※えらいまた長い文章になってしまった。

タイトルの「HEAT ISLAND」は、いわゆる「ヒートアイランド」現象から来てるのでしょーか。


ほんと、どこよりも色んな意味で一番アチー場所がここ(アルバムだったりLIVEだったり)だ!って思う!

そうそう、今回歌詞カードに註釈がついているので初ライムスの方でも意味が分かるようになってて、またそれが註釈なのか、感想なのか、みたいなとこもあって面白いw


●M-01:JIN-TRO:THE GATE OF THE ISLAND

叫んでます。これが聞こえると「ライブが始まるぅー!」ってワクワクするなぁ~!
そして、ジンストゥルメンタルだったり、ジントロだったり、ジングルだったり・・・w


●M-02:REDZONE

いきなりこの曲から来るかー!って思った。
グレイゾーン→レッドゾーン の流れかな。
前半はシングルがどどどと来るけど、このシングル2枚と(+c/w)は繋がってると思うので、タイトルを説明するかのような、アツイ流れ。

師匠の「赤」にこだわったリリックすっごいスキル高すぎ!
このトラックすごい好きで、ハットとかのドラムも効いてるし、スクラッチもかっくいー。
シングルのc/wのfreestyle Verももちろん大好き。


●M-03:逃走のファンク

このシングルが出たときは、久々の新曲にかなり興奮した!
出だしの「It's time to~」の始まり方に鳥肌立ったなー。
最初「逃げるんだ ハッハー」を聞いた時「Wack Wack ~」のリリックだったから、「こう来るかー!」って思った。
トラックも疾走感溢れるアンタッチャブルっぽいトラックで、タケさんのギターが超かっこいい。
Dさんのフローにしびれました(*´∀`*)ノ


●M-04:HEAT ISLAND feat.FIRE BALL
タイトルチューンです。
アルバムの中で私が一番カッコイイと思う曲。
FIRE.Bとの絡みも、漢が溢れ出てるし、トラックもすっごいカッコイイ。
昔から三味線をトラックに使うことは考えていたようです>Dさん談

タイトル通り、一番まさにヒートアイランドを感じる曲。


アルバム全体を通してやけど、この曲もネタ満載で、それも楽しい。
「baaaaaad!」とか「イツナロウバ」とか。

Dさんの1バース目最初聞いた時「龍馬だー!」ってかなり興奮した。
ちょうど「竜馬がゆく」を読み終えてしみじみしてた時だったから。
師匠のマイケルも最高w
あの一瞬のために、結構苦労してそうだったけど、そんな心意気がステキ。


●M-05:けしからん

大好きです、この弾け加減w
IT革命したDさんもPCこんな風に使ってるのねー。
でもバース2はアナログw(って本買うか?)
いくつになっても、男の人ってこんな感じ?


最初c/wで聞いた時はDさんの声に爆笑!「は?誰?」
スチャのアニの声に似てた。おもしろーい。

リリックに反して、このスクラッチすごいカッコイイ!
Dさんがこすってるのかなー。


トラックは、なんていうか、マッチっぽいw

高い音のギター音ってそう感じるのかな。

警察もののドラマでもこういう曲なかったっけ。

タイトル見たとき、すぐに「現金」を思い出したから、最後の「けしからんのはむしろお前のほう」が出たときはニヤリ( ̄ー+ ̄)


●M-06:BIG MOUTH 2 1 [CENSORED]

グレイゾーンにもあった「BIG MOUTH」のPart.2。
スキット風になっていて、師匠→Dさん→師匠と続きます。
箸休め的というか、これを挟んで曲の流れが変わっていくって感じがするな。
人名使うのがかなり厳しいらしく、完成間際でNGが出たため「ピー」を入れようかと思ったけど、面白くないので「ゴメンネ」を入れたみたいです。
「ズバリ、言うわよ!」も使えなかったらしい。人名じゃないのにw
「ズバリ」さえもNGで、「ズバ(ゴメンネ!)」になったとか。
ま、「ゴメンネ」入れても分かる内容ばっからしいけど、面白くて、必要ないところまで「ゴメンネ!」を入れてるとかw
(俺が坂間だのとこ)


