひとしお。
そんな時は、早寝するに限ります(笑)

昨日、占部先生「スピリチュアルナンバー 最上級編」
講義を聞いて来ました。
あと1回の「番外編(4月)」で「スピリチュアルナンバー」はコンプリートです。


数字は、この世界が誕生する前からあった・・・。
宇宙は「数字」と「音」からできている・・・と言われています。

一般的に使われている「秘数」「数秘術」 は、
ピタゴラスが生み出したと言われています。
カバラ数は、基本になっていますが、西暦を入れて考えます
だとすると、紀元前は???

占部先生「スピリチュアルナンバー」は、
生年月日の「月日」のみで計算するもです。

生まれ月の数と生まれた日の数を足して、一桁になるまで計算。
すると、1~9と11、22,33(この11,22,33は、そのまま)の
12分類になります。

最上級編では、これを深めたものになっていました。

人は、生まれた時に「3つの数字」を持って生まれてきたのだそうです。

1.表面上の性格を表す数字:人の性質の70%を占める
(生まれた月+生まれた日=一桁に) るみん☆:5

2.本質的な性格を表す数字:人の性質の20%を占める
DNAに込みこまれた、血統的なもの、人間関係に関係する
(生まれた日の数字を一桁に) るみん☆:9

3.隠れた性質を表す数字:人の性質の10%を占める
(表面上の・・・数字から2つ遡った数字)
※11の隠れ:9、22の隠れ:11、33の隠れ:11
るみん☆:3

それに加えて「こうなりたい!という願望・希望を表す数字」
(生まれた月の数字を一桁に) るみん☆:5

ということで、4つの数字を出してみると・・・。

5,9,3,5 (私の数字)

きゃぁ~~~!!(笑)

面白いくらいに「当たって」ます!!


自分の数字は???
と、気になった方は計算してみてくださいね~~。
って、解説がなければな~~んも判らんぜ!!(笑)

おいおい!

追々ね。

「スピリチュアルナンバー」として、シリーズ化!?

ご紹介してみます。






こんにちは。

3月になっても、寒いですね。
「三寒四温」という言葉は「冬の季語」で、
2月頃にご挨拶の中で語られる事が多いようです。

最近では、春先にも良く使われるようになっているとか。
確かに・・・。
三月から四月にかけて、だんだん暖かくなっていくさまを表現
する言葉として使われることが多いようです。

この季節、季節の変わり目によくある、一日の中でも寒暖差が激しかったり、
昨日は春の陽気だったのに、今日はまた真冬の寒さに逆戻り!なんてことも。

2月から花粉症も始まっていますし、寒暖差や、気圧の変化が激しい季節、
体調管理が大変です。

先日、私もパソコン作業がずっと続き、頸から肩にかけてがパンパンに
張ってしまいました。
こうなると、傷めたことのある『腰』にも影響が出始めます。

痛い・・・。

よしっ!!
「魔法の言葉」を使って治してみよう~~!!
と、実践開始です。

先ず・・・。

普通に椅子に座ります。
しっかり骨盤を立てるように、深く座るのがベストです。

軽く目を閉じ、ゆったりと深呼吸を数回繰り返し、リラックス。
脱力します。

「私は、私のチカラを信じます。」アファメーション(宣言)。
(口に出さずに、心の中でつぶやくのでOK!)

「私は、私の身体さんを労わることを忘れていました。

ごめんなさい。」
(これも口に出さずに、心の中でつぶやくのでOK!)

深く、2~3度深呼吸。
リラックス。

「私の身体さん、あなたを労わることを忘れていたことを

ゆるしてください。」
同じく!)

深く、2~3度深呼吸。
リラックス。

「私の身体さん、私を許してくれるのですね?

ありがとうございます
。」(同じく!)

深く、2~3度深呼吸。
リラックス。

「私の身体さん、私はこれから、あなたに癒しのエネルギーを流します。

どうぞ、エネルギーを受け取ってください。

愛しています。」
同じく)

深く、2~3度深呼吸。
リラックス。
ヒーリングエネルギーに身体ごとすっぽり包まれたイメージを、
頭に浮かべます。

静かに、眼をつぶったまま、5分~10分瞑想状態を保ちます。

ゆっくりと深呼吸をして、目を開け、戻ってきます。

さあ、どうでしょう?

頸から肩にかけての強張りと、腰の痛みは・・・???

すっかり消え去っていました!!