師匠が「次作るなら、全部NGワードにして”イエッセッショー!(ゴメンネゴメンネゴメンネゴメンネ)YO!(ゴメンネゴメンネゴメンネゴメンネ)YO!」って曲にしてやる!と言ってましたw

ライブではゴメンネなしで聴きたいです。


●M-07:紳士同盟 feat.ROMANCREW

かっこいいねー、ロマンクルー!
特に将絢が渋いー!
私、こういうフローの人に弱いのだー。
私もライブのためなら、守銭奴になりますわよ。

ALI-KICKの「ハイ!」の言い方が、TERIYAKIのWISEみたいで可愛い♪


ジェントルメンってワード、リスペクトfeat.ラッパ我リヤでもあったよね。
それっぽいニオイを感じました。
HIPHOPの人達って、イメージ的に紳士に一番遠い存在の気がするけど、メンタル部分は紳士で♪
(でも紳士的ってどゆこつ?宇多丸さんの優しいところはすごい紳士を感じる)


あとJINさん、ラップどんどん上手くなってるー。この曲も漢らしさ溢れるバース、カッコイイ!
いつも漢字多くて辞書いるよ~。


「白熱!真夜中のダンディー談議」は、やっぱダーティサーティな感じで?w


●M-08:東京、東京

はー、かっこよすぎ・・・(うっとり)
師匠のリリック聴いて、「あー東京出身の人はそうなんやー」って思った。
育った場所だもんね。
Dさんの方は「DEAR MY HOME GROUND」の反対っぽい感じ。


私にとって東京は、近くて遠い街って感じかなー。
地元大阪以外では一番よく行ってる場所だし。住んだらまた違うと思うけど、結構親しみ持てる街。
あんま、大阪と街自体は変わらない気がする。
大阪以外の友達が大阪来ると、庶民的なムードにびっくりするみたいやけど。
東京には友達がいっぱい出来つつあるので、好きになっていくと思うCITY。


このトラックが、超渋い。バイオリン(キーボード?)みたいな音がすき。



●M-09:音楽は素晴らしい feat.SCOOBIE DO

盛り上がるなー。ライブが楽しみです。


もともと、シュウさんが802でDJやってたり、モビーがスペ中出てたりしたので馴染みはあったけど、最初に見たMTWBでのライブがインパクト大だった。
まだ知名度の低いSCOOBIE DOだったけど、最後はお客さん総立ちやったもんな~。
SCOOBIE DOにライムスターのことを教えたのがFM802の番組プロデューサーらしく(こないだのトークイベント談)去年の802主催イベントで初めて対面したらしいです。
SCOOBIE DOはロックバンドというよりまさにFでUでNでKでYヨなバンドなので、HIPHOPでFUNKといえば、ライムスター。合わないわけがありません。


この曲、最初聞いた時、「WackWack~」を彷彿とさせた。
理論がどうのとかじゃなくて、もう勢い!「せーの!」で音を出した時の「たのしー!」ってことを曲にしたらこう、って感じかな。
シュウさんの歌が、爽やかで、ライムスのアルバムにまた新しい風って感じがします。
JINさんのラップもカチョイー♪
このトラックとバンド、どんな風に絡んでるんやろう?ドラムの歯切れがめちゃ良くてカッコイイねんけど。全部モビー?サンプリングなしかな。気になるぅ(真相はライブで!)


SCOOBIE DOのアルバムとかちゃんと聴いたことないので、チェケラしたい。
近々、このメンツでまた何かがあるかもー♪的な内容も言ってました。(トークイベ談、でもまだオフレコらしいので)



●M-10:JIN-GLE:THE WAY OF THE ISLAND
JINさん再び。
「形あるものはいつか崩れ~」の下りって、この前の曲「音楽は素晴らしい」でJINさんが言っている「ヒップホップもロックも死ぬだろう。世代も時代も移りゆくだろう」っていうところと同じことなのかな。
マイク持つDJの叫び。

あと、最高なのが最後の「オッケーです!」



●M-11:WE LOVE Hip-hop

・・・イエー! ・・・イエー!

あっ、「賛同者たちゃPush your hands up!して言えよ」って言われたので言ってみました。
(Trust Over 30最高♪)


このM-09→11の流れすっごい好き!


この曲は、アルバムの中で一番好きなトラック。
擦り切れたレコードっぽい感じも好きやし、途中でトラックの流れ変わるところ、ギターとペット(?)の感じも全部好き!
めーちゃめちゃカッコイイトラック。

リリックも、3人の「HIPHOPサイコー!」って気持ちがストレートに伝わってきて、もうこっちまで楽しくなってしまう。
M-09で同じ「音楽は素晴らしい」って言ってるけど、お前らとはちげーんだよって。
最近、ラップっぽい口調で歌ってるけど、まったく韻踏んでないとか、HIPHOPじゃない人がいっぱいいてるのは確か。
別にそれがいいとか悪いとかじゃないけど・・・それでHIPHOPとか言うなよ!とか思っちゃうぬ~。


トークイベの時、師匠が「HIPHOPやってない友達に、”なんでHIPHOPの人達は、HIPHOP No1!とかって言うの?”って聞かれて、”そういえば、ロックの人ってROCK NO.1!とか言わないよなぁ。そういうところがHIPHOPらしいなぁ”と思って、そういう歌を作った」とのこと(トークのニュアンス違うかもしれないけど)
Dさん曰く「でも、”オレタチ、HIPHOP大好きさ!大好き大好き大好きさ!”ってイカニモな感じじゃない歌」って言ってました。
その「大好きさ!」って言う感じが最高面白かった!(例えて言うならジャニのエセHIPHOPっぽいスタイル?w)


師匠曰く「例えば自分の彼女のことを、自分は普段”お前ビッチだなー”って言ってるけど、いざ友達から”お前の彼女ブスだな~。ビッチだな~”って言われると”お前の知らないいいとこがアイツにはあるんだよ!”って言いたくなる感じ」と説明。
Dさんが「まさに、そういう感じ。嫌なところいっぱいあるけど、でも離れらんないんだよな~みたいな。」と言ってました。


私はHIPHOPのこと全然詳しくないし、名前とかクラッシックな曲とか言われても「へー!」って感じやし、もっともっと奥深いものだと思うけど、私はライムスターを通してHIPHOPのかっこよさを感じてます。
(だからもっとHIPHOPのこと知りたいー)

関係ないけど、HIPHOPやってる人、ボーズ多いなぁって思った。

●M-12:ダークフォースディスコ

いいねー。薄暗い地下のタバコの煙がむんむんとした爆音セラピーのクラブのニオイがする。
この師匠の声もステキね。
Dさん・・・ってか、「私もしてよ」って感じw(無数の女子が同じこと思ってるはず、きっと)

って言うかさ、それ以上もててどうするの~!もうっ。

でも、小さい毒水って美味しいよね!


To the break dawnつながりでネクストチューンw

(トゥーザブレイカドーンって聴くと、りっくんの曲思い出す)


●M-13:BEDZONE

いやー、これはこのアルバムの大目玉だと思います(クヒー!)

初聴きは、車で聞いたんですが、一人でよかったと思いました。
大大爆笑しました。
通勤の電車の中ではとりあえず音小さくしてます。


私・・・この曲視聴会で聴いた時「REDZONE」って紹介されたと思ってた・・・。
トークイベの会場がお店だったのでリリックがいまいち聴き取れなくて「えー!REDZONEがこんなRemixになってんのー!しかも歌詞変わってるし!」ってめっちゃビックリ&感激!って顔(ちょっと、目キラキラしてたくらい)で聞いてたんだよなぁ・・・は、はずかすー。


この曲のパンチラインは、やっぱ「自分の相撲!自分の相撲!」 に決定!