「ごめんなさい」

「許してください」

「ありがとうございます」

「愛しています」


ホ・オボノ ポノ 「魔法の言葉」を使った

簡単ヒーリングでした。


ぜひ、お試しくださいね。

*注意事項*

自分を信じること。

自分には、セルフヒーリングのチカラがある!


ただ、それだけです。


愛と感謝と光をこめて

るみん☆









こんにちは。

早いもので、2月も今日で終わり。
4年に1度の2月29日ですね~~♪
「特別な日」として、何か「特別な事」をしますか?

2月28日に開催された、
愛知ソニアさん&エハン・デラヴィ氏の「出版記念講演」に参加して来ました。

ゲストスピーカーに、はせくらみゆきさんがいらっしゃった、
とっても豪華なメンバーでの講演会。
150人の満席~。
流石の人気ですね~~。

急遽、ヘルパーとして出版書籍の売り場担当でも参加~~。
ソニアさんの「プレアデスシリーズ」の売り子さんに!!
とりあえず、1巻から3巻まで読破して、第2巻の付録のDVDの「誘導瞑想」、
第3巻の付録のDVDの「誘導瞑想」も体験済み。
内容については、上手く説明できませんでしたが(笑)

講演が始まると、
司会のアーシング中子さんの楽しい体験談もお話しいただきました。

愛知ソニアさん⇒はせくらみゆきさん⇒エハン・デラヴィ氏とプログラムは進行。

それぞれに、とても興味深い、楽しく、不思議な、熱い内容でした。

カメラが入っていて、内容を録画されていたので、
そのうち皆さんにも公開されるかも?

「銀座で宇宙人会議」みたいな(笑)

とてもふか~~~い内容の講演会でした。

講演会終了後、懇親会へ・・・。
愛知ソニアさん、エハン・デラヴィさん、はせくらみゆきさん。
とても素晴らしい講演会、ありがとうございました。

スタッフの皆様、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。

とても楽しい1日でした。




こんにちは。
今日は2月3日 「節分」ですね。

「鬼は外~、福は内~♪」

この掛け声が一般的なんでしょうか?

「節分」について、とても興味深いお話を、
宝船一華さんが書かれていらっしゃったので、
ご紹介したいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

むか~し、むか~し。そのむかし。
この大倭日本の国を治めていたのは
決して争いはしないと、代々誓い続けてきた一族の長を中心とした
まさに、和を以て貴しとなす。
そんな一族たちでした。

そこへ、南の方からやってきた一族が
この島を俺たちに譲れ
さもなければ、血を見ることになるぞ!と脅したのです。

実は、大倭日本の国を治めていた一族も
南の方からやって来た一族も
同じ血を引く同族でしたが
南へ降った一族が、俺たちも同じ血族なのだから
俺たちにもこの国を治める権利があると言いはばかるのです。

話し合いで収まるような相手でもなく
この大倭日本の国を治めていた一族は、政権交代を受け入れたのでした。
決して争いはしない誓い。
相手の血も、自分たちの血も流すことのない苦渋の決断。
それしか無かったのです。

ただ、いつの日か
この国をもう一度わたしたちに返してくれるようにと頼みました。
南からやって来た一族は承諾しました。

そして、いつになったら返してくれるか?と問えば
炒り豆から芽が出た時にと答えたのです。

炒った豆から、芽が出る筈もないのです。

それから、元々この国を治めていた一族は
日の陰、山の陰、森の奥へと追いやられ
いつの日か彼らは「鬼」と呼ばれるようになりました。

それから毎年、年の節目になると

「鬼は外、福は内」と叫んでは
ほーれ、まだ炒り豆からは芽が出ていないぞ
お前たちの番はまだだぞ、と
鬼たちに炒り豆をぶつけて追い出すのでした。

なぜ、節目の節分に行うのかと言えば
新しい節目は流れが変わりやすいからです。
なので、流れが変わらないようにと、この日に鬼を追い出します。

そういった事を知っている鬼に纏わる一族や地域は現存しており
この時期になると

「鬼も内、福も内」と叫ぶのです。

しかし、全国の日本人のほとんどはそんな事を知らないので
「鬼は外」と叫びます。
凄い事ですよ、日本中のほとんどがその言霊を発するのですから
まさにそれは、呪術なのです。

そろそろ、争いよりも、和を以て貴しとなす一族に
この大倭日本の国を返してもらっていい頃だと思います。

我が家では毎年 「鬼も内 福も内」と叫んでいます。

鬼も福も、みんな仲良しが一番いいのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


また、神社では「鬼」を祀っているところもありますよね。
そんなところでも、もちろん「鬼は内」。

「豆まき」行事で有名・TVやニュースでも取り上げられている
「成田山・新勝寺」の豆まきの向上は???