ダントツで、きてる!
スネオヘアーがよく「自分の相撲が取れなかった」とか言うので、更に面白かった。
Dさんの攻め・・・されたら引くー!(笑)
会社の人にこの曲の説明してたら、私めちゃ怪しい子になってたしw

もちろんジャパン先生の原文は・・・w



●M-14:BIG MOUTH 2 2 [CENSORED]

Dさんのゴメンネは、別に言ってもいいんじゃない?って感じですが、ダメなのねー。



●M-15:Best Kept Secret

このM-15からM-16の流れ、めっ~~ちゃめちゃ好きです。
Dさん=ノンフィクション、師匠=フィクション。

とはいえ、ライムスの曲で恋愛の曲って始めてじゃないかな。
オネエチャン系の曲は結構あっても、こんな風に恋愛のことを歌うのって聴いたことない。
というより、私は「恋愛の曲は歌わない」って3人の中でのラインでもあるのかなって思ってたくらい。


このDさんのリリックはちょっと泣けるわー。
感じとしては「マボロシ」寄りの内容っぽく感じた。
師匠のはフィクションでも、どっかでありそうやもんな、そういう人。

これからもこういう曲やって欲しいな。


hush-hush~って、「ワルダクミ」でもあったんだっけな。



●M-16:LIFE GOES ON feat.Full Of Harmony

このM-15の最後とM-16の最初の入り方が絶妙。かなりぐっと来る。

Dさんは人生を肯定したリリック、師匠はアンダー(死という角度)なところを歌ったとのこと。(トークイベ談)


師匠の方は、去年、矢口のことがあった時に友達からも色々聞いていて、86年は私は小学生だったけど、あのことはすごく記憶に残ってる。夢のような世界にいたのに・・・って小学生ながらいたたまれない気持ちになったなぁ。
ちなみに、師匠の出だしは「And You Don't Stop」かな。


この曲、本当に大好きで、特にDさんのリリックがかなり来た。
1コ前の日記にも書いたけど、自分は今の年齢になって、すごい色々感じることがあって、だからか、余計にこのリリックにやられた。私の周りもどんどん家庭を持っていく友達もいてて、悩みもさまざまやけど、皆自分の人生生きていくんやなーって思うし、じゃあ自分は自分らしくありたいなって思う。


毎日目先のことにいっぱいいっぱいになるし、凹むこともいっぱいあるけど、人生は続いていく。
嫌なこともいい思い出になることもあるし、そう思って辛いことも乗り越えていきたいって思う。毎日そう思えるわけじゃないけどね。
(2Pacの曲にも「LIFE GOES ON」って曲があるみたいっすね。聞いてみたいな)


あ!思い出したけど、トークイベントでこの話を師匠がしてる時の久保田コージの態度がかなりいけてなかった!
真面目な話してるねんから、ちゃんと聞けよ!ってかなりムキー!ってなったわ。



M-17:BIG MOUTH 2 3

私も石原好きじゃない!発言がばかじゃないの?!って思うしね。



M-18:ウィークエンド・シャフル feat.MCU,RYO-Z,KREVA,CUEZERO,CHANNEL,KOHEI JAPAN,SU,LITTLE,ILMARI,GAKU-MC,SONOMI,PES,K.I.N,童子-T

盛り上がらないわけがありまへん。
FG総出!しかも、ノンFGのSONちゃんや童子-Tまで入ってるしw
童子兄さんにはラジオでゲスト来た時に「ちょっと出てよー」と頼んだらしい。ゆるーい!
SONちゃんはたまたまスタジオに居て「お前歌いたいだろう?30分で書いたら歌わせてやるよ」的に決まったらしいw
SONちゃんラッキーやったぬー。やっぱ声きれいだー。

マイクリレーの順番は、師匠→MCU→RYO-Z→KREVA→

CUEZERO→CHANNEL→KOHEI JAPAN→SU→LITTLE→

ILMARI→GAKU-MC→SONOMI→PES→K.I.N→Dさん→童子-T

歌詞カードの註釈にもあるけど、RYO-ZとGAKUさんのリリックがいい!りっくんも超パーリーな感じでいいわー。
全部声だけで誰が誰か分かるよね。
師匠が「FG CREWは皆ラップの仕方が似てると思ってたけど、やってみたら全然皆違った。しかも、皆ラップ上手い!」と大絶賛。
RIPは聞き込んだことがあんまりないけど、TERIYAKIくらいからRYO-Zのラップがすごい好きで、今回もすごい面白い。
KREVAはやっぱ歌でした・・・
何気に、ここでKICKが揃ってるのが感慨深いわ。ライブ全員来るのかな・・・野音やし、休止前のライブがよみがえるなぁ。(しんみり)
チャネ君は、何言っても可愛く聞こえるなw



●M-19:働くおじさん

だから、おじさんじゃない!(笑)

これ、仕事中に頭の中にめちゃ回る。

1つ仕事終わったら「やったー!やった、やったんだ!」って言うもんな、あたし。


この(ツアー?)スタッフのメンツはFIRE.Bのスタッフと一緒らしい。

ライムスの前日とかにFIRE.Bのライブがあると「イヤー、昨日やばかったっすよ!かっこよかったっす!」って言うんだそうで、ライムスの皆はプレッシャーで「そんなの、分かってるよ!!(声裏返して)」って言うとのこと(トークイベ談)


関係ないけど、ロックオーン担当の村田さん。REDZONEのFreestyle聴いた時、「はい、大門です」って言ったんだと思ってたけど、「ダイモニオン」だったんだと判明。そりゃ、言えてないぜーw

この曲、ライブの最後で聴くのねー。すっごいすっごい楽しみ。
このおじさん達の背中の美学も、けして譲れない美学なんだろうな。ライブで聴いたらかなり感慨深いかも。

でも、「見た?見た?」の感じが最高好きですw


ってな調子!いやー楽しいアルバムだー!
早くライブいきてーぞ!


AD

HEAT ISLAND


http://www.rhymester.jp/


とうとう出ました。RHYMESTERの6枚目のアルバム「HEAT ISLAND」!
今、ずっとこれしか聴いてません。他の音楽聴く気になれないくらい。
聴いてないときもずっと頭で回ってます。


アルバム聴いての第一印象は曲の「かっこいいー!」「おもしろすぎw」そして、「(色んな意味で)大人~」、「おぉ新鮮!」って思った。


おじさんなんてとんでもない。大人の男汁満載のかっこよすぎるナイスガイ。
出そうとしてないんだろうけど、そこかしこに、にじみ出る脂の乗ったかっこよさに「やっぱ男の人は30からよね~」なんて思いました。(もちろん若い人には若い人のいいところがあるんだけどね☆)


メーター振り切ったぶっちゃけ&はっちゃけチューンは弥が上にもテンションがあがるのはもちろんだけど、私は今回、リアルな感情が出てる曲に、かなりやられた。
なんか今まで感じた「きゃーかっこE~♪」っていうだけじゃなくて(トラックは今まで通り「ひゃー!ヤバーイ!」って思うけど)うーん。なんやろーなー。

グレイゾーンにもそういう曲色々あって(WELCOME2MYROOMとか、スローラーナーとか)、今回は、「東京、東京」や「LIFE GOES ON」(「Best Kept Secret」もかな)とか、哀愁とか言うんじゃないけど、色んなことを経験&感じてきたからこそ出てくる言葉というか、・・・うまく頭の中のイメージにあうピッタリの言葉が分からないけど。
それはメローな曲だけじゃなく、「音楽は素晴らしい」や「We LOVE Hip Hop」にしても感じるところ。


パーティーな中にあるそんな感情が、お汁粉の塩、みたいに効いていて、それがすごくツボで、自分的にはたまらなく「ぐっ」ときて、本当にすごい好きなアルバムになってる。


私自身ここ数年色々感じてる「あぁものの見え方や捉え方って色々あるんだなぁ」って思ったことや、「本当に好きなことや大切に思うことや、楽しいと思うことがわかってきて、すごく楽しくなった(好きなものは、増え続けていくんだけどw)」とか思うことが、必要以上にそう感じさせるのかもしれないな。
特に「LIFE GOES ON」のDさんのバース。
あの感じ、立場は違えどすごく共感する。若いときには思わなかった感情というか。