「福は内~~♪」 (だけ・・・だそうです)

成田山・新勝寺のご本尊は不動明王だからだそうです。


奈良県の天川村、天河神社も・・・「鬼は内、福は内」。

「鬼」は、モノゴトを正しく見るとされるからだそうです。

苗字に「鬼」が付くご家庭でも・・・。
「鬼は外」とは言わないでしょうね。

伝統的な商家、商人も、「おおに(大荷)は内」だとか・・・。

こうしていろいろ調べてみると面白いですね!!




こんにちは~。

今日は2月1日。
はやくも2月になりました~。

今は、季節の変わり目土用、2015年の終わりです。
2月3日の「節分」を経て、
暦の上での「新年」は、2月4日の立春ですね。

「節分の日」の豆まきに加えて恵方巻きも、
全国的に食べるようになったようですが、
今年の「恵方」は、確か「南南東」(ほぼ南でおけ!)だったかな。

豆まきに、恵方巻き・・・。
新年をお祝いしましょう~~。

そして、この新しい年の始まりで、
「午未天中殺」の方々は(私も!)、「天中殺が明ける」わけです。
わ~い♪

「午未天中殺」だったみなさ~~ん、
明けますよ~~!!
さてさて、次の方々に「バトンタッチ」です~。

2016年2月4日~2018年2月3日までは「申酉天中殺」でございます。
該当の皆様、ご注意あれ~~。
天中殺は、12年サイクルで、平等にやってくるわけで・・・。

天中殺な人も、天中殺ではない人も。

2月4日までに、できることはちゃっちゃと済ませましょう。
「断捨離」 「いらないもの」を手放す等々。
「古いエネルギー」を手放しましょう~~。

やりたいことをやり、やりたくないことはやらなくていい。
魂の喜ぶ方へ!!
流れに乗って、先へ進もう!!




こんにちは♪

書こう、書こう!と思って下書きしたまま、推敲していたら、
アップが遅れました(汗)

前回のブログにアップした、私の趣味の乗馬について。

以前、所属していたクラブで、7歳~12歳までの5年間、
共に成長して、
競技会にはパートナーとしてコンビを組んで参加
していた「愛馬」
(とはいっても、私の自馬ではなく、クラブ所有馬です)のカプリコ。

1月3日に亡くなった・・・というお知らせメールが届きました。

どおおおおおおおおおおおおおおおおおおお~~~っと、
あふれでる涙、涙、涙。

予期せぬメールに、びっくり。

ああ、これだったのか・・・。

「虫の知らせ」があったんです。

12月31日。

年末休暇中の「大掃除・断捨離」のさなかに。

引き出しの中から、クラブで撮った写真や、
競技会に参加したときに撮った写真が出てきました。

懐かしいなぁ・・・。

別れてから、かれこれ3年経つけれど、どうしているかしら?と、

しみじみと写真を見入っていました。

2012年秋に、ほかのクラブに移籍したカプリコに会いに行きました。それ以来、会ってないし、乗せてもらってないな~と。

「元気にしてるかな? 私のこと、覚えているかな? また会いに行きたいな。
そう思っていたのに・・・。

叶わぬ夢となりました。

残念です。

友人からメールが来て、その死を知ったわけですが、

これは「虫の知らせ」「カプリコからのサイン」
「メッセージ」だったんですね!

「僕を忘れないで!」「思い出してね。」
「ありがとう!」と。

聞くところによると、目の癌を患い、若いので転移が認められたとの事。馬の場合、疝痛や骨折等の怪我、メラノーマ(白馬・あし毛馬がかかる皮膚癌)等、その他の病気(今回のカプリコのような癌等)では、苦しまないように「安楽死」を選択することがあります。

カプリコも、この選択を余儀なくされたようでした。
クラブの先生に看取られて・・・。

虹の橋を渡って、向こうの世界へ旅立ちました。

カプリコと過ごした5年間は、かけがえのない思い出です。

彼と出会って、アニマルヒーリングのエリザベス・ワイタ―女史の
本に出会い、
アニマルヒーリング・コミュニケーション、
そしてホースセラピー、マッサージ、ナチュラルホースマンシップ等、

色々なジャンルを学ぶことになりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとう。

愛しています。


合掌。