ま、ライブでは我忘れて白目むいてムービョーバディーなんやろうけどねw


「新鮮ー!」って感じたのは、featもやけど、「Best Kept Secret」の師匠の声とか渋すぎ!
こないだのWANTED!での風邪声の時みたいでした。かなりの萌え度です。
タツティの「Trust Over 30」でのDさんもすごいびっくりしたけど(けしからん、もある意味ビックリw)、これだけ長く1つのジャンルをやってきて、新しいフローやるのって、すごい!って思う。


普通、大御所でスタイルが出来上がったら、そこから変わりそうにないのに、次から次へと進化していくライムスター。
どうなの、ライムスター!(まーたん風に)かっこよすぎるじゃないの。

とにかく全曲色とりどりのかっこよさにやられまくってます。
早くツアーで生聴きしたいYO!

長くなるので、全曲感想は次の日記で♪

AD

なんか久々のFILTERな気がする。

着いたらソッフェのライブ、すごい混んでました。
終わったらタツティのDJ。ギリギリセーフ。結構早めな時間でないかい?


前回はケツメ混みで踊れなかったから不完全燃焼でしたが、今回は前ほど混んでなくて、スピーカー前で気持ちよく踊れました。


友達曰く「客層にあわせたんじゃない?」って言ってたけど、正直前半きつかったー・・・

ここ1年以上この流れで聴いてないかい?

次の曲が何かもわかってしまうくらい。行き過ぎ?w


でも、正直揺れる体も止まった。乗れない。

あ、あれか?体が慣れちゃったって感覚?

最後までこれやったら座ろうかと思いましたが、そこはさすがタツティー(って変わり身早!)
後半楽しかった~。stay with me~♪ とかも、何回かしか聴いてないけど、あのサビの部分に入るまでのとこもめちゃカッコいいのね。 すっごいキックが響いてかっこよかった。


あと上がるのはリアーナね!あとも色々知らんのも良かった。

結構レゲエ多かったかな。新曲は最近全然チェキれてないので、誰の曲とかもわからんかったし、耳なじみもなかったけど、イイ曲多かった。

ライブは・・・すんません、寝ましたw
1杯目飲んで、飲み足りなくて2杯目飲んだら、すごいフラフラになった。疲れてたかな。
眠いっていうか、酔って、フニャーって感じ。
そして・・・うとうと・・・グー。

CUEちゃんがライブやってて、SONちゃんと晴天歌ったところまではなんとか覚えてるけど、その後が記憶ナシ(って言うか寝てたから)

起きたらET-KINGでした。良かった!一人綾小路翔みたいな人もいたりしたけど、曲調的に湘南の風みたいな感じかな。

でも、フローも皆の呼吸もぴったりで、「しっかりしたステージ!」って思いました。


ま、今回はDJメインで行ったので、ANIさんまで休憩。
DJ始まったら元気になりました!
いやー、やっぱ上がる!楽しかった!
帰りの車も全然眠くならなかったもの。

ANIさん、よーしゃべってたなぁ。あんな喋る人やった?

前に違うイベで見た時はサイドがよく喋ってたけど。

ANIさんはほぼレゲエやったかな。またテンション高いのんばっかで、そこまでは踊れんかった。

チャカチャカとか疲れんねんw TOKとか大好きやからはしゃいだけど。

あと、R&Bとかもちょっとかけてたかな。


帰りのコンビニでタカチャのライブDJキンちゃんを発見。
友達が「おなかへったん?」って聞いたら「うるさいんじゃないの?」って言われた!爆笑!
(タカチャのライブ中に金ちゃんが「おなかへったー」ってベタなネタをしていたので)


帰ってひと寝入りして、童子-Tのライブチケゲット!
いえーい。楽しみです♪

AD